動物たちの苦悩 ― 常同行動

苦悩を異常行動から評価する。

異常行動には、常同行動、変則行動、異常反応、異常生殖行動などがある。
そのうちのひとつ「常同行動」とは、
どのような意味があり、何をしようとしているのか明確ではなく、一定した様式が長期間繰り返されること。常同行動は、不適切な環境から来るストレスをやわらげようとする適応行動とも言われている。




2015年6月 動物園のスマトラトラ
スマトラトラの常同行動
自然界では、森林内に広大な縄張りを作って生活し、その範囲はオスでは5000ha(50平方km)、メスでも約2000ha(20平方km)にも及ぶとされている。



2015年6月 動物園のホッキョクグマ
同じところを歩き回るホッキョクグマ
この日はかなり気温が上がったが、水の中に潜るでもなく、ひたすら歩き回っていた。
ホッキョクグマは本来北極圏で生息する生き物。
その行動圏は30万平方kmの報告がある。








2015年6月 動物園のツキノワグマ
ツキノワグマの異常行動
自然界ではオスで行動圏が60~100平方km、メスで30~50平方kmの報告がある。



2015年6月 動物園のヒグマ
自然界では、オスで行動圏400~1100平方kmの報告がある。



2015年6月 動物園のハクビシン
ハクビシンの常同行動
寒い時期はあまり動かないが、暖かい時期の行動範囲は30~50haにまで及び、一晩でおよそ5kmの距離を移動するといった報告もあるハクビシン。
<



動物園で、動物たちは本来の習性を発揮することはできない。
http://www.arcj.org/animals/zoo/
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)