「再現することができない実験」

cat-abuse-uw-electrodes-double-trouble.jpg


2013年8月、Nature誌に「医学生物学論文の70%以上が再現できない」という衝撃的な記事が掲載された。
「ドイツの製薬企業バイエル社が2011年におこなった内部調査によると、67のプロジェクトの約2/3において、関連する前臨床試験の正当性を確認することができなかった。2012年には、米国の製薬企業アムジェン社の科学者たちは、がんに関する53の重要な論文の実験結果のうち、89%は再現することができなかったと報告した。」

「2012年、米国国立保健研究所(NIH)は、研究結果の再現性の問題を分析し、幹部たちは動物実験がかかわる助成金申請や論文発表についてはより高い基準が必要だと提唱した。その基準では、最低でも、動物をどのように無作為化、盲検化したか、一群匹数をどのように決定したか、データ処理をどのように行ったかの記載すべきだとされている」

科学実験の再現性の問題は、べつに目新しいことではない。
2005年にスタンフォード大学教授のジョン・P・A・ヨアニディスは、PLOS Medicine誌に論文「なぜ発表された研究成果のほとんどは偽であるのか (Why Most Published Research Findings Are False)」と題して科学論文の分析結果を発表し、実験結果には誤りが多いことを指摘している。


------

それでも「再現できない実験」は続く。
「科学研究」を舞台に、我先にと行われる論文発表競争に、動物たちは巻き込まれ、命を奪われていく。

引用
Nature誌
http://www.nature.com/news/nih-mulls-rules-for-validating-key-results-1.13469

PLOS Medicine誌
http://journals.plos.org/plosmedicine/article?id=10.1371%2Fjournal.pmed.0020124

写真はPETA
http://www.peta2.com/actions/nih-stop-letting-uw-madison-kill-cats/double-trouble-at-uw-madison-photos/
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)