袋づめ販売が廃止に!

  • Day:2015.03.27 16:40
  • Cat:
Olympicグループが、魚の袋づめ販売を廃止してくれました!

201503240125_1-550x309.jpg

2015年2月、Olympicグループの「ユアペディア」「Olympic」のいくつかの店舗で、魚を小さな袋に詰めて販売しているという情報が、アニマルライツセンターに数件寄せられました。
状況を確認したところ、

・売れるまで、袋に入れたままで餌や水飼えはしない。
・日数がたち、袋の中ですでに死んでいる魚もいる。

ということでした。
こういった飼育が何年も続けられていると聞き、すぐにOlympicグループへ下記を要望しました。

■魚を小さな袋に詰めて陳列販売するのを中止し、適切な広さのある水槽での飼育に切り替えること。
■袋詰めのまま、売れるまで水換え、餌やりを行わないという販売方法を中止し、魚に対して適切な給餌・健康管理が行われる体制を整えること。

Olympicグループの対応はすばやく、すぐに改善することを約束してくれました。
ユアペディアからは2月に、Olympicからは3月に回答をいただきました。

①ユアペティアの回答
2015年2月末をもって袋での陳列販売を中止し、2015年3月より順次、水槽による販売に切り替える。
②Olympicの回答
「ご指摘をいただいた時点から直ちにパック入り観賞魚の仕入を停止しまして、現在パック形状での観賞魚の販売は全店中止しました。」「今後の観賞魚の販売につきましては弊社専門店会社同様水槽設備の設置を前提として店舗への導入を図って参ります。」「お客様からの鑑賞後販売についての再開の声もいただいており、現状は販売方法について、動物愛護の観点からパック入り販売を中止させていただいている旨を説明しご理解いただいている状況です。」

現実的で誠実な対応をしてくださったOlympicグループに感謝します。

******************

こういった問題ある飼育であっても、タイミングを失い改善されないまま慣例的に続けられてしまうということは、組織ではよくあります。しかし倫理観をもっている企業が相手であれば、第三者が介入することで問題がすぐに解決することもあります。

動物愛護やアニマルライツの観点から看過できないことを見たときは、動物の代わりに声をあげることをためらうべきではありません。
どういった行動をとればいいのか分からないときは、アニマルライツセンターにご相談ください。
http://www.arcj.org/

スポンサーサイト

「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」への国民の意見

牛のための第2回目のパブリックコメントがはじまっています。
(終了しました。パブコメ結果は下にスクロールすると見られます)

1回目のパブリックコメントは、アニマルウェルフェアの観点からの意見は7人と1団体だけだったそうです。

国の公的文書にどのように記されるのかということは、とても重要です。
たかが紙切れですが、それにしたがって国は動きます。

現在の骨子案には動物の視点が欠けています。
牛の代わりに、どうぞみなさんからも意見を届けてください。


「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(骨子案)」に対する国民の皆様からの御意見の募集
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_suisin/150227.html
募集期間平成27年2月27日(金曜日)~平成27年3月6日(金曜日)17時00分必着
(終了しました。パブコメ結果は下にスクロールすると見られます)


意見例

第1  酪農及び肉用牛生産の近代化に関する基本的な指針
1)酪農及び肉用牛生産をめぐる近年の情勢の変化について


次の文章に【】内を追加したほうがよいと考えます。
「消費者の需要の多様化や【アニマルウェルフェアへの関心の高まり、】国際環境の変化等により、今後の発展に向けた好機も生じている。 」
OIE、FAOなどの国際機関、各国がアニマルウェルフェアに取り組んでおり、アニマルウェルフェアが畜産物の価値のひとつになりつつあります。
日本でもアニマルウェルフェア商品の潜在的な需要はあります。私どもが2014年に行った消費者アンケートでは「スーパーやコンビニで、動物福祉に配慮された畜産物(放牧飼育された肉、卵、牛乳等)を選択できるようになったほうが良い」という問いに13.8%の人が「そう思う」、54.3%の人が「ややそう思う」と答えています。「アニマルウェルフェア商品」の需要の拡大の可能性は大きいと思います。
アンケート詳細
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340

次の一文に【】内を追加・変更したほうが良いと思います。
「2.消費者の需要の変化
人口減少等により国内需要は減少が見込まれる中、消費者ニーズは、 【動物がより自然な状態で飼育されている、畜産場の衛生管理がしっかりしているなどの】安全・安心【な畜産物】への関心や健康志向等により多様化している。 牛乳・乳製品では、チーズ、発酵乳等の需要が増加し、牛肉では、 脂肪交雑の多い霜降り牛肉だけでなく、【赤身】の牛肉への関心も高まっている。」
消費者の考える安心・安全は、衛生管理にとどまるものではなく、飼育環境にも及びます。私どもが2014年に行った消費者アンケートでは「より自然な状態で育った動物の肉、卵、牛乳のほうが安全性が高いと思うか」という問いに26.9%の人が「そう思う」、53.3%の人が「ややそう思う」と回答しています。より具体的な表現に変更したほうがよいと考えます。
また「適度な脂肪交雑」という表現が用いられていますが、「赤身」という言葉に置き換えたほうが、消費者ニーズが脂肪交雑から離れているということが分かりやすいと思います。「消費者の志向がいわゆるサシから赤身へと移っていることが挙げられる。長らく低迷した景気動向に伴う消費者の経済性志向や、健康志向の高まり、さらには、今や65歳以上の人口が4人に1人の割合に達するほど進行している高齢化などにより、脂肪分の少ない赤身肉への需要が増加しているものとみられる。」「さらに高齢化が進行していく中で、赤身肉への需要はますます増えていくことが予想される」(2015年3月の月報「畜産の情報」より)


「3.国際環境の変化」に、課題としてアニマルウェルフェアへの対応を記載したほうがよいと考えます。OIE、FAOなどの国際機関、各国がアニマルウェルフェアに取り組み法的枠組みを作っている中、日本はアニマルウェルフェアへの対応に残念ながら遅れをとってしまっています。国際化が進む中、他国と足並みをそろえることは喫緊の課題だと思います。現在、日本政府と欧州連合(EU)間で経済連携協定(EPA)交渉が進められていますが、EUはこれまで各国との貿易協定に動物福祉の基準導入を働きかけており(※)、日本との貿易協定にも動物福祉が求められる可能性もあります。※自由貿易協定としては2002年にチリとの間で初めて動物福祉が盛り込んだのを皮切りに、その後2004 年にカナダ、2010年には韓国、中米(コスタリカ、エルサルバドル、ガテマラ、ホンジュラス、パナマ、ニカラグア)コロンビアおよびペルーへと拡大した。その他にタイおよびベトナムとの協力連携協定にも動物福祉が含まれており、ニュージーランド(2007 年)およびオーストラリア(2008 年)とは動物福祉に関する協力フォーラムを設置している。


*******************************


第1  酪農及び肉用牛生産の近代化に関する基本的な指針
2)酪農・肉用牛生産の競争力の強化
1.生産基盤強化のための取組


新規就農者は、アニマルウェルフェアにかかわる技術・知識の習得が必要であることを記載したほうがよいと思います。
あわせて新規就農者を育成する側の地域の関係機関や国や地方自治体などもアニマルウェルフェアにかかわる技術・知識に熟知していることが必要であることも記載したほうがよいと思います。国際的な動きをかんがみても、遅れがちな日本のアニマルウェルフェアの基盤を整えることは喫緊の課題であると考えます。
現在の畜産場では、牛に与える必要のない痛みが、慣例的におこなわれてしまっています。
たとえば牛の角の切断ですが、生後1週間に薬品で除角すれば痛みも少ないといわれていますが実際には日本の牛のほとんどが生後数ヶ月以上で角を切断されています。また、切断後焼きゴテで止血するところもあります。切断された箇所に焼きゴテを当てられる苦痛は相当なものだと思いますが、本来このような処置をする必要はないのです。「とくに気をつけることは、止血に焼きゴテを使用しないことです。牛に無用な苦痛を与え、化膿の原因にもなります。止血はティッシュペーパーを四つおりにして傷口に貼り付けるだけで十分です。出欠が多くても大丈夫。必ず血は自然に止まります」(現代農業2013年5月号より引用)また牛の角の切断に変わる処置として、全農畜産サービス株式会社は「牛の角カバー」を販売しています。この角カバーは3個セットで2500円程度と高価なものではありません。飼育者への怪我を防ぐだけではなく、角の切断の必要もなく、角の成長も抑えられます。しかし2008年に発売されてからいまだ普及にいたっていない状況にあります。こういった情報も収集し畜産関係者で共有していくべきだと考えます。

乳牛の子宮機能を研究するなど、牛の生産性を高めるための研究で侵襲的な実験が行われる可能性があるため、「優良な乳用後継牛の確保を推進」においては動物愛護管理法41条の「(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)」の遵守を明記したほうがよいと思います。
④ 需給環境の変化に応じた家畜改良の推進の(対応・取組)の中の
【】の部分を削除したほうがよいと考えます。
「乳用牛については、一頭当たり【乳量の向上と】供用 期間の延長による生涯生産性を高める観点から、泌乳能力と体型 をバランス良く改良する。」
「肉用牛については、生産コストの低減や多様な消費者ニーズへ の対応の観点から、早期に十分な体重に達し、【現状と同程度の脂肪交雑が入り】繁殖性等にも優れる種畜の作出や選抜・利用を推 進する。 」
乳量の高さは骨粗しょう症、第四胃変位などの病気につながり、子牛の生産性にも影響します。「世界的な傾向として、20年以上前から乳量の増加とともに繁殖成績が低下している。このことから乳量の増加が繁殖成績に大きく影響していることは明らかであり、遺伝改良による乳量の増加に栄養摂取が追いついていない可能性が示唆された。」(日本獣医師会雑誌 2013年10月号)この問題をクリアするために、泌乳持続性が高い牛の改良を進め病気のリスクを減らそうと日本は研究を進めていますが、研究がはじめられて5年たった今も結果が出ていないという状況です。肉牛の年間乳量が1000kg程度であることに比較すると、日本の乳牛の平均乳量は8100kg。中には10000kgを超えるスーパーカウもいるという状況です。これ以上牛の生理機能の限界を超えた改良を続けても得るものはないと考えます。肉用牛については、消費者ニーズは「現状と同程度の脂肪交雑」から離れてきており(※)脂肪交雑にこだわる必要はないと考えます。
※「消費者の志向がいわゆるサシから赤身へと移っていることが挙げられる。長らく低迷した景気動向に伴う消費者の経済性志向や、健康志向の高まり、さらには、今や65歳以上の人口が4人に1人の割合に達するほど進行している高齢化などにより、脂肪分の少ない赤身肉への需要が増加しているものとみられる。」「さらに高齢化が進行していく中で、赤身肉への需要はますます増えていくことが予想される」(2015年3月の月報「畜産の情報」より)

「⑥ 家畜の快適性に配慮した飼養管理の推進」に「去勢や断角などの痛みを伴う処置をする際には動物に対する苦痛やストレスを最小限にするよう施術する。これらの処置はできるだけ若いうちに実施するか、獣医師の監督や助言に基づいて鎮静または麻酔下で実施すべきである」という一文を加えたほうがよいと思います。日本では畜産動物に外科処置をする際、ほとんどの場合痛みを最小限にする配慮が行われていないからです。
2012年に採択されたOIEコード「アニマルウエルフェアと肉用牛生産方式」には、「牛には、生産効率、動物の健康と快適性、人間の安全性の理由から、痛みを伴う可能性のある処置が日常的に行われている。これらの処置は、動物に対する苦痛やストレスを最小限にするよう施術する必要がある。これらの処置は、できるだけ若いうちに実施するか、獣医師の監督や助言に基づいて鎮静または麻酔下で実施すべきである。」と書かれています。また日本の「アニマルウェルフェアの考え方に対応した肉用牛の飼養管理指針にも「除角によるストレスが少ないと言われている焼きごてでの実施が可能な生後2ヶ月以内に実施することが推奨される。また、子牛市場からの導入後に除角を行う場合は、可能な限り苦痛を生じさせない方法により行うこととする。」と書かれていますがいずれも守られていません。実態は、乳牛も肉牛も、2ヶ月以上で除角するのが一般的であり(肉牛の場合は3ヶ月以上での断角が88.4%-2009年畜産技術協会調査)農家自身の手で施術し、痛みを抑える処置が施されることはほとんどありません。

*************************

第1  酪農及び肉用牛生産の近代化に関する基本的な指針
2)酪農・肉用牛生産の競争力の強化
2.畜産経営の収益力の強化


「④ 生産物の付加価値の向上」の(対応・取組)にアニマルウェルフェア食品を消費者等に訴求し、ブランド化することも盛り込んだほうがよいと考えます。
EUは家畜福祉商品ブランドとしてWelfare Quality(WQ)研究開発2004年から2009年まで実施しており、現在EUの食品企業はヨーロッパだけでなく世界市場に開拓を進めています。アニマルウェルフェア商品が世界的進展を進める中、日本の対応は生産・流通・商品化すべてにおいて遅れています。

************************

第1  酪農及び肉用牛生産の近代化に関する基本的な指針
2)酪農・肉用牛生産の競争力の強化
3.家畜衛生対策、畜産環境対策の充実・強化


「(2)畜産環境対策」に抗生物質の削減を盛り込むべきだと考えます。
世界保健機関(WHO)は、ヒト医療における薬剤耐性菌問題の原因が食用動物に抗菌性物質を使用することにあるとの観点から薬剤耐性菌が動物と人との間でどの程度分布し、広がっているかという状況を把握するためのモニタリング(耐性菌の動向調査と情報収集)の重要性を指摘しています。日本でも1999年から全国的な薬剤耐性調査が開始しており、2009年の「薬剤耐性菌についてのQ&A(農林水産省)」には『抗菌性物質を使う場合、獣医師の診断や検査結果などの根拠に基づいて「有効な薬剤」の使用を「最小限」に抑えていく、「慎重使用」に心がけていくことが大切となります。』と書かれています。
2014年、欧州連合(EU)は「昨年より抗菌剤が15パーセント減少した」と発表。イギリスの動物用医薬品総局は畜産動物単位当たりの抗生剤の使用量が4ミリグラムの低下したことを報告。 オランダでは人2007と比較して2013年は抗生物質使用量が50から60パーセントの減少したと報告しています。世界各国が畜産における抗生物質の削減に取り組んでいることを考えると、この基本指針にも対策を強化すべき問題として明記すべきだと思います。

現代の工場型の畜産から環境負荷の少ない自然循環型の持続可能な畜産業への転換を図る、ということを追加するべきだと思います。
畜産環境問題は、排泄物や臭気のみだけではありません。2006年にFAOは地球陸地面積の42%を占める(家畜用飼料を生産するために使用されている土地も含む)畜産業が環境破壊の主要原因となっていると報告しています。穀物生産で使われるエネルギーと比較すると畜産業で使われるエネルギーは膨大であり、2009年のアメリカワールドウォッチ研究所は、畜産業からの二酸化炭素排出量は少なくとも年間326億トンで、世界の年間排出量の51%に上るとしています。世界中の穀物の34%は畜産動物や養殖魚の飼料に使われ(2012年度)、反芻動物から出るメタンの除去方法を各国が研究を行なわねばならぬほど地球上の畜産動物の数は増えており、水資源にも悪影響を与えています。家畜の飼料栽培に使われる灌漑農業は水不足の大きな原因であり、また牛肉生産に必要とされる水消費量は米生産に必要とされる水消費量の20倍にものぼります。2006年、国連環境計画(UNEP)国際地球水アセスメント(GIWA)は、2030年までに17億増える人口を養う水を確保するためには、天水に頼る作物栽培を増やすともに食肉消費も減らさねばならない、と発表しています。
畜産業から出される排泄物や抗生物質、飼料用作物生産に使われる肥料・農薬は水質汚染やサンゴ礁の富栄養化・劣化など諸問題の原因となっています(FAO2006年報告)。
工場型の畜産から自然循環型の畜産に移行するということはすなわち、畜産業の縮小につながることではありますが、畜産振興、畜産の近代化に反することではないと思います。新しい畜産のあり方を検討すべき時期にきていると考えます。

「危機管理体制の強化」と関連して、「管理者は、地震、火災等の緊急事態に際して採るべき措置に関する畜産動物救護計画をあらかじめ作成する」ことを追加すべきだと思います。
2011年の東日本大震災では多くの畜産動物が取り残され、惨たらしい死を遂げました。あのようなことは二度と起こすべきではありません。そのためにはあらかじめ行政機関と連携した救護計画を立てておくことが欠かせないと思います。2012年の動物愛護管理法の改正時の附帯決議の第十に、「被災動物への対応については、東日本大震災の経験を踏まえて、動物愛護管理推進計画に加えて地域防災計画にも明記するよう都道府県に働きかけること。また、牛や豚等の産業動物についても、災害時においてもできるだけ生存の機会を与えるよう尽力し、止むを得ない場合を除いては殺処分を行わないよう努めること。」とされています。また、「アニマルウェルフェアの考え方に対応した家畜の飼養管理指針」にも「各農場においては、危機管理マニュアル等を作成し、これについて管理者及び飼養者が習熟することが推奨される。」と書かれています。私たちと同じように感受性があり苦しむことができる畜産動物が、残酷で緩慢な死を迎えなければならないことを避けるために、事前に安楽殺の方法も含めた計画を立てておくことが必要だと考えます。

***************************

第1  酪農及び肉用牛生産の近代化に関する基本的な指針
2)酪農・肉用牛生産の競争力の強化
5.畜産経営の安定のための措置


アニマルウェルフェア対応のための金融上の措置の必要性を追加したほうがよいと思います。
EUでは高い基準の動物福祉を実現することを契約する農場経営者には、それに生じる追加コストと減少した所得を補う制度があります。アニマルウェルフェアの普及には、このような制度が必要だと考えます。私どもが2014年に行った消費者アンケートでは「国に、畜産動物の飼育環境の改善にもっと積極的に取り組んでほしいと思うか」という問いに19%の人が「そう思う」、59.5%の人が「ややそう思う」と答えています。政府資金を使ってアニマルウェルフェアに取り組むことに多くの国民は同意すると思います。
アンケート詳細
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340


*******************************


第1  酪農及び肉用牛生産の近代化に関する基本的な指針
3)畜産物の安全確保、消費者の信頼確保、ニーズを踏まえた生産・供給の推進


輸出拡大を図り国際競争力を高める上で、アニマルウェルフェアへの対応が欠かせないことを明記したほうがよいと思います。
OIE、FAOなどの国際機関、各国がアニマルウェルフェアに取り組んでいる中、日本はアニマルウェルフェアへの対応が遅れています。OIEはWTOの準拠機関であり、OIEが作成した動物福祉規約は貿易に対して大きな影響力を持ちます。輸出拡大を目指すならば、アニマルウェルフェアへの取り組みは必須であると思います。

「適度な脂肪交雑」という言葉は「赤身」に置き換えたほうが、消費者ニーズが脂肪交雑から離れているということが分かりやすいと思います。
「消費者の志向がいわゆるサシから赤身へと移っていることが挙げられる。長らく低迷した景気動向に伴う消費者の経済性志向や、健康志向の高まり、さらには、今や65歳以上の人口が4人に1人の割合に達するほど進行している高齢化などにより、脂肪分の少ない赤身肉への需要が増加しているものとみられる。」「さらに高齢化が進行していく中で、赤身肉への需要はますます増えていくことが予想される」(2015年3月の月報「畜産の情報」より)

「(4)畜産や畜産物に対する国民の理解の醸成、食育等の推進」において、アニマルウェルフェアの情報発信の必要性も盛り込むほうがよいと考えます。
私どもが2014年に行った消費者アンケートでは「学校、地域、家庭等における教育活動、広報活動などを通じて、畜産動物の福祉の普及啓発をおこなってほしいと思うか」という問いに17.1%の人が「そう思う」55.6%の人が「ややそう思う」と答えています。また「自分が購入する畜産物(肉、卵、牛乳等)が、どのような環境で飼育されたものか知りたいか」という問いには15.6%の人が「そう思う」、53.8%の人が「ややそう思う」と答えています。生産と消費の現場の乖離により、消費者は畜産動物がどのように飼育されているのかを知りたくても知る機会が少ない状況です。そのことが日本におけるアニマルウェルフェア普及を妨げている要因のひとつであると考えます。
アンケート詳細
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340

「(4)畜産や畜産物に対する国民の理解の醸成、食育等の推進」の中の「特に、学校給食については、牛乳の飲用習慣の定着化だけでなく」「牛乳の飲用習慣の定着化や」「学校給食への安定的な牛乳等の供給を推進 する」という学校給食の牛乳の定着化を肯定する文章は、削除したほうがよいと思います。牛乳摂取が体に及ぼす影響や、米と牛乳という食べ合わせの問題から、学校給食で牛乳が出されることの是非については意見の分かれているところです。昨年は学校給食で牛乳を廃止した自治体もあります。牛乳については皇帝的な意見もありますが、否定的な意見も数多くあることから、結論の出ていない問題を国の基本指針の中で肯定的に記すべきではないと思います。

*****************************

第3  近代的な酪農経営及び肉用牛経営の基本的指標

飼養方法として「つなぎ飼い」と記されている部分は一律に「牛房群飼」に書き換えたほうがよいと思います。つなぎ飼いは牛のアニマルウェルフェアを著しく阻害します。私どもが2014年に行った消費者アンケートでは「日本の乳牛の多くが放牧されておらず、方向転換できない長さの綱でつながれたまま、多くの時間をすごしていることをどう思うか」という問いに23.7%の人が「やめてほしい」62.9%の人が「改善策があればやめてほしい」と答えています。放牧が不可能な立地であっても、牛房群飼は可能であると思います。
アンケート詳細
http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340


****************************
第4  集乳及び乳業の合理化並びに肉用牛及び牛肉の流通の合理化に関する基本的な事項

食肉処理においては HACCP導入の促進だけでなく、アニマルウェルフェア導入も促進するよう明記すべきだと考えます。
日本では、OIEの動物福祉に関する陸生衛生動物規約の「と殺」の下記の部分が守られていない状況です。
・と殺場についてすぐにと殺されない哺乳類は、常に飲水できる必要がある
・12時間以上と殺されない動物には餌が与えられなければならない

この規約ができたのは2005年ですが、それから現在にいたるまで、このコードに違反した状況が続いています。
以下に日本のと畜場における牛と豚の飲水状況を記します。
【2011年の食肉衛生検査所の調査】
牛:と畜場の50.4%で飲水できない
豚:と畜場の86.4%で飲水できない
※牛と豚の半分は前日搬入・翌日と殺

また、と畜場への私どもの聞き取り調査では「水を与えると肉質が落ちる」ために、と殺場に到着後も水を与えないというところも珍しくありませんでした。
しかしそのような考えは迷信にすぎません。帯広畜産大学の調査で、給水が枝肉の食肉格付けに影響することはまったくなかったそうです(ALIVE2015冬号参照)
アニマルウェルフェアを著しく阻害する、このような不合理で国際基準に反する状況は国を挙げて改善に取り組む必要があると思います。


******************************
パブリックコメント結果

2015.3.20 
「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針の見直しについての議論」の傍聴に行ってきました。
1_20150321152836272.jpg


酪肉近基本方針へのパブリックコメント数は全部で75件(47人)。
そのうちアニマルウェルフェアに関する意見が64件(42人)

※「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針の見直しについての議論」の会議資料はこちらのサイトで公開される予定です。
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/tikusan/index.html

これまでに傍聴した畜産業に関する会議内容を思いおこすと、今回もアニマルウェルフェアに関する議論はされないだろうと思っていたのですが、最後に2名の委員からアニマルウェルフェアへの言及がされました。
ただし内容は、「アニマルウェルフェアを促進すべき」というものではなく、今回のパブコメ結果にアニマルウェルフェア意見が多かったことについて「パブコメの結果を見ると、消費者は誤解している。50年前は鶏100羽飼って10羽死んでいた。今は2羽しか死なない。以前より良くなっていることを消費者に周知し、誤解を解く必要がある」「健康でなければ生産性はあがらない。以前より管理技術が向上していることを消費者に知らせる必要がある」というものでした。

畜産業関係者で、このように考える方は多いのかもしれません。
しかしアニマルウェルフェアは死亡率ではかるものではありません。アニマルウェルフェアとは「『幸福』や『良く生きること』という考え方*」であり、「家畜の快適性に配慮*」することです。
(*日本の「アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針」より引用)

委員の発言のように、以前のような放し飼いであれば、外敵から狙われたり天災により死亡する率は高くなります。しかしそのようなリスクがあっても屋外で自然な行動ができるのと、外敵から狙われる心配はなくても22cm×22cmの金網で囲まれた巣も砂場もないスペースで一生を過ごさなければならないことと、どちらがアニマルウェルフェアな飼育であるかは論を待たないはずです。

空調がきいて餌がいつでも食べられる金網の中と、自分で暑さ寒さをしのがねばならず、餌を探さねばならない屋外飼育を鶏自身に選択してもらうという研究では、鶏は屋外を選んだそうです。牛もそうです。すでに刈り取られた餌を食べるよりも、手間はかかるけれど自分の舌で草を刈り取り食べることを選ぶという観察事例もあります。動物は餌を与えられるより自分で餌を獲得することを好みます。しかし牛舎内に閉じ込められている牛はその欲求を満たすことができません。
アニマルウェルフェアとはこういうことです。いかにその動物らしく生きられるか、ということです。

死亡率については、本当に減っているのかどうかわかりませんでした。
ただ、50年前のデータは分かりませんが、家畜共済統計で2004年~2013年間の死廃・病傷率の推移を見ると、乳牛・肉用牛ともに死廃・病傷率に変化はありません。肉豚は2004年から2010年まで上昇し、その後減少しています。

これらのデータに、2004年以降、鳥インフルエンザで殺処分された250万の鶏、2010年の口蹄疫で殺処分された29万の牛と豚を加味すると、実際に死亡率がどうなっているのかは、わかりません。
※1棟のなかにこれらの病気を発生した畜産動物がいると、その棟の動物はすべて殺処分されます。




今回寄せられたアニマルウェルフェアの意見は基本方針に反映されていませんでしたし、委員の発言にも同意できませんが、他の委員が国民からの意見をスルーする中、このような形でも取り上げてもらったことは良かったと思います。

収益に重点が置かれる畜産分野で、動物の立場からの意見が寄せられることはとても重要です。
記録に残り、今後につなげることができます。



veg

「家畜改良増殖目標及び鶏の改良増殖目標」への国民からの意見

家畜改良増殖目標について、2回目の意見募集がおこなわれています。
締め切りは、2015年3月6までです。

(終了しました。パブコメ結果は下にスクロールすると見られます)

1回目(2014年)のパブリックコメントはこちら
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-130.html


家畜改良増殖目標には大きな問題があります。
乳量の増加を目指した目標は、乳牛の病気につながります。高泌乳量の乳牛ほど病気になりやすいのです。それでも乳量の増加を目指す目標が立てられています。
肉用鶏の体重目標も引き上げられています。しかしブロイラーはすでに生理機能の限界まで体重が引き上げられています。急激な体の成長に肢がついていけず歩行困難になっているブロイラーもいます。腹水症、骨格異常、跛行、これらは短期間で太るようブロイラーに徹底した品種「改良」を行った結果です。
「改良」を行うなら、産肉能力や繁殖性などの生産性だけでなく、動物の健康と福祉への配慮が必ず必要です。

「家畜改良増殖目標(骨子案)」及び「鶏の改良増殖目標(骨子案)」に対する国民の皆様からの御意見募集
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_sinko/150227.html

募集期間
平成27年2月27日(金曜日)~平成27年3月6日(金曜日)17時00分必着

(終了しました。パブコメ結果は下にスクロールすると見られます)


ほんの一言でもいいです。
2014年の1回目のパブリックコメントには16人しか意見が寄せられませんでした。
そのうち、アニマルウェルフェアの観点からの意見は7人と1団体だったそうです。

「動物福祉に配慮した家畜増殖目標をたててほしい」
「生産性より福祉を優先してほしい」
などなんでもいいです。
動物保護の立場からの意見がたくさん集まることが、国の方針を変えることにつながります。


家畜改良増殖目標(骨子案)についての意見例

乳用牛
●「引き続き1頭当たり乳量の増加を重視した 改良を推進」「平成37年度の目 標 8,500 ~ 9000k」などの乳量増加を目指す文言は削除して、放牧に適した乳用牛の選抜、放牧技術の普及など、放牧酪農の推進を中心にした家畜改良増殖目標に変えるべきだと考えます。
放牧酪農は、骨子案にあるとおり生産コストの低減や国産飼料の自給率向上につながるだけではなく、アニマルウェルフェアの向上にもつながります。
スウェーデン、ノルウェー、フィンランドなど、牛は放牧される権利があるとして、夏期の2~4ヶ月間の放牧が義務付けている国もあり、国際的にアニマルウェルフェアへの取り組みが進んでいる中、繋ぎ飼育が主流の日本は方向転換を図る時期に来ていると思います。わが国の国土の7割が森林で占められていますが、その森林での酪農を成功させている例もあり、放牧酪農へシフトしていくことは不可能ではないと考えます。


●「③ 乳成分 消費者ニーズに即した良質な生乳が牛乳・乳製品の多様な用途に安定的に 仕向けられるよう、現在の乳成分率を維持するための改良を推進。」
とありますが、乳成分率についての目標は定めるべきではないと考えます。
乳成分率の目標を設定することは「乳成分率の高さ=質の高さ」という誤った基準につながってしまいます。牛本来の姿である放牧酪農では夏期と冬期の乳成分率が違うのは自然なことです。「乳成分率が高くなるほど取引価格が高くなる」という構造は、放牧酪農の普及を妨げてしまい、骨子案にある「放牧の活用を進 める」との文言に反すると考えます。

●卵子の採取、クローンなどの侵襲的な改良研究の際は動物愛護管理法41条の「(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)」を遵守することを盛り込むべきだと考えます。



肉用牛 
●11ページ「適度な脂肪交雑」を「赤身」という言葉に置き換えたほうが、消費者ニーズが脂肪交雑から離れているということが分かりやすいと思います。
「消費者の志向がいわゆるサシから赤身へと移っていることが挙げられる。長らく低迷した景気動向に伴う消費者の経済性志向や、健康志向の高まり、さらには、今や65歳以上の人口が4人に1人の割合に達するほど進行している高齢化などにより、脂肪分の少ない赤身肉への需要が増加しているものとみられる。」「さらに高齢化が進行していく中で、赤身肉への需要はますます増えていくことが予想される」(2015年3月の月報「畜産の情報」より)

●アニマルウェルフェアの観点から、増殖目標に「無角和種の増頭」を加えるべきだと考えます。麻酔なしで行われている牛の角の切断は、牛に苦痛やストレスを与えています。
2012年に採択されたOIEコード「アニマルウエルフェアと肉用牛生産方式」には「痛みを伴う処置の手順」の項に「動物福祉を向上させるための将来的な選択肢としては、管理戦略によってこうした処置を不要とする、処置を必要としない牛を育種する(中略)といったことが考えられる。」「(肉牛は)生産方式に応じて実用的かつ適切な場合、除角より、角のない牛を選抜する方が望ましい。」と書かれています。国際基準に沿った目標を作成すべきではないかと考えます。

●改良目標に、産肉能力や繁殖性などの生産性だけでなく、「動物の健康と福祉に配慮した改良を行う」ことも盛り込むべきだと考えます。
2012年に採択されたOIEコード「アニマルウエルフェアと肉用牛生産方式」には、「遺伝的選抜」の項に「特定の場所や生産方式に適した品種や亜種を選ぶ場合には、生産性に加えて、快適性と健康状態を考慮する必要がある。」「品種内の個々の動物は、動物の健康と福祉にとって遺伝的によりすぐれた子孫を残すよう選抜できる。」と書かれています。国際基準に沿った目標にすべきだと考えます。

●クローンなどの侵襲的な改良研究の際は動物愛護管理法41条の「(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)」を遵守することを盛り込むべきだと考えます。


●改良目標に繁殖能力や産肉能力などの生産性だけでなく、「動物の健康と福祉に配慮した改良を行う」ことも盛り込むべきだと考えます。
豚のアニマルウェルフェアの状態を判断する指標として「跛行」がありますが、豚の跛行は「増体の速さへの選抜に伴う骨形成不全、すなわち肢や関節の変形を起こす骨端軟骨や、肋軟骨組織の病気が主因と考えられて」(2009年2月号雑誌「畜産技術」より引用)います。跛行する母豚は耐用年数が短く、繁殖成績が劣ることを考えると、ウェルフェアに配慮することは生産性にもつながります。


●乳用牛・肉用牛と同様に、豚も「飼養管理」の項目(23ページ)に「放牧の活用を進める」ことを盛り込むべきではないかと思います。乳用牛・肉用牛の放牧と同様に、放牧養豚は国産飼料の自給率向上につながります。
以下に北海道の放牧養豚場の例を紹介します。北海道の放牧養豚場、ホープランドではブロッコリー・スイートコーンなどの収穫後の跡地に牧草の種をまき、豚が放牧されている。牧草を食べつくすと、豚はほかの畑へ転牧される。豚は収穫残さを綺麗に食べてくれると言う。このホープランドの飼料自給率は70%を超える。放牧養豚のメリットは自給率だけではない。雑草の根っこも豚は食べるため雑草の繁殖も抑えられる。排泄物処理の問題も解決する。豚の糞尿の肥料効果で、放牧跡地に作付けされた野菜は上質なものができたという。
ホープランドの放牧養豚に関する報告 
http://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2010/feb/spe-01.htm

●クローンなどの侵襲的な改良研究の際は動物愛護管理法41条の「(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)」を遵守することを盛り込むべきだと考えます。

●25ページの文章に()内を挿入したほうがよいと思います。「今後、WTO、FTA 交渉等、国際化の一層の進展が予想される中で、より一層 の生産コストの低減とともに、(アニマルウェルフェアへの配慮や、)消費者の多様なニーズに応えた高品質化等への取組が求められているところ。」
OIE、FAOなどの国際機関、各国がアニマルウェルフェアに取り組んでいる中、日本はアニマルウェルフェアへの対応が残念ながら遅れています。国際化が進む中、他国と足並みをそろえることは喫緊の課題だと思います。
現在、日本政府と欧州連合(EU)間で経済連携協定(EPA)交渉が進められていますが、EUはこれまで各国との貿易協定に動物福祉の基準導入を働きかけており(※)、日本との貿易協定にも動物福祉が求められる可能性もあります。
※自由貿易協定としては2002年にチリとの間で初めて動物福祉が盛り込んだのを皮切りに、その後2004 年にカナダ、2010年には韓国、中米(コスタリカ、エルサルバドル、ガテマラ、ホンジュラス、パナマ、ニカラグア)コロンビアおよびペルーへと拡大した。
その他にタイおよびベトナムとの協力連携協定にも動物福祉が含まれており、ニュージーランド(2007 年)およびオーストラリア(2008 年)とは動物福祉に関する協力フォーラムを設置している。


山羊
●クローンなどの侵襲的な改良研究の際は動物愛護管理法41条の「(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)」を遵守することを盛り込むべきだと考えます。



鶏の改良増殖目標(骨子案)についての意見例

●7ページの文章に()内の挿入したほうがよいと思います。「あわせて、地鶏等の安定的な雛の生産・供給を図りながら、和食の食材 や地域の特色ある産品(、アニマルウェルフェア食品)としての需要の裾野を拡大することにより、流通業者や消費者の認知度が高まるような取組を推進していくことが重要。」
地鶏肉は「飼育期間が 80 日以上であり、28 日齢以降平飼いで1㎡当たり 10 羽以下 の環境で飼育したもの」という日本が他国に誇れるアニマルウェルフェア商品です。
アニマルウェルフェア商品の需要もあります。私どもが2014年に行った消費者アンケートでは「スーパーやコンビニで、動物福祉に配慮された畜産物(放牧飼育された肉、卵、牛乳等)を選択できるようになったほうが良い」という問いに13.8%の人が「そう思う」54.3%の人が「ややそう思う」と答えています。「アニマルウェルフェア商品」の需要の拡大の可能性は大きいと思います。他国に比べ遅れがちな日本のアニマルウェルフェアの底上げのためにもアニマルウェルフェアの推進は必要であり、()内の文言を入れたほうが良いと考えます。


●肉用鶏の改良目標に飼料要求率や育成率などの生産性だけでなく、「動物の健康と福祉に配慮した改良を行う」ことも盛り込むべきだと考えます。
健康と福祉を無視した改良は肉用鶏にさまざまな病気をもたらしています。
「現代のブロイラー鶏の系統は、あまりにも大量の飼料を消費するよう育種されてきているため「高速成長病」ともいうべき骨格の問題や腹水症を導く」(2009年「動物への配慮の科学」より引用)
また、肉用鶏の跛行あるいは歩行異常といった筋骨格の問題の原因は栄養、 衛生、照明、敷料の質だけではなく遺伝の問題でもあるといわれています。跛行を示す肉用鶏は苦痛を感じ、食べ物や飲み水に近づくことが困難になります。
また、2013年に採択されたアニマルウェルフェアと肉用鶏生産方式には
「特定の場所又は生産システムに適った系統を選択する場合には、生産性及び成長率のほかにウェルフェア及び健康への配慮が払われるものとする」と記載されています。国際基準に沿った目標にすべきだと考えます。


●肉用鶏の能力に関する体重の目標数値が、現在の2870gから平成37年度は2900gへ増加されていますが、現在の数値を据え置く、あるいは体重の数値目標そのものを作らぬほうが良いと考えます。
自然界の鶏は成鶏に達するのに4~5か月かかるところをブロイラーは50日程度で成鶏に達するよう、徹底した育種改良が行われています。これ以上生理機能の限界を超えた改良はすべきでないと考えます。
「およそ1/4の肥満系ブロイラーと七面鳥は、生涯の1/3の期間、慢性的疼痛にさらされている」「ブロイラーでは突然死症候群は、成長率が平均よりも高い個体においてみられている」(2009年「動物への配慮の科学」より引用)

●卵用鶏の改良目標に飼料要求率や生産能力だけでなく、「動物の健康と福祉に配慮した改良を行う」ことも盛り込むべきだと考えます。
本来一日20個しか卵を産まない鶏は、300個以上産むように品種改良されています。これ以上生理機能の限界を超えた改良はすべきでないと考えます。
「生産効率のための遺伝的選抜は、健康に障害を与える。ニワトリではこの選抜が筋骨格や循環器機能に影響を与えた。高産卵数と低維持要求量(つまりそれは体重が軽い)のために選抜された雌鶏は採卵周期の終わりには骨粗しょう症になりやすい。なぜなら、骨格の多くの成分が卵殻形成に代謝されるからだ。このような鶏の骨は脆く、捕まえたり、輸送の際骨折がおきやすい」(2009年「動物への配慮の科学」より引用」

●卵用鶏の雄の廃棄問題に取り組むことを盛り込んでほしいです。
ユニリーバやHellmann'sといった大企業は孵化前に雌雄を判別する方法などで、この雄の廃棄を終了させることを発表しています。また最近ドイツではこの鶏の雄の雛の処分について裁判を起こした州があり、雄の雛がたった一日で殺されるのは不当であるとして、代替法を考えるよう判決が下されています。雛も苦痛を感じるのであり、ウェルフェア上取り組むべき問題だと考えます。


******************************
パブリックコメント結果

2015.3.20 
「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針の見直しについての議論」の傍聴に行ってきました。(家畜改良増殖目標についての議論も行われました)

1_20150321152836272.jpg
2_20150321152838e63.jpg


「家畜改良増殖目標及び鶏の改良増殖目標」へのパブリックコメント数は全部で145件(82人)。
そのうちアニマルウェルフェアに関する意見が109件(63人、2団体)

※「家畜改良増殖目標及び鶏の改良増殖目標ついての議論」の会議資料はこちらのサイトで公開される予定です。
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/tikusan/index.html

これまでに傍聴した畜産業に関する会議内容を思いおこすと、今回もアニマルウェルフェアに関する議論はされないだろうと思っていたのですが、最後に2名の委員からアニマルウェルフェアへの言及がされました。
ただし内容は、「アニマルウェルフェアを促進すべき」というものではなく、今回のパブコメ結果にアニマルウェルフェア意見が多かったことについて「パブコメの結果を見ると、消費者は誤解している。50年前は鶏100羽飼って10羽死んでいた。今は2羽しか死なない。以前より良くなっていることを消費者に周知し、誤解を解く必要がある」「健康でなければ生産性はあがらない。以前より管理技術が向上していることを消費者に知らせる必要がある」というものでした。

畜産業関係者で、このように考える方は多いのかもしれません。
しかしアニマルウェルフェアは死亡率ではかるものではありません。アニマルウェルフェアとは「『幸福』や『良く生きること』という考え方*」であり、「家畜の快適性に配慮*」することです。
(*日本の「アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針」より引用)

委員の発言のように、以前のような放し飼いであれば、外敵から狙われたり天災により死亡する率は高くなります。しかしそのようなリスクがあっても屋外で自然な行動ができるのと、外敵から狙われる心配はなくても22cm×22cmの金網で囲まれた巣も砂場もないスペースで一生を過ごさなければならないことと、どちらがアニマルウェルフェアな飼育であるかは論を待たないはずです。

空調がきいて餌がいつでも食べられる金網の中と、自分で暑さ寒さをしのがねばならず、餌を探さねばならない屋外飼育を鶏自身に選択してもらうという研究では、鶏は屋外を選んだそうです。牛もそうです。すでに刈り取られた餌を食べるよりも、手間はかかるけれど自分の舌で草を刈り取り食べることを選ぶという観察事例もあります。動物は餌を与えられるより自分で餌を獲得することを好みます。しかし牛舎内に閉じ込められている牛はその欲求を満たすことができません。
アニマルウェルフェアとはこういうことです。いかにその動物らしく生きられるか、ということです。

死亡率については、本当に減っているのかどうかわかりませんでした。
ただ、50年前のデータは分かりませんが、家畜共済統計で2004年~2013年間の死廃・病傷率の推移を見ると、乳牛・肉用牛ともに死廃・病傷率に変化はありません。肉豚は2004年から2010年まで上昇し、その後減少しています。

これらのデータに、2004年以降、鳥インフルエンザで殺処分された250万の鶏、2010年の口蹄疫で殺処分された29万の牛と豚を加味すると、実際に死亡率がどうなっているのかは、わかりません。
※1棟のなかにこれらの病気を発生した畜産動物がいると、その棟の動物はすべて殺処分されます。




今回寄せられたアニマルウェルフェアの意見は基本方針に反映されていませんでしたし、委員の発言にも同意できませんが、他の委員が国民からの意見をスルーする中、このような形でも取り上げてもらったことは良かったと思います。

収益に重点が置かれる畜産分野で、動物の立場からの意見が寄せられることはとても重要です。
記録に残り、今後につなげることができます。





kita

メスは処分

実験用動物は「オス」が好んで使われます。
メスには性周期があり実験結果に支障がでる、からだそうです。

とくにラットはオスの偏重利用が高く、ある系統のラットの場合、メスが400匹産まれたらそのうち300匹は殺処分されるそうです。
http://www.nichidokyo.or.jp/pdf/labio21/LABIO21_No50.pdf


image003.jpg
写真は、ラット
東京医科歯科大学、長崎大、(財)日本宇宙フォーラムらがパラボリックフライト実験に使用している様子。

パラボリックフライト実験
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-7.html



メモ sou

「養豚農業の振興に関する基本方針」に対する国民からの意見

ブタのための第2回目のパブリックコメントがはじまっています。
(終了しました。結果は下にスクロールしていただくと見られます。)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/150302_1.html
プレゼンテーション1

第1回目に集まったパブコメは406名。うちアニマルウェルフェアの立場からの意見は20数件。
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

2013年のカナダの「豚の飼育と取り扱いに関する規約」(code of practice)の草案に対するパブリックコメントには32340件の個々の批判が寄せられたそうです。

日本でブタがその必要がないのに麻酔無しで去勢され、母豚が狭い方向転換もできない檻に閉じ込められ、鶏のスペースが22センチ×22センチしかないのは、ほとんどの人が肉を食べているのにほとんどの人が意見を届けないことが原因のひとつだと思います。

「妊娠ストールの廃止を盛り込んでほしい」という一言だけでも、たくさん意見が集まれば国の方向性を変えることができます。



************************************

意見提出方法
「養豚農業の振興に関する基本方針(骨子案)」に対する国民の皆様からの御意見の募集

http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/150302_1.html
(終了しました。結果は下にスクロールしていただくと見られます。)


意見例

(1)養豚農業の振興の意義及び基本的な事項に関する事項

■養豚農業の課題として、アニマルウェルフェアへの対応を追加するべきだと考えます。
OIE、FAOなどの国際機関、各国がアニマルウェルフェアに取り組み法的枠組みを作っている中、日本はアニマルウェルフェアへの対応に残念ながら遅れをとっています。
国際化が進む中、他国と足並みをそろえることは喫緊の課題だと思います。現在、日本政府と欧州連合(EU)間で経済連携協定(EPA)交渉が進められていますが、EUはこれまで各国との貿易協定に動物福祉の基準導入を働きかけており(※)、日本との貿易協定にも動物福祉が求められる可能性もあります。※自由貿易協定としては2002年にチリとの間で初めて動物福祉が盛り込んだのを皮切りに、その後2004 年にカナダ、2010年には韓国、中米(コスタリカ、エルサルバドル、ガテマラ、ホンジュラス、パナマ、ニカラグア)コロンビアおよびペルーへと拡大した。その他にタイおよびベトナムとの協力連携協定にも動物福祉が含まれており、ニュージーランド(2007 年)およびオーストラリア(2008 年)とは動物福祉に関する協力フォーラムを設置している。

■養豚農業の課題として、現代の工場型の畜産から環境負荷の少ない自然循環型の持続可能な畜産業への転換を図る必要性を追加すべきだと考えます。畜産環境問題は、排泄物や臭気のみだけではありません。2006年にFAOは地球陸地面積の42%を占める(家畜用飼料を生産するために使用されている土地も含む)畜産業が環境破壊の主要原因となっていると報告しています。穀物生産で使われるエネルギーと比較すると畜産業で使われるエネルギーは膨大であり、2009年のアメリカワールドウォッチ研究所は、畜産業からの二酸化炭素排出量は少なくとも年間326億トンで、世界の年間排出量の51%に上るとしています。世界中の穀物の34%は畜産動物や養殖魚の飼料に使われ(2012年度)ているというほど畜産動物の数は増えており、水資源にも悪影響を与えています。家畜の飼料栽培に使われる灌漑農業は水不足の大きな原因となっており、2006年、国連環境計画(UNEP)国際地球水アセスメント(GIWA)は、2030年までに17億増える人口を養う水を確保するためには、天水に頼る作物栽培を増やすともに食肉消費も減らさねばならない、と発表しています。また、畜産業から出される排泄物や抗生物質、飼料用作物生産に使われる肥料・農薬は水質汚染やサンゴ礁の富栄養化・劣化など諸問題の原因となっています(FAO2006年報告)。大規模畜産から自然循環型の畜産に移行するということはすなわち、飼育頭数の縮小を意味しますが、畜産振興、畜産の近代化に反することではなく、新しい畜産のあり方を検討すべき時期にきていると考えます。

■基本的な対応方向として「放牧養豚の活用を進める」ことを盛り込むべきだと考えます。放牧養豚は「耕作放棄地の解消」「農場残さの循環」「農業の六次産業化」というメリットがあり、乳用牛・肉用牛の放牧と同様に、放牧養豚は国産飼料の自給率向上にもつながります。以下に北海道と鹿児島の放牧養豚場の例を紹介します。
○北海道の放牧養豚場、ホープランドではブロッコリー・スイートコーンなどの収穫後の跡地に牧草の種をまき、豚が放牧されている。牧草を食べつくすと、豚はほかの畑へ転牧される。豚は収穫残さを綺麗に食べてくれると言う。このホープランドの飼料自給率は70%を超える。放牧養豚のメリットは自給率だけではない。雑草の根っこも豚は食べるため雑草の繁殖も抑えられる。排泄物処理の問題も解決する。豚の糞尿の肥料効果で、放牧跡地に作付けされた野菜は上質なものができたという。ホープランドの放牧養豚に関する報告http://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2010/feb/spe-01.htm
○鹿児島の農業生産法人えこふぁーむでは、地域に点在していた耕作放棄地に豚を放牧し、農地として再生させた土地を活用して飼料作物や西洋野菜の生産をおこなっているそうです。自社農場で生産したトウモロコシなどの飼料を給与することにより、飼料費の低減も実現させています。(えこふぁーむについては農畜産業振興機構「畜産の情報」2014年5月号を参照)


■基本的な対応方向として、母豚の妊娠ストール飼育から群飼育への切り替えを盛り込むべきだと考えます。
EU、スイス、アメリカの9つの州、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなどは妊娠ストールがすでに廃止あるいは今後廃止することが決まっています。海外では企業単位での動きはさらに加速しており、2014年に穀物メジャーのカーギル社、ブラジル国内食品製造第2位のシェアのブラジルフーズが妊娠ストール廃止を決定したのは記憶に新しいところです。今後、WTO、FTA 交渉等、国際化の一層の進展が予想される中で、各国と足並みをそろえる必要があると考えます。
妊娠豚の群れ飼育は経営的にも技術的にも十分成立することが欧米で明らかにされており(※)、群飼育の推進を妨げる理由はありません。
日本の多くの国民もストール飼育には問題があると考えています。
私どもが2014年に行った消費者調査では「母豚が、管理をしやすいように、方向転換できず、立つか寝るか以外は身動きの取れない檻(ストール)に拘束されていることをどう思うか」という問いに29.9%の人が「やめてほしい」57.8%の人が「改善策があればやめてほしい」と答えています。
アンケート詳細http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340
(※2009年7月号「畜産技術」を参照)

■基本的な対応方向として、アニマルウェルフェアの普及啓発をおこなうことを盛り込むべきであると考えます。
アニマルウェルフェアに配慮された畜産物は、安心安全であり、自然食品として高価格でも価値のあるものですが、現在日本の消費者の理解が進んでいません。そのため、アニマルウェルフェアに配慮された生産方法の普及が進まず、さらに消費者はアニマルウェルフェアに配慮されが畜産物に触れる機会も入手する機会もないままとなり、結果的にアニマルウェルフェアの普及を停滞させることになっています。私たちが2014年に行った生活者に対する調査では、「学校、地域、家庭等における教育活動、広報活動などを通じて、畜産動物の福祉の普及啓発をおこなってほしいと思う」と考える人は、72.7%(「そう思う 17.1%」「ややそう思う 55.6%」)となっており、多くの人が学ぶ機会を欲していることを示しています。
アンケート詳細http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340



(2)養豚農家の経営の安定に関する事項

■アニマルウェルフェア対応のための金融上の措置の必要性を追加するべきだと考えます。EUでは高い基準の動物福祉を実現することを契約する農場経営者には、それに生じる追加コストと減少した所得を補う制度があります。アニマルウェルフェアの普及には、このような制度が必要だと考えます。日本でもアニマルウェルフェア予算が充てられていますがその額は年間1500万円で、EUの日本円にして150億円という予算に比べると、アニマルウェルフェアへもっと国を挙げて取り組む必要があると考えます。
私どもが2014年に行った消費者調査では「国に、畜産動物の飼育環境の改善にもっと積極的に取り組んでほしいと思うか」という問いに19%の人が「そう思う」、59.5%の人が「ややそう思う」と答えており、国民もアニマルウェルフェアへの取り組みを求めています。アンケート詳細http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340

■災害の予防等の推進に、「管理者は、地震、火災等の緊急事態に際して採るべき措置に関する畜産動物救護計画をあらかじめ作成する」ことを追加すべきと考えます。2011年の東日本大震災では多くの畜産動物が取り残され、惨たらしい死を遂げました。再び同じ惨事をおこさないために、あらかじめ行政機関と畜産農家が連携し、救護計画を立てておくことが必要です。2012年の動物愛護管理法の改正時の附帯決議の第十に、「被災動物への対応については、東日本大震災の経験を踏まえて、動物愛護管理推進計画に加えて地域防災計画にも明記するよう都道府県に働きかけること。また、牛や豚等の産業動物についても、災害時においてもできるだけ生存の機会を与えるよう尽力し、止むを得ない場合を除いては殺処分を行わないよう努めること。」とされています。また、「アニマルウェルフェアの考え方に対応した家畜の飼養管理指針」にも「各農場においては、危機管理マニュアル等を作成し、これについて管理者及び飼養者が習熟することが推奨される。」と書かれています。私たちと同じように感受性があり苦しむことができる畜産動物が、残酷で緩慢な死を迎えなければならないことを避けるために、事前に安楽殺の方法も含めた計画を立てておくことが必要だと考えます。



(4)豚の飼養衛生管理の高度化に関する事項

■農業従事者や地域の関係機関や国や地方自治体などはアニマルウェルフェアにかかわる技術・知識に熟知する必要があることを記載したほうがよいと考えます。国際的な動きをかんがみても、遅れがちな日本のアニマルウェルフェアの基盤を整えることは喫緊の課題であると考えます。畜産農家がアニマルウェルフェアの情報にアクセスできていないことから、豚に対して必ずしも必要のない痛みが慣例的に与えられているという状況があり、早急な改善が必要だと考えます。たとえば豚の雄臭をコントロールするためにの外科去勢に変わる処置として、インプロバックという免学的去勢製剤があります。オーストラリアでは10年の使用実績があり、安全性は確認されており、食肉の残留検査で、ワクチンが検出されることもありません。睾丸の除去による免疫力の低下も防ぐことができます。またワクチンの摂取オス豚は、外科的去勢オス豚に比べると自然なパターンで発育することができるため、飼料効率がよく、糞量も少なく、環境にやさしいそうです。アニマルウェルフェアと生産性の両面でメリットのある雄臭コントロール方法ですが、2010年に日本で承認されて以来、日本では普及にいたっていません。
去勢だけではなく、尾かじり予防の尾の切断も慣例的におこなわれていますが、その有効性に疑問を呈する研究もあります。「ブタが尾かじりを行う原因は正常行動の不十分な発現だけではない。尾かじりを予防するための断尾が、その尾かじりを助長させているという報告もある。イギリスの92農場を対象として尾かじりが起こる危険因子を調査したところ、断尾を行うことによって尾かじりが起こるリスクが3倍にも増加していた。」(「畜産技術」2014.9月号より引用)こういった情報も収集し畜産関係者で共有していくべきだと考えます。
消費者も畜産動物に与える痛みを問題視しています。
私どもが2014年に行った消費者調査では「去勢や角切り、尾切り、クチバシなどの体の部位の切断が、犬や猫とは違って麻酔なしで行われていることをどう思うか」という問いに「やめてほしい」と答えた人は33.7%、「改善策があればやめてほしい」と答えた人は53.3%という結果でした。
産官学が一体となってアニマルウェルフェア向上に取り組むことは消費者も望むことであると考えます。
アンケート詳細http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340


■高度な飼養管理として、繊維質の飼料給与の促進を盛り込むべきだと考えます。一般的に豚には粗飼料が給餌されませんが、豚にも繊維質の飼料が必要です。「豚は配合飼料だけでは円滑な成長・繁殖を営むことができない」(「家畜飼育の基礎」2000年)。肥育豚の3/4が胃潰瘍であるといわれていますが、その原因の一つとして粒子の細かい飼料や、粗線維の不足が挙げられています。また繊維質の飼料給与は、尾かじり予防にもつながります。
「豚は「噛む」行動に強く動機づけられており、その行動を抑えると仲間の尾やわき腹を「噛む」ようになる。群飼では「噛む」行動を刺激する物の提供が必要とされる。(中略)欧州評議会指令では、十分な嵩のある高繊維質の餌の給与が規定されている。(2009年7月号「畜産技術」より引用)また、「味が良い」と評判のTOKYO Xの豚には繊維質の飼料が与えられており、繊維質の飼料給与は肉質にも好影響を与える可能性があります。

■正常行動等の発現を促すための工夫の必要性を盛り込むべきだと考えます。
「オガコ豚舎や発酵床システ ムの場合、豚が自ら好きな場所 を掘り返すこと等ができ正常 行動の発現にプラスとなりま す。 また、ボールや鎖を豚房内に 設置することで、ルーティングに変わる遊戯行動を行うこと ができ、行動レパートリーの多 様化につながることから、試験 等でストレス減少の可能性が示唆されています。」(2014年作成 アニマルウェルフェアの向上を目指して -AWを向上させるための飼養管理-より引用)



(5)安全で安心して消費することができる豚肉の生産の促進、消費の拡大に関する事項

■アニマルウェルフェア食品のブランド化を盛り込んだほうがよいと考えます。 EUは家畜福祉商品ブランドとしてWelfare Quality(WQ)研究開発2004年から2009年まで実施しており、現在EUの食品企業はヨーロッパだけでなく世界市場に開拓を進めています。アニマルウェルフェア商品が世界的進展を進める中、日本の対応は生産・流通・商品化すべてにおいて遅れています。
また、日本におけるアニマルウェルフェア食品の需要の拡大は期待できるものと考えます。
私どもが2014年に行った消費者調査では「平飼い卵(放し飼い)や放牧豚肉など、動物福祉に配慮された食品を購入するようにしている」という問いに「はい」と回答したのは8.6%にすぎませんでした。しかし同時に「動物の福祉に配慮したお肉や乳製品、卵製品を購入するために、現在の平均的な価格と比較して、あなたはいくら多く支払うことが出来ますか。」という質問に「1.1倍~1.3倍」と答えた人は38.2%、「1.3~1.5倍」と答えた人は12.4%、「1.5~2倍」と答えた人は4.7%、「2倍以上」と回答した人は3.4%という結果でした。58.7%の人はアニマルウェルフェア食品にお金を支払うことができると回答しています。現在は8.6%に過ぎないアニマルウェルフェア食品の購入者を、今より増やすことは十分可能であると考えます。
アンケート詳細http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=340



(6)その他養豚農業の振興に関し必要な事項

■2013年に発表された「動物福祉と生産衛生を考慮した家畜の係留・追込みおよびと畜についての指針」の周知・普及をはかることを盛り込むべきだと考えます。((財)日本食肉生産技術開発センターが、日本中央 競馬会特別振興資金助成を受けて策定した指針)
日本のと畜場での動物の扱いは、国際基準に反しています。
OIEの動物福祉に関する陸生衛生動物規約の「と殺」には以下が明記されています。・と殺場についてすぐにと殺されない哺乳類は、常に飲水できる必要がある・12時間以上と殺されない動物には餌が与えられなければならないこの規約ができたのは2005年ですが、それから現在にいたるまで、このコードに違反した状況が続いています。以下に日本のと畜場における牛と豚の飲水状況を記します。【2011年の食肉衛生検査所の調査】牛:と畜場の50.4%で飲水できない豚:と畜場の86.4%で飲水できない※牛と豚の半分は前日搬入・翌日と殺また、と畜場への私どもの聞き取り調査では「水を与えると肉質が落ちる」ために、と殺場に到着後も水を与えないというところも珍しくありませんでした。しかしそのような考えは迷信にすぎません。帯広畜産大学の調査で、給水が枝肉の食肉格付けに影響することはまったくなかったそうです(ALIVE2015冬号参照)アニマルウェルフェアを著しく阻害する、このような不合理で国際基準に反する状況は国を挙げて改善に取り組む必要があると思います。

■ブタの改良研究や臨床教育の際に、動物愛護管理法41条の「(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)」を遵守しなければならないという文言を盛り込むべきだと考えます。豚肉生産には豚に対する臨床研究や緊急時の対応の習得がかかせませんが、このための実習技術を学ぶために生体がつかわれています。しかし近年麻布大学では生体では全員が十分な実習を受けられない、動物の苦痛が一定限度以上に発生することが多い、などの理由から代替法としてブタの模型を作成しています。畜産業の一環としてこういう動きを促進させるべきだと考えます。


************************
パブリックコメント結果

2015.3.18
「第3回 養豚農業の振興に関する基本方針について意見を聴く会」の傍聴に行ってきました。
DSC_0361.jpg
基本指針へのパブリックコメント数は全部で258件。
そのうちアニマルウェルフェアに関する意見が210件
(内、妊娠ストール廃止の意見は125件)

※「養豚農業の振興に関する基本方針について意見を聴く会」の会議資料はこちらのサイトで公開される予定です。
http://www.maff.go.jp/j/study/yoton_nougyo/index.html

残念ながら、アニマルウェルフェアの意見は基本方針に反映されていませんでしたが、収益に重点が置かれる畜産分野で、動物の立場からの意見が寄せられることはとても重要です。
記録に残り、今後につなげることができます。



kita

P&G、アイムスの動物実験

2000年ごろ、アイムスの行なっていた動物実験


実験詳細
地球生物会議ALIVE より抜粋
http://www.alive-net.net/world-news/wn-italy/43-2italy.html

①24頭の若い犬が、右の腎臓を摘出され、左の腎臓には損害を与えられた。腎臓の機能を通常の1/8に落とし、それがどのような影響を与えるか調べる実験。
腎機能の低下は、人間の場合と同様、動物にも激しい苦痛をもたらす。尿を通して除かれるべき毒素が体をめぐり、嘔吐、ケイレン、口中の潰瘍、激しい喉の渇きをもたらし、最終的には死に至る。
犬たちは2つのグループに分けられ、7ヶ月及び14ヶ月の間観察された。実験の結果に影響を与えないために、犬たちの症状を軽減する処置は何もとられなかった。

② 生体解剖(生きたまま解剖)2~5歳の28匹の猫の胃が、2時間の外科手術の間、露出させられ、繊維の豊富な食物の効果を調べる実験が行われた。実験後、すべての猫は殺された。

③ハスキーの子犬14頭に、皮下や胃壁へさまざまな物質が注射され、アレルギー反応が調べられた。子犬たちは、痒み、皮膚のひび割れ、腫れ物などの症状を示した。



このような実験がまだ行われているのか、
2011年9月、アイムスへ問合せ

「2001年に明らかになった、あのような残酷な実験がまだ行われているのか教えてほしい。あのようなことを、まだしているのなら御社からペットフードを買いたくない」
「電話で、弊社の方針を伝えるのは難しい。文書でお答えします」
「ああいうことがまだ行われているのかどうかも分からないのか?」
「文書で・・・」とのこと。
ただ、どんな内容かはわかりませんが、
犬・猫への動物実験は行っています、とのことでした。

数日後、文書が送られてきました。
内容抜粋
『さて、このたびお問い合わせいただきました、動物実験につきまして、当社の方針を説明させていただきます。
P&Gグループでは世界的に、動物を用いた試験を可能な限り廃止・代替え方法に置き換えていくことを方針としています。この方針のもと、P&Gグループのすべての製品において法規制で要求される場合などごく一部の例外を除き、動物実験は行っておりません。
当社ではこれまでに、2億5000万ドル以上の資金を投じ、これまでに50以上の代替方法の確立に寄与してきました』うんぬん。

アイムスジャパンとP&Gジャパンは2008年合併しています。
P&Gへ「動物実験をやめてほしい」と手紙を書いたときも、これと似たようなもの(同じものか?)が送られてきました。


2001年に明らかになったような動物実験を、まだ行っているのかどうかはわからなかったので、9月末ごろ、再度アイムスへ電話
「あのような動物実験を行っているのかどうか、把握できておらず、わかりません」
「では、あのような動物実験を行っている可能性はあるということですか?」
「はい」

2012.9月アイムスへ再確認
「以前回答した手紙と、お答えする内容はかわらない」とのこと。
「できるだけ行わないということは、アイムスが必要と思えば、今も動物実験を行っているということでよいか?今も過去のような外科的処置をともなう動物実験を行っているのか?」との問いについて、あらためて、回答をいただける、とのこと。

2012.9/11 連絡有。「関連部門に確認し、2週間ほどで、あらためて回答します」とのこと。

2012.9/26 手紙にて返事有り。
image002.gif
image004.gif


2012.9/27 アイムスへ電話
「動物の病気のためと栄養のために、外科的処置を伴う動物実験を、現在も行っているということでよいですか?」
「文書以上のことは、お答えできない」とのこと
「動物自身にはどうすることもできないが、アイムスやP&Gは動物実験をやめることができる。御社のような大手が動物実験をやめてくれたら、社会的影響は大きいと思う。やめてほしい」と要望。



2013.1月 活動仲間のうっき~の問い合わせに対するP&Gの回答
64605_397166823701475_1667551874_n_2015031622365427f.jpg

582453_397166913701466_1325752765_n.jpg

************************************

2015.3月 P&Gに再度問い合わせ。前回同様、電話での回答はできないとのことで文書が送られてきました。

無題

「一部の例外を除き、動物実験は行っておりません」と書かれていますが、洗剤やファブリーズや化粧品やパンパースやシャンプーを作ってる会社のどこに、一部といえど動物実験をする必要があるのか、まったくわかりません。


さまざまな分野でおこなわれる動物実験





メモ
2011.11月 アテニア(化粧品・健康食品など)
0120-175-333
自社では行っていないが、化粧品部門・健康食品部門ともに、他社に委託して動物実験している、今のところ動物実験廃止は検討しておらず、現状維持とのこと。
「動物実験をやめてほしい」というと、要望は上へ伝えてくれるとのこと。



メモ kitara

東北大震災

福島原発警戒区域から人々が避難したあと、たくさんの動物が取り残されました。

DSC_0010.jpg
警戒区域内には、鶏は40~60万羽いたといわれています。
金網の中に閉じ込められたまま、外に出ることもできず、のどを渇かせて、おなかをすかせて死んでいきました。
人々が逃げて2ヶ月たって、まだ生き残っていた鶏はぜんぶ、二酸化炭素でまとめて殺されました。

DSC_0009.jpg
警戒区域内には、犬と猫が3万匹いたと言われています。
救出されたのは4000匹です。
家の中に閉じ込められたまま、つながれたまま、のどを渇かせて、おなかをすかせて、誰かが食べ物を持って来てくれるのを待って、死にました。放されて野良になった犬や猫は、食べるものを探しながら死んでいきました。



DSC_0011.jpg
警戒区域内には、3万頭の豚がいたと言われています
豚舎のなかに閉じこめられたまま、自分の手で戸を開けることができない豚たちは、のどを渇かせて、おなかをすかせて死んでいきました。
人々が逃げて2ヶ月たって、まだ生き残っていた豚は、殺されました。

DSC_0012.jpg
警戒区域内には、3000頭の牛がいたと言われています。
乳がたくさん出るように改良された乳牛は、1日に150リットルもの水を飲みたがります。
つながれたまま、牛舎の中に閉じ込められたままの牛は、のどをとても渇かせて、死んでいきました。
人々が逃げて2ヶ月たって、まだ生き残っていた牛は、殺されました。

あのころから日本の動物の置かれている状況はよくなったでしょうか?

まだ福島にはとり残された犬猫がいて、さらに繁殖して新たな命が生まれ悲劇が広がっています。

震災後の動物愛護管理法の改正では「災害時の動物の飼養・保管のための施策」を立てることを各自治体は義務付けられましたが、災害時に「畜産動物を」どう救護するのかについては置いてけぼりになっています。

日本にはまだまだ問題が山積みです。
同じ悲劇を繰り返させないために、
わたしたちが、動物のかわりにやらなければならないことが、
たくさんあります。

香取神宮の鹿

香取神宮では、もう十年以上前から、鹿をフェンスの中に囲って、飼っています。
以下、香取神宮へ、鹿の飼育方法を改善してほしいと要望を続けているアニマルライツ香取や、kagiさんが、現地で撮影された写真や動画や、書かれた記事をいただき、あるいは自分で香取神宮に問い合わせた内容を、まとめています。
私自身は香取神宮へいったことがなく、香取神宮とのコンタクトは電話のみです。
2011年~2014年まで順を追って書いていきます。

PAP_0007.jpg
2011年春
香取神宮の「鹿園」の中で、重態の小鹿に母親が付き添っています。フェンスで囲まれた「鹿園」の鹿は、病気になったり怪我をしても、手当てをされることがありません。


アニマルライツ香取は、千葉県の香取神宮に対して、鹿の飼養義務を果たすよう、2008年ころから要望しています。

香取神宮では、フェンスの中で10数匹の鹿を飼っており、その施設を『鹿園』と名づけています。
飼い主(香取神宮)は『鹿園』の鹿たちに一日に一回押し麦を与えるだけで、それ以外の世話はされていません。
一日の餌の量は鹿12頭に対し、幅50センチほどのチリトリ一杯分。それ以外に農家の方がされる余った作物、サツマイモや野菜の差し入れ、観光客が与えるお菓子や弁当などで、鹿たちは生きていました。
反芻動物である鹿に必要な「草」は与えられていません。鹿は4つの胃を持つ反芻動物で、1日のうち10時間を食べることに費やし、11kgの草を噛んで食べる生き物です。草を噛み、たべることは、4つの胃がある鹿にとって必要不可欠なことです。噛む草があると鹿は喜びます。しかし草は与えられていません。フェンスの中にも草は生えていません。
自然界に比べてはるかに狭い、草のない囲いの中で、鹿はフェンスや飛び出した針金を齧っています。
1年に2、3度、フェンスの中に田んぼから刈り取ったような「ワラ」が敷かれていることがあり、これはおそらく、神宮が行事でつかった「しめ縄」などの余りではないかと思われます。この「ワラ」は餌用と考えられているわけではないようで、フェンスの外に1年を通して置きっぱなしになっています。
たまに1年に2、3度与えられるこの泥だらけの「ワラ」を鹿は食べています。
P1060578.jpg
2011年冬撮影
雨が降ると地面はぬかるみ、冬は寒く冷たく、小鹿であれば全身ぬかるみにはまってしまいます。「鹿の家」以外に雨風をしのげるところはありませんが、全部の鹿が入るには「鹿の家」は小さすぎます。
この鹿はメスで、片目を怪我しています。オスの角切が行われないため、オス同士だけではなく、メスも小鹿も角による被害をうけます。治療はされません。背後に泥まみれのワラがあります。

kojika2 dead
2012年5月撮影
この上の写真の横たわっている小鹿は死んでいます。この小鹿と、下のほうにある動画の弱っている小鹿は、2012年にこのフェンスの中で生まれた5頭の小鹿のうちの2頭。2頭とも、手当てをうけられず、死にました。

水について
フェンス内には、井戸水を流しっぱなしにしている水道があり、水はいつでも飲めます。ただ、水道が凍っているときは用務員が気付いてバケツに汲んでくるまで水がありません。また2012年7月には、3日間水が出ていない時がありました。

香取神宮の鹿は、病気になっても手当てはされません。雄同士がけんかをし、片方が大きな傷を負っても手当はされません。 香取神宮では、鹿の繁殖期の男鹿同士の戦いによる死傷をふせぐための角切は行われていません。
CIMG3154.jpg
2012年秋撮影
オスの背中の刺し傷
CIMG3132.jpg
2012年秋撮影
刺し傷のある小鹿
どちらも手当てはされません。小鹿のほうの刺し傷は、オスの背中の刺し傷に比べると軽いですが、奈良公園の鹿はこの小鹿くらいの傷でも消毒と抗生物質の注射をするそうです。
野生ではオスの縄張り争いの喧嘩にメスや小鹿が巻き込まれることはないようですが、角があるオスが、自然界に比べはるかに狭いこの囲いの中に6頭程いる環境では喧嘩が絶えず、メスや小鹿がとばっちりをうけてしまいます。

鹿の家
CIMG3062.jpg
「鹿の家」と看板が付いている小屋は面積3平方メートルくらいで、
入り口高さは2メートルほどです。
10頭前後は入れるようですが、秋から冬はオスは縄張り意識が強いため、オスの何頭かは中に入れずに雨風や雪をしのげない外で寝ています。
人は小屋の裏側にも行く事ができますから、鹿が完全に姿を隠せるところはありません。
近所の放し飼いの犬が鹿園の周りをぐるぐる回ってほえている事があります。
誰かが気付いて犬を追い払うまで、鹿はパニックになって逃げています。



2012年6月撮影
(以下、アニマルライツ香取の記事より抜粋)
昨日生まれて、これまで見守ってきた生まれたての小鹿達よりもずば抜けて元気だった子鹿が、今日は横たわって時々脚をばたばたさせてもがくだけなんです。体の下に餌が入っていた袋が敷いてあるので、世話をする人がおそらく小鹿の容態が悪いことを把握して配慮してくれたんだと思うんです。今までで初めて見ました。思いやりからの行動だとしたらありがたいです。もしかして獣医にも診せてくれたのか確認するため、また、そのほかに何か処置はしたのかどうか、このあと電話で聞いてみます。
2012.6.28
香取神宮と小鹿について話しました。「日曜に動物虐待防止協会SPCAから連絡を受けて、火曜日に獣医に診せた」との事。そして「水曜の朝、衰弱による死亡報告を鹿の世話係から受けた」そうです。
日曜日から火曜日に診察するまで時間がかかったのはなぜか、月曜日の夕方からすでに子鹿の姿は消えていたがどこにいたか、との質問には「答えられない」。
「施設を大きくしたり、えさを今より多く与えることは財政上無理なので、今回のこと(死亡)は他の鹿にとってはえさの分配が減らず良かったのでは」とのこと。それは負傷した鹿を放置して良い理由にはなりません。頭数のコントロールには避妊去勢手術をするべきです。
今回のやり取りでは、本当に獣医に診せたか、または否かというどちらの証拠も得られませんでした。衰弱の理由は「すでに今年2頭が生まれ、3頭目のこの小鹿はお乳をもらえなかった」からだそう。前日は母子共に元気で授乳していましたし、小鹿は衰弱してぐったりというよりも足をばたつかせて結構動いていました。何か骨折などがあって起き上がれず、乳を吸うことができなくなった上での衰弱死だったのでしょう。治療できた可能性はありました。
「母親が授乳しに近づく様子がなかったので我々もあきらめた」そうですが、仮に母鹿の育児放棄だったとしても、飼い主まで飼育放棄していい理由にはなりません。人による哺乳なしでしばらく置けば衰弱死することは予測できたはずですから、間接的に死に至らしめたとも言えます。
実際、母親が小鹿に近づかなかったのは、小鹿の下に敷かれた袋が気になったからだと思います。あの日どの鹿も小鹿に近づくのをためらっていたんです。鹿ははじめて見る物や状況に臆病です。その見慣れないものの上で仲間が苦しんでいるとなれば、近づかないのも当然です。良かれと思ってした処置かと思いますが、袋を敷いた際に小鹿の体を下手に動かしてしまった可能性もあります。今後のため、世話を担当している方に助言したかったのですが、「外部の方とは彼らは怖がって話せないので呼べない」そうで残念です。
2年前は「鹿に何があっても獣医師に診せることはない」と言っていた神宮ですが、今回「獣医に診せた」とコメントするほど確実に姿勢が変わってきています。
2012.7.5
動物愛護センターの調査で香取神宮が小鹿を獣医に診せたと言うのが嘘だったことが判明。3度目の指導をしてもらいました。
(以上、抜粋終わり)



香取神宮では、「適正な飼育ができない環境で、鹿を飼うことをやめよう」という考えはなく、繁殖制限も行われていません。2012年には、香取神宮にオスが1頭迎えられています(どこから来たのかわかりません)また10年以上前に、フェンスの中に犬が入り込み、襲われて鹿の数が減った時は、袖西小と茨城県の鹿島神宮から鹿をもらったようです。
香取神宮で増えた鹿は、袖ヶ浦西小学校へ譲渡されています。
その袖ヶ浦西小学校では、香取神社から「入学」した鹿は道路のすぐそばのコンクリートの狭い小屋の中で飼育され、死んでいます。

袖ヶ浦西小学校のホームページより
■H22年7月入学した「ルル」「ララ」が、H24年2月17日に亡くなりました。
■約14年にわたり袖西小の"顔"だった「じんぐう」が、H25年2月24日に亡くなりました。
◎現在は、H24年10月に入学した「モモ」「リリ」が元気に過ごしてます


袖ヶ浦西小学校
習志野市立袖ヶ浦西小学校
〒275-0021 千葉県習志野市袖ヶ浦1-1-1
電話:047-451-2423 FAX:047-451-2424 
メールアドレス:soden@nkc.city.narashino.chiba.jp
2013.3.5
袖ヶ浦西小学校 校長に、「道路のすぐそばの狭いスペースで飼育するような、むごい一生を過ごす鹿をこれ以上増やさないでほしい。今後、香取神社から、鹿を譲り受けないでほしい」と要望したところ、
「45年前から飼育をしており、子供たちも喜んでいて、適切な飼育をしている。シカの飼育をやめるつもりはない」、飼育状況については
「シカの飼育スペースは教室一個分ぐらい。床はコンクリート。シカの生態にあった、牧草などを十分に与えている」
2年で死んでしまったシカについては
「死因を調べてもらった。明確ではないが、ビニールが胃の中にあり、食べ物による中毒だと思われる」
シカの繁殖について確認したところ
「そういった計画はない」
香取神社でどういった飼育をしているか知っているかについては
「知らない」
コンクリートの上で、不自然な状態で飼育されているシカを見るより、野生の動物を見たほうが子供の教育に良いのではないか、といったところ
「一度見学に来てください」とのこと。

香取神宮
香取神宮
〒287-0017
千葉県香取市香取1697
電話:0478-57-3211 FAX:0478-57-3214
メールアドレス:info@katori-jingu.or.jp
2013.3.7
香取神宮へ飼育方法の改善を求めたところ、十分な飼育ができていないことは承知されていましたが「鹿を飼うには費用がかかる」とのこと。
また「こういった電話やメールが多いため、鹿の飼育をやめることも検討している」と言われたため、避妊去勢をするのか?と問うたところ「処分をするしかない」とのこと。避妊去勢できる医者を探して紹介するので殺処分は視野に入れないでほしいと言ったところ「手術のために誰がどうやって鹿を捕まえるのか?どれだけのお金がかかるのか?そのようなお金が用意できない」
また鹿は家畜伝染病予防法の対象動物政令で定めるその他の家畜)ですが、香取神宮において家畜伝染病予防法に基づく定期報告がなされているのかを聞いたところ、「当局より定期報告書を提出するようにという勧告があった」とのこと。
2011年に家畜伝染病予防法が改正され強化されたので、定期報告するようにという知らせがあったものと思われます。定期報告書には「飼養衛生管理基準の遵守状況」に関する報告も含まれて折り、その中には『飼育する動物に飲用に適した水を与えているか』『動物に異状が確認された場合には、速やかに獣医師の診療を受け、又は指導を求めているか』『毎日動物の健康観察を行っているか』などのチェック事項があります。この定期報告が義務付けられることで香取神宮の負担は大きくなるでしょう。「処分」ということを香取神宮は口にしましたが、それはあくまで抗議に対する買い言葉であると思いますが、今後香取神宮の負担が大きくなることを考えると、可能性がゼロとは言えぬ気もします。

鹿の避妊去勢をしてくれる獣医を調べたところ、オスの場合5000円程度(メスなら1万円程度)かかるとのこと。ただし体重を量る機器、手術台の用意、鹿を押さえつける人の確保など課題が多いことがわかりました。

2013.3.13
香取神宮に再度問い合わせたところ、メールや電話での抗議が多く入ってきており(袖ヶ浦西小学校からも問い合わせがあったそうです)、一方的だと思われるものも少なくないが、今後の飼育方法についてはできるだけのことをやっていかねばならないと考えている。獣医とも話をして避妊去勢についても視野に入れている(どれくらい費用がかかるかご存知でした)。また他のところに鹿を譲渡することも検討している。(前回言われていた「処分」については、「鹿は神の使いであり行わない」とのこと)
また鹿に世話が行き届かない時もあったが、現時点では酷い状態にはない、とのこと。
電話番号を言い、避妊去勢をされるのにお金が足りないというのであればカンパをするので連絡をしてほしいと伝えました。

2013.4.15
香取神宮に電話して、チモシー(牧草)を送りたいのだが、食べさせてあげてもらえるか聞いたところ、「いいですよ」とのこと。チモシー30kgを注文。
現在鹿は12頭いるとのこと。
香取神宮では、他の神社にも相談して、オス・メスの別飼を考えているとのこと。
また「動物愛護管理法に対応した飼育方法をしなければならないと考えている。」とも言われていました。





2013年の9月から、改正された動物愛護管理法が施行されています。基本原則の第二条には、
何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない
という文言が付け加えられています。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/laws/nt_h240905_79_3.pdf
香取神社の現行の飼育方法は、これに反するものです。

また、改正された動物愛護管理法では、非営利で動物を展示飼育したり、動物を保護している愛護団体などは、あたらしく決められた「第二種動物取扱業」として、登録をしなければならなくなりました。
鹿を飼育している香取神宮は、第二種動物取扱業(※)の対象になりました。
学校飼育動物については、第二種動物取扱業の対象になりません。学校飼育動物は、「学校が飼っている」つまり私たちがペットを飼っているのと同じ解釈になるからだそうです。

第二種動物取扱業の範囲
① 飼養施設:動物の飼養施設は、人の居住部分と明確に区分できる場合に限り、少頭数毎にその飼養保管を別に委託する場合を除く。
② 対象:非営利で譲渡、保管、貸出し、訓練、展示を業として行う者
※非営利の競りあっせん業、譲受飼養業は対象としない。
③ 飼養頭数の下限
ア 大型動物(牛・馬・豚・ダチョウその他それと同等の大きさを有する哺乳類、鳥類)及び特定動物:合計3頭
※概ね大きさ1m以上(哺乳類は頭胴長、鳥類は全長)のものを想定。
イ 中型動物(犬・猫その他それと同等以上の大きさを有する哺乳類、鳥類、爬虫類。ただし大型動物は除く。):合計 10 頭
※概ね大きさ 50cm~1m 程度(哺乳類は頭胴長、鳥類及びは虫類は全長)の動物を想定(但
しヘビにあっては概ね全長1m 以上)
ウ それ以外の動物(哺乳類・鳥類・爬虫類):合計 50 頭






けいれんする鹿
2013.8.17
kagiさんからの報告の抜粋です。

「今日、香取神宮に、シカ達に会いに行ってきました。
変色した藁が散乱していて、鹿たちは落ち葉を食べていました。
一頭だけ『鹿の家』のなかでじっとしている子がいて、みんなが食べているのを見るとゆっくり出てきたのですが、少し食べてへたってしまい、わき腹が痙攣していました。そしてまたヨタヨタしながら『鹿の家』へ戻っていきました。
歩き方が明らかに、他の鹿とは違っていたので、元気がないことが分かります。『鹿の家』に一頭だけぽつんといます。
早くきちんと治療を受けさせてあげてほしいです。
お腹がややふっくらした体格が普通の鹿もいましたが、お腹ゲッソリの鹿もいて、食べている時の様子見ると、力関係なんだなと思いました。
きちんと食べ物が与えられているのか、医療を受けているのか確認できず心配です。
柵内には木一本なく、何もないところに閉じ込められてストレスだろうと感じました。」

「具合が悪そうで、一頭だけ隅っこでうずくまってました」
1_20130822213722e62.jpg
「皆が食べ始めたので、ヨタヨタしながら歩いて出てきたけれど、へたり込んでしまいました。少し食べたけれど、食べなくなって痙攣起こしてました。」
2_20130822213723487.jpg
「またヨタヨタしながら戻っていきました。歩き方が明らかに、他の鹿とは違っていたので、元気がないことが分かります」
3_20130822213725028.jpg
4_201308222137261ec.jpg
「一頭だけぽつんと。
早くきちんと治療を受けさせてあげてほしいです」
5 (1)

Kagiさんは、痙攣してへたってしまった鹿のことが心配で獣医師に聞いてみたそうです。
獣医師の方は「みてないのでなんとも言えないが、痙攣は普通の状態ではないし、なにかしら具合が悪いと思われる」とのことだったそうです。どのような食べ物を与えればよいのかなどのアドバイスをもらいましたが、香取神宮の方は「けいれんした鹿はいない」と言われているそうです。


Kagiさんを中心に「香取の鹿愛護会」が結成されました。
http://katorishika.net/
ボランティアに参加していただける方は、どうぞご連絡ください。

角切はしません
2013.9.10 
kagiさんが香取神宮の担当者へ角切をお願いしたところ「申し出をお断りします」とのことだったそうです。
以下kagiさんの記事より抜粋。
1_20130911101325947.jpg
芝地や樹木のない、柵のなかで暮らしている香取神宮の鹿
2_20130911101328bee.jpg
木陰がなく、暑かったのか水のみ場にすっぽりはまっている鹿。小鹿は近づいて水が飲めないので、ぬかるみの水をなめていました。


香取神宮の担当者より、「申し出をお断りします。」
「確かにリスクはないし、あなたの言っていることは正しい。でも、お断りします。」
「保健所と話し合って飼育していきます。
改善というより、これで何十年と飼ってきた。問題があるかないかは神宮が決めます。」・・・と言われました。

角は皮が剥がれて、もう完成しています。
今月から繁殖の時期で、雄同士の喧嘩も始まっていました。
食べ物を得るために、我先にとぶつかっていく雄鹿に、ドンと体当たりされて、追いやられる雌鹿もいました。
何も対策打たなければ、怪我します。時間がないと伝えました。

怪我する鹿がでるのは、過去の経緯からも明らかです。
獣医師さんに聞きましたら、「狭い柵の中でそんなにもいて、しかも食べ物が十分じゃないときてる。それでなくても繁殖期はオス同士喧嘩するものだからね。除角しなければ怪我は起こります。」と言われました。

避妊去勢手術をしなければ、来年にはまた小鹿が誕生します。
餌が足りなくて、栄養状態が改善されていない、さらに角で怪我する可能性がある状態では、体力のない子鹿が生きのびるのは大変だろうと、これまた容易に想像がつきます。

現に、重態なのに問題ないと放置されて亡くなった小鹿がいました。
怪我しても治療されず亡くなった鹿がいました。
これは誰がみたって問題じゃないかと思うのですが。
対策を急いでほしいです。

除角も手術も鹿を抑えるのは大変だと担当者の方が言っておられ、私も角きりの為に鹿を抑えている姿を見たことがあるので、大変だろうと思っていたんです。
実際するとなったら、どういう方法になるのか、どんな準備が必要か獣医さんや鹿を飼養している方々にアドバイスを求めました。
すると、奈良のように山も街中も自由に歩き回っている鹿を捕まえて角切りする場合は、吹き矢で麻酔をかけ→眠ったところを捕獲→トラックに載せて鹿苑に運び→角切り→翌日鹿苑から放す・・と少々大変なのですが、神宮の鹿は元々柵内にいますので、麻酔→角切りだけです。
カラス等に襲われないように、ネットなどで守ってあげる手間を入れても、奈良ほど大変ではないということが分かりました。

獣医師さん曰く、既に関わっている担当獣医さんがいるところには勝手に入っていけないが、手伝いはできる。
動物の所有者の許可次第というお話でした。
だからやろうと思えばできる、怪我の防止も増えすぎないように繁殖制限することも可能ってことなんです。

自然で暮らす鹿は角きりなんて行わないので、必要ない?
でも、全く環境が違います。
自然の中で暮らす鹿は、衝突を避けるために縄張りに近づかないようにしたり、逃げることができますが、柵の中ではそれは困難です。
それに、食べ物が十分あれば衝突は減ると思いますが。
まるで環境が異なるのに、自然の鹿に角きりなんて必要ないから、神宮の鹿も必要ありません。というのは違いますよね。。

角切りはしない、避妊去勢手術もしない。必要ない。申し出もお断りします。と言われました。
なんとか申し出を受けて頂きたくて、お願いし続けたところお返事は一ヶ月待ってください。ということになりました。

鹿たちが怪我しないように祈りつつ、お腹空かせた鹿たちにこれからもできるだけ食料を届けます。
私は週一ですが、有志の方が行ってくれるし、様子を見てくださる方はまだ他にいるので、皆で異常がないか見守っていきます。
保健所の方も過去に起きた悲しい出来事を二度と繰り返さないよう防止の為の提案をしてくださっています。


2013.9.27 
香取神宮よりKagiさんへ電話があったそうです。「除角も避妊去勢も申し入れを受ける方向で進んでいる。来週、保健所からの要望書を以て、上司に上げる」とのこと

2013.10.4 
香取神宮よりKagiさんへ「今月中に角切・去勢を行う」とのこと
※鹿は秋に交尾、初夏に出産します。繁殖期に、鹿のオスはより自分の子孫を残すために、角を木の幹などで鋭く砥ぎ、他のオスとの争いに備えます。その角で鹿同士が突き合って死傷したり、人を傷つけるこことがあるため、奈良公園や宮島では9月下旬~10月初旬に「角切」が行われています。

2013.10.5
雌鹿が一頭変死
1_20140118215526c7b.jpg
死んだメス鹿のそばへ近づいては離れ、近づいては離れして心配そうにみていたそうです。
DSCN0701.jpg
6_20140118215529b9d.jpg
泥の水溜りに浸かるのは嫌なはずなのに、何度もこうして見に来ていました。
4_20140118215527ac8.jpg
メス鹿が運び出されてからも、「鹿の家」の周りをウロウロしている鹿たち
5_20140118215528cca.jpg

家畜保健所に送致の上、解剖処置が行われましたが、死因が特定できなかったそうです。

2013.11.1
11月になりましたが、まだ角切も去勢手術も行われていません。
(Kagiさんは何度も香取神宮へ餌を運び、鹿の様子を見、神宮の担当者への要望を続けています)

2013.11.23
まだ角切も去勢手術も行われていません。

地面の状況も、鹿の家も狭いままで、雨風をよけるところはありません。
泥と糞尿が入り混じった中にシカ達がいます。雨が降ると地面には水溜りができます。この時期は寒く、冷たいでしょう。
22_20140118221812e99.jpg

2013.12.28
13頭いるはずのシカが、12頭しかいなくなっているそうです。子鹿が一頭亡くなっていることが判明。
444_20140118222831a9d.jpg
亡くなったのは、この子鹿だそうです。
以下、2014.1.11の香取の鹿愛護会の記事より抜粋
「前回(2013.12.28)訪問した時は、真っ暗だったためどの子が亡くなったのか確認できませんでしたが、心配したとおり小鹿が一頭いませんでした
昨年生まれた命はたった半年で、逝ってしまいました。
反芻動物なのに、本来の食べ物である芝を食べることができず、たまに持っていく牧草や野菜でしのぎ、雄同士の喧嘩に巻き込まれ、怪我をし、雨風が酷くても小屋に入れず外で丸くなり・・・本当に悔しいです。
過去の写真を見ながら涙が出てきました。
頑張っていたのに、改善が間に合わなかった。。
自然界では厳しい環境下で、淘汰される命もあります。
でも、人が飼っている、命を預かっているにもかかわらず短期間に亡くなることについて、悔しさでいっぱいです。一生懸命に生きたのに守ってやれなくて申し訳ない思いでいっぱいになりました。」

香取神宮側は「鹿の数は減っていない」と答えているそうです。
この時点でまだ、角切・去勢は行われていません。

IMG_0259.jpg
地面も改善されていません。
雨が上がった後も地面のぬかるみが続き、シカたちはこの糞尿の入り混じった泥水を飲んでいるそうです。
シカの入れられているフェンスの中からは、悪臭がただよっています

2014.1.16
香取市の保健所へ、シカが一頭減っているようだが、家畜伝染病予防法上、問題があるのではないか?確認してほしいと連絡したところ「家畜伝染病予防法については、家畜保健衛生所の管轄になる」とのことでした。
しかし、香取神宮は第二種動物取扱業の届出をしており、その観点からヌカルミの改善や角切の指導を、保健所からおこなっているそうです。Kagiさんから「シカの数が減った」との報告を受けて、香取神宮を訪問され、たしかに12頭しかいないことを確認した、とのこと。

2014.1.18
香取神宮に電話して、シカの担当者に何点か確認しました。
角切はしているのか?
「していない。大学の農学部に依頼しているが、云々」
雌雄別飼いすると、1年ほど前に言われていたが、されているか?
「していない。雌雄別飼いするための建物の見積もりを取っている、云々」
一頭減ったと聞いたが、事実か?
「減っていない。」
実際にフェンスのところへ見に行ったのかと聞くと「見ていない」とのことなので、見に行っていただきました。
「一頭減っていました」とのこと。用務員さんに確認したところ昨年12月中旬に小鹿が一頭亡くなっていたそうです。
死体はどうしたのか聞くと、敷地内にすでに埋めた、とのこと。死因の究明はどうするのか?と聞くと
「遺体は3日以内に家畜保健所へ持っていかねばならず、もう無理だ」とのこと。




その後の香取神宮の鹿たちの様子については
香取の鹿愛護会(kagiさんが発足)のブログをご覧ください。
http://katorishika.net/wp/



*****************
2015.3.8
ずっと行かねばと思っていた香取神宮へ行ってきました。
雨でした。
雨のときはどうなるのかが分かったので、雨でよかったです。
DSC_0320.jpg
DSC_0319.jpg

鹿のボランティアの方たちが「前より泥マシになったね~」とほっとしたように話をしてて「え??これでマシ??!」と驚きました。長靴はいて歩いて、ずぶずぶ泥に足がとられます。でも以前がどのようなのだったのかをビデオでみせてもらって、たしかにかなりマシになったのだと分かりました。以前はふくらはぎまで泥で埋まるくらい。そこを鹿たちは歩いていました。蹄の病気になる鹿もいたそうです。

DSC_0305.jpg

雨の中もくもくとボランティアの手で泥の掻き出し、泥水の流れる通路を作ったり、餌をきりわけたり、ネコ車で土を運んできたりの作業が進められました。
体は泥まみれになるし腰は痛いし、重労働です。
暗渠の埋め込みもボランティア方がしてくださったそうです。現在の「鹿の家」には全部で12頭いる鹿が入りきらないため、ボランティアの方たちはもう一棟の建設も進めています。

DSC_0307.jpg

2年前に香取神宮の鹿の問題を知り、何とかできないかと立ち上がった鍵元さんは、関係機関と折衝を重ねて、ここまでの改善を成し遂げました。
鹿たちは前のように一日チリトリ一杯分の餌だけではなく、牧草や野菜、おからなどが食べられるようになりました。「鹿園」のとなりには何ロールもの牧草サイレージが積み上げられていました。左側には香取神宮により餌場の屋根が取り付けられ、ボランティアの方の手で樋や餌箱が設置されました。

飼育者である香取神宮が主体となってもっと鹿の飼育環境改善に動いてくれたらいいのに、と思わざるを得ませんが、鍵元さんたちの働きかけのおかげで変わってきているようです。帰りに社務所に挨拶に寄ったときに、去勢を行うことが決定していることを教えてもらい、ほっとしました。

昔は神社に神様の使い(神鹿)として鹿が飼われていたそうです。そのためか、香取神宮内の灯篭には、鹿の絵がそこかしこに描かれています。神のような扱いは求めませんが、人の飼育下にある以上、5つの自由は守られなければならないと思います。

香取の鹿愛護会
ボランティア随時募集されています。
http://katorishika.net/



メモ souken