OECD-FAO 畜産動物の犠牲量予測

  • Day:2016.02.27 21:52
  • Cat:畜産
2015年に発表されたOECD-FAO Agricultural Outlook(OECDとFAOの農業予測)では、農業の年次統計および主要な農産物の今後の予測が行われています。

2024年までに日本の一人当たりの肉消費量は、鳥の肉を除いて増加すると予測されています。世界全体の予測は、牛・子牛・豚の肉が少し減少し、羊・鳥の肉が増加すると予測されています。
名称未設定 1

しかしこれは「一人当たり」であって、人口の増加にともない、牛・子牛・豚・鳥・羊の犠牲はいずれも今後大幅に上昇すると予測されます。(グラフは鳥 単位は千トン)
名称未設定 1

結局のところ世界の大勢を動かしているのはアニマルライツや倫理ではなく、経済です。
その中で動物のために何ができるかを模索していかなければなりません。




OECDデータ―Agricultural output
https://data.oecd.org/agroutput/meat-consumption.htm



参考
食肉鶏卵をめぐる情勢 生産局畜産部食肉鶏卵課
平成28年2月
http://www.maff.go.jp/j/chikusan/shokuniku/lin/pdf/meguru_syoku.pdf

sou
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)