厚生労働省の回答「何もしません」 - と畜場で水が飲めない動物たち

  • Day:2015.04.30 23:02
  • Cat:畜産
11072797_729244487187032_4859160754675870919_n.jpg

「と畜場でのどを渇かせて死んでいく動物たち」

日本ではと殺における動物福祉について拘束力のある規制がなく、ほとんどの動物がと畜場で水が飲めない状況です。
水だけではなく、餌ももちろん与えられていません。


日本のと畜場における豚・牛の飲水状況
【2011年の食肉衛生検査所の調査】
http://nichiju.lin.gr.jp/test/html/mag/06612/d1.pdf
牛 と畜場で、50.4%が飲水できない
豚 と畜場で、86.4%が飲水できない

※牛と豚の半分は、と殺の前日搬入 


鶏については調査が行われていませんが、私たちがいくつか行った食鳥処理場へ聞き取り調査では、餌はもちろん水も与えているところは皆無でした。
鶏への給水を行ってる処理場はゼロだろうと思われます。なぜなら鶏は輸送用容器に7~10羽単位で積み込まれ、それを何段にも重ねて輸送されます。処理場に到着後も、と殺されるまで容器に入れられて積み上げられたままです。その鶏1羽1羽水を与えることはシステム上不可能だからです。

しかし、私たちが食べるために命を奪っている動物に対して「水を与える」というのは最低限の配慮です。
「水を飲みたい」と焦がれながら殺されている動物がたくさんいることは異常事態です。



「国際基準(OIEコード)でと畜場での給水が義務付けられている」


日本ではこのような状況ですが、と畜場において、水を飲ませなければならないというのは国際基準になっています。
OIE(国際獣疫事務局)の陸生衛生動物規約「動物福祉」の「と殺(Slaughter of animals)」の章には

・哺乳動物をと殺場に搬入後、すぐにと殺しない場合は、給水されなければならない
・鶏のと殺の場合12時間以上絶水しない。
・と殺場に到着後12時間以内にと殺しない場合は適宜、食べ物を与える。


と明記されています。
(OIEコード「Terrestrial Animal Health」section「Animal welfare」 Chapter 7.5.「Slaughter of animals」Moving and handling animalsより仮訳)
http://www.oie.int/index.php?id=169&L=0&htmfile=chapitre_aw_slaughter.htm


「水を飲ませると肉質が悪くなる」


関係機関への聞き取り調査では、「水を飲ませない」という原因のひとつに、畜産農家の間に「と畜前に水を与えると肉質が落ちる」という考えがあることがわかりました。
しかし、この考えが正しいものではありません。 給水が枝肉の食肉格付けに影響することは全くないことが帯広畜産大学の2013年調査で明らかになっています。
調査結果は、むしろ給水区のほうが無水給区に比べて枝肉総重量が無給水区より有意に高い、というものでした。    

『帯広畜産大畜産科学科を卒業した中尾絵美さんは、「屠畜場における牛への給水が枝肉格付や行動におよぼす影響」をテーマに卒業論文を書いた。北海道畜産公社十勝工場の繋留所に何度も通って調査を続けてまとめた、アニマルウェルフェアの促進に寄与する力作である。  (中略)  
生産者にとって気になる枝肉格付を、「給水区」と「無給水区」で比較した。生体重に大きな差はなかったが、枝肉総重量は前者のほうが多かった。枝肉歩留(体重に対する枝肉の割合)は、「給水区」のほうが1%高い。その増加分を枝肉価格に換算すると、1頭あたり3320円もの利益になった。  この農場は、年間1400頭余りを屠畜場に出荷しているので、「給水による利益は1年で478万円にもなり、繋留所での給水は枝肉歩留に関して非常に有効であることがわかった」と中尾さんは結論づけた。』
― 北方ジャーナル2014年6月号より引用



と畜を管轄する厚生労働省「何もしません」


OIEのと殺の規約ができたのは2005年。
それから現在にいたるまで、国際基準のと殺規約に反した状態が続いているというのは、大きな問題です。
私たちは2015年1月から、と畜を所管する厚生労働省の担当部署に、この件について行政としての対応を要望し続けてきましたが、文書を送っても電話で問い合わせをしても、「折り返し連絡します」といって連絡が来ない状況が続きました。
そのため3月にはARCの翻訳スタッフの協力でOIE(国際獣疫事務局)を介して厚生省へ要請。
その後ようやく4月中旬に厚生省の担当者と連絡がついて話ができました。最低限、OIE規約を各自治体へ周知してもらえないか、お願いをしていましたが、

先方の回答は、
「今のタイミングで周知するのはおかしい」
「そちらの団体に言われたから周知するのはおかしい」
「日本はアニマルウェルフェアがまだまだだから」
というもので、
結論として
「厚生省としては、と畜場の畜産動物の飲水の問題に取り組まない」
ということでした。

と殺のOIEコード作成には日本の厚生労働省も関与しており知らぬ存ぜぬでは済まされないはずです。20年以上前ですが「と畜場の施設および設備に関するガイドライン」を厚生労働省は作っており、それには畜産動物の飲水設備についても言及されています。今になって「畜産動物の飲水は、うちの担当ではない」では筋がとおりません。


****************************



皆さんからも、厚生労働省へ意見を届けていただけないでしょうか?
と畜場担当部署
厚生労働省 食品安全部 監視安全課 乳肉安全係
 
電話番号 03-3595-2337


メール
厚生労働省 「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/sanka/koe_boshu/
*「内容」に「厚生労働省 食品安全部 監視安全課 乳肉安全係様宛」と書き加えてください。
厚労省へも要望していかねばなりませんが、と畜場の動物たちの逼迫した状況を考えると、これ以上厚生労働省とのやり取りに時間を費やす余裕はありません。 この件については、現在アニマルライツセンターでは、関係部署、各自治体、現場への周知啓発に重点を置いて動いています。



kita
スポンサーサイト

採卵鶏の最期 - 喉が渇いても水をもらえない。

日本では、と殺における動物福祉に規則はなく、多くの動物が水も与えられず、喉を渇かせながら、と殺されています。

鶏はとくに悲惨です。
2013日本採卵養鶏場 (2)

鶏たちは容器に7~10羽単位でつめられトラックで輸送され、と殺のときまで容器に入れられたままであるため、実質給水は不可能な状況です。中には鶏の出荷前の半日、数時間絶水するという農家の方もいます。そうなると出荷前~と殺までの長時間にわたり水が飲めないということになります。
それでもブロイラー(肉用鶏)の場合は、長時間容器に入れっぱなしで水も与えないという状況では肉質も悪くなってしまうため、出荷からと殺までが短時間ですむケースが多いです。食鳥処理場自体がだいたいブロイラー養鶏場の近くに設置されています。

しかし採卵用鶏(廃鶏)はそうではありません。
ブロイラー処理場にくらべて廃鶏処理場の数は圧倒的に少なく、遠い関西から東北まで運ぶこともあるそうです。
「採卵鶏および種鶏の廃鶏が処理できる業者は全国的に少ないので、広域処理を行っていることから、一時収容場所での12時間以上になっていると考えられる」(鶏卵肉情報2014年夏季号)
また食鳥処理場への聞き取りでは前日搬入もあるということでした。
そうなると輸送時間も含めると長時間鶏は水が飲めない状況が続くことになります。廃鶏は0に近いような値段で取引され、その肉はスープのダシなどに使われています。その安い値段が採卵鶏が配慮されないことにつながっています。
それでも死んでしまっては、廃棄されるだけで売り物にはなりません。そのため輸送~と殺の過程でできるだけ死なせない配慮はされていますが、それでも夏の暑いときなど輸送時に死んでしまう採卵鶏(廃鶏)もいます。

採卵鶏の一生は悲惨です。
最後の最後まで苦しまねばならないという状況は変えていかなければなりません。

***********************

鶏はこのように輸送されています。


採卵卵の一生
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

日本のと畜場における飲水状況と厚生省の対応。
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-189.html


OIEコード「鶏のと殺の場合12時間以上絶水しない」
http://www.oie.int/index.php?id=169&L=0&htmfile=chapitre_aw_slaughter.htm

ブロイラーの飲水量は、夏の暑い時期でオス310mL、メス280mLくらい
(暑熱期のブロイラー生産性に及ぼすグルコース給与の影響 岩崎ら(1997)日本家禽学会誌34(6):394-398pp)


kita

一生ベジタリアンでなかったら、どれだけの動物の命を奪うことになるのか?

  • Day:2015.04.13 12:40
  • Cat:断肉
一生ベジタリアンでなかったらどうか?
80くらいまで生きたとして

一人で

牛を1~2頭
豚を19頭
鶏を748羽

殺さなければなければなりません。

ためしにやってみよう、ポールおすすめの、
ミートフリーマンデー(肉なし月曜日)
動物だけでなく、健康にも環境にも優しいよ

9340307174_961f58ca33_z.jpg

ミートフリーマンデー宣言はこちらから!




一人当たり1年間の牛肉消費量、6.0kg 
1頭の肉量が300kgとして、50年で1頭食べる計算

一人当たり1年間の豚肉消費量、11.8kg 
1頭の肉量が50kgとして、4.2年で1頭食べる計算

一人当たり1年間の鶏肉消費量12kg  
1羽の肉量が1.4kgとして 1年で8.6羽食べる計算

一人当たり1年間の鶏卵消費量16.8kg(336個) 
採卵用鶏が産まれてと畜されるまでの期間は約1年半。鶏が1年半で450個の卵を産むとして、一人当たり1年半で1.12羽




参照
農林水産省-一日あたりの畜産物消費量(2013年度)
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/fbs/

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/syokuniku/kisotisiki_01_03.html

http://ajmic.or.jp/shouhisha/img/2012/qa_pdf/23.pdf

http://www.dairy.co.jp/jp/jp06.pdf

メモ Veg

マウスマウスマウスマウス、湯水のように使われるマウス

ここ3,4日のニュースをさらっただけでも、マウスの実験ニュースがコレだけ出てくる。
畜産動物の鶏への扱いは相当ひどいけれど、実験動物のマウスへの扱いもかなりのものだ。

2015/04/09
鎮痛薬が脳梗塞に有効 マウス実験で確認、記憶力向上も 大阪・国立循環器病研究センター
腰や肩の痛みや神経痛を和らげる薬に、脳梗塞の進行を抑えたり記憶力を向上させたりする働きがあることをマウスの実験で確かめたと、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)が9日発表した。
http://www.sankei.com/west/news/150409/wst1504090066-n1.html

2015/04/09
科学技術振興機構(JST)の研究チームがマウスを使い、2つの異なる記憶を人工的に連合させて、新しい記憶を作ることに成功しました。(中略)JSTの研究グループはまず、遺伝子改変マウスに「丸い箱に入った経験」と、「四角い箱で電気ショックを受けた経験」をそれぞれ独立した別の記憶として覚えさせました。
http://japanese.engadget.com/2015/04/08/mem/

2015/04/08
放射線医学総合研究所(千葉市)などの研究チームは8日、国際宇宙ステーション(ISS)に、マウスの受精卵を半年置く実験を行うと発表した。
宇宙の放射線が、受精卵に与える長期的な影響を調べる。
 計画では、ISSの日本実験棟「きぼう」にマウスの受精卵3500~7000個を運び、冷凍庫で保管する。半年後に地上で解凍してマウスの赤ちゃんを誕生させ、寿命やがんの発症率などを調べる。放医研の柿沼志津子・チームリーダー(放射線生物学)は「人体への影響を調べる基礎データを集めたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150408-OYT1T50079.html

2015/04/07
糖尿病のうち、ウイルス感染などをきっかけに発症するとされる1型糖尿病に関係する遺伝子を九州大学(福岡市)の研究班が世界で初めてマウス実験で特定した。人でも共通する遺伝子の仕組みがあると考えられ、ワクチン開発につながる成果だとして7日、英オンライン科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0407/mai_150407_4306203806.html

2015/04/06
遺伝性難聴の治療、マウスの実験で成功
遺伝子変異が原因の難聴の治療にマウスの実験で成功したと6日、順天堂大などのグループが発表した。
同じタイプの難聴患者は日本に3万人以上、世界に130万~220万人いるとされ、新たな治療法につながると期待される。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150406-OYT1T50093.html

2015/04/06
宮崎大農学部の水光すいこう正仁教授(生物有機化学)と宮崎県JA食品開発研究所の研究グループは、県特産の完熟キンカンの皮に含まれる成分に、体の抵抗力を高める働きがあるとの研究結果を発表した。(中略)トレスを与えて抵抗力を低下させたマウスを用いた実験を行った。その結果、果皮の凍結粉末を水に溶かして与えたマウスでは、NK細胞の活動が通常近くまで改善された。1回分の投与量は、人に換算するとキンカン約1個分だった。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20150406-OYS1T50062.html

*******************

表に出ている「成功例」だけでこれだけなら、裏の「失敗例」でどれだけの数のマウスが実験に使われているのか見当も付かない。メスの多くが性周期のために実験に不適格として処分されていることを考慮するとその利用数は相当の数になるだろう。

どれだけマウスを実験しても結果からはマウスのことしか分からない。
種差があるということは研究者もわかっているのに、マウスが湯水のように実験に使われる。
その理由はたった一つ。
人に対してできないような実験でもマウスに対してならできるからだ。そしてその実験から得た「発見」を「発表」できるからだ。


動物の権利活動家が抱えるトラウマ(PTSD)

動物の権利活動家が抱えるトラウマ(PTSD)


・目標達成のために動物への暴力にさらされ続けなけばならないこと。

・暴力の制止ではなく、反対運動をしていることへの罪悪感。非合法であっても暴力をただちに制止すべきではないかと思い悩むこと。

・自分が最重要だと考えている問題が、まわりから重要視されないこと。

・多くの人が「動物より人の問題が先」と考えていること。

・動物を扱う企業の前で動物への暴力をやめてくれという運動が「暴力的な行為」とレッテルをはられること。

・動物の扱いのほうがはるかに暴力的だということが周りの人に伝わらないこと。伝え方がまずいのではないかと悩むこと。

・マイノリティであること。「変なやつ」と思われること。

・メディアが畜産動物や実験動物への日常的な暴力を社会問題としてとりあげないこと。

・合法的に動物への扱いの実態を明らかにすることが困難なこと。

・一般的に眉をひそめられる非合法な活動を行わざるをえないこと。

・妊娠豚ストール廃止運動でさえ「過激な活動は逆効果」と言われること。「そうなのだろうか?」と悩むこと。

・動物利用を肯定した上での動物福祉活動を行わねばならないこと。

・福祉運動においては、ナイーブで感情的と思われないよう、科学的知見を必死で集めて武装しなければならないこと。

・動物の権利活動家に植え付けられた「過激」なイメージに、自己を責めること。

・暴力を受けている動物自身に発言ができないこと。自分の行為が「動物の地位を今よりさらに落としてはいないか」と悩むこと。

・動物虐待を制止できない罪の意識に悩むこと。



いったい何が暴力なのか?
根拠のない社会通念や法的にどうなのか一般的にどうなのか大多数の人がどう考えるのかではなく、本当に暴力的で過激なことが何かを自分自身できちんと定義し、ゆるがない土台を築いた上で動物の権利運動に取り組めば、PTSDを避けることは可能。


********************************

「動物の権利と震災:トラウマに苦しむ動物擁護者」
http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/BA31027730/2012no.243_34_45.pdf



vegveg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。