家族を捨てるということ、虐待するということ

「年老いた犬は世話が面倒で、もう要らない」
その飼い主が去った出口を、犬は長い間眺めていた。

写真・文章は、関西動物友の会より
0010049_R.jpg
0010048_R.jpg
0010046_R.jpg
0010047_R.jpg
0010045_R.jpg


「マンションに引越しが決まり、車で飼い犬を放棄に来た。主人を信頼してついてきた犬は所内から聞こえてくる多くの犬たちの声の異様さに気づいて、足を踏ん張ってささやかな拒否。飼い主が去った後、監房内の壁を前足でガリガリ掻きながら遠吠えを繰り返した」

写真・文章は、関西動物友の会より
0010040_R.jpg
0010039_R.jpg
0010038_R.jpg



飼い主は「一度、隣の町まで捨てに言ったけれど、2週間たって戻ってきたので、こんどは保健所につれてきた」と話す。
犬は、自分の最期を自覚しているかのように、とても静かに外壁の一点をずっと見つめていた。

写真・文章は、関西動物友の会より
0010034_R.jpg



エサを求めてさまよったあげく、誰かに刃物で片目をつぶされた。
たまたま運よく優しい人に保護されて手術を試みたが傷が深く、数日後に死亡した。

写真は、日本動物福祉協会
0030034_R.jpg

日本の動物愛護管理法では、その44条に「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する」とあります。しかし動物虐待事件のうち、この法律に基づいて起訴されるのは、ほんのわずかです。
無題
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2203/full.pdf





kita
スポンサーサイト

Comment

うまく言えんけど…自分の家族として愛し慈しむ事が出来んのなら飼ったらあかんと思います
  • 2014/10/02 10:35
  • カズ
  • URL
動物と暮らすには、覚悟が必要。それが無いなら…
  • 2014/10/03 11:31
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/14 14:21
Re: ブログ見ました
ゆりさん
いただいたコメントが公開できない設定になっていたので、わたしのこのコメントが見てもらえるかわからないのですが、、
できることはたくさんあります。
http://www.arcj.org/action/
こちらに書いてあるようなこと。チラシを注文して周りの人に渡すこと。
チラシ配りが苦手でしたら、ハガキなどで企業に「毛皮を売らないで」「ケージ飼育の卵を廃止して」
などの意見を届けることもできます。
http://save-niwatori.jimdo.com/%E3%83%8F%E3%82%AC%E3%82%AD-%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%97-%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB/

お住まいの地域で、パネル展やチラシくばりなどを一緒にする仲間がいればより心強いです。
どちらにお住まいかを教えていただければ、探してみます。
こちらまでご連絡ください。
subetenoikimono@yahoo.co.jp
  • 2014/10/23 23:26
  • 動物の解放
  • URL
Re: タイトルなし
そのとおりだと思います
  • 2014/10/23 23:44
  • 動物の解放
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)