ブレンディの秀逸な「差別」CM

  • Day:2015.10.03 21:26
  • Cat:


差別とは長い間続いてきた偏見と恣意的な態度の結果であり、あまりに長い間あたりまえに続けてこられてきたため、そこに差別が存在することすら気がつかない人が多い。

しかしブレンディの最近のCMは、われわれの周囲に存在しながら隠れている”差別”の存在を分かりやすく提示している。
このCMを見た人々の反応の多くは「気持ワリイ」というものだ。
その反応は正常だ。差別とは後ろ暗く後ろめたくドロドロした「気持ワリイ」ものだからだ。普段隠されているドロドロしたものを引きずり出したのがブレンディのCMだ。

牛に見立てられた生徒が、と殺場行き、肥育場行き、闘牛場行き、”ブレンディ”行きに振り分けられていき、「おめでとう」と”卒牛証書”が与えられる。”ブレンディ”行きが決定した胸の大きい女生徒は”乳牛としての価値が認められた”喜びに顔を輝かせる。

しかし乳牛の一生は過酷だ。ほぼ一生をつながれたまま過ごし、角は麻酔無しで切除され、乳をたくさん出すように品種改良され続けた弊害で体は慢性的な病気に苦しんでいる。乳が出るのは人と同じで出産後だ。乳を効率よく搾り取れるよう繁殖はすべて人工授精で行われ、"牛乳"を早く生産ラインにのせるために、産まれてすぐに子牛と母牛は引き離される。だいたい2,3産させたあとで、乳の出が悪くなるとと殺される。人で言うとだいたい20歳くらいで一生に終止符を打たれる。

”ブレンディ”行きの乳牛のライフサイクルは早い。
擬人化された胸の大きい女生徒は”ブレンディ”行きの誇りに目を輝かせるが、実際に”ブレンディ”行きを喜ぶ牛はいない。過酷なとらわれの短い一生に同意する牛は決していない。もしも牛が口をきけたなら、声を上げて拒否するだろう。しかしそこをあえて擬人化してブレンディの価値観を押し付けたこのCMは、差別がどれだけ悪質で一方的で相手の感情を無視したものであるかを分かりやすく表現しており、非常に秀逸だ。

このCMを見た人は、ブレンディの持つ女性差別、若者差別の考えを鋭く感じ取り「気持ワリイ」と反応するが、このCMの内包する根本的な差別「種差別」に反応する人も少なくはない。

何億モノ広告費を使って、物言えぬ動物の感情を都合よく解釈し、公共の電波を使って差別の悪質さを表現してくれたブレンディには感謝の意を表したい。

ちなみにこのCMの擬人化牛の鼻輪だが、牛を制御しやすいよう肉牛の約8割で鼻輪の装着が行われており(2014年農水省調査)、麻酔無しで行われるため鼻輪装着時には牛は嫌がり痛みで苦しむ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)