犬の幸せ

  • Day:2015.02.25 05:16
  • Cat:
2012年のペットフード協会の調査では、犬の16.5%が屋外飼育だそうです。
屋外飼育では犬と人の生活は分断され、コミュニケーションはとれません。
自分の実家の犬がそうだったからよくわかります。

犬は成長が子供の段階で止まってしまったオオカミだといわれています。
人が犬を家畜化(飼いならす)過程で、そう選択してきたからです。人に従順であるように。
人間の子供が親を必要とするように、犬にとって飼い主の存在は重要です。
犬が、飼い主が出かけている間に家の中をめちゃくちゃにする原因は「分離不安」だそうです。
「犬はいつまでの子供のオオカミのようなものなので長時間の孤独に耐える能力もオオカミよりずっと劣る」(動物が幸せを感じるとき)

犬にとって最高の環境は、家と外を自由に行き来でき、飼い主がそばにいることでしょう。
しかし今の日本でそれは不可能です。
でもマシな環境を整えてあげることはできます。

・家の中で飼う(散歩にも連れて行く。ペットフード協会の調査では32.6%が室内飼いで散歩に連れて行かないそうです)
・家にいない時間が長いなら、飼うのをあきらめる
・繋ぎ飼い、ケージ飼いしない

一日1時間の散歩以外は屋外につなぎっぱなし、室内でケージにいれっぱなし。
コミュニケーションが少ない。
子供へのそのような扱いは親としてふさわしくありません。

いまだに屋外で繋がれたままの犬をよく見かけます。
16.5%のうち、どれだけが繋ぎ飼いされているのかわかりませんが
ざっと周りをみまわすと屋外飼育の8割くらいは繋がれているように思います。
2014年の犬の飼育頭数が約1000万。そのうち13%と仮定すると130万の犬がつながれていることになります。
「犬はつながれてたほうが安心するんだよ。あれで幸せなんだよ」という人もいますがそれはまったく根拠のない世迷いごとであって、繋ぎ飼いはただの悪習です。
「つながれたままでもおとなしく、いい子にしてるじゃないか」という人もいますが、ただ単に犬にはほかに何もできないからです。




ペットフード協会
http://www.petfood.or.jp/data/index.html

動物が幸せを感じるとき テンプル・グランディン著




kita
スポンサーサイト

紅茶の動物実験

大阪大学
マウスを実験。
紅茶が骨粗しょう症を予防する可能性。
http://mainichi.jp/select/news/20150224k0000m040126000c.html

骨粗しょう症の予防方法なんてすでにいくつもあるし、紅茶の健康効果を確かめるためにいままでさんざん動物実験されてきたのに、まだ動物実験で紅茶の効果を確かめようとするんだろうか。しかもこの「効果」を出すためには人なら一回で60杯も紅茶を飲まないといけないそうだ。(飲めないよ!!)結局サプリで、ということのようだけど骨粗しょう症のサプリなんてすでにいろいろ出てるじゃないか。
なんで湯水のように動物を実験に使うのだろうか。
どうして実験する前に立ち止まって考えてくれないのか。


*************************************************

大阪大学
免疫細胞生物学教室 御中

はじめまして。
動物の保護活動をしている佐藤と申します。
出来るだけ動物の犠牲を減らしたいと、啓発活動を行っています。

先日報道のあった、紅茶のポリフェノール効果を確かめる研究において、
動物を実験に使う必要があったのかどうかを教えてください。

紅茶のポリフェノール効果を確かめる研究
http://mainichi.jp/select/news/20150224k0000m040126000c.html

紅茶の健康効果を確かめるための研究はすでにいくつも行われています。
また骨粗しょう症の予防方法はすでに分かっており、治療方法もすでにいくつもあります。
骨粗しょう症のためのサプリメントもすでに出ています。

その上でさらに貴研究室において、マウスを使った実験を行う必要があったのでしょうか。
あるいは、この研究をするならば動物を使わないですむ方法をまずは確立させてからこの研究をしても遅くはなかったのではないでしょうか?
この研究はそんなに緊急を要するものだったのでしょうか?


動物保護の観点から、また納税者としても
ほんとうに必要な動物実験なのか?動物の命が軽視されてはいないか?
ということを、考えなければならないと思っています。

お忙しい中、ぶしつけな質問で恐縮ですが、
貴研究室の考えをお聞かせください。
どうぞよろしくお願いします。



*******************************************

2015.2.24
紅茶の苦味成分を作るポリフェノールが、骨の破壊の進行を抑える効果があることをマウスの実験で確認したと、大阪大学の研究チームが24日発表した。

 骨の内部では、骨を作る「骨芽(こつが)細胞」と、破壊する「破骨(はこつ)細胞」がバランスよく働くことで、新陳代謝を促し、健康な骨を維持している。国内で1300万人の患者がいるとみられている骨粗しょう症は、活発化した「破骨細胞」によって骨がもろくなり、発症につながると考えられている。

 大阪大学の西川恵三助教らのチームは、骨髄で破骨細胞が作られる際に「S-アデノシルメチオニン(SAM)」が増えて、生物の体を正確に形作るために欠かせないメチル化という変化がDNAに起こっていることを突き止めた。

 そのうえで茶葉を紅茶に加工する際の発酵段階でできる「テオフラビン」というポリフェノールが、SAMの働きを抑える効果があることがわかった。研究チームは、遺伝子組み換えによって骨の量を3分の1に減らした骨粗しょう症のマウスに、「テアフラビン」を3週間にわたって7回注射したところ、破骨細胞が減って、骨の量が2倍に回復することを確認した。

 体重60キロの人間が、体重の軽いマウスと同等の「テアフラビン」を摂取するには、1回に紅茶60杯を飲まなければならない計算だが、西川助教は「サプリメントなどにして摂取すれば、骨粗しょう症を予防できる可能性につながる」として実用化に向けて期待を寄せている。



veg

Heaven shall Burn

heavenshallburn.jpg

ドイツのメタルコアバンドHeaven shall Burnはメンバー全員がヴィーガン。
歌詞に表現されるようにアニマルライツを強力に支持している。
Heaven shall Burnは1996年結成。2013年にドイツのアルバムチャート第二位。
メンバー5人全員がヴィーガン。うち4人はストレートエッジ。
その曲「Voice of the Voiceless」には次のような歌詞がある。

弱った者の中でもっともか弱き者のために。
最底辺の声なき者のための私の声。
私の拳は罪なき者のために。
(翻訳 AR HC氏)

アニマルライツ活動家のささえになる曲だ。


ライブ動画の全翻訳(翻訳 AR HC氏)

(MC)
ウィーンのみんな!次は「罪なき者の声」と名付けられた曲だ
私はこの曲をすべてのベジタリアン、ヴィーガン、そして
同じ道程にある人権とアニマルライツを同等に重視し憂うすべての人々に捧げよう。
人々は近い将来、道標を突き止める、その人々に私が告げたいのは
人々は何事も単独では受け入れがたく
人々はただ趨勢に流され、
人々は生活の糧に操られ、
なおかつその事(アニマルライツ)について考える努力をする(という事だ)
では私の信条「声無き者の声」を君たちに!

(「Voice of the Voiceless」)
彼らが死ぬのを見ろ!
彼らは死ぬのだ!
血の雨がわれわれの世界を覆うに違いない
そして腐敗と悪臭以外は感じられないはずだ
しかし暗闇に隠され、頭から消去される
あらゆるところに野蛮と虐殺がある
卑劣な「倫理」、遺物

弱った者の中でもっともか弱き者のために
最底辺の声なき者のための私の声
私の拳は罪なき者のために
The innocent(罪なき者)
Voice of the Voiceless(声なき者の声)
Voice of the Voiceless(声なき者の声)

新しい時代の切っ先は
われわれの揺るがぬ信条だ
弱ったものの中でもっともか弱き者のために
最底辺の声なき者のための私の声
私の拳は罪なき者のために
The innocent(罪なき者)

何百万もの拷問された動物たちに墓は無いが
われわれのモラルの共同墓地はある
この虐殺(の容認)は私が拒絶する「倫理」だ
彼らが死ぬのを見ろ
弱ったものの中でもっともか弱き者のために
最底辺の声なき者のための私の声
私の拳は罪なき者のために
The innocent(罪なき者)






日本語字幕つきは
https://www.facebook.com/video.php?v=1069814419711471
(翻訳・編集 AR HC氏)


Heaven shall Burn official facebook
https://www.facebook.com/officialheavenshallburn
Heaven shall Burn official ウェブサイト
http://www.heavenshallburn.com/

参考サイト
http://www.metalglory.de/interviews.php?nr=585




veg