動物の解放活動家 ヘンリー・スピラ

スピラは、彼の生涯の最後の20年の間に、主に家畜に焦点をあて、彼らを「世界の犠牲者の中でもっとも無防備なもの」と呼んだ。
彼は動物の解放運動が「自分が生涯をかけてきたものー弱者、犠牲者、支配されている者、抑圧されているものの側にたつことーの論理的な延長である」と言い、生涯の終わりまで「力が正義なりとというファシズムを信奉するのでない限り、われわれは他者を傷つける権利を持たない」と信じていた。

ヘンリースピラ
fotoSpira.jpg

ヘンリースピラ
商船隊員、自動車産業労働者、左翼ジャーナリスト、組合活動家、公民権活動家、ニューヨーク市の高校教師を経て45歳で動物問題活動家になった。アメリカ自然史博物館の地下で18年間行われていた2人の心理学者によるネコの実験(ネコの脳の一部を切除して性行動に及ぼす影響を調べるもの)を停止させ、研究室を閉鎖させた。また、レブロンとエイボンがウサギの目で化粧品の実験をするのを止めさせることに成功した。1998年没。

アメリカ自然史博物館で行われていた実験
「その実験はアメリカの50万ドルのアメリカの税金を資金として行われたが、目的は、つぎのことをネコに施した場合、ネコの性生活に影響があるかどうか調べることであった。
・視神経を破壊して盲目にすること
・内耳の一部を破壊して聾にすること
・脳の嗅覚中枢を破壊して、嗅覚をなくすこと
・オスの子猫の性器の神経を除去すること
・脳の一部に外科手術で傷害をあたえること
・生殖器に電気刺激を与えて殺す「電気生理学的試験」
この実験について館長のトマス・D・ニコルソン博士はこういっている。
「この博物館を著名なものにしているものが何かあるとしたら、それは実証できる実益とは無関係に、研究したいことを何でもできる自由です」


「永遠の絶滅収容所」チャールズ・パターソン著
「罪なきものの虐殺」ハンス・リューシュ著




kitara
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)