麻酔なしで子豚の歯を切断

  • Day:2016.01.22 13:57
  • Cat:
imagesN2MZY48O.jpg

日本では、63.6%の農家で、歯の切断がおこなわれています。*1 

歯の切断は、産まれたばかりの子豚(生後一週間以内)の犬歯4本、第三切歯4本の合計8本の歯をニッパーで切る、という方法で行われます。


歯の切断は子豚を苦しめます。

この行為が、歯に痛みや重傷を引き起こすことは科学的に明らかになっています。
ニッパーで切断された歯のうち92%で神経感染症が起こっている(1993年)*2
切断された歯の10.6%が出血、3.3%が骨折(2005年)*2
歯の切断後、60%で歯の神経が開いてしまっている(2004年)*2


「子豚がお母さん豚の乳首や、ほかの豚の尻尾や耳を傷つけることを防ぐ」

それが歯を切断する理由です。しかし本当に歯の切断をするしかないのでしょうか?
子豚がお母さん豚の乳首をかんだり、他の豚をかんだりするのは、かみついてしまうような悪環境で豚が飼育されているからです。
「母豚が自由に動くことができない狭いペン(3.6m2もしくは6.8m2)で飼育される子豚は、母豚が自由に動くことができる広いペン(29m2)で飼育された子豚に比べてお互いに噛みつく行動が増えた」(2002年)*2
「狭く、環境エンリッチメントがないシステムでは、母豚と関わる時間が長く自然環境と関わる時間が少ないため、母豚の乳首へのダメージは増えるかもしれない」(2006年)*2
「屋外の母豚49頭の研究では,子豚の歯を切断しなかった時に損傷を受けた母豚は全く見られなかった。子豚が里子に出された時に、他の子豚の顔面が傷つけられることはあったものの,子豚の成長には何ら影響はなかった(1996年)。
母豚への傷が無いことや子豚への損傷が少ないのは,屋外で飼育された動物では逃避が比較的容易であるためかもしれない。」*3


そもそも傷つける原因は不適切な飼育なのです。

しかし不適切な環境が当たり前になってしまっています。日本では母豚と子豚は離乳するまで「分娩ストール」で飼育されます。EFSAは、その報告書の中で*4 分娩ストールは一般的に豚へのエンリッチメントが提供されていない、としています。分娩ストールは狭いスペースしか与えられておらず、母豚は妊娠ストールと同様、方向転換すらできません

ヨーロッパではすでに妊娠ストールは禁止され、今では分娩ストールも廃止の方向へ進んでいますが、日本では妊娠ストールも分娩ストールもいまだ主流な飼育方法のままです。


歯の切断には弊害もあります。


多くの場合ニッパーが使われていますが、ニッパーは元来針金を切る道具で、柔らかいものを押し切るようにできています。歯のような固いものを切るためのものではありません。
ニッパーで「歯を“切る”のは非常に難しいので潰すか割っている場合が多く」「ニッパーでは1本も割ることなく、きれいに切ることは無理」*5 なのです。
そのため損傷した歯から細菌を入りやすくなり、歯を切る事で歯肉炎が発生し、子豚が口の中が痛くて授乳できない、あるいは人工乳を食べなくなるという問題が起こります。また、何年間も歯の切断をしていない大手企業養豚では、切歯を行わないことで母豚が痛がり授乳をしないということや、子豚が他の豚を傷つけるといったことは起きていないか、起きていても無視できる程度だという事です。*6

歯の「研磨」のほうが「切断」よりも痛みや”歯の割れ”が少ないため、ヨーロッパでは切断ではなく研磨が使用される国もあります。

歯の切断(「研磨」は除く)は、デンマーク、ノルウェー、スイスなど一部の国では許可されていません。(日本では94.1%が切断で、研磨は5.5%以下*1)
どちらか、というのならば研磨のほうがましでしょう。
しかし歯の研磨により「38%で歯髄腔が開いた、41%で出血、3%で歯が破断」(2004年)*2 という報告もあります。
EUの獣医科学委員会のレポートには次のように記されています。
「歯を切断するよりもむしろ研磨することの方が用いられるべきだが,どちらも必要が無いように努力しなければならない。」*3

どちらも豚を苦しめることには違いないからです。

日本において大きな問題なのは「慣例だからやっておこう」という感覚で歯の切断が行われていることです。

EU指令「豚の保護のための最低基準」*7 には、次のように書かれています。
「歯の切断は、日常的に行うのではなく、母豚の乳首や他の豚の耳や尾の傷害が発生したという証拠があるときにのみ行うべきである。またこれらの手順を実行する前に、こういった悪癖を防止するために環境や飼育密度を考慮すること。したがって、不適切な環境または管理システムは変更されなければならない。」

日本では考慮されることなく、慣例として歯の切断が行われているという実態があります。






*1 国産畜産物安心確保等支援事業
(快適性に配慮した家畜の飼養管理推進事業)
*2 Compassion in World Farming「Tooth Resection」(2012年)
http://www.compassioninfoodbusiness.com/media/5823238/tooth-resection.pdf
*3 EUの獣医科学委員会のレポート「THE WELFARE OF INTENSIVELY KEPT PIGS」(1997年)
http://ec.europa.eu/food/fs/sc/oldcomm4/out17_en.pdf
*4 欧州連合の専門機関、欧州食品安全機関 (European Food Safety Authority、略称:EFSA )「Animal health and welfare aspects of different housing and husbandry systems for adult breeding boars, pregnant, farrowing sows and unweaned piglets」(2007年)
*5 日本養豚事業協同組合2013年7月号「ゆめ通信」
*6 2006年1月号「ピッグジャーナル」参照
*7 COMMISSION DIRECTIVE 2001/93/EC of 9 November 2001
amending Directive 91/630/EEC laying down minimum standards for the protection of pigs
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=CELEX:32001L0093&from=en
スポンサーサイト

ベタを買わないで。売らないで。

  • Day:2016.01.17 12:45
  • Cat:
「闘魚」とも言われるベタ。
喧嘩をするときのオスの「フレアリング」(背ビレや尾ビレを広げて威嚇しあう様)が「美しい」とされ、インテリアのように販売されています。

オス同士は激しく喧嘩するため、同じ水槽で飼育することができません。そのためホームセンターなどで販売されているベタは小さいビンに1匹ずつ閉じ込められ、ビン越しに別のオスと向き合い、常に臨戦態勢というストレス下で「フレアリング」をし続けます。
2_20160117124201f99.jpg


ホームセンターチェーンの東急ハンズでもベタが販売されています。
私たちはこのベタの販売方法について東急ハンズ本社に要望書を提出しました。



株式会社東急ハンズ 御中
2015.7.27
はじめまして。
本日電話で問い合わせをさせていただいた、NPO法人アニマルライツセンターの佐藤と申します。私どもは動物の権利を守る運動をおこなっております。

貴社のいくつかの店舗で販売されている淡水魚ベタについて、動物福祉の観点から下記をお願いいたしたくご連絡させていただきました。

・魚を小さなビンに詰めて陳列販売するのを中止し、適切な広さと環境の確保された水槽での飼育に切り替えること。

私どもの元に、「貴社のいくつかの店舗における魚の販売方法があまりにかわいそうだなので、なんとかしてほしいという」連絡が市民から数件寄せられております。
私たちも現場を見ましたが、確かに報告にあったとおり、この飼育方法は動物愛護管理法違反であり、改善をお願いしたいと思いました。

魚は動物取扱業の対象動物ではなく、罰則規定はありません。
しかしながら、動物愛護管理法自体は、魚にも適用されるものです。
2012年の法改正では、動物愛護管理法に次の項目が追加されました。

何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない。

この原則は魚であっても適用されます。
しかし貴店の魚の扱いは、この原則に反するものになっています。
また環境省告示の「動物愛護管理基本指針」には次のように書かれています。

生きとし生けるものを大切にする心を踏まえ、動物の命に対して感謝及び畏敬の念を抱くとともに、この気持ちを命あるものである動物の取扱いに反映させること

しかし残念ながら、貴店におけるビン詰め販売という魚の取り扱いには、命を大事にするという姿勢は感じられませんでした。
率直に申し上げて、このような方法で魚が販売されていることに、連絡をくれた市民だけではなく、私どもも非常にショックを受けております。

ベタは闘争心が激しくオス同士を混飼することは不可能であること、空気呼吸できる器官がある等の理由からビン詰め販売に至っているのだと思いますが、この飼育面積では適切な飼育環境の確保が行われているとは到底言えません。
もし水槽での飼育に切り替えていただけるのであれば、単飼でなければならず、飼育数に合わせた水槽数が必要になります。また水草の設置も必要です。ベタは水槽内で狭い箇所を見つけると、そこに留まろうとする習性があります。水草という隠れ場所は、魚にとって落ち着く場所になります。
こういった環境を用意できないのであれば、販売を中止していただきたいというのが私どもの願いです。
なお、市民からの報告では、すでにビンの中で死んでいるベタもいたと言うことです。
貴店ではベタをビン詰めして並べて販売されていますが、闘争心の強いベタはビンをはさんでいてもお互いが気になりストレスと戦い疲弊した状態にあります。

貴社同様に魚を小さな袋に入れて陳列販売されていたOlympicグループは、今年3月、この販売方法を中止してくださいました。
貴社におかれましても倫理的な判断をしていただけることを願っています。

Olympicグループ、魚の袋詰め販売中止
http://www.arcj.org/animals/fish/00/id=552

お手数ではございますが、ベタの飼育方法について、どういった改善をしていただけるか、書面(郵便またはFAX)あるいは電子メール(宛先:sato@arcj.org)にてご回答いただければ幸甚です。

以上、何卒、よろしくお願い申し上げます。

東急ハンズの回答
しかし残念ながら、東急ハンズからの回答はなく、2015年8月13日に電話をしたところ、総務課の回答は「回答しません」というものでした。

店舗への交渉
その後ベタを売る東急ハンズ店舗への直接交渉へと切り替えたところ、初めの写真よりも少し大き目のビンでの販売に切り替えてはくれましたが、「少し大き目」であって、これでは最低限の動物への配慮も満たされません。
1_20160117124200965.jpg



サウスフロリダ大学の生物学担当のGaddy Bergmannによるとベタは最低ガロンの水が必要だそうです。10ガロンというと約38リットル。水槽のサイズでいうと40センチ×30センチ×30センチほどです。
国際レインボーフィッシュ(魚の種類)協会とドイツのライブベアラー(魚の種類)協会の元議長Harro Hieronimus氏は13ガロンが必要だとも言っています。(出典peta
 http://www.peta.org/issues/companion-animal-issues/cruel-practices/betta-fish/ )



「ビン」では到底必要なサイズを満たしていません。

「売るのならばせめて広い水槽で飼育してほしい。」「オス同士を一緒に飼育することはできなくても、別の種の魚と一緒に飼育することはできる。現にそうやって広い水槽でほかの種と混飼している人もいる」と交渉しましたが、
広い水槽での飼育はスペースを取りすぎてしまう(たくさんのベタを販売できない)
広い水槽で飼育すると、ベタは闘争せず「美しいフレアリング」をしなくなり、「鑑賞」することができなくなってしまう、との理由から「できない」ということでした。


現在(2015年1月時点)もビンで、ベタは飼育されています。
魚は「インテリア」ではありません。

ベタを買わないでください。
ベタをビンで販売する店には「かわいそうだから止めてほしい」と声を届けてください。

東急ハンズ意見先
https://www.tokyu-hands.co.jp/inquiry.html


と殺場で出会ったさくら

  • Day:2016.01.14 07:31
  • Cat:畜産
さくらは私たちがと殺場で出会った豚です。
2016年の冬、さくらは肛門から腸が飛び出させ、血だらけで、トラックの荷台に乗せ­られてやってきました。

さくらはこれまで、一生のほとんどの時間を、狭い妊娠ストールの中で過ごしてきました­。
方向転換もできず、ほかの豚と触れ合うこともできず、ただ子供を産むために生かされて­きました。
彼女がようやくこの狭い妊娠ストールから出ることができた日が、直腸脱のためにと殺さ­れる日でした。

寒い雪の降る日、治療のためではなく「処分」されるために、さくらはトラックに乗せら­れました。
激しく揺れるトラックの中で、飛び出した直腸が荷台のあちこちにぶつかり、血だらけに­なりながら激しい痛みにさくらは耐えました。ようやくトラックが止まり、と殺場に到着­し、自分の血の臭いとは違う仲間の血の臭いをかいだ時、彼女は自分が殺されることに気­が付きました。

ほかの豚たちの臓物や皮を運ぶフォークリフトが行き交う場内で、彼女は自分の番を待ち­ました。そして作業員に蹴られながらトラックから降ろされ、建物の奥へ押しやられ、私­たちの視界からさくらは消えました。

最後の最後まで、彼女が命あるものとして扱われることはありませんでした。

私たちは、さくらのような一生を、もう誰にも味わわせたくありません。
苦痛と悲しみと暴力に、ただじっと耐えるだけの姿をもう見たくありません。

アニマルライツセンターはさくら達の苦しみを衆目に明らかにします。
そしてこの苦しみをなくすために行動を起こします。

アニマルライツセンター
http://www.arcj.org/








直腸脱は、母ブタには珍しくない病気といわれています。
ThePigSite Pig Health
This is not uncommon in sows and occasionally outbreaks occur in herds. Whilst the exact mechanisms are not fully understood the following should be considered as contributory to the problem.

http://www.thepigsite.com/pighealth/article/256/prolapse-of-the-rectum/

狭い妊娠ストールでの飼育は、直腸脱の原因となります。
Rectal Prolapse in Pregnant Sows due to Stall Housing
Published on: 7/26/2013
Author/s : Vassilios Papatsiros, Labrini Athanasiou, Athanasia Tzivara, Giorgos Christodoulopoulos, Giorgos Maragkakis (University of Thessaly), Eleni Tzika and Panagiotis Tassis (Aristotle University of Thessaloniki)
The present case report regards an incidence of rectal prolapse in 7 pregnant sows of a farrow-to-finish pig farm of 200 sows. None of these sows suffered from respiratory or digestive diseases, showing severe coughing or diarrhoea. Moreover, laboratory examinations during the last semester did not reveal Leptospira spp. or mycotoxins at detectable levels.
In the present case, we concluded that the main reason of rectal prolapse was that the sow stalls of this farm had the back retaining gate consisting of parallel bars, predisposing the incidence of rectal prolapse. Probably, the sows rested with the tail over the back gait, resulting in the pressure to be placed on the anus. This caused a partial relaxation of the sphincter, poor circulation and swelling. In the contrary, none of the sows of this farm, which were fixed in group housing, performed rectal prolapse. Finally, no surgical method or treatment was applied in sows with rectal prolapse, as farmer decided to send them in slaughterhouse.

https://en.engormix.com/MA-pig-industry/management/articles/rectal-prolapse-pregnant-sows-t2706/124-p0.htm

■妊娠ストール廃止キャンペーン
http://www.arcj.org/savemotherpig/

冬のと殺場-吹きさらしの係留所、冷水をかけられる豚たち

  • Day:2016.01.14 03:28
  • Cat:畜産
「豚は寒さを感じない」というのは嘘です。

雪の降る中、吹きさらしの係留所で、ブタたちは次の日のと殺まで、寒さに耐えなければなりません。
さらに「体の汚れを落とすため」に係留所でかけられるシャワーは冬でも冷水が使われ、豚の体をひどく冷やします。


『ブタは皮毛が発達していないため、暑熱にも寒冷にも弱く、鼻以外の部位では汗腺も発達していないため暑熱にさらに弱い。(中略)寒冷時には群がり、震え、発熱で対応する』
-「畜産技術」2009年1月号


『10℃以下の冷たい気候で、歩行困難や倒れる豚の率が高まる』

- テキサス工科大学
Pig Transport During Cold Weather
During cool and cold weather, the main outcome is an increase in the rate of down pigs (also called fatigued, non-ambulatory-non-injured, NANI, stressed, subjects or suspects). The rate of NANI pigs can more than double in cool or cold weather. NANI pigs do not have the energy reserves to walk and sometimes even stand. In cold weather, this is observed more often.
Figure. Increase in NANI/down pig with cooler air temperatures. Taken from Sutherland et al., (2009).10 C represents about 50 F. Note the steady rise in NANI % below 10 C.
How do I know when pigs are too cold?
Pigs will be too cold when the air temperature is below 50 F (10 C). If bedding is used, you can take 10 F off that critical temperature. If pigs can huddle, another 10 F can come off the effective environmental temperature (the temperature that the pig “feels” or senses). Thus, at an air temperature of 30 F and with bedding and other pigs, the pigs will not be particularly cold. Cold pigs have a cool surface temperature to the touch and they will seek to huddle. If they can’t huddle with other pigs, they will shiver. When you see pigs shivering, they are especially cold.

http://www.depts.ttu.edu/animalwelfare/Research/Transport/index.php#10

『周囲の温度が低すぎる場合、シャワーはブタをひどく冷やします。
気温が5℃以下ならば、ブタにシャワーを継続して浴びせないこと』

- ブリストル大学
Ambient temperature below which pigs should not be continuously showered in lairage.
Showering pigs with cold water during preslaughter lairage is thought to be useful in reducing the body temperature of hot, easily stressed animals. However, showering when the ambient temperature is too low could chill them too severely. To assess the effects of showering and to determine a temperature below which pigs should not be showered, pigs from one source, passing through a commercial slaughterhouse lairage, were split into two groups of approximately 50 each, showered and unshowered, on 10 days with a range of ambient temperatures. The pigs' behaviour and any damage to their skin were recorded, various measures of body temperature were taken before and after showering, and blood taken at slaughter was analysed for plasma creatine kinase, cortisol and lactate. Showering prevented the usual reduction in activity observed in pigs in lairage at high ambient temperatures. On the basis of the reduction in their flank temperature during showering, it is recommended that pigs should not be showered continuously if the temperature inside or outside the lairage falls below 5 degrees C, and showering should cease if they are seen to be shivering.

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9854768


2016年 日本のと殺場の豚たち


veg

諏訪大社「カエル串刺し行事」

諏訪大社 御中

2016年1月2日


お世話になっております。
動物の権利運動をおこなう、NPO法人アニマルライツセンターと申します。
以前より、貴大社で毎年元旦に行われている蛙狩神事の廃止をお願いしておりましたが、2016年元旦もこの行事が行われたことを、とても残念に思っております。

動物の権利は神事より優先されるべきだと私たちは考えています。
冬眠中のカエルを掘り起こし、生きたまま串刺しにして「いけにえ」とするこの行事は、動物の権利を甚だしく侵害する虐待行為であり、直ちに廃止していただきたいと願っています。

伝統や文化は時代とともに変化します。中国の伝統行事「犬肉祭り」も近年国際的に非難の声が高まり、禁止する省も出てきています。
今年の6月、イギリスBBCニュースは、動物愛護のためにタイの雨乞いの儀式で猫ではなく「ドラえもん」が身代わりに使われたと放送しています。
西洋で何百年も続けられてきた闘牛は動物愛護の観点から禁止する州もあり、近年縮小傾向にあります。日本においても、東京都 神奈川県 富山県 石川県は闘犬・闘鶏・闘牛を禁止しています。その理由は「動物愛護を図ること」「善良な風俗を保持すること」とされています。

痛みを感じて苦しむのは、カエルも私たちも同じです。串刺しは強烈な苦痛を伴う残酷な行為です。
CIOMS(国際医科学団体協議会)は動物実験の国際原則のなかで「人間にたいして苦痛を引き起こす行為は、すべての脊椎動物にも苦痛を引き起こすと想定する必要がある」としています。カエルは脊椎動物です。
ヨーロッパでは「実験やその他の科学で利用される動物の保護に関する欧州条約」の対象動物でもあります。苦痛を感じると考えられているからです。

動物に関心を持つ日本人は年々増えています。2013年の動物愛護管理法の改正時には、動物愛護を気にかける国民の意見が、のべ248,417人寄せられています。
国内で行われている残酷な行事を廃止してほしいというのは日本人として当然の思いです。
多くの市民がこの神事に胸を痛めています。動物愛護は国民的な関心事です。公共性の高い神社という立場ならば、神事のために動物を殺すという行為を憂慮する市民の声に真摯に耳を傾けていただけないでしょうか。

私たちは市民を代表して、この蛙狩神事を命の犠牲と苦痛を伴わない代替法で行っていただくことを重ねてお願い申し上げます。



ご多用中恐縮ですが、貴大社のお考えを郵送もしくはメール(sato@arcj.org)でご回答いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


諏訪大社の蛙狩神事 動画


全国動物ネットワークのサイトにこの問題の詳細が掲載されています。
http://animalnetwork.jimdo.com/