「殺処めに分ゼロ」で苦しむ動物たち

  • Day:2016.09.17 16:16
  • Cat:犬猫
最近、国も自治体も著名人も国会議員も、「(犬猫の)殺処分ゼロ」を掲げるところが増えてきた。
「殺処分ゼロ」スローガンとしては最適だし、世論に訴える力強さがある。
もちろん私も殺処分ゼロに賛成だ。

しかし、「殺さないこと」だけに目を向けることは非常に危険なことでもある。
自治体が犬猫の引き取りを拒めば、数字上は殺処分ゼロを達成できる。
しかし引き取りを拒まれた犬猫がどうなってしまうのかは闇の中だ。



朝日新聞Webニュース
犬猫引き取り業者、書類送検へ 劣悪環境で飼育した疑い
2016年9月3日

http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20160902003185.html
名称未設定 1
業者が飼育する犬。トタン小屋の中に並べられた二段重ねのケージで飼われていた=矢板市


 犬や猫を劣悪な環境で飼育して虐待していた疑いがあるとして、栃木県警は今月中にも動物愛護法違反(虐待)容疑で、同県矢板市の犬猫引き取り業者を書類送検する方針を固めた。業者側は「たたいていじめたわけではない。悪いことはしていない」と虐待を否認している。

 県警はこの業者を8月10日に家宅捜索し、売り上げ計算書や売買記録などを押収した。引き続き業者から事情を聴いているという。

 捜査は、公益社団法人「日本動物福祉協会」(東京都品川区)が今年4月に行った刑事告発がきっかけだった。告発状は、汚物の処理などの管理を十分に行わずに犬と猫計19匹を劣悪な環境に置くなどの虐待をしたとしていた。

 告発状によると、協会職員や獣医師が視察したところ、2015年12月10日~16年1月17日までの間、排泄(はいせつ)物が堆積(たいせき)した過密な環境に犬や猫が置かれ、適切に餌や水を与えられていなかったり、病気やけがを放置されたりしている様子が確認されたという。

 業者の男性(61)が、重篤な症状の猫について「このまま放置すれば死亡する」と言い、飼っている犬や猫に対しては「餌代がかさむから早く死んでほしい」などと口にしたという。

 8月半ば、告発された業者を訪ね、男性に犬舎を案内してもらった。現場は山林を走る県道沿い。男性が「5メートル四方ほど」と紹介するトタンぶきの小屋に、縦横45センチ、奥行き60センチ程度のものを中心に、大小様々なケージが並んでいた。純血種の犬が25匹で、多くが老犬。猫はいなかった。

 男性が説明する。「この犬は若いから、すぐに引き取り手が決まる。逆にこっちは年寄りだから、どうかなあ」。10歳近い老犬で目が白く濁っていた。

 男性によると、子を産ませて高齢になった犬や猫をブリーダー(繁殖業者)から引き取っている。「去年の冬は犬猫合わせて150~200匹を飼っていた」。一匹あたり1万~3万円程度の料金を受け取り、引き取り手を探しながら飼育するが、見つからず死ぬまで飼う犬もいるという。男性は言う。「俺が引き取らないと、犬や猫は行き場がない」

 2013年施行の改正動物愛護法で、行政がブリーダーなどからの犬猫の引き取りを拒否できるようになった。安易に行政へ持ち込ませず、殺処分数を減らすのが目的だ。ただ今回告発した団体などによると、売れ残るなどした犬猫の行き場がなくなり、より多くの犬猫が引き取り業者に流れたとの見方もある。

 県動物愛護指導センターによると、県内の動物取り扱い登録施設のうち営利目的で100匹以上飼育しているのは昨年度末で約25施設。毎年定期的に立ち入り調査をしている。告発された業者も対象で、今年も3度訪問し、口頭で改善事項の指摘などをしたという。(直木詩帆、伊吹早織)
スポンサーサイト

生きた牛に火をつけて燃やすお祭り

スペインでは、毎年4万以上の牛が、闘牛や祭りで殺されています。


トドデラベガ

そのお祭りのひとつ「トロデラベガ」毎年、スペインで行なわれています。
2012年も行われました。

2012年度動画


image003_20130110161214.jpg

image002_20130110161213.jpg

image004_20130110161214.jpg

大勢で牛を追い、いじめて殺す、この恥ずべき祭りは、毎年9月第2週に開催。

馬に乗った男たちが、雄牛を追い回し、最後は槍で刺し殺す。
町の聖母に敬意を払うのが目的で、始まったとされる儀式。
スペインで最も古い祭りの一つに数えられています。


トロジュビロ

スペインでは、他にもさまざまに、牛が祭りに使われます。
毎年11月の第2週、火をつけられて、逃げ回る牛を皆ではやしたてる
トロジュビロ」がおこなわれています。
image010_20130110161227.jpg

image007.jpg

image006.jpg

動画 


トロジュビロ祭では、まず雄牛の角に、タールを染込ませた2つのたいまつがくくりつけられ、火をつけられます。
牛は、逃げ、目と顔が焦げ、壁にぶつかったりする。
群衆は拍手喝采!
何時間かの痛みの後、炎症によって目は見えなくなり、雄牛は殺されます。
死に絶えた牛の肉は、住民に分け与えられ、それを食べると子供を授かるなどの御利益があるといわれています。

2011年
「牛祭りを続けるなら、スペインへ旅行へ行かない、スペインのものは買わない、やめてほしい。人間の圧倒的な力に、異議を言えない牛がむごい。」
11月のトロジュビロ前に、このような残酷な祭りを止めてほしいとスペイン大使館へFAXで要望。(日本語で)



FAXに対する返信

『2011年10月21日、東京
拝啓 スペインのお祭「トロジュビロ」についてのファックス確かに受領いたしました。
また、スペインの関係機関に本件伝えましたこと併せてご報告いたします。
動物虐待を伴うお祭はここ最近スペインの動物愛護団体や社会全般からも非難を受けておりますが、何世紀も続いている伝統的な祭事でもあり、主に小さな村で行われております。
反対の立場を促すには、重大なケースに対してはその撲滅を図り、またこの伝統行事がまだ続いている村では、住民にその残虐性を自覚させるキャンペーンを行うなどがあります。
最後には動物の尊厳が守られることでしょう。
敬具
エンリケ・アソレイ
公使参事官
駐日スペイン大使館』


しかし2011年も、例年通りトロジュビロは行われました。

2011年度動画


2011年12月7日
スペイン大使館へ再度FAXで「なぜ牛に火をつける祭りが許されるのですか?動物虐待であるとして取り締まっていただきたいです」などと要望(日本語で)。


2012年10月30日
スペイン大使館へ電話した、「去年トロジュビロをやめてほしいと要望したものだが、今年も行なわれるのか」問うたところ、今年も予定通り行われるであろうとのことでした。

2012年11月10日
予定通り行なわれました。
image011_20130110161227.jpg
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2232031/Toro-Jubilo-The-grotesque-Spanish-bull-burning-festival-animal-rights-campaigners-want-banned.html

2012年11月16日 
スペイン大使館へ再度FAXで「この祭りをやめて欲しいという願いを、関係機関へ伝えてください。」などと要望(日本語で)。

2013年11月
2015年も行われました。


2014年11月
2014年も行われました。


2015年11月
2015年も行われました。Medinaceli toro jubilo 2015
 

2016年11月
2016年も行われました。



写真:情報:スペインの動物保護団体PACMA 写真はこちらから
201611131546_3.jpg
201611131546_2.jpg
201611131546_1.jpg


トロジュビロの廃止要望先

駐日スペイン大使館
ゴンサロ・デ・ベニト(D. Gonzalo de Benito​ )駐日スペイン大使
〒 106-0032 東京都港区六本木1-3-29
電話: 03-3583-8531
FAX: 03-3582-8627
Email: emb.tokio@maec.es





毎年牛祭り闘牛やトロジュビロ、トロデラベガ、牛追祭りなど)
で殺される牛は4万以上。





闘牛
『闘牛の牛は、できるだけ人間とは接触させず、荒々しい野生の本能を失わないように育てます。その身体能力は凄まじく、人間がそのまま立ち向かえば非常に危険で、それこそ闘牛士は命がいくらあっても足りないのです。そこで、闘牛場では、最初に牛の力を削ぐことに力を尽くします。プロテクターをつけた馬に乗った男たちが槍で牛を突くのです。この槍はあまり深く刺さらない仕掛けになっていて、牛が死にかけるほど弱るのを防ぎます。しかし、槍で突かれた牛はかなり力を失い、フラフラになりますから、それでは闘牛士が対峙しても面白くないのです。そこで、カラフルな装飾を施したモリを何本も牛の身体に打ち込みます。これは、牛に痛みを与えて、一時的に興奮させ、元気にさせるために行うのです。その後で、闘牛士が布を振って牛をあしらいます。そして、頃合を見て、剣で刺し殺すのです。これでは、どんな牛でも闘牛士に勝つのは不可能です。つまり、闘牛士は99.9%の安全を確保してショーを行うのです。』
http://latename.blog113.fc2.com/blog-entry-112.html

2007年の世論調査では、スペイン国民の4人に3人が、闘牛には興味がないと回答しています。

スペイン国営テレビは、動物愛護団体の圧力や、高騰する放映権料、視聴率低迷などから、2007年、闘牛のテレビ生中継を2012年9月まで中止すると発表。(2012年9月に中継復活)

1991年 スペイン領カナリア諸島で闘牛禁止。
2011年 スペインのカタルーニャ自治州で闘牛禁止。
2016年9月11日 スペイン「闘牛は動物虐待」禁止を求め大規模デモ
(NHK NEWS web)
スペインの首都マドリードで、10日、闘牛は動物虐待にあたるとして、禁止するよう求める数千人規模のデモが行われました。
マドリードの中心部で行われたデモには、動物愛護団体のメンバーなど数千人が参加しました。通りを埋め尽くした参加者たちは「闘牛は文化ではなく、殺しだ」などと書かれたプラカードを掲げて行進し、闘牛の禁止を訴えました。
闘牛は、スペインの伝統的な文化で、貴重な観光資源ともなっていることから、保護する動きがある一方、闘牛士が観客の前でオス牛をやりで刺すのは「動物虐待にあたる」として禁止を訴える動きも活発になっています。地元メディアによりますと、反対の動きはこのところ強まっていて、5年前にはスペイン第2の都市バルセロナがある北東部のカタルーニャ州で闘牛が禁止されたほか、マドリードでは闘牛士を育成する学校への補助金が廃止されたということです。また、動物愛護団体がことし1月に行った調査でも58%の人たちが闘牛に反対の立場を示したということですが、全面的に禁止されれば、経済的な損失が大きいとの懸念もあり、闘牛をめぐる賛否の議論は今後も続きそうです。




過去45年間で、スペインの闘牛士4人が死亡、闘牛に使われた牛は134000頭が殺されています。

※参考 http://www.impactpress.com/articles/augsep03/best8903.html


メモ kitarak