大阪市「天王寺動物園101計画(素案)」について意見を募集

大阪市「天王寺動物園101計画(素案)」について意見を募集しています。
(8月22日締め切り)
http://www.city.osaka.lg.jp/templates/jorei_boshu/kensetsu/0000368678.html

IMG_20151226_150710.jpg
写真は天王寺動物園のチュウゴクオオカミ(2015年撮影) 


天王寺動物園のマレーグマの常同行動(2015年撮影)

意見例


 
1.
該当箇所 
「魅力あるコンテンツの開発とその発信」について

意見
これ以上の動物の導入や繁殖の廃止を検討してほしい。
素案には「魅力的な動物の導入や繁殖」を強化、推進するとありますが、これ以上の動物の導入や繁殖はしないでほしいと思います。2015年、天王寺動物園に行きましたが、アムールトラ、鳥類、チュウゴクオオカミ、ベンガルヤマネコなどすべての動物が自然界とは比較にならぬほど狭く、無味乾燥な環境に置かれていました。マレーグマやシロクマは常同行動を続けていました。
飼育員の方はできる限りのエンリッチメントに取り組んではくださっているのでしょうが、とてもその配慮が行き届いているとは言い難い状況でした。これ以上動物を増やすことは、動物たちのさらなる福祉の低下につながると思います。
 
2.
該当箇所
「飼育管理機能の向上」について

意見
すべての動物に対してエンリッチメントを実施してほしい。
素案にあるように、エンリッチメントに努めることは、人の飼育下におかれた動物に対する最低限の配慮だと思います。ゾウなどの人気のある動物だけではなくすべての動物に対して取り組んでいただきたいと思います。
 
3.
該当箇所
「2つの経営目標 ~経常収支~」について

意見
経営目標の中に「将来的な動物園の閉鎖」盛り込むことを検討してほしい。
中米のコスタリカは、動物保護を理由に国内に2カ所ある国立動物園を来年閉鎖する計画を明らかにしています。計画によると、首都サンホセにあるシモン・ボリバル動物園は植物園として生まれ変わり、サンタ・アナ動物保護センターは公園に改修されるそうです。
地元のCNN系列局によると、これら2カ所で飼われる動物は野生に戻すか、自然保護区に預ける予定とのことです。
私もコスタリカの決断を支持しています。なぜなら動物園の動物たちは本来の生態や習性を発揮できない過酷な環境に置かれて苦しんでいると思うからです。動物園側にその意識がなかったとしても、動物園では、動物の社会は侵され、動物の尊厳は踏みにじられてしまっています。動物保護の観点から動物園の閉鎖という英断をしていただきたいと心より願っています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)