と殺

  • Day:2015.09.03 22:58
  • Cat:畜産
イスラム教のハラルや、ユダヤ教のカシュルート(コッシャー)には食肉処理の規定があり、気絶処理を行わないと殺が行われています。
※日本にも、ムスリムの方向けのハラル屠畜場があり、スタニングによる気絶なしの屠畜が行われています。

ハラルのと殺


コッシャーのと殺


イスラム教の聖典コーランには「地上の獣や翼で飛ぶ鳥で汝人間と同じでないものはない。アラーの生物はすべて家族である」とあります。

イスラム教の開祖ムハンマドの言語録
●「馬の前髪を切ってはいけません。品性がそこにあるのですから。またたてがみも切ってはいけません。それは馬自身を守る為にそこにあるのです。しっぽの髪も切ってはいけません。それはハエを追い払うためのものです。」
●「誰であれ、ツバメでさえも理由なく殺した者は、審判の日に神からその事を問われるでしょう。」
●「私たちは神の預言者と共に旅の途中でしたが、途中で彼が一人で少しの間だけ去ってしまいました。彼がいない間、私たちはフンマラという鳥が二羽の子どもを連れているのを見つけ、子どもを捕まえました。母鳥は悲しみで羽を叩きながら私たちの上空を飛び回っていました。預言者が帰って来て「誰がひな鳥を捕まえてあの親鳥を悲しませたのですか? すぐに返してあげなさい。」と言いました。」
●「私が反抗的なラクダに乗っていたときにきつく縄を引きました。そうすると預言者が私にこう言いました。」
「動物は優しく扱いなさい。」

ユダヤ教が動物に対してどういう態度をとっているのかは分かりませんが、
イスラム教の神様も、ユダヤ教の神様も、このようなと殺方法をけっして許さないだろうと思います。


【2014年4月11日発 独立行政法人 農畜産業振興機構

家畜のと畜に、気絶処理(スタニング)を義務付け(デンマーク)

 デンマーク政府は2月17日、同国内でのと畜に関する新たな法令を制定し、気絶処理(スタニング)を行わないと畜を全面的に禁止することとした。
イスラム教のハラルや、ユダヤ教のカシュルートのように、宗教的理念に基づく食肉処理の規定がある。宗派によっては、気絶処理を行わないと畜を求めている場合もあることから、この決定に対する宗教的反発が予想されている。
 今回の法令は、気絶処理を義務付けたものであり、宗教的なと畜処理法でも、同様の処理を義務付けている。なお、EU規制では、宗教的な理由に基づく場合、気絶処理は例外的に必要とされていない。今回の決定は、と畜時の家畜の精神的苦痛を和らげる観点から、アニマルウェルフェアを優先したものとしている。
 
 また、スウェーデン、ポーランド、スイス、ノルウェーでは、既に気絶処理を行わないと畜は禁止されている。





と殺は動物に大きな苦悩と苦痛を与えます。
トラックに詰め込まれて長時間輸送され、見知らぬと畜場につれてこられることも大きなストレスです。と畜場へ運ばれる牛はストレスでグリコーゲンが減少することが知られています。動物は自分と同じ種の血の臭いをかぐと、情動が不安定になることが知られています。動物は恐れを強く感じる生き物です。目の前で黄色いレインコートがゆらゆらゆれているだけで驚いて前に進めなくなってしまいます。
見知らぬ場所に連れて来られて、動物は不安と恐怖でおののいているでしょう。さらにその上、このような「気絶なし」でのと殺など、どのような理由があっても決して許されることではありません。



kita
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。