「母性」を調べるために行われた動物実験

ハリーは雌のラットの卵巣を切除し、盲目にし、嗅球を取り除いた。
目が見えなかろうが、ホルモンを奪われようが関係なかった。
母ネズミは断固として、子ネズミのほうへ這っていった。
いくぶん動きがにぶくはなったものの、子供を求める本能は、北を指す方位磁石のように絶対的な力を持っていた。

「愛を科学で測った男‐異端の心理学者ハリー・ハーロウとサル実験の真実」より

母性がどういうものか調べるために行われた動物実験です。

40年も前に行われていたこのような実験は、今も続けられています。
http://investigations.peta.org/nih-baby-monkey-experiments/?utm_campaign=NIH%20Investigation&utm_source=PETA%20E-Mail&utm_medium=Alert


「母性」がどういったものかは、動物実験の結果をまたずとも、多くの人は知っているでしょう。


kita
スポンサーサイト

Comment

くだらない実験としか言いようがありませんね。

母性は調べなくてもわかりますよね。
それでも、子供も餓死させたりする母親の何かの役に立つとでも思っているのでしょうか。
怒りしか出てきません。
  • 2014/12/29 22:42
  • わんママ
  • URL
追伸です
それなら、子供を殺した母親を実験すればいいんじゃないでしょうか?

こういう人間には同じ目にあわさないと苦しみがわからないんですから。
後悔したところで何にもならない、死んでしまえば二度と戻ることも出来ないんですからね。
ちょっと乱暴なことを言いましたが、そう思いますね。
  • 2014/12/29 22:47
  • わんママ
  • URL
この研究者。
異端と言われるみたいですが、人間としてでしょうか?
この人の為に、亡くなった動物の痛みを知れ!と思います。
この人、まだいらっしゃるのなら恐怖です。
  • 2014/12/31 13:21
  • なみ
  • URL
Re: 追伸です
動物を使ってみようというのがそもそも誤りですものね。。
人間と同じ心理状態を観察できると考えるから、母性の実験にサルを使ったのでしょうが、
人間と同じ心理を持っていると考えているのに、見た目が違うという理由だけでサルを実験に使うというのは恐ろしい差別です。人種差別と変わりありません
  • 2015/01/03 11:32
  • 動物の解放
  • URL
Re: タイトルなし
なみさん、ハリーはもう死んでいます。
でもハリーのように、動物を使って心理状態を観察する実験は、今も普通に行われています。
動物と人が同じ心理であると考えているなら、その動物を人よりはるかに低い位置にあると考えて実験に使うというのは大きな矛盾だと思います。。
  • 2015/01/03 11:36
  • 動物の解放
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。