タバコ 年表

タバコ 年表

1986 年 ドイツ、タバコの動物実験を禁止。
1995 年 スロバキア、タバコの動物実験を禁止。
1997 年 イギリス、タバコの動物実験を禁止。
2003 年 エストニア、タバコの動物実験を禁止。
2005 年 カナダ、タバコの動物実験を禁止。
2008 年 ベルギー、タバコの動物実験を禁止。
2012 年 日本 理化学研究所 
喫煙と肺気腫の関係を調べるために、マウスへの強制喫煙を行う
2013 年 日本 杏林大学医学部 
喫煙と気道炎症の関係を調べるために、マウスへの強制喫煙を行う。




タバコを強制喫煙させられる動物は、
タバコの煙がガラス容器の中に入ってこないように、自分の顔を使って蓋をする。

A.P.シルバーマンによる、タバコの動物実験(1978年)

『喫煙による長期間の影響を調べるために、シルバーマンはそれぞれの動物にガラス容器を用意して、タバコ煙流がガラス管を通って容器に入るようにした。その間動物はずっとガラス容器の中で生活し、餌と水は与えられたが、それ以外のものは与えられなかった。
しばらくして、この実験結果が得られる前に、この実験そのものが失敗であることが判明した。多くの動物が自分自身の顔でガラス管の端ををふさいで、容器の中に煙が入ってくるのを防ぐことを学習したからである。マウスやハムスターの顔はなめらかで、卵型で、ガラス管をふさぐ仕事にぴったりの大きさだった。動物のうち数匹はガラス管の端に顔を押し込むことを学び、煙を防いだ。
空気は、このガラス管から流れてくるものが唯一のものであったため、動物たちが事態を理解する前に、一部の動物は窒息死していた』
(「動物たちの心の世界」より)

image094.jpg

写真は強制喫煙させられるラット




参考
「Animals Don't Smoke」キャンペーンサイト peta
理化学研究所
杏林大学医学部第一内科学




kita
スポンサーサイト

Comment

香取神宮の記事を見ました。
なかなか外からは分かりにくいですが、神社ってかなり保守的ですよ。お役所以上にです。
抗議を正面からしていてものらりくらりなだけです。
  • 2014/06/07 22:41
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)