動物の権利活動家が抱えるトラウマ(PTSD)

動物の権利活動家が抱えるトラウマ(PTSD)


・目標達成のために動物への暴力にさらされ続けなけばならないこと。

・暴力の制止ではなく、反対運動をしていることへの罪悪感。非合法であっても暴力をただちに制止すべきではないかと思い悩むこと。

・自分が最重要だと考えている問題が、まわりから重要視されないこと。

・多くの人が「動物より人の問題が先」と考えていること。

・動物を扱う企業の前で動物への暴力をやめてくれという運動が「暴力的な行為」とレッテルをはられること。

・動物の扱いのほうがはるかに暴力的だということが周りの人に伝わらないこと。伝え方がまずいのではないかと悩むこと。

・マイノリティであること。「変なやつ」と思われること。

・メディアが畜産動物や実験動物への日常的な暴力を社会問題としてとりあげないこと。

・合法的に動物への扱いの実態を明らかにすることが困難なこと。

・一般的に眉をひそめられる非合法な活動を行わざるをえないこと。

・妊娠豚ストール廃止運動でさえ「過激な活動は逆効果」と言われること。「そうなのだろうか?」と悩むこと。

・動物利用を肯定した上での動物福祉活動を行わねばならないこと。

・福祉運動においては、ナイーブで感情的と思われないよう、科学的知見を必死で集めて武装しなければならないこと。

・動物の権利活動家に植え付けられた「過激」なイメージに、自己を責めること。

・暴力を受けている動物自身に発言ができないこと。自分の行為が「動物の地位を今よりさらに落としてはいないか」と悩むこと。

・動物虐待を制止できない罪の意識に悩むこと。



いったい何が暴力なのか?
根拠のない社会通念や法的にどうなのか一般的にどうなのか大多数の人がどう考えるのかではなく、本当に暴力的で過激なことが何かを自分自身できちんと定義し、ゆるがない土台を築いた上で動物の権利運動に取り組めば、PTSDを避けることは可能。


********************************

「動物の権利と震災:トラウマに苦しむ動物擁護者」
http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/BA31027730/2012no.243_34_45.pdf



vegveg
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/04/16 00:38
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)