生命操作に歯止めを

どうか署名をお願いします。
http://p.tl/xWju

1_20140305113404895.png
写真は豚の精巣組織を移植されたマウスです。
(2010年 独立行政法人 農業生産資源研究所)

2_20140305113405ac7.jpg
写真は、ほうれんそうの遺伝子を組み込まれた豚
(2002年 近畿大学)

3_20140305113406f29.jpg
写真は遺伝子組み換えとクローン技術で作られた免疫不全豚。免疫が正常に働かないため、産まれて2カ月で死にます。
(2012年 理化学研究所など)

4_2014030511340833b.jpg
写真手前白色の豚は遺伝子操作され、生まれつき膵臓がありません。まもなく重度の高血糖症状で死にます
(2011年 東大など)

すでにこういったことが行われています。
この上さらに、動物の胚に人の細胞を組み込むことを解禁しようという動きがあります。
これ以上の生命操作に歯止めを。

『人と動物のキメラを胚の段階から作成し誕生させることを解禁しないでください』
http://p.tl/xWju


veg
スポンサーサイト

Comment

これって豚の体内で人の臓器を作るってやつですよね?
何がいけないんですか?
そりゃいきなり成功はしないでしょうから何回も失敗するでしょう
でもその失敗だってただ無駄に殺害しているわけではないんですよ?
リンク先で遠い未来の技術と言っていますがそれは今から実験を重ねないと確実に実現できない未来です
その間にも臓器の提供を待ってる人が何人もいてその中には間に合わずに死んでいく方も大勢いるでしょう
特に日本は脳死患者からの臓器の提供が少ないですからこの国でこの技術が実現できることはとても意味のあることだと思います。
あなたは以前動物の解放のために人間が多少の痛みを伴うのはしょうがないと言っていたようですが、だったら逆に人間の進歩のために多少の動物の犠牲は仕方ないということもいえるのではないですか?
  • 2014/03/05 22:28
  • 農学部学生
  • URL
Re: タイトルなし
私も以前は同じように考えていました。
しかし、医学の発展のために動物の犠牲は仕方ないという考えは、すでに過去のものになっています。
医科学者の立場から動物実験に反対している団体は海外に数多いです。そういった団体は人とは体の違う動物実験の結果を人間に当てはめることの危険性、倫理面から動物実験に反対しています。
海外だけではなく、日本の専門家のかたたちも動物実験の結果をそのまま人に当てはめることができないということはご存知です。厚生労働省のがん原性のテストに関するガイドラインではげっ歯類に腫瘍を植えつけてきたが、それらは人へのリスクアセスメントにほとんど、あるいはまったく効果がないことが分かっている、と書かれています。
だからこそ動物を実験に使わない代替法が進められているのです。
しかし国際的に動物を実験に使わない代替法の開発が推し進められる中、日本ではまだ意識が低く、化学物質等の安全性評価において、動物実験の代替法を研究・促進している日本動物実験代替法評価センター(JaCVAM)で評価を行う専門の職員は1人、年間予算は約2500万円ほど。EUの欧州代替法評価センター(ECVAM)の人員は約150人、予算はJaCVAMの100倍以上といわれています。
動物実験信奉の古い考えが、こういった実験を解禁しようという動きにつながっているのだと思います。
  • 2014/03/08 13:55
  • 動物の解放
  • URL
動物実験がそのまま人に使えないことは知っています
体のサイズやタンパク質を構成するアミノ酸などが違うからです
しかし、このips細胞の実験はあなたのおっしゃった実験と違い豚の体内で人間の臓器を作りそれを人の臓器移植に使おうというものです
つまりこの実験は成功すればそのまま人に使えるわけです
多少は調整が必要でしょうが、ガンの実験のように動物実験のデータがほとんど役に立たないと言うことはないと思います
  • 2014/03/23 21:31
  • 農学部学生
  • URL
Re: タイトルなし
免疫という大きな問題があるのではないでしょうか?またiPS細胞のガン化という問題もあります。こういったものに何百億ものお金をかけるより、予防医学にお金を使ったほうがよっぽど病気は減るでしょう。
  • 2014/03/28 10:41
  • 動物の解放
  • URL
ips細胞は移植する人自身の細胞から作るので免疫による拒否反応がないのではないかと言うことでこのような研究が進められているんですよ

癌化の問題は確かにあると思いますがどんな細胞でも100%癌化しない細胞なんてそもそもないでしょう

確かに予防にお金を使うことで病気の人が減ることは大変素晴らしいことですが、だからと言ってこの研究をしなくてもいいとは思えません
  • 2014/04/02 00:09
  • 農学部学生
  • URL
Re: タイトルなし
「iPS細胞は自家移植でも拒絶反応を引き起こす」という研究報告がありますね。しかしそれとは逆に「ほとんど起こらない」という研究報告もあります。しかしその場合も拒絶反応がゼロというわけではありません。しかもそれらの研究は皮膚細胞を移植するという内容です。膵臓などの臓器という高度な機能を持つものを、しかも自分とは違う種の体を使って作った場合、それを人に移植して拒絶反応を考慮しなくてもよいなどということはないでしょう。
  • 2014/04/07 13:52
  • 動物の解放
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)