競走馬の脚はなぜあんなに細いのか?

  • Day:2014.04.24 19:30
  • Cat:
競走馬は速く走ることを目的に改良、繁殖されており
そのスピードを支える「体を作る」ことは考慮されていません。

Frankel wins Lockinge 580 x 350 RFS_RACING_8523220

競走馬は「速く走る」ことにさらに特化した人為淘汰(品種改良)の結果、体重に対する足の太さが限界まで細くなってしまっています。


以下転載
http://yayuyo.org/?p=340

人間に手を加えられた無数の生物のうち、もっともダイナミックな変化を遂げたのがサラブレッドだ。限られた距離を、少しでも速く走ることだけを目指して改良されたサラブレッドは、自動車やテレビと同じ「製品」だと言える。進化の過程で、走るために必要のないものを次々と削ぎ落としてしまったため、サラブレッドは、人間に手厚く世話されなければ到底生きていけない。

野生馬とサラブレッドの違いは、まず、足の太さにある。
サラブレッドの足が細い理由は、競輪選手の乗る自転車の車輪が細いのと全く同じだ。動くパーツの質量が小さければ小さいほど、エネルギーを効率よく地面に伝えて前進することが可能になる。一方、野生馬の太い足にも、それなりの理由がある。アフリカの草原で肉食獣から逃げる野生馬は、右へ、左へと方向を変えながら追跡を振り切ろうとする。サラブレッドのような細い足では、方向転換のさいに足にかかる大きな力を支えきれず、骨が折れてしまう。もともと直径が50センチ以上もあった野生馬の足が、サラブレッドではすねの部分で10センチ以下まで細くなったのは、直線と半径の大きなカーブしか走らない単純な運動に特化した結果だった。




馬は、細い4本の脚で400〜500kgの重い体重を支えています

足を骨折した競走馬の多くが殺処分されていますが、普通なら治癒するまで残りの3本の足で何とか歩くこともできるのが、競走馬では細すぎて、それができなくなっているそうです。

引退した競走馬はどうなるのか?肉



メモ souke
スポンサーサイト

Comment

私も引退後の馬について電話したいと思っていましたので、有難うございました!テレビで娯楽施設の乗馬の女性担当者が引退した馬と紹介し、引き取り手がない場合は殺される事を言葉を濁しながら言ってました。
競馬の為に、馬の生態すら替え残ると馬肉。残酷。担当者が「牛や豚」と一緒とありましたが、違うと思います。あえて言うなら、豚のロデオと同じではと思います。馬を競馬場で馬の顔を撫でて、後は殺す。恐ろしい人達です。
  • 2014/04/25 07:33
  • なみ
  • URL
Re: タイトルなし
なみさん、わたしも動物を犠牲にした娯楽は、なくしていくべきだと思います。私たちにはほかにたくさんの娯楽がありますものね。
  • 2014/04/25 22:57
  • 動物の解放
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)