「毛皮用の動物たち」のビデオ

  • Day:2013.05.01 20:22
  • Cat:毛皮
「毛皮用の動物たち」のビデオを作って、カフェ放送てれれで上映してもらいました。
「てれれ」は、私たちひとりひとりが情報を発信し自分の思っていることを表現する力を磨き、市民レベルでのメディアを普及させたいと、活動をしてる団体です。主催の下之坊さんは、映画も作っています。
「てれれ」の主催者、下之坊さんに初めて会ったとき、パブリックアクセスについて教えてもらいました。
パブリックアクセスとは、私たちはメディアから情報を得る権利を持っており、それだけではなく、私たちがメディアを使って情報を発信する権利を持つということです。
アメリカやヨーロッパでは、市民がメディアにアクセスし情報を発信することのできる制度が整っているということも教えてもらいました。


自分が作ったビデオは、関西中心にカフェや、市民団体の自分所など十数か所で、2ヶ月にわたり放送されます。
それぞれの作った、一本10分程度のビデオを6本くらいつなげて約1時間上映されます。
「毛皮用の動物たち」は、3月・4月に放送してもらいました。
http://terere.jugem.jp/?eid=369

「毛皮用の動物たち」を観た人の感想
・フェイクファーの活動などは知っていましたが、実際、養殖の映像は、はじめて見ました。
・もっと多くの人たちに見てもらうべき作品だと思う。
・きびしい現実の映像に目を背けそうになった。うーん、考えてしまう。
・毛皮の事、残りの部分は食べるのでしょうか?牛もブタもトリも同じような気がします。
・「知らされていない現実を知る」ことは、とても大切だと思います。
・過去にも海外の映像で何本かありますが、やはり衝撃的です。ただ、中国は食用動物が多いので、国民性としては違和感はないかもしれません。
・動物を殺すシーンは強烈なインパクトがある。広く上映して欲しい作品だ。
・毛皮問題は頭では分かっていても映像でみるとショッキングでした。
・あえて、避けてきた映像なのに。
・毛皮の映像は衝撃的でした。動物の扱い方がひどすぎると思う一方で、食肉になる動物の扱いも50歩100歩だろうと思うともはや、ベジタリアンになるしかないのか…とそのときは(こういう映像を見たり聞いたりするときは)思ったりする。そういうことも普段は思い出さないようにして、肉を食べる自分がいる。
・あまりにもセンセーショナルに見せすぎると、却って拒否反応を引き出してしまうように思う。見ようという心構えがなく見せられるものとしては、ちょっとショッキングすぎると思った。
・‘よかった‘というか衝撃であったのが「毛皮用の動物たち」でした。
・ショックな映像でしたが見てよかったと思います。たくさんの人に見て欲しい作品だと思いました。
・衝撃的でした。デモだけでは素通りしてしまうような問題かもしれませんが映像でリアルに直球で伝わりました。
・現状を理解するにはとても良くできていたと思います。
・これにより毛皮を買う人が少しでも減れば良いですね。
・似たような映像はyoutubeにもあるかもしれませんが、自分から見ることはしないと思います。でも見なければ現実を知ることができなかったでしょう。この作品は、てれれであったからこそ、見る事ができた気がします。


誰でも、自分の作った映像を、無料で、放送してもらうことができます。
カフェ放送てれれの下之坊さんは「著作権の問題さえクリアしてもらえればいい。わたしは基本的にどんなものでも流す。情報は垂れ流されるべきだとおもっている」
といわれていました。

以前、カメラに向かって、延々と橋下批判をする男性のビデオも上映されたことがあったそうです。その男性は手製のパネルを示しながら、橋下氏の悪辣振りをせつせつと訴えたそうです。
好評だったそうです。



「毛皮用の動物たち」
※どうぞ無断でお使いください。


以下の動画を使いました。「動物のことを知ってもらうために映画をつくりたいので、動画を使わせてほしい」とメールでお願いすると、こころよく了承してもらえました。
どの団体も、英語で大丈夫です。わたしは英語ができませんが、グーグル翻訳でだいたいいけます。

ノルウェーの動物の権利団体の撮影した動画 
http://www.flickr.com/photos/dyrsfrihet/
フィンランドの動物の権利団体の撮影した動画 
http://tarhauskielto.fi/kuvat-ja-videot
PETAアジアの撮影した動画 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=i_t1ICxuIwM
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=yXdhfaAhIuI
台灣動物社會研究會の撮影した動画 
http://www.animal-protection.net/furtrade/index.html



メモ souken
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)