人間の「従順さ」とサルの拒否

ナチスの親衛隊員で戦犯のアドルフ・アイヒマンは、大量の虐殺を行ったことに対し「上層部の命令に従っただけだ」と言っています。そのような理由であれほどの虐殺が実際に可能なのか。アイヒマンの裁判が始まったころ、心理学者のスタンリー・ミルグラム氏がイェール大学で実験を行いました。

この実験では「教師」と「学習者」が登場します。
そして実験の実施者が『学習上効果のある罰則について』の研究を行う、と2人に説明します。「学習者」はイスに縛り付けられ、答えを間違うと「教師」は電気ショックを流すレバーを押します。ショックはどんどんその強さを増すようになっています。
「教師」は純粋に何も知らない被験者ですが、「学習者」は実は役者で、レバーが押されるたびに苦しむ演技をします。学習者が身もだえ苦しんでいるのを見て教師は実施者を振り返ります。しかし実施者は「この実験を続けるように」と返答します。さらに学習者が叫び声を上げ苦しむのを見て「止めたほうがいいのではないか?」と教師は尋ねますが、実施者はかたくなに「この実験を遂行するように」と主張します。
そうして「教師」の65%が電気ショックのボルテージを最大まで上げてしまったのです。

この実験が行われたのと同じころ、サル(アカゲザル)を使った実験が行われています。
この実験では、サルが鎖を引っ張る気持ちがあれば餌が食べられる仕掛けが用意されます。そして餌を食べるために鎖を引っ張ったサルは、自分からだけ相手が見えるマジックミラーを通して自分と無関係のサルが苦しむ姿を目にすることになります。餌を食べるために鎖を引っぱるとほかのサルが苦しむのを見て、多くのサルは鎖を引っ張るのを拒否し、飢える事を選びます。結果87%のサルが空腹であることを選んでいます。サルの中には仲間を傷つけるどころかほとんど2週間にわたって何も食べずにいたものもいたそうです。

近年では、2011年にアメリカ シカゴ大学でわなにかかった仲間を助けるラットが報告されています。
「実験では、まず、わなの扉を外から頭で押して開けられるようにラットを訓練。そして1匹のラットをわなに閉じこめると、 訓練を受けたラットは扉を開けて仲間を救出した。
わなの外にチョコレートがあるときも、自分が独り占めできなくなるのを承知でラットは扉を開けてやった」




上官から命令されたというだけで、相手が苦しみもだえるレバーを押す人間が腐っていて、仲間のために飢える事を選ぶ動物が優れていると、いいたいわけではありません。
人間の中にもレバーを引かなかった人がいたし、相手が苦しむのなら自分が飢えることを選ぶ人間もいるでしょう。
これらのことから分かるのは、動物も同情する、ということです。

負傷したコマドリは、通常戦闘の勝利者から、その看護を受けます。看護するコマドリは数ヶ月にわたり負傷者に餌を与え続け、そのため移住飛行の時期を逃し生命の危険を冒すことになってもそうします。
わたしは以前車にひかれたカラスのそばを離れようとしないカラスをみたことがあります。車の往来を気にしながらも道路の真ん中でそのカラスはずっとひかれたカラスのそばをウロウロしていました。
「ある医師の見解」の中でドイツの医師はつぎのように言っています。
『ある水族館で大きなエビが仰向けにひっくり返って、その大きな甲羅のために立ち上がれなくなる。仲間が救助に駆けつけいろいろとやってみて、うまく立てるようにする』
もはや子供を産めなくなり、歯がすりへったりなくなったりしてしまった高齢の雌ライオンがさらに何年も生きのびられるのは、ほかのライオンたちが餌を運んでくれるからです。
ロシアの昆虫学者はアマゾンアリが仲間の瘤を切断したり、わき腹のトゲを抜き取ってあげたりする様子を見ています。手術をするアマゾンアリの周りを他のアリが囲って見守っているそうです。
人間に飼われていたゾウが、いつも少しだけ餌の穀物を残しておき、一匹のハツカネズミに与えていたという例も報告されています。

そのようなゾウを、わたしたちは象牙のためだけに殺します。
上の実験では、人には電気ショックは与えられていませんが、サルには実際に電気ショックが与えられています。そしてレバーを押すことを拒んだサルは2週間餌を与えられずにいます。
ペットショップで商品として陳列するために犬を何度も交配させ、繁殖の役にたたなくなると殺します。
同情というすばらしい感情をもった生き物を狭い金網の中で飼育し、本来の行動を妨げ異常行動を起こさしめ、殺して毛皮にしたり、ぎゅうぎゅうに詰め込んで日の光や風や自然のにおいを楽しむこともなく、一生を建物の中で過ごさせて、無麻酔で体の一部を切断し、本来の寿命よりはるかに短い期間で殺して肉にします。

偏見や先入観などをもとに,特定の集団に対して不利益・不平等な扱いをすることは差別です。人に対して許されないことが、動物であるからとして許されるのは、そこに差別があるからです。





引用
「ヨガ&ベジタリアニズム」シャロン・ギャノン
「ゾウがすすり泣くとき」ジェフリー・M・マッソン、スーザン・マッカーシー
「罪なきものの虐殺」ハンス・リューシュ
ほか





メモ wilkin
スポンサーサイト

Comment

ご無沙汰してます!
お疲れさまです!

これ、転載させてくださいね(^^)
Re: ご無沙汰してます!
もちろんです!いつもお疲れ様です!どうぞよろしくおねがいしますm(ーー)m
  • 2013/04/15 13:42
  • 動物の解放 大阪在住
  • URL
ミルグラムの実験は…
こんばんは。初めまして。

仰っていることには何の反論もありませんが…

ご存知だとは思いますが、ミルグラムの実験は権威への服従を検討したものです。
また、最初に「この電圧より高くすると命に関わる」ことを教示されていながら、参加者は実験者から「大丈夫だから電圧を上げて」と言われています。

つまり、明らかに目の前で苦しんでいるしダメと言われたのに、権威的存在が大丈夫と言っている、ある種の矛盾や葛藤への反応を検討しています。

一方、サルやネズミの実験では「権威」が存在していません。もちろん、「助けなくてもあいつは大丈夫だよ」という教示もありません。

ですので、動物も同情する、という結論に反論はないのですが(実は無いこともないのですがそれは後述します)、
どうしてミルグラムの実験とサル、ネズミを並べたのかがイマイチすっきりしません。

ちなみに、私個人としては、動物が同情できるというのは常識的にあると思いつつ、それを示す決定的な証拠は、いつまでも出てこないと思います。
利他行動は盛んに研究されていて、そのいずれも心的背景までは辿りつけていません。同情ができる可能性が示唆されている、程度の表現に私はとどめています。
利他行動を同情以外で説明する論もありますが、そのような反論を全て退けていけるだけの研究は出ていないと理解しています。

ただ、究極まで突き詰めるとクオリア的な論議になってしまうので、動物福祉の観点では、「心があるか分からない、同情心があるか分からないなら、あるとした上で動物福祉は考えられるべき」と考えています。

ただ、「福祉」が何なのかを丁寧に考え、人間の生活との折り合い(犬を飼うことは犬にとって自然状態と言えるかは疑問だが、もし犬が幸せだと完全に言えるなら、飼うことは何も悪いことではないかもしれない、というような折り合い)をつけていくためにも、
私は「動物は同情できる」とは断言することなく(先述の通りできるもの、としておくが)、今も各種の研究に目を通しています。

とにかく、ミルグラムの件に触れたかっただけです…
長々と失礼いたしました。
  • 2013/11/01 04:21
  • URL
Re: ミルグラムの実験は…
はじめまして。
おっしゃるとおり、ミルグラムの実験と、サルの実験を比較することはできないです。人に対してサルに行ったような実験をすることは許されないからです。わたしが伝えたかったのは、同情心は人間だけに限定されるものではない、ということです。そのためにこの2つを取り上げました。
おっしゃるとおり、動物の同情心について、確たる証拠は今後も出てこないでしょう。脳の研究は人のものでさえまだ明らかになっていません。つい最近まで鳥類には大脳新皮質がないと思われていましたが、今年の研究発表でニワトリに大脳新皮質に当たる部分があることがわかっています。大脳新皮質はけっして新しい脳の領域ではなく古くからあったものではないかと示唆されています。
人が同情心を持っていると考えるのは、自分に同情心があるから、他の人もあるだろうと仮定しているだけです。実際のところ隣の人がどう思っているのかは、わかりません。
ましてや種が違うのなら、想定するしかありません。同情をもっているだろうと想定される事実はたくさんあります。年をとり、狩をできなくなったライオンが、生きていられるのは、若いライオンが餌を運んでくれるからです。ダイナマイト爆発で海に沈んでしまったイルカを他のイルカが両側からささえて、息ができるように水面へ持ち上げてあげることも報告されています(イルカは肺呼吸のため)、人に飼育されているゾウが、一匹のハツカネズミのために自分の餌を残してあげていたことも報告されています、ネズミは、子猫を養子にして育てます、吸血コウモリは、あまり血を吸えなかった仲間のコウモリに、自分の吸ってきた血をわけてあげます。
こういったことから、自分以外の人が同情心を持っていると考えるのと同じように、動物が同情心をもっていると考えてもよいと、わたしは思っています。
しかしおっしゃるとおりに「心があるかどうか確たることは言えないが、ある可能性のあるので、苦しめないように」という配慮でも、かまわないと思います。結果はおなじです。

  • 2013/11/01 13:11
  • 動物の解放
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)