ファミリーマート「フォアグラ弁当発売中止」新聞記事

フォアグラ弁当の発売中止 「残酷」指摘でファミマ
- 共同通信(2014年1月24日17時01分)

ファミリーマートは24日、28日に予定していた「ファミマプレミアム黒毛和牛入り ハンバーグ弁当~フォアグラパテ添え」の発売を取りやめると発表した。フォアグラについて消費者から「残酷な食べ物だ」と指摘があったという。
フォアグラは、ガチョウやカモなどに大量の餌を食べさせ脂肪肝の状態にした肝臓で、フランス料理などに使われる食材。
ファミマは「一般的に受け入れられている食材と認識して発売を決めていた。不快に思われた方には申し訳ない」(広報担当者)としている。

2014.1.25 中国新聞(広島を中心に山口県、岡山県、島根県などで販売)にフォアグラ弁当販売中止についての記事が掲載されました。
11_20140128114523d55.jpg

2014.1.28 中国新聞で再度、フォアグラ弁当発売中止についての記事が掲載されました。
中国新聞、一面の天風録(朝日新聞で言うと天声人語の部分)
フォアグラの作られ方や、「動物福祉」についても、ふれています。
20140128102918.jpg
『日本語に訳すと「脂肪肝」だという。
美食家がよだれをたらす
世界三大珍味のフォアグラである。
コクがあってなめらかな食感は、アンコウの肝を思わせるというが
何せ高級料理の定番。おいそれとは味わえない。
本場でもそう変わらないようだ。
本紙夕刊の「海外メール」で、広島育ちのマリエ悦木さんが書いている。
「普段はあまりお目にかからない」
おせち料理のカズノコのイメージに近いらしい。
それほどの食材をハンバーグに載せたコンビに弁当が、今日から日本でお目見えするはずだった。しかし一部の消費者からの抗議で中止に。
ガチョウやカモの喉にパイプをつっこみ餌を流しいれる。残酷な食べ物ではないか、との言い分。
「動物福祉」といった考えがあるそうだ。家畜に必要以上の苦痛を与えるべきではないー
そんな風潮が欧米で主流という。デンマークでも今月、フォアグラを売っていた最後のお店が白旗をあげた。
結局は食べてしまう、人間様の勝手にも思えてくる。
とはいえ、目鼻のついた家畜や魚が、どこでどうさばかれ、私たちの口に入るのか思いをいたすのは、「命」をいただく側の礼儀かもしれない』

フォアグラの作られ方
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)