アメリカ食肉業界の圧力

  • Day:2016.04.04 10:25
  • Cat:畜産
2016年1月7日
米国保健福祉省(HHS)と米国農務省(USDA)は5年ごとに見直しが行われている「米国人のための食生活指針」を公表しました。

2015-2020 Dietary Guidelines for Americans
http://health.gov/dietaryguidelines/


今回、見直しの際のパブリックコメントでは、「健康・環境・食糧安全保障いずれの観点からも肉の消費を下げるべき」という強力な科学的証拠が諮問会議により提示され、この委員会の勧告を21,000パブリックコメント、700の医療従事者や市長たちがサポートしたにもかかわらず、食肉業界の強い圧力によって食肉の推奨摂取量は据え置きされ、さらに基礎となる食生活パターンに「赤肉」が追加されました。

『全米肉牛生産者・牛肉協会(NCBA)は、2015年2月に公表された同指針改訂の基礎となる報告書における健康的な食生活様式に、赤肉(lean meat)が含まれていないとして抗議していたが、最終的には赤肉が含まれたことから、「消費者は、食生活指針が米国人に赤肉を勧めていることを知り、赤肉を食卓に出すことに対して信頼感を得た。」とするテキサス州の医師で肉牛生産者のコメントを紹介し、同指針への理解を示した。また、北米食肉協会(NAMI)のカーペンター会長は、「今回の指針は、食生活の多様性が健康な食生活につながることを示した。消費者は今後も、我々の(食肉)製品を楽しむことができる。」と歓迎の意を表した。』
- エーリック2016年1月15日記事
「米国人のための食生活指針」、食肉の推奨摂取量は据え置き(米国) より引用
https://www.alic.go.jp/chosa-c/joho01_001439.html




その他参考資料

American Meat Science Association
2015-2020 DIETARY GUIDELINES FOR AMERICANS SUPPORT LEAN MEAT AND POULTRY IN A HEALTHY DIET
Jan 07, 2016
http://www.meatscience.org/students/meat-judging-program/meat-judging-news/article/2016/01/07/2015-2020-dietary-guidelines-for-americans-support-lean-meat-and-poultry-in-a-healthy-diet

EcoWatch
Meat Industry Wins in Dietary Guidelines for Americans
Jan 07, 2016
http://ecowatch.com/2016/01/07/dietary-guidelines-meat-wins/




kita
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)