麻酔なしでの去勢

  • Day:2015.11.29 21:51
  • Cat:
日本のオス豚の94.6%が、*麻酔なしで去勢がおこなわれています。
去勢をするのは、肉の『雄臭』を防ぐためです。

雄の子豚は、生後1週間以内に、農家の人の手により外科的去勢(物理的に睾丸を除去)されます。
外科的去勢のやり方は、鋭利なカミソリでふぐり(陰嚢)を切開、睾丸を取り出し、一気に引き抜き、切り取る、というものです。
無麻酔で去勢されることで、心的外傷性疾患により死亡する子豚もいます。処置後に腹膜炎を起こして死亡したり、ストレスから発育や免疫力が落ちる傾向があることも知られています。
体の一部の切断は、切除時も、切除後も痛みが続きます。

『去勢直後の子豚は動きも少なく,ふるえたり足がぐらついたり滑ったり尾を激しく動かしたり,嘔吐する豚も見られたが,初めは皆横に寝そべったりはしないで,臀部の痛みが収まり始めてから横たわる。2~3日間これらの行動の変化のいくつかが引き続き見られることにより,痛みの持続期間を指し示した。』
http://jp-spf-swine.org/All_about_SWINE/AAS/21/21_28-48.pdf



この動画には、去勢だけでなく、断尾・断歯の映像もあります。
歯の切断は、日本の農家の63.6%*で行われており、一般的に生後7日以内に、無麻酔で、歯の根元から切断されます。尾の切断も産まれて7日以内に、81.5%*の農家で実施されています。すべて無麻酔です。尾には末梢神経が通っており、痛みを感じます。
肉用豚の一生について

オスの臭いを消すには、こういった外科的去勢ではなく、免疫学的去勢製剤「インプロバック」(ワクチン)により去勢と同等の効果をあげるという方法もあります。この方法では、子豚が心的外傷で死ぬことも腹膜炎で死ぬこともありません。
睾丸の除去による免疫力の低下も防ぐことができます。
食肉の残留検査で、ワクチンが検出されることもありません。
またワクチンの摂取オス豚は、外科的去勢オス豚に比べると自然なパターンで発育することができるため、飼料効率がよく、糞量も少なく、環境にやさしいそうです。

また本当に"雄臭"が問題になるのか?という問題もあります。オスが性成熟に達するのは7ヶ月ごろ、一般的に豚が出荷されるのが6ヶ月ごろであることを考えると、問題ないと考えられます。現に性成熟に達する前に出荷するイギリスとアイルランドは去勢を行っていません。日本でも去勢豚と未去勢豚の「食べ比べ」が行われています。

2015年11月29日に開催された“「アニマルウェルフェア」を考える~豚の去勢について”では来場者45名に対して、どちらが未去勢肉であるか知らせずにA(去勢豚肉)とB(未去勢豚肉)の食べ比べが行われた。結果、もも肉についてはAが未去勢豚肉だと答えた人が16名、Bだと答えた人が24名、分からないと答えた人が5名であった。ロース肉については、Aが未去勢豚肉だと答えた人が10名、Bが26名、分からないと答えた人が9名という結果であった。
いずれの場合も「まずくて食べられない」などという意見はなく「独特の風味があって未去勢豚肉のほうがおいしい」という意見もあった。(参加者のレポートより)


(パーセンテージは2014年農水省資料より)


海外と日本の状況比較

ワクチンは、オーストリアでは、10年以上ににわたって広く一般的に利用されています。
ニュージーランドやヨーロッパ各諸国でも使用が拡大しています。ヨーロッパでおこなわれた市場調査では約70%の人が、「外科的去勢より、ワクチン摂取により生産された豚肉をのぞむ」と答えています。

またベルギーのマクドナルドのように「外科的去勢をしている豚肉は使用しない」方針を打ち出しているところもあります。

ノルウェーとスイスでは麻酔なしでの去勢は禁止されています。
http://www.djurensratt.se/sites/default/files/best-animal-welfare-in-the-world.pdf
2015年1月、ノルウェーでは去勢そのものをワクチンへ切り替えようと、ワーキングチームが結成されました。
http://www.globalmeatnews.com/Industry-Markets/Norway-ministry-working-group-to-examine-vaccine-castration

アイルランドと英国では、豚は100キロよりも低い体重(性成熟に達する前)で屠殺され、豚の去勢は行われていません。
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/91

カナダでは2016年以降、麻酔なしでの去勢は禁止になります。
http://www.thepigsite.com/swinenews/36621/researchers-examine-pig-behaviour-to-assess-pain

スウェーデンでは2016年から、ドイツでは2019年から、オランダは2015年から、麻酔なしでの去勢は禁止される予定です。

EUでは現時点(2015年9月)で豚の麻酔無しでの去勢は禁止されていませんが、その是非については長い間議論が続けられており、2018年からは、自主的に外科的去勢を「原則」終了すること、としています(ブリュッセル宣言)。
今後EUではワクチンと性成熟前の出荷、の両方の方向に進んでいく見込みで、麻酔も鎮静剤も無しの去勢は減少しつつあります。
http://www.globalmeatnews.com/Industry-Markets/EC-to-consider-additional-laws-on-animal-welfare

いっぽう、日本では2010年にこのワクチンが認可されてはいますが普及しておらず、ほとんどの養豚農家で麻酔無しの去勢が行われている状況です。



インプロバック参考資料
千葉県が2012年に発表した
「雄豚における免疫学的去勢製剤(ワクチン)の効果と精巣機能」





2013.9月 日本の大手食肉加工会社へ、オス豚へ無麻酔での外科的去勢にかわり、免疫去勢製剤(ワクチン)の検討をお願いしたいと電話。資料を郵送。
日本では、無麻酔での外科的去勢が行われています。

大手食肉加工会社へ、豚の飼育方法について要望中
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

※インプロバックを人に誤って注射してしまう場合がある、としてこのワクチンの導入をためらうかたもいますが、誤って打つことは非常にマレです。この注射器は少し当たったくらいでは大丈夫で、力を入れて押さないと薬剤が出ないようになっています。また1回このワクチンを誤って打ったとしても、「去勢と同等の効果」は現れません(2回打たなければ効果がないワクチンです)。万一2回打ったとしても、8週たてば「去勢と同等の効果」が失われるものです。(インプロバックの販売会社へ確認)

※また、インプロバック投与の豚は「玉つき」として格付け評価が下がる、という意見も聞きましたが、日本食肉各付協会に確認(2014.1月)したところ「インプロバックか外科的去勢かで各付けをするということはない。あくまで雄臭で判断する。インプロバックの豚肉であっても「上」の評価が出ている。」とのことでした。




メモ souken
スポンサーサイト

絶滅危惧種のクロマグロ(本マグロ)がどうしてスーパーで売られているのか?

  • Day:2015.11.22 17:52
  • Cat:
太平洋クロマグロ「絶滅危惧」に引き上げ 国際機関
【ジュネーブ=原克彦】
国際自然保護連合(IUCN)は17日、絶滅の恐れがある野生生物を指定する最新版の「レッドリスト」で、太平洋クロマグロを「軽度の懸念」から「絶滅危惧」に引き上げた。アメリカウナギもニホンウナギが減った余波で密漁が増えたとして絶滅危惧に新たに加えた。
いずれも日本の大量消費が影響しており、世界に保護対策の強化を求められる可能性がある。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H3Y_X11C14A1MM0000/
 (2014/11/17 11:01)

日本は世界中のマグロの実に1/3を消費していると言われています。
太平洋クロマグロにいたっては、世界の消費のうち80%を日本が占めているそうです。
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/80/blog/46477/
スーパーと私たち消費者が倫理的な選択をしていかなければ、クロマグロはウナギとともにそのうち絶滅してしまうでしょう。

663.jpg

天然クロマグロではなく養殖クロマグロならいいのでは?と思ってしまいますが、実はそうではありません。
日本の市場に出回っているクロマグロの半分が天然。残りの半分は養殖ですが、その養殖マグロのほとんどが天然種苗といって、クロマグロの稚魚を自然界から捕獲してきて養殖したものだからです。
親魚に産卵させ、それを採卵、孵化させるという「人工種苗」による養殖クロマグロはほとんど市場に出回っていません。

また太平洋クロマグロではなく大西洋クロマグロならOKというわけでもありません。
規制強化で資源量が回復していると言われている大西洋クロマグロですが、絶滅危惧種に指定されているのは太平洋クロマグロと同様です。
http://www.iucnredlist.org/search

国連環境計画は、乱獲や環境破壊で「2050年には、海には小さい魚しかいなくなる」と言っています。
「食べたいから食べる」のではなく、頭で考えて倫理的な消費をしていくことが、今は求められる時代になっています。





ハガキはグリーンピースのサイトから注文できます。
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/save-my-baby/blog/54021/



sou

【署名】厚生労働省 - と畜場での残酷な行為を廃止してください

  • Day:2015.11.17 19:14
  • Cat:畜産


日本では一秒間に24の牛・豚・鶏が食用に殺されています。

食卓に並ぶ肉や卵や牛乳のために飼育される動物が、どのような最期を迎えるのか、見たことがある人はほとんどいません。苦しまないよう安楽な最期を迎えていると思っている方もいるかもしれません。

しかし事実はそうではありません。この動画は2015年に日本で撮影されたものです。動画に撮影されているのは、食用に飼育されてきた豚と牛の最期の一日の様子です。

はじめに出てくるのはと殺場に運ばれてきたばかりのブタたちです。何度も何度もスタンガンを押し当てられ、トラックから係留場に無理やり追い込まれます。係留場にはいると体についている糞尿を洗い流すためにすぐにシャワーがかけられます。このシャワーには冬でも冷水が使用されています。翌日のと殺までの間にブタたちが飲める水は、この自らの体の汚れを洗い落とした床にたまった糞尿まじりの水だけです。この水を、平らなコンクリート床に口を当てて舐めるように飲みます。最期まで食べ物も与えられません。

次に出てくるのは、病気のブタです。このブタはと殺場に着いた時点ですでに病気で立てなくなっていました。どちらにしてもと殺されるブタです。本来なら出来るだけ苦しみを長引かせないように最優先で一刻も早くと殺すべきです。しかし長時間放置されます。そして足をくくりつけられ、意識のあるまま鎖で食肉解体場に引きずられていきます。

最後に出てくるのは牛です。牛はとても臆病な生き物です。見知らぬ場所に連れてこられ、知らない牛の鳴き声、様々な機械音を聞き、何度も食肉解体所のほうを伺い、容易にトラックから降りようとしません。その怯えて動かない牛のしっぽを繰り返し執拗に捻り上げ無理やり歩かせます。

「どうせと殺するのだから仕方がない」というのならば、私たち人もいずれ死ぬのだからどんな目に合ってもかまわないという論理になります。

そのような野蛮な論理を国際社会は認めていません。

この動画に出てくる行為(何度もスタンガンを押し当てる。係留所で水や餌を与えない。病気の動物を長時間放置する。意識のある動物の四肢をつかんで引きずる。尻尾を何度もねじる)は、OIEコード(世界動物保健機関の規約)で禁止されている行為です。
しかし日本では、このOIEコードが守られていないという実態があります。このコードはOIEが勝手に作ったものではありません。日本もこのコードの作成に参加しています。にもかかわらず2005年にこのコードができて以来、国はこのコードを自治体に周知すらしていない状況です。

私たちアニマルライツセンターはこういった状況を変えるべく関係省庁・食肉衛生検査所・と畜場への働きかけを行ってきましたが、この動画を見る限り、OIEコードは無視され動物たちの苦しみは続いています。

この署名は、このような残酷な行為を望んでいないという市民の声を集め、再度関係機関へ働きかけを行うために立ち上げたものです。

どうかお願いします。
皆さんの力を貸してください。

署名
https://goo.gl/vDHHcO

■OIEコード「動物のと殺」
http://www.oie.int/animal-welfare/animal-welfare-key-themes/

■日本のと殺の問題
http://www.hopeforanimals.org/animals/slaughter/


kita

「脱牛肉文明への挑戦」

  • Day:2015.11.16 01:42
  • Cat:畜産
写真は1870年代中期。肥料にするためのアメリカンバイソンの頭骨の山

Bison_skull_pile,_ca1870

------------------------
資本主義の発生は、牛の牧畜化の発生と不可分の関係にある。
牛(cattle)という語は、そもそも資本(capital)と同じ語源から派生している。


「脱牛肉文明への挑戦」
ジェレミー・リフキン著-1993年


この本では、世界の歴史において当初神格化されていたにもかかわらず資本にまでおとしめられた牛が、資本拡大に利用されてきた歴史と、利用による害悪が記されている。

資本拡大の歴史は、貪欲で血塗られている。
そのことが分かりやすく書かれているのが西部開拓史についての章だ。
西部開拓史においてバッファローが大量虐殺させられたことを知る人は多いだろう。
しかしその理由を正しく知る人は少ないのではないだろうか。
バッファロー虐殺の理由は、「アメリカ先住民の弱体化」と「牧畜の土地の確保」にあったと、この本には書かれている。

アメリカ先住民(インディアン)はバッファローを狩猟し、食料やテント・衣服の材料にしたが必要以上には決して獲らなかった。かれらにとってバッファローは年に一度の儀式で神にささげる供物であり、生活に密接に結びついた文化でもあった。そのバッファローを失った先住民の痛手は大きかった。
「大平原のインディアンたちは、自分たちの命綱を断つことを狙ったこの強引かつ決定的な攻撃の痛手からついに立ち直ることができなかった。多くのインディアン部族は、バッファローの大量虐殺に呆然とし、自分たちが悪いことをしたから天罰が下ったのだと考えた」

先住民への仕打ち以上に、征服者がバッファローに対して行ったことはすさまじい。
「アメリカン・バッファローの大量殺戮は、今日に至るまでアメリカ生態学的歴史におけるもっとも身の毛のよだつ出来事の一つとして語り草となっている。殺戮は集中的かつ徹底的に行われ15000年もこの平原に生息していたバッファローがほとんど一夜にして息の根を止められてしまった」
このとき400万頭以上のバッファローが殺戮されたと伝えられている。
ハンターたちは、バッファローが凍りついたように身動きしなくなり、面白いように撃ち殺せる「スタンド」に遭遇するのを待ち望んだ。
「傷ついたバッファローの周りには、血の臭いに引き寄せられた仲間が集まる。銃弾がもう一発ぶち込まれる。別のバッファローが頭から崩れ落ちて、血を流す。ほかのバッファローたちはそれをじっと見つめている。そして傷ついた仲間があの恐ろしい轟音を発しているのだと考えているかのように、倒れた仲間にじっと注意を集中する。何度も何度もライフルが炸裂する。一頭、また一頭と、バッファローが血を噴きよろめき、倒れる。残ったバッファローはただそれをぼうっと見つめるばかりである」
鉄道会社は「汽車に乗ったままバッファロー狩りを楽しめる」といううたい文句で客を呼び込み(バッファローの死体は線路沿いに何百マイルも列をなして横たわった)、「いたるところにハンターがいて、いたるところで銃声が響き」バッファローは殲滅させられた。
そしてバッファローがいなくなった平原に資本(牛)が放たれた。

資本拡大の犠牲になったのはバッファローだけではない。ピューマ、コヨーテ、ワシ、クマなど牛の牧畜の妨げになる野生動物たちが組織的に駆除され、生態系はずたずたになった。

そして牛の過放牧が環境を破壊していく過程がこの本には記されている。
この本が出版されたのは1993年。FAOが「畜産業、特に牛の放牧が環境破壊の主要原因となった」と報告したのが2006年。そして2015年、今も「牛肉」による害悪は終わっていない。

筆者は脱「牛肉」しなければならないと説く。
「今日、人間とウシの関係の一大長編ドラマの第三幕が私たちをいざなっている。ここでは、ウシの肉を食べないことを選択することによって、私たちはこの動物との間で新たな契約を交わす意思、すなわち市場の命令と放埓な消費を超越した関係を築くことへの意思を表明するのである。
近代的な巨大肥育場と食肉解体場で加えられる苦痛と残忍な処置からウシを解放することは、きわめて象徴的な、かつ実際に重要な意味を持つ人道的行為である。
角の切除、人工授精、発情期の調整、ホルモン注射、大量の抗生物質の投与、殺虫剤の散布、そして自動制御化された流れ作業式解体場での屈辱的な死から生き物を解放することは、深い悔い改めの行為である。それは、私たち近代人が、自然の力に対する抑制のない支配力の追及において生きとし生けるものすべてに加えてきた破壊行為を直視し、自覚することである。」




veg

豚の犠牲:ゲノム操作でブタの筋肉倍増に成功…明大など

明治大学教授
長嶋 比呂志様


新聞で標記のニュースを拝見して、大変ショックを受けました。
感受性のある生き物がこのような実験に使われていることをとても悲しく思いました。
「食糧問題の解決に貢献できるかもしれない」とおっしゃっていますが、遺伝子操作された豚の肉が商業ベースで流通する可能性があると、先生ほどの方が本気でお考えですか?
私にはこの豚の苦しみと死をともなう実験が、ただ単に発表のための研究に思われてなりません。

先生は科研費、つまり私たちの税金を使ってブタをつかってさまざまな実験をしていらっしゃいますね。
私が一生懸命働いて稼いだお金が、「遺伝子操作された豚の肉を食料にしよう」という非現実的な研究に費やされ、豚の苦しみにつながっていることを 考えると罪悪感でいっぱいになります。

今年の3月には動物実験の廃止を求めるヨーロッパ市民が117万名の署名をEUへ提出したのをご存知ですか?
日本にも動物実験の廃止を求める市民はたくさんいるはずです。私もその一人です。
EUは市民の提案を退けましたが、この提案を審議して報告書を出しています。その報告書には「EUは動物実験を段階的に廃止すべきという市民の考 えを共有しており、動物実験の段階的廃止はEUの法規制の最終目標である。」との明言が繰り返し記述されています。

先生には、動物実験は最終的に廃止しなければならないものだという意識がございますか?もしそういった意識があるのなら、わたしのような素人が見ても無意味だと思える実験に豚を使って苦しめ殺すようなことはしないはずではないでしょ うか?

動物は湯水のようにいくらでも利用してもよい「モノ」ではありません。
少なくとも「遺伝子操作された豚の肉を食料にしよう」という研究は今すぐにやめていただけないでしょうか?
もしやめていただくことが出来ないのであれば、その理由をお聞かせください。
よろしくお願いします。

-----------------------

ゲノム操作でブタの筋肉倍増に成功…明大など
http://www.yomiuri.co.jp/science/20151113-OYT1T50011.html

「遺伝子を効率よく改変するゲノム編集という技術を使い、ブタの筋肉を増やすことに成功したと、明治大や広島大などの研究チームが米専門誌で発表した。
 ゲノム編集は食肉や作物の品質を改良する新技術として注目を集めているが、安全性の検証や規制についての議論が今後、必要になりそうだ。
 研究チームは、ブタの皮膚細胞の核をゲノム編集で操作し、筋肉の成長を抑える遺伝子「ミオスタチン」を働かないようにした。この核をブタの卵子に移植し、2匹のブタの子宮に入れた。
 子ブタは4匹生まれ、このうち1匹のブタの筋肉を生後約1か月で調べたところ、筋肉の細胞の数が約2倍に増え、食肉となる部分の筋肉の重さが同時期の通常のブタに比べて1・4~1・7倍になった。ほかの3匹は生後まもなく死んだが、核を移植する時の操作が原因で、ゲノム編集の影響ではないという。
 今回研究を行った明治大の長嶋比呂志教授(発生工学)は「食料問題の解決に貢献できる可能性がある」と話す。」

明治大学教授 長嶋 比呂志氏
メールアドレス
https://www.meiji.ac.jp/agri/daigakuin/teacher/04/6t5h7p000001duv8.html



kita