実験用モデルブタ 血友病A ブタの精巣をヌードマウスに移植

2012年、自治医科大学、農業生物資源研究所、プライムテック株式会社は「血友病Aモデルブタ」の開発に成功したと発表した。
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20121204/

以下、写真、動画、文章ともに発表論文から抜粋。

88.jpg
66666.jpg

A) 血友病Aブタモデル クローン・ブタ#1肉眼による写真、生後 2 日後に死亡。頬、前肢、後肢(写真は示していない)に斑状出血がみられる。病理学的検査により、血腫が明らかになった。
B)出生後、クローン・ブタ#4の前肢を示す。出生後、クローン・ブタ#4の左前肢に血腫が見られる。
C)ヒト型第 VIII 因子(150U/kg)投与後、5 日目 左前肢の出血は見られていない。出生後 28 日目のクローン・ブタ#4の肉眼による写真では、繰り返される出血により、左前肢に腫れが見られ、
D)ブタは足をひきずっている。(ビデオ1参照)


ビデオ1


抜粋以上
論文 http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0049450
要旨 http://www.habatakifukushi.jp/square/hemophilia/upimg/heamophilia%20A%20pigmodel.pdf


この血友病Aモデルブタは、大人になる前に血友病で死ぬ。そのため精子や卵を得ることができず、このモデルブタの後代を残すことが出来ない。
この問題を「クリア」するために、新たな実験が行われている。

「生後10日ほどの子ブタの精巣を子供の段階で切り取り、ヌードマウスの背中の皮下に移植し、子豚の精巣組織を発育させ、精子を作らせる」

このブタの精巣をヌードマウスの背中に移植するという実験は、科学研究費助成事業を受けている。つまり私たちの税金が使われている。2014.2015年度合わせて936万円が助成されている。
https://kaken.nii.ac.jp/d/p/26292171.ja.html


**************
参考資料
「血友病Aブタの開発に世界で初めて成功」PLoS Oneに掲載、2012年11月30日に自治医科大学で発表
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20121204/
国立研究開発法人農業生物資源研究所の平成26年度に係る業務の実績に関する評価書
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/hyoka/dokuho/pdf/8_h26_seiken2.pdf

ブタの精巣をマウスに移植
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

sou
スポンサーサイト

異種間移植

何百年、もしかしたら何千年も前から動物を使って試みられてきたこの実験はいまだ人への実用化に成功していない。
もうとっくの昔にあきらめただろうと願いたいが、残念ながらいまだ異種間移植は続けられている。
例えば最近でも
「ミニブタの臓器や細胞をレシピエントである霊長類に移植した場合、腹部への異所性心臓移植では500 日以上、機能性腎臓移植では約 3 カ月の臓器生着が得られている。異種膵島移植では多数の施設で 6 カ月以上の血糖制御が報告されていることから、最も近い将来に臨床応用が実現化されると期待されている」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/organbio/22/1/22_23/_pdf

しかし過去同様、実現化されることは決してないだろう。
何度も何度も失敗を繰り返し、遺伝子改変技術やiPSなどあたらしい「技術」が「発見」されるたびに、その「技術」を使ってあらたに異種間移植が試みられ、そのたびにおびただしい数の動物が苦しんで死ぬ。
11_20130522104532_20151020062245d3f.jpg

写真の一番下の産まれたての白いブタはすい臓がない。すい臓のないブタが生きられるわけもなく、生後まもなく重度の高血糖症状などによって死亡してしまう。もう死んでしまってるだろう。
このすい臓のないブタは、iPS技術を使った異種間移植を成功させるために産みだされた生き物だ。
人のiPS細胞を、産まれつきすい臓のないブタに入れて人のすい臓を作ろうという研究が現在行われている。

最近では特にブタの利用が多い。ブタは人に似ているからだという。
私たちはブタを見下げているからこそ実験に使っているわけだが、そのブタが人に「似てる」から実験につかうというのはご都合主義といおうか厚顔といおうか。

遺伝子なんとかやiPSなどに何百億もの税金を投入するより、食べ物に気をつけ精神を鍛錬するほうがずっと平和に長生きできるだろう。

北海道で気絶無しのと殺

  • Day:2015.10.15 14:55
  • Cat:畜産
ハラル屠殺
動画は日本のものではありませんが、これと同じ「コントロールボックス」をつかったハラル屠殺が日本でも行われています。


宗教と畜におけるスタニング(気絶処理)無しでのと殺禁止を決定した、デンマークの農業大臣Dan Jørgensenは2014年2月に次のように言っています。
「動物の権利は宗教より優先される」

イスラム教のハラールや、ユダヤ教のカシュルートのように、宗教的理念に基づく食肉処理の規定では、気絶処理(スタニング)を行わないと畜が行われることがあります。
気絶処理なしでの頸動脈の切断では、死に至るまでの間、動物に大きな苦痛を与えると言われています。

すでに日本ではこの”気絶無しでのハラールと畜”が行われていますが、北海道でもこの”気絶無しでのハラールと畜”を導入しようという動きがあります。

「ハラル認証」の牛肉 ドバイへ試験輸出 高橋知事が方針 - 北海道新聞 (2015年9月16日)
高橋はるみ知事は16日の道議会一般質問で、本年度中に、道内のと畜施設にイスラム教の戒律に従っていることを示す食品の「ハラル認証」を取得させ、中東のアラブ首長国連邦(UAE)の拠点都市ドバイに、道産牛肉を試験的に輸出する方針を明らかにした。中東で人気のある牛肉を輸出できる体制の整備に向け、コストや収益性を調べる狙い。自民党・道民会議の大越農子(あつこ)氏(札幌市豊平区)の質問に答えた。
知事は「現地でおいしい食べ方を伝えるプロモーションを実施する。テスト輸出の結果を踏まえ、牛肉の継続的な輸出を検討したい」と述べた。知事は公約に道産食品輸出額1千億円を掲げており、10月にドバイを訪問して道産食品をPRし、周辺諸国にも販路を拡大したい意向も示した。
道によると、道内の民間と畜施設が8月に日本国内の専門機関からハラル認証を取得済み。現在、UAE政府のハラル認証を受ける手続きをしている。イスラム教で禁止されている豚肉と混ざらない処理がされているのかなどについて、UAE政府職員の査察を受けた後、認証処理施設に登録される見通し。取得費用は道が負担する。

2015.9.29
この件を担当する北海道庁の食関連産業室に問い合わせたところ、すでに試験的輸出は決定事項ということでした。しかしUAEの認証は未取得とのこと。
アニマルライツセンターからは、動物福祉上の問題点を加味した上で、再度ドバイへの牛肉輸出を再検討してほしいとお願いしています。

是非皆さんからも、「宗教と殺」という理由で、動物の苦痛を正当化することはできないこと、命あるものへの最低限の配慮をしてほしいこと、ドバイに対してスタニング有りのと殺を認めさせるよう交渉すべきだということなどを北海道庁へ伝えてください。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/toiawase/index.htm

北海道の気絶無し屠殺に対して署名が立ち上げられています。
https://goo.gl/LOeksQ



*********************************

イギリス政府の諮問機関、家畜福祉会議(FAWC)のレポート(2003年)
「気絶なしのと畜は、気絶ありに比べ、頸動脈切断したあとの動物の保定レベルがはるかに大きい(切断後も、牛が動き続ける)」
「気絶なしで行われる、皮膚・筋肉・気管・頚動脈など多数の神経と頸動脈の切断は、意識のある動物の脳へ知覚情報を引き起こし、無感覚に至るまでに大きな痛みと苦悩を与えるだろう」

動物衛生福祉に関するEU科学研究グループ(AHAW)のレポート(2004年)
「気絶無しのと畜は、急速な出血でもたらされる血圧の急激な低下により、意識のある動物に、恐怖とパニックを誘発させる。また動物が気管内に出血した血液を吸い込んでしまうという問題ももたらす。気絶無しの首の切断から意識の消失までに要する時間はブタで最大25秒、羊で20秒、牛で2分、家禽では2分30秒を要する」

食肉処理施設の獣医師や研究者らによる科学的調査は、気絶なしのと殺が、動物に不必要な苦痛を引き起こす場合があることを実証しており、下記をはじめとして多くの団体が、屠畜前には気絶処理をすべきだとしている。
・イギリスで最も大きい慈善団体RSPCA(英国動物虐待防止協会 )
・オーストラリアのMeat & Livestock Australia
(47,500以上の畜産会社が会員となっており、畜産業のマーケティングや研究開発を行う団体)
・イギリス獣医協会(BVA)
・ヨーロッパ獣医師連盟
・DIALREL(宗教と殺に関する欧州の研究者グループ)


■ハラルと殺について、そのほかの記事
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-129.html


kita

ブレンディの秀逸な「差別」CM

  • Day:2015.10.03 21:26
  • Cat:


差別とは長い間続いてきた偏見と恣意的な態度の結果であり、あまりに長い間あたりまえに続けてこられてきたため、そこに差別が存在することすら気がつかない人が多い。

しかしブレンディの最近のCMは、われわれの周囲に存在しながら隠れている”差別”の存在を分かりやすく提示している。
このCMを見た人々の反応の多くは「気持ワリイ」というものだ。
その反応は正常だ。差別とは後ろ暗く後ろめたくドロドロした「気持ワリイ」ものだからだ。普段隠されているドロドロしたものを引きずり出したのがブレンディのCMだ。

牛に見立てられた生徒が、と殺場行き、肥育場行き、闘牛場行き、”ブレンディ”行きに振り分けられていき、「おめでとう」と”卒牛証書”が与えられる。”ブレンディ”行きが決定した胸の大きい女生徒は”乳牛としての価値が認められた”喜びに顔を輝かせる。

しかし乳牛の一生は過酷だ。ほぼ一生をつながれたまま過ごし、角は麻酔無しで切除され、乳をたくさん出すように品種改良され続けた弊害で体は慢性的な病気に苦しんでいる。乳が出るのは人と同じで出産後だ。乳を効率よく搾り取れるよう繁殖はすべて人工授精で行われ、"牛乳"を早く生産ラインにのせるために、産まれてすぐに子牛と母牛は引き離される。だいたい2,3産させたあとで、乳の出が悪くなるとと殺される。人で言うとだいたい20歳くらいで一生に終止符を打たれる。

”ブレンディ”行きの乳牛のライフサイクルは早い。
擬人化された胸の大きい女生徒は”ブレンディ”行きの誇りに目を輝かせるが、実際に”ブレンディ”行きを喜ぶ牛はいない。過酷なとらわれの短い一生に同意する牛は決していない。もしも牛が口をきけたなら、声を上げて拒否するだろう。しかしそこをあえて擬人化してブレンディの価値観を押し付けたこのCMは、差別がどれだけ悪質で一方的で相手の感情を無視したものであるかを分かりやすく表現しており、非常に秀逸だ。

このCMを見た人は、ブレンディの持つ女性差別、若者差別の考えを鋭く感じ取り「気持ワリイ」と反応するが、このCMの内包する根本的な差別「種差別」に反応する人も少なくはない。

何億モノ広告費を使って、物言えぬ動物の感情を都合よく解釈し、公共の電波を使って差別の悪質さを表現してくれたブレンディには感謝の意を表したい。

ちなみにこのCMの擬人化牛の鼻輪だが、牛を制御しやすいよう肉牛の約8割で鼻輪の装着が行われており(2014年農水省調査)、麻酔無しで行われるため鼻輪装着時には牛は嫌がり痛みで苦しむ。

妊娠ストールに反対の人々


■サンプラザ中野くんからのメッセージ
「こんにちは。
サンプラザ中野くんです。
僕は妊娠ストールに反対です。
僕がはじめて妊娠ストールを見たのは10年ほど前です。
豚たちは、一頭一頭が狭い檻に閉じ込められていて、振り向くこともできない状態でした。
こんな狭いところで、一生を過ごしている動物がいることを、あの時、初めて知りました。
僕がはじめて、あの妊娠ストールを見てから10年たちますが、いまも日本ではこの妊娠ストールが、普通に使われています。
妊娠ストールは豚をとても苦しめます。もし僕だったら、とても耐えられません。
動物たちを、こんな目に合わせてはいけないと、僕は思います。
この飼育方法を、ほとんどの人は知らないと思います。知らない人には、まず知ってもらいたい。そして、僕たちに何ができるのかを考えてみて欲しい。一人ひとりの選択で、豚たちをこの檻から出してあげられるということを知って欲しい。
僕たちには、妊娠ストールを使っていない豚の肉を買うという選択ができるし、
肉を食べる量を減らすという選択もできます。
動物たちには、なにも選択することができません。
でも僕たちには、動物を苦しめないという選択をすることが、できます
僕は妊娠ストールに反対です。
サンプラザ中野くんでした。」


豚の妊娠ストール廃止サイト
日本語版
http://www.arcj.org/savemotherpig/
英語版
http://www.arcj.org/en/savemotherpig/


■賛同メッセージを寄せてくださった方々
秋田昌美(ミュージシャン)
浅川千尋(天理大学 人間学部教授)
かなつ久美(漫画家)  
サンプラザ中野くん(ミュージシャン) 
中村宗之(立正大学 経済学部准教授)
ピーター・シンガー(プリンストン大学 生命倫理学教授)
細川幸一(日本女子大学 家政学部教授)
マーク・ベコフ(コロラド大学 動物行動学教授)
葉祥明(絵本作家・画家・詩人)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。