日本の妊娠ストール


2013年に撮影された日本の養豚場
妊娠ストールに収容されているお母さん豚たちです。
妊娠豚 (89)_R
妊娠豚 (3)_R
妊娠豚 (91)_R
妊娠豚 (28)_R
妊娠豚 (42)_R
妊娠豚 (65)_R

たくさんのメスの豚たちが、方向転換のできない、長々と横たわると鼻の先が檻の下からはみ出てしまうような、狭い狭い檻に入れられています。自動的に餌が落ちる機械の音が聞こえる豚舎の中で、物のように1頭ずつ檻の中にいれられています。

この檻(ストール)は豚を管理しやすいように使われています。これは集約的畜産を代表する飼育方法です。
養豚農家の方の中にはたった3人で2000頭もの豚を飼育している人たちもいます。
1962年には養豚農家は100万戸あったのです。それがいまやたった5000戸。そして飼育されている豚の数は1962年のころより2倍以上増えています。いかに集約的工場式畜産が進んでいるのかがわかります。
以前、養豚農家の方に「なぜ放牧養豚をしないのか?」と聞いたとき「以前は一人ひとりが数頭ずつ豚を放し飼いしていた。今のように飼育頭数が多いとそれができない。豚を放せるところがないし、放したら周りから『臭い、汚い』と苦情がくる」と言われていました。
また、このような妊娠豚用檻を(ストール)を使用していない養豚を行っている人は、「妊娠豚用檻を使うことをやめたら、豚肉の値段は割高になる」と言っていました。その方は、
健康な豚の肉を買いたいという顧客ルートを持ってはじめて、檻の不使用を実現できるとも言っていました。

私たちが安い肉を求め続ける限り、このような畜産動物からの搾取はなくなりません。
高くても動物の福祉に配慮された肉を買うという選択をする人が増えたら、この檻のような飼育方法は必ずなくなります。

スーパーへ行って肉を買うときや、お惣菜を買うとき、その肉が妊娠豚ストールを使用して作られたものかどうか、放牧養豚されたものかどうか確認してください。牛の肉なら、それが繋ぎ飼いされた牛の肉なのかどうか、無麻酔で角の切断や去勢が行われたかどうかを確認してください。牛乳を飼うときは、放し飼いされた牛の乳かどうかを、卵を買うときは放し飼いされた鶏の卵かどうかを、確認してください。そしてそれが酷い飼育により作られたものであったら、買わないという選択をしてください。
手間だと思われるかもしれませんが、動物自身には選択の余地がありません。
動物福祉に配慮された商品は調べれば手に入れることはとても簡単です。高いと思われるかもしれませんが、感受性ある生き物の命を奪って作られる食べ物は、現在のような低価格で取引されるべきではありません。
私たちは「食べるもの」にもっとお金をかけるてよいはずです。食べることは服や旅行やゲームよりずっと大事なことです。効率優先でストレスの中不健康に薬漬けで育てられた動物の肉や、農薬のたくさん使われた野菜で、健康で美しい体を作ることはできません。

自然界では豚たちは自分の寝床から離れた、決まった場所で糞をします。
豚を汚いと思う人もいるかもしれませんが、豚が汚いのではなく、わたしたちの豚の扱い方が汚いのです。私たちは、PRRS(豚繁殖・呼吸障害症候群)への免疫をつけさせるために、ほかの豚の糞便や、発育不良のヒネ豚の内臓を食べさせるということもやっています。

汚いと言われ見えない建物の中へ追いやられ、安い値段で売り買いされ、豚たちはなんら文句を言わず、寝るところも糞をするところも同じ場所で生きています。

妊娠ストール廃止運動
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-3.html


2013年6月
動画と写真


妊娠豚 (2)_R
妊娠豚 (3)_R
妊娠豚 (8)_R
妊娠豚 (9)_R
妊娠豚 (10)_R
妊娠豚 (20)_R
妊娠豚 (26)_R
妊娠豚 (35)_R
妊娠豚 (34)_R
妊娠豚 (36)_R
妊娠豚 (41)_R
妊娠豚 (44)_R
妊娠豚 (56)_R
妊娠豚 (51)_R
妊娠豚 (53)_R
妊娠豚 (55)_R
妊娠豚 (67)_R
妊娠豚 (72)_R
妊娠豚 (77)_R
妊娠豚 (74)_R
妊娠豚 (78)_R
妊娠豚 (81)_R
妊娠豚 (82)_R
妊娠豚 (85)_R
妊娠豚 (88)_R
妊娠豚 (89)_R
妊娠豚 (91)_R







メモ souke
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/06/10 20:00
酷い
少し前にこの現状を知りました。可哀想に、、こんな所にずっと入れられたら、みんな発狂してしまいますよね?動物実験、動物虐待、毎日目にする記事を見てると、もう生きるのさえ嫌になってきますね。
  • 2013/06/12 14:30
  • 渡辺京子
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/06/12 14:54
お疲れ様でした。

さっそく拡散させていただきます。
  • 2013/06/12 15:03
  • 石田潤一
  • URL
  • Edit
チラシ配布
おつかれさまです。
見た限り、施設は清潔にはしてあるようですが、あの狭さ…。
経済優先のなれの果て。
法律的にはオッケーなのでしょうか?(私が調べもしないで、申し訳ないですが、鳥小屋は羽を広げられるだけの広さが決められていたような…うろ覚えですが…)
とにかく、ブタだからとか、殺すんだからとか、そういう考えなのでしょう。
でも、彼女らの瞳は人間のソレとなんらかわらないです。
胸が痛くなります。

私は鹿児島在住なので、チラシ配布には行けませんが、最近、鹿児島から大阪に移り住んだ友人(ベジタリアン)に伝えて、なるべくいってもらえるようにお話します。
すべて人任せでごめんなさい。
  • 2013/06/12 17:45
  • 十羅(とおら)
  • URL
  • Edit
Re: 酷い
ええ、不適切な環境で飼育されると起こるといわれている犬座姿勢(犬のような座り方)でじっとしている豚や、柵をかじり続けているぶたが多く見られました。この檻の中で豚たちは本当に何もすることがないのです。自然界に放たれた豚は東京ドームの5,6倍もの距離を移動しさまざまなものを探索するそうです。豚は血縁関係を元に行動し、好きな豚がいたら鼻で押します。
このような監禁が動物は動物に大きなストレスをもたらします。鶏のバタリーケージと同じです。「病気ではなく、過密な飼育のストレスにより死亡する」鶏もいるといっている鶏卵業者もいます。
私たちに耐えられないものは、動物にも耐えられないのです。
  • 2013/06/12 22:42
  • 動物の解放
  • URL
Re: 虚ろな目
外から見ていると何度も豚と目が合いました。豚の目は人間の目によく似ていました。何も言えず、ただここにいるしかない、人間の圧倒的な力の前に抵抗することができない、「豚のような」という悪い意味の表現に用いられ、デモも、チラシを配って訴えることもできない動物の気持ちを思うと、代弁していくしかないと思います。自然界での豚の食事の90%はベジタリアンで私たちよりずっと生き物に優しい生活をしています。犬と同じように自分の名前を呼ばれたら分かり、うれしいときは尻尾を振ります(しかしその尻尾は工場式畜産の中で切り落とされています)群居性で遊び好きの豚をこのような檻へ1頭ずつ閉じ込めることが、どれほど豚を苦しめるのか、消費者と生産者サイド両方から考えていってほしいと思います。
  • 2013/06/12 22:53
  • 動物の解放
  • URL
Re: タイトルなし
じゅんさん、いつもお疲れ様です!ありがとう。ほんとうにかわいそうやった。どんな理由も、動物をこんな目にあわせることを正当化できないと思った。
  • 2013/06/12 22:54
  • 動物の解放
  • URL
Re: チラシ配布
十羅さん、お疲れ様です!法律的には畜産動物の飼育方法について、日本には何の規制もありません。ブタを方向転換することもできない檻に閉じ込めることも、鶏を1羽あたりB5サイズ程度のバタリーケージに閉じ込めることも、合法で、ほとんどの農家の方がこういった飼育をされています。畜産動物は経済動物である前いに、感受性のあるかけがえのない命だということを、社会全体で考えないとあかんと思います。十羅さんの友人も手伝ってくださったら、とても心強いです!
  • 2013/06/18 11:05
  • 動物の解放
  • URL
ほんとうにヒドイです!
基本、肉を食べる必要はないのですから、畜産そのものが無くなるのが理想ですね。

わたしは、今は肉を食べていません。
食べる人を否定はしないけれど、少しずつでも減らしてほしい。
せめて自由でストレスのない飼育法で育った肉をと思い、肉を食べたいと言う家族には、安くなくてもそうした肉を買います。

量も少しずつ減らしています。文句を言われますが。

わたしも、ブログを紹介させてください。
リンクは時々させていただいています。
ありがとうございます。
こんばんは

いつもありがとうございます。

以前にもコメントにてお願いしたと思うのですが、
エラーになっていたのかもしれません。

ブログの紹介と、記事の一部をわたしの拙ブログにて紹介させていただきました。

事後報告で申し訳ありません。

問題があればどうぞ仰ってください。

Re: ほんとうにヒドイです!
返信が遅くなり、申し訳ありません。リンク、ありがとうございます。多くの方に知っていただきたいです。たんぽぽさんのおっしゃるとおり、各自ができることから動物を犠牲にしない選択をしていくことで、動物の置かれている状況は変わります。動物自身に選択の余地がないことを忘れず、購買と消費に正義感を持ってのぞむ人が増えたなら、、たんぽぽさんのようなかたが増えることが、願われてならないです。
  • 2013/06/21 22:07
  • 動物の解放
  • URL
ありがとうございます!
何人かの方が、ふみふみさんの記事を紹介したブログから
署名してくれたみたいです。

昨日は、もう随分前から動物愛護活動を熱心にしている知人と色々話しました。
チラシや署名用紙を持っていくついでに
色々話しました。
豚の妊娠用ストールの話や、保健所の殺処分をやめて欲しいとのネット署名のチラシを見て、辛そうでした

色々話しました。

彼女は今は、保護した猫 24匹と暮らしてます。
すごいです。
  • 2013/06/23 07:23
  • URL
Re: タイトルなし
いつもお疲れ様です!すばらしい方ですね。目の前の命を救いながら、活動も続けていらっしゃるとは、、頭が下がります。かわいそうなことが、一刻も早くなくなりますよう。
  • 2013/06/23 18:05
  • 動物の解放
  • URL
かわいそう。

今すぐにだしてやりたいです。

涙が止まりません…

自分がこんなところに入れられたらと
どうして考えてあげられないのでしょうか。

署名に協力いたしました。

  • 2013/06/27 00:08
  • URL
Re: タイトルなし
署名ありがとうございました。
6/26.27は大手食肉加工会社の株主総会があり、会場前で、妊娠豚用檻廃止活動が行われました。
会社に対して発言力のある株主の方に、実態を知っていただきたいです。

活動詳細です
facebook.com/events/344643998972040/
  • 2013/06/27 20:12
  • 動物の解放
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/08/02 08:56
本当にひどい、、
この現実を知らない人がたくさんいることが一番の問題ですね。わたしはマクロビアンなので、肉は食べませんが、全てのものに命があることを忘れてはいけないと改めて思いました。
  • 2013/10/08 18:25
  • mix
  • URL
Re: 本当にひどい、、
わたしも同じように思います。多くの人に知らせること。動物自身に訴えるすべがない以上、変えるためには、動物の代弁者になるたくさんの人が必要です。
  • 2013/10/08 22:35
  • 動物の解放
  • URL
いつも読ませていただき、ありがとうございます。 涙の思いで読んでいます。
  • 2014/02/27 21:54
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。