P&G、アイムスの動物実験

2000年ごろ、アイムスの行なっていた動物実験


実験詳細
地球生物会議ALIVE より抜粋
http://www.alive-net.net/world-news/wn-italy/43-2italy.html

①24頭の若い犬が、右の腎臓を摘出され、左の腎臓には損害を与えられた。腎臓の機能を通常の1/8に落とし、それがどのような影響を与えるか調べる実験。
腎機能の低下は、人間の場合と同様、動物にも激しい苦痛をもたらす。尿を通して除かれるべき毒素が体をめぐり、嘔吐、ケイレン、口中の潰瘍、激しい喉の渇きをもたらし、最終的には死に至る。
犬たちは2つのグループに分けられ、7ヶ月及び14ヶ月の間観察された。実験の結果に影響を与えないために、犬たちの症状を軽減する処置は何もとられなかった。

② 生体解剖(生きたまま解剖)2~5歳の28匹の猫の胃が、2時間の外科手術の間、露出させられ、繊維の豊富な食物の効果を調べる実験が行われた。実験後、すべての猫は殺された。

③ハスキーの子犬14頭に、皮下や胃壁へさまざまな物質が注射され、アレルギー反応が調べられた。子犬たちは、痒み、皮膚のひび割れ、腫れ物などの症状を示した。



このような実験がまだ行われているのか、
2011年9月、アイムスへ問合せ

「2001年に明らかになった、あのような残酷な実験がまだ行われているのか教えてほしい。あのようなことを、まだしているのなら御社からペットフードを買いたくない」
「電話で、弊社の方針を伝えるのは難しい。文書でお答えします」
「ああいうことがまだ行われているのかどうかも分からないのか?」
「文書で・・・」とのこと。
ただ、どんな内容かはわかりませんが、
犬・猫への動物実験は行っています、とのことでした。

数日後、文書が送られてきました。
内容抜粋
『さて、このたびお問い合わせいただきました、動物実験につきまして、当社の方針を説明させていただきます。
P&Gグループでは世界的に、動物を用いた試験を可能な限り廃止・代替え方法に置き換えていくことを方針としています。この方針のもと、P&Gグループのすべての製品において法規制で要求される場合などごく一部の例外を除き、動物実験は行っておりません。
当社ではこれまでに、2億5000万ドル以上の資金を投じ、これまでに50以上の代替方法の確立に寄与してきました』うんぬん。

アイムスジャパンとP&Gジャパンは2008年合併しています。
P&Gへ「動物実験をやめてほしい」と手紙を書いたときも、これと似たようなもの(同じものか?)が送られてきました。


2001年に明らかになったような動物実験を、まだ行っているのかどうかはわからなかったので、9月末ごろ、再度アイムスへ電話
「あのような動物実験を行っているのかどうか、把握できておらず、わかりません」
「では、あのような動物実験を行っている可能性はあるということですか?」
「はい」

2012.9月アイムスへ再確認
「以前回答した手紙と、お答えする内容はかわらない」とのこと。
「できるだけ行わないということは、アイムスが必要と思えば、今も動物実験を行っているということでよいか?今も過去のような外科的処置をともなう動物実験を行っているのか?」との問いについて、あらためて、回答をいただける、とのこと。

2012.9/11 連絡有。「関連部門に確認し、2週間ほどで、あらためて回答します」とのこと。

2012.9/26 手紙にて返事有り。
image002.gif
image004.gif


2012.9/27 アイムスへ電話
「動物の病気のためと栄養のために、外科的処置を伴う動物実験を、現在も行っているということでよいですか?」
「文書以上のことは、お答えできない」とのこと
「動物自身にはどうすることもできないが、アイムスやP&Gは動物実験をやめることができる。御社のような大手が動物実験をやめてくれたら、社会的影響は大きいと思う。やめてほしい」と要望。



2013.1月 活動仲間のうっき~の問い合わせに対するP&Gの回答
64605_397166823701475_1667551874_n_2015031622365427f.jpg

582453_397166913701466_1325752765_n.jpg

************************************

2015.3月 P&Gに再度問い合わせ。前回同様、電話での回答はできないとのことで文書が送られてきました。

無題

「一部の例外を除き、動物実験は行っておりません」と書かれていますが、洗剤やファブリーズや化粧品やパンパースやシャンプーを作ってる会社のどこに、一部といえど動物実験をする必要があるのか、まったくわかりません。


さまざまな分野でおこなわれる動物実験





メモ
2011.11月 アテニア(化粧品・健康食品など)
0120-175-333
自社では行っていないが、化粧品部門・健康食品部門ともに、他社に委託して動物実験している、今のところ動物実験廃止は検討しておらず、現状維持とのこと。
「動物実験をやめてほしい」というと、要望は上へ伝えてくれるとのこと。



メモ kitara
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/01/12 20:20
Re: アイムス
うっき~!おつかれさま!アニマルライツきょうだいやね^^里親募集・・里親募集をしていることが動物実験を正当化する理由にはならんよね・・、うんどんな返事だったか、また教えてな
  • 2013/01/12 21:53
  • 動物の解放
  • URL
ふみちゃん、P&Gから返事の手紙きたよ。
書き方とかは変えてるけど、大まかな内容はだいたいふみちゃんが載せてた手紙と同じやったよ。ふみちゃんの返事では、2億5000万ドル以上の資金を投じ、って書いてるけど、こっちでは2億6500万ドルになってた。
でも定形文のような感じで、やっぱりか・・・って感じやった。
コメントに写メつけれないから、facebookに返事の写真載せとくね!小さくて見えないかもしれんけど。
  • 2013/01/21 20:33
  • うっきー
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
フェイスブックの写真、使わせてもらった!アップありがとう、うっき~!
代替法代替法って言いながら、今すぐやめることができる動物実験を続ける理由は、なんなんやろね。新しい商品を開発して、たくさん儲けたいから、以外になんか理由があるのかな。命を尊ぶ気持ちがあれば、すぐにでもやめるはずやのに。
  • 2013/01/22 10:07
  • 動物の解放
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)