鳥インフルエンザ

  • Day:2014.12.30 21:05
  • Cat:畜産
12月28日、山口県の養鶏場で3万7000羽の、宮崎県の養鶏場では4万2000羽の鶏の殺処分が開始された。
高病原性鳥インフルエンザが確認されたためだ。
12月30日朝、首相官邸では「鳥インフルエンザ関係閣僚会議」が開かれた。

鳥インフル発生のたびに徹底した防疫措置が行われる。
人の出入りが制限され輸出入が停止され、消毒が行われ鶏は殺処分される。
しかし問題は解決しただろうか。
毎年世界各国で鳥インフルンザが発生し、事態は終息していないのだ。

鳥インフルエンザが猛威をふるいはじめた2003年から2011年の間に高原性鳥インフルエンザのために殺処分された家禽は4億羽といわれている。

日本の家畜伝染病予防に基づく飼養衛生管理基準には「密飼いの防止」あげられている。過密飼育は伝染病のリスクを高める。過密飼育から来るストレスは鶏の免疫力も低下させる。
しかし日本の卵用鶏は1羽あたりアイパッド一枚分くらいのスペースで飼育されており、肉用鶏は1平方メートルあたり16羽という過密飼育だ。
健全な衛生状態を保つことも難しい。養鶏場に行ったことがある方なら分かるが、建物からかなり離れた場所でも糞尿の臭いが分かる。日本では養鶏場1戸あたり平均5万もの鶏が飼育されているのだ。糞尿の量も半端なものではない。鶏たちは大量の糞尿とともに生きている。鶏は気嚢を持っており、その大きさは肺の約9倍あり、酸素消費量は豚・牛と比べて3倍以上ある。鶏たちは自らの排泄物から発生したアンモニアなどの有害物質、ホコリをたっぷり吸い込む。こういった鶏たちにはワクチンや抗生物質が多剤投与される。日本の2014年度の鶏のワクチン製品数は184だ。(すべてが投与されるのではなく、15種類ほどある鶏病に対してそれぞれプログラムそってワクチンが投与される)
更に肉用鶏なら肉が効率よくつくように、卵用鶏なら卵を効率よく産むように「品種改良」されている。ブロイラーは少量の餌で体重が増えるよう改良されてきたため「高速成長病」ともいうべき骨格の問題や腹水症を抱えている。急激な体の成長に脚がついていけず歩行困難になっている鶏もいる。ブロイラーの1/4は、一生の1/3を慢性的な疼痛の中で生きているだろうという報告もある。採卵用鶏の「改良」も過酷だ。少しの餌でたくさんの卵を産ませるために、採卵用の鶏に行われてきた遺伝的選抜は、鶏の骨をもろくしてしまった。自らに必要なカルシウムも卵の殻として排出されてしまうため、と殺の出荷前の捕鳥作業時、輸送のときに骨折しやすい。

このような形質をもち、このような環境で飼育される鶏たちが病気に強いと考えられるだろうか。
鳥インフルエンザが発生しては徹底的に殺し、発生しては徹底的に殺しと繰り返しても解決にはならない。
もっと根本的な見直しが必要だ。畜産業は転換期に来ているのだ。私たちは鶏肉や卵を食べたいという気持ちを抑えなければならない。動物の習性や感受性を無視した大量生産大量の工場型畜産に歯止めをかけなければならない。
鳥インフルエンザは家禽たちからの警告なのだ。
動物はモノではないのだ。



sou
スポンサーサイト

「母性」を調べるために行われた動物実験

ハリーは雌のラットの卵巣を切除し、盲目にし、嗅球を取り除いた。
目が見えなかろうが、ホルモンを奪われようが関係なかった。
母ネズミは断固として、子ネズミのほうへ這っていった。
いくぶん動きがにぶくはなったものの、子供を求める本能は、北を指す方位磁石のように絶対的な力を持っていた。

「愛を科学で測った男‐異端の心理学者ハリー・ハーロウとサル実験の真実」より

母性がどういうものか調べるために行われた動物実験です。

40年も前に行われていたこのような実験は、今も続けられています。
http://investigations.peta.org/nih-baby-monkey-experiments/?utm_campaign=NIH%20Investigation&utm_source=PETA%20E-Mail&utm_medium=Alert


「母性」がどういったものかは、動物実験の結果をまたずとも、多くの人は知っているでしょう。


kita

酒のための動物実験

2014年日本
お酒のために動物実験が行われています。
http://inewsletter-king-skyfront.jp/jp/research_highlights/vol_2/research04/

意見先
mito@ciea.or.jp
fp-yasuoka@newkast.or.jp
amisaka@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp




はじめまして。
私は関東で動物保護の活動を行っております。
下記の実験について教えていただきたいことがあり、メールをさせてもらいました。
「酒類に含まれるポリフェノールがアルコール摂取によるストレスを緩和する可能性」
http://inewsletter-king-skyfront.jp/jp/research_highlights/vol_2/research04/

この実験ですが、マウスを使わなければならない理由がわからなかったので、教えていただけないでしょうか。
動物実験の3Rは日本の法律にも定められているものであり、動物を使わないですむ方法があるならば動物実験すべきではないと私は考えております。
アルコールを飲む人は多いと思います。実際にアルコールを飲む方を、血液検査やバイオプシーやCTなどの機器で診断するという方法ではいけないのでしょうか?

動物愛護は国民的な関心事です。
お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答願えれば幸いです。
どうぞよろしくお願いします。



sou

虫はどれくらい苦しむか

動物実験では3Rの基本理念が守られなければなりません。

Replacement(代替)
「できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること」
Reduction(削減)
「できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること」
Refinement(改善)
「できる限り動物に苦痛を与えないこと」

この「動物」の定義に「虫」は入るのか?

最近、哺乳類や脊椎動物の代わりの、カイコをつかおうという動きがでてきてます。
カイコを歯周病にさせたり、糖尿病にさせたり、ウイルスに感染させたりして、病気モデルのカイコが作り出されています。
http://genome-pharm.jp/topics/images/parameter_value03.pdf
カイコを使ってワクチンを大量生産したり、クモの糸の遺伝子を組み込んで「頑丈な糸」をカイコに産出させることも行われています。
http://matome.naver.jp/odai/2141809158218540601

OIEの陸生動物衛生規約の動物実験についての章には、
3Rの「Refinement」は、より単純な種を実験動物として選択していくことを含む、と書かれています。

『Refinement: 痛み、苦痛、苦悩あるいは継続的な害を防止する、軽減するあるいは最小化する方法及び/あるいは使用する動物のウェルフェアを向上する方法の活用。Refinementには、より神経系が構造的及び機能的に複雑ではない種及びこれらが複雑でないため経験を明確に記憶しにくい種を適切に選択することを含む』
http://www.oie.int/index.php?id=169&L=0&htmfile=chapitre_aw_research_education.htm

脊椎動物よりも、無脊椎動物のほうが単純な構造だと考えるなら、マウスやサルや豚や犬の代わりに、昆虫を使うのはOIEの規約にかなっているといえます。

欧州評議会の「実験及びその他の科学的目的のために使用される脊椎動物の保護のための欧州条約」では、この条約の対象動物はそのタイトルどおり「脊椎動物」とされています。
http://conventions.coe.int/treaty/en/treaties/html/123.htm

欧州連合(EU)の「科学的な目的のために使用される動物の保護に関する指令」では、対象動物は欧州評議会のいう「脊椎動物」だけではなく、「痛みを感じることが科学的に証明されている円口類や頭足類も含めるべき」としています。
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/HTML/?uri=CELEX:32010L0063&from=EN

しかしいずれも「昆虫」が3Rを考慮されるべき対象動物とはしていません。

昆虫なら実験に使っても良いのか?

北米の科学者の集まりであるScientists Center for Animal Welfare (SCAW)による「動物実験処置の苦痛分類」には、『無脊椎動物も神経系を持っており,刺激に反応する。従って無脊椎動物も人道的に扱われなければならない。』
と書かれています。
http://www.kokudoukyou.org/index.php?page=siryou_index

昆虫と私たちが枝分かれしたのは7、8億年も昔のことで、神経系はそれぞれ別々に独自の進化をとげてきました。昆虫と私の感覚はかなり違うのではないかとも思います。しかし昆虫が刺激に対して反応するのは確かで、殺虫剤をかけられたゴキブリが「苦しそうに」ジタバタするのは間違いありません。

痛みを感じるのか感じないのか分からないのであれば、「感じる」と想定して事を進めたほうが失うものが少ないのは確かです。

ムカデのお母さんは、子供を産んだらぐるぐる丸まって自分の子供を中に囲んで、大事に育てます。
http://www.geocities.jp/tobizu_mukade/kosodate.htm
Mvc-013l.jpg

ハエの研究をしている知人によると、あまり異性にもてないハエは酒にたかる率が高いそうです。

アマゾンアリの集落を研究したロシアの昆虫学者マレコフスキーは「2匹のアリが一匹のアリのコブを切断し、3匹のアリがもう一匹のアリのわき腹に刺さったトゲを抜いている」のに気がついたそうです。「それらの手術はアリ塚の前で行われ、外科医のアリが手術をしているあいだ、他のアリたちは患者の周りに円を描いていた」
(「罪なきものの虐殺」ハンス・リューシュ)







植物もヒトも昆虫も他の動物たちも、何十億年も前のもともとの祖先は一緒です。

46億年前に地球が誕生し、
40億年前に海の中で単純な構造の原核生物が現れ
21億年前に真核生物(細胞核を持つ生物)が現れ
植物と動物が枝分かれしたのは、10億年前です。
その後7、8億年前に脊椎動物と無脊椎動物(昆虫やタコなどの軟体動物)が枝分かれをして
3億年ほど前に魚類/両生類/爬虫類は哺乳類と枝分かれし、それぞれに進化していきます。
(爬虫類からその後、鳥類が枝分かれしています。)

http://livedoor.blogimg.jp/htmll-hokan/imgs/0/d/0d84e094.jpg
http://www.eonet.ne.jp/~libell/tikyuu.html#28

他の種を実験に使っているのは人間だけです。

いずれにせよ、植物であろうが昆虫であろうが動物であろうが、わたしたちは他の種を実験に使うのをやめていくべきでしょう。



veg

不安と混乱

信州大学農学部の研究では牛は群れの牛すべてと親和関係を形成することはできないそうです。
牛は平均5頭程度の相手としか親和関係を形成できない。だから囲いの中に入れるのは5頭だけにしたほうがいいということです。

feedlot2_300_1.jpg

アメリカ産の牛の肉は、フィードロットというところに大量の牛を囲い込んで太らせることで作られます。
こんな風にたくさんの見知らぬ牛と一緒に囲われた牛たちは、不安とストレスを抱えて生きています。

鶏も同じです。肉用に飼育される鶏は数万単位で同じ鶏舎に収容されますが、鶏が安定した社会秩序を保てるのは90羽までだという研究もあります。
大量に詰め込まれ、相手の羽をつつき、混乱している鶏の気持ちが手に取るように分かります。鶏が心の安らぎを得ることはなく、わずか1ヶ月半で出荷され、と殺されます。

工場型畜産とは
http://www.hopeforanimals.org/



veg

人工心臓

東京大学で行われているヤギを使った動物実験

droppedImage_1.png

securedownload.jpg

写真は東京大学実験室のもの

「こうして製作した人工心臓を、研究室では、人体の重量に近いヤギに対して装着し動物実験を進めている。同研究室では完全置換型でヤギを150日間生存させることに成功しているが、これは動物に対しては世界最長の記録だという。また、最近の実験でも100日間の生存が確認されており、研究の成果を積み上げている。」
 「直近の実験で亡くなったヤギを解剖した際に死因として判明した点がいくつかあった。1つは、ポンプのベアリング部分に採用した非接触型の動圧軸受が接触し、溶血が発生していたという点だ。もう1つが、ベアリング部分の溝で発生した血栓が腎臓にかなり詰まっていたという点だ。さらにチタンの摩耗片などが発生していたことなども分かった。これらが複合してヤギの生体環境を脅かし、死因となっていたという。」
2014.11月MONOistニュースより)

東京大学ではこの動物を使った人工心臓の実験を1970年から実施しています。
いま研究している「次世代型」人工心臓は、2016年までに完成させ実用化することを目標にしているそうです。


この東京大学の医用生体工学講座 生体機能制御学分野 研究室で人工心臓を研究している方は、2014年11月の取材で研究動機をこのように答えています。
 「人工臓器はその臓器の機能や構造、生体としての仕組みを完璧に理解しなければ実現できない。生物を対象とした研究の成果を完全に自分のモノとし、それを自分の手で作り上げるということに魅力を感じた。また、人工心臓は生体研究と工学技術の両面が必要で、それらの最先端の科学に触れられることも興味を持った理由だ」
「人工臓器は基本的に成人向けのもので、子どもに向けたモノは現状ではほとんどなく、体制も整っていない。心臓疾患のある子どもが移植を受けるまでに“待機”する際に病気が重くなった場合、成人であれば人工心臓で命をつなぐことができるが、子どもの場合は難しい場合が多かった。そういう子どもを救いたいという思いがある」
2014.11月MONOistニュースより)





東京大学 医用生体工学講座 生体機能制御学分野 研究室 プロジェクトリーダー 様

はじめまして。
Webニュースで、貴研究所における動物を使った人工心臓の実験を知りました。

生物を対象とした研究に魅力を感じ、好奇心を追求されることは大変結構なことだと思います。科学の発展はそのような好奇心があればこそなのだろうと思います。しかし、その好奇心を満たすために動物を苦しめ殺してもよいのだろうかという疑問を持つ、わたしのような人は少なくないと思います。
税金を払っている以上、わたしはこの実験について責任があるとも考えています。
こういった動物実験が本当に必要なのか判断するために、下記の3点についてご回答いただけますよう、どうぞよろしくお願いします。

1、貴研究所では、人工心臓の研究のために1970年から動物実験をされてきたということです。44年間でどれだけの動物を実験に使われたか、種ごとに教えてください。(過去のものが分からなければここ4,5年のものでもかまいません)

2、1970年から貴研究所で行われている動物を使った人工心臓の研究が、人への治療に実際にどのように役に立ってきたのか教えてください。

3、ベルリンハートという小児用補助人工心臓の承認に向けた治験(臨床試験)が、東大病院など3施設で2012年4月から始まっています。ベルリンハートがあるのに、なぜ貴研究所で次世代型人工心臓の研究をつづけなければならないのか教えてください。


以上3点です。お忙しい中、ぶしつけな質問で恐れ入ります。
どうぞよろしくお願いします。


2014.11.25返信あり

大変申し訳ありませんが、学術的な公表以外は個別の問い合わせに対して従来回答しておりません。
よろしくお願いいたします。

東京大学大学院医学系研究科医用生体工学講座

再度メール

お忙しい中返信をありがとうございます。
いただいた内容では説明責任を果たされていないと思うのです。
「個別の問い合わせに対して従来回答していない」というのは
国立大学として大きな問題ではないでしょうか?

特に、44年間続けられたこの研究が役に立っているのかどうかについては
納税者に知らせてほしいです。
再度、2と3の質問だけでかまいませんので、
ご回答いただけますよう、どうぞよろしくお願いします。

2、1970年から貴研究所で行われている動物を使った人工心臓の 研究が、人への治療に実際にどのように役に立ってきたのか教えてください。

3、ベルリンハートという小児用補助人工心臓の承認に向けた治験 (臨床試験)が、東大病院など3施設で2012年4月から始まっています。ベルリンハートがあるのに、なぜ貴研究所で次 世代型人工心臓の研究をつづけなければならないのか教えてください。

2014.12.5
返信がないので東京大学 医用生体工学講座 生体機能制御学分野 研究室へ電話で問い合わせ
「こういう問い合わせについて従来より回答していない。自分で調べてください」
とのこと。
「調べたけど”人の役に立っている”という論文などは見つけられなかった。何十年もヤギを実験に使ってるのに何の役にも立っていないのならすぐにやめてほしいと思う」と再度回答を求めたところ、やはり答えられないとのことでした。









2014.11月MONOistニュース
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1411/18/news144.html
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1411/19/news004.html

ベルリンハート
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201208076155/

東京大学 大学院医学系研究科 生体物理医学専攻 医用生体工学講座 生体機能制御学分野 研究室
http://www.bme.gr.jp/bme/Top_Page.html



sou