JRA 外圧に押されて動物福祉への取り組み

  • Day:2016.12.18 12:41
  • Cat:
【引用元】
JRAプレスリリースより

平成 28 年 12 月 12 日
J R A 報 道 室

お 知 ら せ

競走ルール(落馬再騎乗の禁止及びパッド付鞭の義務化)の変更及び
パトロールビデオの全レース公開について

平成29年より、下記のとおり競走ルールを変更します。またJRAホーム
ページにてパトロールビデオの全レース公開を行いますのでお知らせします。



1.競走ルールの変更

①落馬再騎乗の禁止
ルールの国際調和及び騎手と馬の保護の観点から、競走において騎手が
落馬した場合に、再騎乗して競走を継続することを禁止します。
※騎手が落馬した時点で、当該馬は競走を中止したものとします。

②パッド付鞭の義務化
ルールの国際調和及び動物愛護の観点から、競走において騎手が使用す
る鞭を、パッド付鞭に限定します。


○運用開始日:平成29年1月1日

2.JRAホームページにおけるパトロールビデオの全レース公開
現在、公開している重賞レースの全周パトロールビデオを、全レース
に拡大して公開します。
○変 更 内 容:【現在】重賞レース ⇒ 【変更後】全てのレース
○公開開始日:平成29年1月14日(土)
(第 1 回中山競馬第 4 日・第 1 回京都競馬第 4 日・第 1 回中京競馬第 1 日)
※ JRAホームページの「競馬メニュー」-「レース結果」で視聴できます。
※ 最終レース後に当日の全レース分を一括して掲載します。
(おおむね最終レース50分後までに掲載)
※ 競走中の個別事象を説明するパトロールビデオは引き続き掲載します。





【引用元】
2017年(平成29年)度 競馬番組について 競馬番組で別に定める事項など

本会が定めるむち及びむちの使用に関する禁止事項について

1.本会が定めるむち
日本中央競馬会競馬施行規程(平成 19 年理事長達第 28 号)第 95 条第 3 項の「本会が定めるむち」は,
下表に掲げる基準を満たしたものとする。ただし,裁決委員が不適当と認めた場合は,その使用を認めない
ことがある。
・むちの長さは 77 センチメートル未満であること。
・馬体の保護のため,むちの先端から以下に定める部分にわたって衝撃吸収素材を用いた
パッド(表面は滑らかで突起物がないもの)を装着したものであること。
・パッドの長さは 17 センチメートル以上であること。
・パッドの幅は 2 センチメートル以上 4 センチメートル以下であること。

2.むちの使用に関する禁止事項
騎手は競走において,下表の各項目に該当する方法で,むちを使用してはならない。
・馬が怪我をするほど,過度に強くむちを使用すること。
・肩より上方に腕を上げてむちを振り下ろすこと。
・反応(脚勢)のない馬に対し,過度にむちを使用すること。
・明らかに着順の大勢が決した後に,過度にむちを使用すること。
・入線後にむちを使用すること。
・ひばら(脇腹)へむちを使用すること。
・むちを過度に頻発して使用すること(2 完歩あけることなく,10 回を超えてむちを連続
して使用すること)。
・頭部もしくはその付近に対しむちを使用すること。
・原則として,鞍より前方に逆鞭でむちを使用すること。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。