2013年1月からの妊娠豚檻廃止で、EUはどうなったか

2013年1月からEUでは、母ブタを、受胎の4週間後から出産の1週間前までの間、檻(ストール)へ閉じ込めることが禁止されました。

日本にはこのような規制がないため、妊娠豚檻廃止活動がおこなわれています。
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
妊娠豚檻(ストール)に入れられた母豚は、方向転換もできません。
文書3_html_m3b8ef4a
エーリック畜産情報9月号によると、
イギリス養豚理事会は、「EUでは、ストール廃止により、5~10%程度の豚肉生産量が減少し、深刻な価格高騰と豚肉不足が起きる」と警告していましたが、2013年7月時点で、豚肉生産の大きな減少は見られず、この規制強化を原因とした大きな混乱は確認されていないということです。(しかし豚飼養頭数は、この規制を受けて2012年から4%減と明らかに縮小しており、今後生産量・価格にも影響がでるかもしれません)

すべてのEU加盟国が、2013年から妊娠豚檻(ストール)の廃止ができたわけではありません。まだ未対応の国もあります。しかしストール廃止に向け、EUは動いています。EU域内では、欧州最大のミートパッカーのヴィオン社はアニマルウェルフェアに取り組んだ豚肉を評価した買い取り価格を設定して、一般の豚肉よりもプレミアムをつけて買い取る仕組みを作っています。また、アニマルエルフェア規制に違反した畜産物は取り扱わない方針を打ち出す大手スーパーも現れてきているということです。

2012年11月の段階でストール廃止未対応だったデンマークは2013年6月時点で、国内すべての養豚経営が、この規制に対応済みになったということです。
デンマークのアニマルウェルフェア規制はEUよりさらに厳しいものです。
wrepo01_h08.gif
※スノコ板は糞尿が板の間から下に落ち、糞尿処理の手間が省けます。しかし豚にとって快適なものではありません。蹄や乳頭などの体の一部がはさまり傷ついたり、立つときに足が滑ったりします。

デンマークでは2012年11月にストール廃止に対応していなかった生産者のうち、2/3は施設更新により対応し、残りの1/3は廃業したとのことです。
日本において妊娠豚檻(ストール)廃止を実施する場合も廃業しなければならない養豚業者が出るかもしれません。
ストール廃止を実施するためには、養豚業者は母豚の群飼育に適した施設の改築のための資金が必要となり、新たな飼養管理技術の習得、人材が必要になります。これらを行うことが不可能であれば、
①繁殖母豚の飼育を止め、子豚を外部から導入する肥育専門経営へ転換する
②廃業する
のいずれかを選択せねばならないでしょう。
畜産動物が少しでも暮らしやすい社会にするためには、痛み(設備投資費用・廃業)を伴います。だからといって何も行わないのなら、動物の痛みはこれからもずっと続きます。無麻酔で体の一部を切断され、方向転換もできない檻に閉じ込められ、寝床で糞をし、どんなに暑くても泥浴びのできない豚は、肥育豚なら半年、繁殖用のメス豚なら4、5年程度で殺されます。そうして苦しみ殺されてしまった豚の命は、二度と戻ってきません。

しかし私たちは、廃業しても転職することができます。設備投資してもあとでその分を取り戻すことができます。
アニマルウェルフェアに配慮した飼養技術を習得することで、生産性をあげることに成功している養豚業者もいます。
ポールセン経営は、デンマークにある養豚場で、繁殖母豚1200頭を飼育し、子豚販売を行っています。妊娠ストールを廃止し、母豚を群れで飼育する技術を持っている養豚場です。ストールを使う日本より成績がずっと良いことがわかります。
wrepo01_h10.gif
※ただし、デンマークやオランダでは豚の品種改良がすすんでおり、もともと子豚の生産能力が高い、ということもあります。

日本でストール廃止をしたらどうなるのか?
専門家によれば、日本国内の生産者が母豚の群飼育に取り組んだ場合、ストール飼いのころと比較して繁殖成績の低下が3年程度続くということです。これくらいの痛みは、今畜産動物に与えている痛みに比べるとわずかなものです。乗り越えればよいことです。EUでも2012年に従来型のバタリーケージを禁止したさい、多少の痛みを味わっています。一時、卵の生産量が落ち、価格は高騰しました。しかし加盟国は規制を遵守し2013年1月から価格は下落に転じています。卵の生産量については回復傾向にはありますが、以前より大きく減少しています。落ちて当然、落ちるべきと思います。動物に大きな負担を強いて作られる卵や肉は、そもそもそんなに大量生産大量消費されるべきではないのです。

妊娠豚檻(ストール)廃止で、EU域内での豚の飼育頭数は減っていますが、今後すべての国がストール廃止に対応するにつれ、もっと減ると思われます。もっと減るべきです。
EU域内だけで、月に2060万頭の豚が殺されています。日本は月に130万頭、日に5万頭近くが殺されています。


詳細は
エーリック 畜産情報9月号へ
http://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2013/sep/wrepo01.htm
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)