有害なノーベル賞

有害な「ノーベル賞」
医学・生理学賞に欧州の3人「脳の空間認識」解明
10月6日 19時06分

動物実験が行われています。
こういう、将来実用化されるかどうかもわからない基礎研究のために、動物が実験に使われています。
動物の苦しみの上に立って、「ノーベル賞、ノーベル賞」と大騒ぎする。
ノーベル賞とか、大騒ぎするようなもんじゃないです。
ノーベル賞と関わりが深く、ノーベル賞候補者に多額の助成をしている、ロックフェラーは、動物実験、人体実験、新薬販売、副作用、再度動物実験、人体実験、新薬販売、と繰り返して、莫大な富を築いたけど、そのロックフェラー親子は医薬品を極力避け、主治医はホメオパシーの医師だったそうです。
名声とか地位とか肩書きを有り難がって大騒ぎすることは、こういうずるい大富豪にとってはよだれが出るほど嬉しいことに違いありません。
そういう人々を操るのはとても簡単だからです。

今日、広島の土砂災害で行方不明になってしまった、うちの犬を探して、被災地をウロウロしているときに、あるボランティアの方に出会いました。
その方は東北大震災で被災されたそうです。そのとき、たくさんのボランティアの方に助けられたと言ってました。そして今回、その恩を返すために広島に来たと言ってました。
この方のほうが、今回ラットを実験してノーベル賞を受賞するオキーフ氏より、ずっとずっと称賛に値します。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141006/k10015173391000.html


オキーフ氏は、動物はなぜ、自分が今いる位置を感覚的に把握できるのか、その理由を突き止めようと、ラットを使った実験を行い、まず、脳の中でも「海馬」と呼ばれる記憶に関わる部位に注目しました。
その結果、海馬の中に、自分が今どこにいるのかを把握する神経細胞があり、この細胞をつないだ神経のネットワークがあることを突き止めました。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/11 15:56
動物実験を禁止することは、憲法の定める「学問の自由」に違反すると主張する人がいますね。

しかし、たとえ学術的な研究のためであっても、考古学者や歴史学者が天皇の古墳を発掘することは宮内庁によって禁止されています。

そのような本当にどうでも良いくだらない規制をすることが出来るのだから、動物実験だって禁止出来るだろうと思います。

今の欠陥憲法を改正して、「全て動物は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という条文を入れるべきだと思います。
  • 2014/10/14 12:05
  • URL
Re: タイトルなし
私もそう思います。
ドイツは憲法で動物の権利が保証されています。
そうあるべきです。
また、学問の自由はけっこうなことですが、それは動物を虐殺してよい自由ではないです。
  • 2014/10/23 23:34
  • 動物の解放
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)