グラクソ・スミスクラインの新薬「ヌーカラ皮下注用100mg(喘息の薬)」の動物実験

グラクソ・スミスクラインの新薬「ヌーカラ皮下注用100mg(喘息の薬)」の承認情報(2016.3.3)

マウス・サル・ウサギが実験に使われています。

http://www.pmda.go.jp/drugs/2016/P20160419002/340278000_22800AMX00404_A100_1.pdf
 

たとえば「サル 6 カ月間反復皮下及び静脈内投与試験」では
「雌雄カニクイザルに本薬 0 又は 10mg/kg が 4 週間隔で 7 回皮下投与、若しくは本薬 0、10 又は 100mg/kgが 4 週間隔で 7 回静脈内投与された。」とあります。
反復投与試験では「終了時の生存例は、血液検査のための採血を行った後全例剖検」(*)されます。つまり殺されます。
  
申請書類上だけで多くの動物が犠牲になっています。研究段階も含めると全部でどれだけの数の動物が命を奪われているのか分かりません。
 
研究開発自体は海外で行われていますが、日本のお問い合わせ窓口があったので「かわいそうなので、やめてほしい」と電話しました。
http://jp.gsk.com/jp/contact-us/healthcare/  

「自分も喘息が治らずしんどいが、動物をこんなに殺さないと薬ができないなら、新しい薬はいらない」
「代替法の研究をしてほしい」
というと窓口のかたは、変人扱いすることもなく丁寧に話を聞いてくれました。
  

グラクソは戦後最大の薬害事件の可能性があると言われているサーバリックスも販売しています。このサーバリックスでもおびただしい数の動物が殺されてしまっています。
サーバリックスの動物実験
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-102.html

同じくグラクソの鬱の薬パキシルでも、動物を「強制水泳」させる実験を行っています。動物を苦しめ殺してしまうことが当たり前になって麻痺してしまっているのだと思います。電話の窓口の方も「薬の開発に動物実験が必要」と常識のようにおっしゃってましたが、相手の同意なく命を奪うことは非常識です。
  
医薬品の申請状況はこちらから見ることができますので、「これは残酷だ」という内容のものがあったら、皆さんもぜひ各製薬会社に意見してください。

http://www.pmda.go.jp/review-services/drug-reviews/review-information/p-drugs/0020.html


*「医薬品の製造(輸入)承認申請に必要な毒性試験のガイドラインについて」参照
https://www.pmda.go.jp/files/000205438.pdf


sou
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)