毛皮の国別輸入量と、中国の毛皮産業

  • Day:2013.01.11 15:30
  • Cat:毛皮
日本の毛皮輸入量(国別)
無題

2004年から2005年にかけての、中国河北省での毛皮生産現場 
レポート
スイス動物保護協会による「中国毛皮産業に関する報告書」
取材動画


中国政府の対応
2005年、アジア毛皮貿易会議の際、日本から(日本毛皮協会代表)上記の件につき言及したところ、中国側は「動物福祉に配慮した動物養殖基準を国家として作り、遵守させる」ことを約束したそうです。
日本毛皮協会の文書より
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

6年後、
2011年1月30日に韓国テレビ局で放送された中国毛皮生産現場




2011年末 動物権利団体のPETAが撮影した、中国の毛皮産業
(撲殺による殺害)


(電気ショックによる殺害)






中国の毛皮産業だけが残酷なのではありません。すべての毛皮が残酷につくられています。
フィンランド・ノルウェーの毛皮産業
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

タヌキやキツネだけでなく、さまざまな動物が殺されて、毛皮にされています。
ラビットファー
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

世界中の毛皮の85%以上は、毛皮に動物を養殖することで作られています(世界毛皮貿易連盟IFTFより)。しかし、動物養殖だけが残酷なのではありません。毛皮用のワナも、同様に残酷です。
ワナにかけられた動物
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

私たちにできること→ アニマルライツセンター




メモ kitarak
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)