オーストラリア 牛の生体輸出の条件にアニマルウェルフェア基準を付す

  • Day:2015.05.25 19:33
  • Cat:
2011年5月
オーストラリアからインドネシアへ
生きたまま輸出された牛が
インドネシアでどのように屠殺されているか
あきらかになった

・弱って動かない牛を屠殺場まで牛を歩かせるために、
目をえぐる、尾骨を折る。鼻に水を注ぐ。


・牛を電気ショックなどで気絶させてのどを切るという方法ではなく、
意識のあるままのどを切り、時間をかけて失血死させる。
「平均10回、牛は喉を切られ、中には33回も切られた牛がいる。
屠殺担当者に技能が欠けており、しかもナイフの刃も鈍っている」


・他の牛がうめき、殺されて解体されるのを目の前にして、数時間待たされる牛。
体がぶるぶる震えています。


イスラム教では屠殺後24時間以内の肉しか食べられない。このため生きたまま輸入する必要がある。
イスラム教ではハラール処理(喉のあたりを横に切断しなければならない、電気ショックは好ましくない、血は禁忌、完全に血抜きをしなければならないなど)された肉以外は食べてはいけない、という規則がある。

2011年6月 オーストラリアからインドネシアへ牛を生きたまま輸出することが一時停止された。
オーストラリアは適切な改善がされない限り再開しないとしており、
インドネシア側に6カ月以内の対応を求める、としていた。

一ヵ月後、

2011年7月
オーストラリアからインドネシアの
生きたままの牛の輸出再開
オーストラリアはインドネシアに、生きた牛を輸出することで、
年間約260億円儲けています。

2012年2月
インドネシアの屠畜場で、また残酷行為 摘発される
2月28日夜、ABCテレビ時事番組Latelineが、
インドネシアの屠畜場で、今も行われている牛に対する残酷行為のビデオを放送。
http://nichigopress.jp/ausnews/world/34839/



署名できます。※署名終了しました。
オーストラリア首相ジュリアギラードと農業大臣ジョールートヴィヒへ
「我々は、すぐにインドネシアへのオーストラリアの牛の生体輸出を停止し、
3年以内には、オーストラリアの動物の生体輸出の廃止することを求めます」
→ http://www.getup.org.au/campaigns/animals/live-export/ban-live-export

その後
オーストラリア政府は、輸出先の施設について国際獣疫事務局(OIE)の定めるアニマルウェルフェア基準を満たしていることを条件に付した。
http://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2015/jun/wrepo03.htm

『インドネシア向け生体牛輸出の動向を見ると、2009年の約77万頭を境に右肩下がりとなり、2012年には2009年の4割以下まで減少した。この背景にあったのは、インドネシア政府による牛肉自給率向上プログラムの開始に伴う輸入規制(輸入許可頭数の制限、生体重350キログラム以下の体重制限など)および、インドネシア国内のアニマルウェルフェア問題に端を発した、豪州政府による2011年の同国向け生体牛輸出の禁輸措置である
 特に、後者は、北部の肉牛産業に大きな打撃を与えた。禁輸措置がとられたのは6月からの一カ月間であったものの、豪州政府は、輸出解禁にあたって、輸出先の施設について国際獣疫事務局(OIE)の定めるアニマルウェルフェア基準を満たしていることを条件に付したことから、輸出再開後もインドネシア向け輸出頭数は伸び悩んだ。インドネシア向けに出荷ができなくなった肉牛は翌シーズンまで保留され、と畜場直行牛として出荷されたため、2012年にはマレーシアおよびフィリピン向けの輸出頭数が大きく伸びた。
(2)輸出業者サプライチェーン保証システム(ESCAS)の導入
 インドネシアにおける豪州産生体牛のアニマルウェルフェア問題に対処するため、豪州政府は2011年7月、輸出業者サプライチェーン保証システム(Exporter Supply Chain Assurance System;ESCAS)を導入した。
 表1のとおり、ESCASは、肥育用およびと畜場直行用の生体家畜を輸出する際に、輸入国側での肥育場からと畜場に至るまでの、豪州産家畜のアニマルウェルフェアやトレーサビリティなどに係る透明性確保と説明責任を、輸出業者に対して要求するシステムであり、大きく4つの柱で構成されている。なお、豪州国内の農場から輸出相手国への到着までについては、2004年に導入された豪州生体家畜輸出基準(Australian Standards for the Export of Livestock;ASEL)によってカバーされている。
wrepo03_h01.gif

*******************************

動物を生きたまま輸送すること自体が、とても残酷なことです。


2004年、OIE(世界動物保健機関)はアニマルウェルフェア(家畜福祉)規約を定めています。
2005年には、動物福祉に配慮した動物の輸送について、規定。
・輸送時間は最短にすること
・動物を驚かせないように扱うこと
・動物を乗り物に乗せたりおろしたりする際に配慮すべきこと
・輸送後12時間以内に全頭点検すること

陸路輸送、海路輸送、空路輸送ごと規定が定められ、空路輸送の場合はより過密に輸送されるため、収容密度などについて具体的な数値があげられています。
OIEは加盟国に対し、これらの家畜福祉既約を遵守するよう、推奨しています。

この規約は、利用するために殺す動物たちへの最低限の配慮だと思います。
これらの規約が守られたとしても、動物はファーストクラスで外の景色を眺めながらゆったり過ごすわけでも、おなかが空いたら何かつまんで、のどが渇いたら飲み物でのどを潤し、快適な旅を満喫するわけではありません。動物は商品です。死なない範囲で、できるだけ詰め込んで、輸送コストを抑えなければなりません。今までいた場所から、乗り物に追いやられて、何日も過ごす間、動物たちはどんなにか不安で心細いだろうかと思います。夏はどんなにか暑くのどが渇くだろうと思います。







メモ souken
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)