FC2ブログ

衰退する毛皮産業

  • Day:2017.12.17 14:16
  • Cat:毛皮
毛皮を拒絶する世界の消費者により、中国の毛皮農場の利益が激減
(2017.12.14 global times)
With global consumers rejecting animal fur as fashion, Chinese fur farms see their profits plummet
http://www.globaltimes.cn/content/1080299.shtml

 
過去2年間で、中国の毛皮業界の利益は急落。
2016年のミンク毛皮の売上高は41%減少している。
かつて中国で1万元($ 1,513)で販売されていたミンクコートは、現在3000元で購入できる。
 
中国の若者たちも毛皮の問題を認識しており、毛皮への拒否反応を示す人が増えている。
 

2005年の生きたまま毛皮を剥がされるアライグマの動画は、世界に衝撃を与えた。

中国政府は「これはマレなケースで全体像を示したものではない」というが、この地域でこのやり方が一般的なものであることを多くのメディアが裏付けている。

こちらは2015年の中国の毛皮産業の様子だが、ここでもまたウサギが生きたまま毛皮を剥がされていることが分かる。

 
もはや毛皮の是非を議論する時期は過ぎ去った。
あとは毛皮産業に終止符を打つのみだ。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)