活動のやり方 笑う事

活動のやり方。
大声で笑う事。
笑いは免疫力を高めます。
船瀬さんは、がんは「笑うこと」「体を温める事」
「食事を改めること(ベジタリアンに)」
の三大療法で治るといっています
笑って長生きして、アニマルライツ活動をしよう。
スポンサーサイト

妊娠豚檻廃止署名提出(各社の対応)


妊娠豚檻廃止活動中


伊藤ハム

2013.8.29 今は日程の調整がつかず難しいが、後日、動画などを直接みる時間をもうけてくれるとのことで、署名のみ先に提出しました。
2013.8.30 伊藤ハムより「署名をたしかに受け取りました」との連絡あり。
2013.9.6 伊藤ハムより、豚の動画などを見て、情報交換したい」との連絡あり。10月ごろに訪問させてもらうことになりました。
2013.10.19 伊藤ハムを訪問し、妊娠豚檻の廃止、動物福祉の向上を要望してきました。動画を見てもらいながら、放牧養豚と舎飼いの豚がどのように違うのかを、伝えました。また、外科的な去勢に変わる免疫去勢製剤(ワクチン)への切り替えの検討も要望。どのようにして、動物の置かれている状況を改善していけばよいのか、双方で意見を交換しました。伊藤ハムは、つい最近もアメリカ子会社養豚場を訪れ、動物福祉の向上のために少しずつ取り組んでいるようでした。
2013.12.20 妊娠豚檻廃止署名が12/10で終了。前回提出後に集まった署名の提出のために再度訪問したいというと時間をとってくれました。訪問し、署名と皆さんのコメントを提出。自社養豚場(アメリカ)でのストール廃止への取り組みはおこなわれているものの、自社「商品」にストールで生産された豚肉使用を廃止することは難しいとのこと。関東の活動仲間が手書きで集めてくれた署名54筆も提出しました。






日本ハム

2013.8.29 『妊娠ブタ檻廃止署名』の直接の受け取り・要望、豚の気持ちを聞いてほしいと、いぜんよりお願いしていたのですが「直接は難しい、郵送してほしい」とのことで、書類一式を郵送させていただきました。
提出書類は
・皆さんの署名
・皆さんのコメント
・写真帳(ストール飼育と放牧飼育のブタの違い)
・動物福祉への国際的な動きや、消費者動向や、ベジミートの需要などを記載した資料
・妊娠ブタ檻について記載された記事
2013.9.6 現時点で、受け取りの確認が取れていないので、改めて連絡をします。
2013.9.12 2013.9 日本ハムに電話。届いているとのこと、関係部署(自社生産飼育工場)へまわしましたとのこと。
2013.12.11 妊娠豚檻廃止署名が12/10で終了。前回提出後に集まった署名の受け取りのお願いのために電話。
「直接の受け取りはむずかしい」とのことで、いただいた署名とコメントを郵送。
ストール廃止はしていないが(試験的にストール廃止農場が稼動しているが、まだ結果がでていないそうです)国の規準にのっとった飼育をしている、とのこと。
また10月にお願いしていた免疫去勢製剤の使用については「人に誤って打ってしまう危険がある」ということで導入していないとのこと。
2013.12.25 電話で署名の受け取りを確認しました。
後日届いた、関東の活動仲間が手書きで集めてくれた署名54筆も受け取ってほしいとお願いし、了承もらいました。手書き署名54筆発送。外科的去勢に変わる免疫去勢製剤について『誤って打つことは非常にマレです。この注射器は少し当たったくらいでは大丈夫で、力を入れて押さないと薬剤が出ないようになっています。また1回このワクチンを誤って打ったとしても、「去勢と同等の効果」は現れません(2回打たなければ効果がないワクチンです)。万一2回打ったとしても、8週たてば「去勢と同等の効果」が失われる。』(この免疫去勢製剤(インプロバック)を販売する会社に確認)ことを伝えるも、やはり「人の安全が最優先」とのこと。






丸大食品

2013.8.29 『妊娠ブタ檻廃止署名』の直接の受け取り・要望、豚の気持ちを聞いてほしいと、いぜんよりお願いしていたのですが「直接は難しい、郵送してほしい」とのことで、書類一式を郵送させていただきました。
提出書類は
・皆さんの署名
・皆さんのコメント
・写真帳(ストール飼育と放牧飼育のブタの違い)
・動物福祉への国際的な動きや、消費者動向や、ベジミートの需要などを記載した資料
・妊娠ブタ檻について記載された記事
2013.9.6 現時点で、受け取りの確認が取れていないので、改めて連絡をします。
2013.9.12 丸大食品に電話。届いています、食肉事業本部で共有し、あとは総務部へまわすとのこと(総務部が外部との対応を行っているため、とのこと)
2013.12.12 妊娠豚檻廃止署名が12/10で終了。前回提出後に集まった署名の受け取りのお願いのために電話。
「直接の受け取りはむずかしい」とのことで、いただいた署名とコメントを郵送。
また9月末にお願いしていた免疫去勢製剤の使用については「検討してみたが自社農場では使えない」とのこと。
ストール廃止はまだおこなわれていないそうです。
2013.12.25 電話で署名の受け取りを確認しました。後日届いた、関東の活動仲間が手書きで集めてくれた署名54筆も受け取ってほしいとお願いし、了承もらいました。手書き署名54筆発送。







スターゼン

2013.8.21 妊娠豚檻廃止の署名を提出しました。
アニマルライツセンターの代表の岡田氏と一緒に行きました。
放牧養豚の豚の動画と、舎飼・ストール(檻)使用の豚の動画をみてもらい、どんな風に豚が幸せそうで、どんな風に苦しんでいるのかを伝えました。そのほか国内でのベジミートの需要について(13社に問い合わせたところ昔に比べ、需給が圧倒的に増えていることが分かりました)、海外・国際機関の動物福祉への取組みについてなど話をさせてもらいました。
メモを取りながら話を聞かれていました。大きな反応は引き出せませんでしたが、「生産者に伝え、社内で共有する」という真摯な態度でした。
2013.12.17 妊娠豚檻廃止署名が12/10で終了。前回提出後に集まった署名の提出のために再度訪問したいというと時間をとってくれました。署名と皆さんのコメントを提出。動物福祉への取り組みは行われているがストール廃止にはいたっていない。免疫去勢製剤については、すでに研究しているところとのこと、しかし「玉付き」の場合の格付けや費用が気になる、とのこと。
2013.12.25 後日届いた、関東の活動仲間が手書きで集めてくれた署名54筆も受け取ってほしいとお願いし、了承もらいました。手書き署名54筆発送。






プリマハム

2013.8.21 妊娠豚檻廃止の署名を提出しました。
アニマルライツセンターの代表の岡田氏と一緒に行きました。
放牧養豚の豚の動画と、舎飼・ストール(檻)使用の豚の動画をみてもらい、どんな風に豚が幸せそうで、どんな風に苦しんでいるのかを伝えました。そのほか国内でのベジミートの需要について(13社に問い合わせたところ昔に比べ、需給が圧倒的に増えていることが分かりました)、海外・国際機関の動物福祉への取組みについてなど話をさせてもらいました。
メモを取りながら話を聞かれていました。大きな反応は引き出せませんでしたが、「知らない部分があった。勉強になった」という真摯な態度でした。
2013.12.27 妊娠豚檻廃止署名が12/10で終了。前回提出後に集まった署名の提出のために再度訪問したいというと時間をとってくれました。署名と皆さんのコメントを提出。生産農家さんに伝えてくれるとのことですが、プリマハムでは「契約農家もあるが、市場から豚肉を買うこともある」とのこと。関東の活動仲間が手書きで集めてくれた署名54筆も提出しました。






舎飼の豚は、小枝をくわえたり、抜け落ちた鳥の羽を屋外でひろって遊んだりすることができません。小石をチューイングガムのように口の中でクチャクチャすることが豚は好きですが、それもできません。鼻であちこち探索し掘り返すことも好きですが、それもできません。
肥育豚は半年ほどでと殺されます。豚は目の前のわずかな溝でも、驚いて前に進めなくなってしまいます。動物は恐怖をとても強く感じる生き物です。痛みよりも恐怖のほうが苦痛であるという動物行動学者もいます。と殺場に連れて行かれるまで、見知らぬ場所で、血の臭いをかぎ、どんな恐怖を味わうのか。最終的にはこんな恐ろしい思いをさせて殺してしまうのです。生きている間は、苦しめず幸せになるよう配慮することは、わたしたちの最低限の義務です。
残酷なことが「仕方がないこと」と受け入れられることのない社会にしたいです。




1377067191500.jpg
この国会議事堂の向かいに参議院議員と衆議院議員の事務所があります
衆議院議員会館議員事務室
参議院議員会館議員事務室
だれでも陳情がある場合、アポイントをとり、訪問することができます。本人に会うのは難しいかもしれませんが、事務室にいる人が対応してくれます。


2013.8.21
プリマハムとスターゼンへの署名の提出後に、アニマルライツセンター岡田氏とともに、農林水産副大臣江藤氏(の秘書の方)に私たちのやっている運動のこと、畜産動物の置かれている状況を変えるためにおこなってほしい取り組み(ストール禁止やバタリーケージ禁止などの法規制など)をお願いしました。
そのほかの農林水産委員の議員事務所に書類を渡してまわり、最後に農林水産省の畜産振興課(畜産動物福祉担当)を訪問し、日本における畜産動物福祉の取り組みについて話を伺いました。現時点は畜産農家の方への啓蒙活動をすすめている段階で(畜産農家の方の集まるセミナーなどで動物福祉について講演など)、海外のような法規制の段階に、いまの日本はまだいっていない、ということでした。



妊娠豚檻廃止活動
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

ステッカーやバッジで啓発

アニマルライツセンターからステッカーとバッジが、いろいろ届きました。
DSC_0042.jpg
NO動物実験5cm×5cm 1シート10枚500円

DSC_0045.jpg
NO毛皮 5cm×5cm 1シート10枚500円

DSC_0046.jpg
NO毛皮 5cm×5cm 1シート6枚200円

DSC_0044.jpg
NOフォアグラ 5cm×5cm 1シート10枚500円

DSC_0049.jpg
NO毛皮 缶バッジ 大(7.5cm)・小(4.3cm)ともに200円

DSC_0041.jpg
とんかつになりたくない 3cm×3cm 1シート10枚500円

DSC_0043.jpg
NO毛皮 6.2cm×6.2cm 1シート5枚200円

DSC_0048.jpg
NO毛皮ステッカー 12cm×12cm 1枚500円 ※防水、車などに貼れます

DSC_0047.jpg
NO動物実験ステッカー 12cm×12cm 1枚500円 ※防水、車などに貼れます


活動の時などにもって行きますので、購入される方は声をかけてください
活動予定表
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
前もって連絡くださると確実です。
subetenoikimono@yahoo.co.jp

もっと缶バッジがほしい!といわれる方は、アニマルライツ活動家さっち~製作の缶バッジがたくさんあります。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-552.html




メモ veg

総合スーパーのイズミ「答える義務はない」 卵

バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーンがはじまっています。
http://save-niwatori.jimdo.com/


バタリーとは「一連の結合した一つの装置」の意味で、この装置の中で、鶏は羽ばたくことも、羽づくろいすることも、砂浴びすることも、巣の中で卵を産むことも、地面をつつくことも、何もできません。
正常な行動をすべて奪われてしまいます。
「監禁性のストレスで死んでしまう鶏もいる」という養鶏業者もいるそうです。
鶏は一日に15000回地面をつついて探索し、採食する生き物です。しかしケージの中にはなにもありません。
たった一つの「ヒモのおもちゃ」を与えてあげれば、鶏は52日たってもそのヒモで遊びます。
しかしケージの中には「ヒモ」も何もありません。

11417473904_181d253b3e_z.jpg
11417468346_71f66abcda_z.jpg
2013年 日本の採卵養鶏場

動物学者のテンプル・グランディンは次のように言っています。
「採卵鶏は、(と殺のときだけでなく)生きている間もずっと多大な「恐怖」に苦しんでいるだろう。鶏は被食種だ。巣ごもっているときに、身を隠す本能がある。4、5羽がつめ込まれたワイヤ製のバタリーケージでは、一羽になって巣ごもることも、隠れることもできないので無防備に感じる。ヨーロッパでは合成樹脂製の小さな巣箱をつくり、犬用扉のように、全面に合成樹脂製の扉をつけている。鶏は巣箱に隠れ、扉から首を突き出して外の様子をうかがえる。採卵鶏が精神面で幸せに暮すためには、このような巣箱が必要だ」
(「動物が幸せを感じるとき」)

日本には鶏の飼育方法についてなんら規制はなく(他の畜産動物も同様)、多くの鶏が、巣箱も何もない、狭いケージの中で暮しています。
近年は何十万もの採卵用の鶏を密閉された建物の中にとじこめる「ウインドウレス鶏舎」が増えています。
aki-k0706.jpg
ウィンドウレス鶏舎

外からは、まったく鶏の様子は見えません。鶏は自然の光を浴びることも、外の景色をみることもなく、建物の中で1、2年暮らし、市場に出せる質の良い卵を産めなくなると、生きたまま箱に詰められ出荷されます。
chickensinbatterycageslg.jpg


海外ではこのバタリーケージに対する問題意識が広がってきています。
・オーストラリアの大手スーパー「ウールワース」はケージ飼育された鶏の卵を2018年から販売しないと発表(2013年)
・フランス有名スーパー「モノプリ」は、ケージ卵を禁止(2013年)
・チリでは、採卵用鶏の「放し飼い」プロジェクトに予算を割くことを決定(2013年)
・EUでは従来型のバタリーケージが廃止。今後ケージ飼育する場合は最低面積750平方センチメートル(日本の平均450平方センチメートル)、巣・砂場・止まり木の設置が義務付けられた。
そのほかにも規制をもうけている国や州がたくさんあります。
スイスではすでに十年以上も前からケージ飼育そのものを禁止、鶏たちはすべて放されています。
オランダでも2008年にケージ飼育そのものを禁止。現在97.3%でケージ飼育が完全廃止されています。
(2008以前にケージを購入してしまっている30社のみに対してだけ、2021年までに完全廃止をしなければいけないという特例あり)
また、企業単位でのバタリーケージ廃止への取り組みも、海外では進められています。

しかし日本では、バタリーケージ飼育への問題意識がとても低いです。
鶏の90%以上がバタリーケージ飼育され、1羽あたりB5サイズに満たないスペースで暮しています。
消費者のほうでは、こういった飼育方法を知らされることがなく、販売する企業のほうは自分たちの販売する商品に対する責任が欠如しています。

2013年12月、西日本を中心に展開する大手総合スーパーのイズミ商品部(082-264-3467)に、あらかじめ電話をし、動物福祉に関する資料とアンケート(平飼いや放牧卵の販売割合や、卵の仕入れの際に、何らかの動物福祉基準を設けているかなど)を送付させてもらい、あらためて電話で問い合わせをしたところ「弁護士にも相談したが、答える義務はない。これ以上電話をかけてきたら法的手段に訴える」とのことでした。
同月、東海地方を中心に展開する大手総合スーパーのユニーお客様サービス部(0587-24-8091)への問い合わせも「動物福祉に関する情報は答えることができない。その理由も答えられない」とのことでした。
追記※しかし、再度電話でユニーに問い合わせたところ、アンケートに対して詳細に回答をしてくれました。


ステークホルダーとは、企業や行政の活動に対し、直接・間接的に影響を受ける団体や個人、消費者、社会全体のことです。
企業は、社会との関わることで成り立っています。企業はステークホルダーに対して、説明する責任があります。
企業が搾取している相手方(鶏)には「どうしてこのように我々にむごい仕打ちをしてつくられた卵から利益を得ようとするのか?」と企業に回答を求めるすべもありません。それを良いことにいつまでもこのような卵から利益を得続けようとすることは、ステークホルダーとしてとても容認できません。


毎月28日は、「鶏を守る日」です。
インターネットなどでの活動に、どうぞご協力お願いします。
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/cea5f2838adfa48718480019ff791692

チラシはこちらからダウンロード・注文できます。
http://www.arcj.info/download/leaflet/leafletbattery.html




メモ souken

狩猟

  • Day:2013.12.25 12:24
  • Cat:狩猟
無題

主催: 環境省

このようなイベントが行われていることを知り、大変驚きました。
生き物を殺すことを「アウトドア」「魅力」として勧めることを、私たちの税金を使って行ってほしくありません。

2013年12月、このフォーラムを主催している環境省 鳥獣保護業務室へ電話をしたところ、あくまで目的は「林業や農業への被害を防止するために、狩猟できる人を増やしたい」というものだということでした。フォーラムに参加される人たちへもその意図は伝えているとのことです。
しかしそれならば、命を奪うことを楽しもうというようなアプローチをやめていただきたいとお願いしました。どうしても命を奪わざるを得ないならもっと真摯であるべきです。
銃を手に構えて、これは命を奪う格好です。「ハンティングの魅力」とは生き物を殺す喜びです。そのような喜びに命への畏敬の念はありません。

鳥獣保護業務室の方には、PZPの導入もおねがいしました。駆除(殺す)以外にも海外ではPZPという避妊ワクチンで野生動物の数をコントロールに成功している例があります。PZPはホルモン剤では無く、受精以外には作用しません。動物を捕まえることなく、小さいダーツ銃で離れた所から接種が可能です。また、このワクチンは食物連鎖に影響を与えることもありません。
ニューヨークのファイアー島など、7つの州で、2000頭以上に鹿に投与がおこなわれています。また、鹿だけでなく、野生の馬、動物園の85の種、野牛、15の自然保護区のアフリカゾウ、やその他の多くの野生の動物も、鹿同様に避妊により数をコントロールされています。動物を殺すこともなく穏やかな個体管理をおこなうことのできるワクチンという方法を、視野に入れていただきたいです。日本でも免疫去勢製剤(インプロバック 豚用)が2011年にすでに承認されており、人道的な方法として、インプロバックの野生動物への応用も検討してほしいです。

また、この絵の男の人はワナを持っていますが、トラバサミやくくりわなにかかった動物は逃れようと自分の足が千切れるまで暴れることもあるそうです。アライグマの捕獲に使われている「エッグトラップ」は「前足を挟むタイプのエッグトラップは、捕獲した動物がパニックになるため、暴れた動物が骨折、脱臼、自分で肢を食いちぎったりする可能性がある」という東京農工大学の報告もあります。
捕らえられた動物は捕獲者がやってくるまで、何時間もわなにかけられたまま苦しまなければなりません。恐怖も大きいでしょう。ワナは非人道的です。ワナの使用を止めてほしいです。





メモ kita

きょうだい愛

動物に親子愛があることは知られています。

分娩後、半日でも一緒に過ごした母牛と子牛を引き離すと、お互いを求めて鳴きます。特に母牛は、子を求めて激しく咆えます。
豚は一般的に子育てが上手で、注意深く子供を育てます。自分が横たわるときは子豚を踏み潰さないよう、次第に体を倒していきます。神経質な母豚の中には、子豚の世話をする管理者に対して、それを妨げようと向かってくることもあるそうです。
卵が孵化する前から雌鶏と雛は会話をします。孵化する数日前になると雛は卵の中で声をあげるそうです。それに対して雌鶏が安心させる声をかけると、雛は喜びの声をかえします。雛が産まれてからも、雌鶏は子供に細心の注意を払います。体に悪いものを食べてしまわないよう、雛をまずい餌から遠ざけます。

しかし親子愛だけではありません。
動物のきょうだい愛も報告されています。

ヒメヤマセミ
76698351SeKykE.jpg
ヒメヤマセミは、お父さん、お母さんに加えて「お兄さん」が、大きな役割を果たしているそうです。巣の雛たちに、お兄さんも湖の魚を獲って運びます。その働きぶりは大変なもので、運んだ魚の量は両親と同じ量。巣に餌を運んだあとは、近くの木の枝にとまって、しばらく巣を見守ります。
ドイツの動物行動学者ライアー氏によると、1年たって生き残っていたお兄さんは54%だったそうです。そのうち自分の巣を持つことができたお兄さんはさらにその半分くらい。お兄さんは1年目にたくさん餌を与えたため衰弱してしまったのだろうと考えられています。



引用
豚は月夜に歌う ジェフリー・M・マッソン著
家畜行動学 三村 耕編著
動物に心はあるだろうか? 松島俊也著
※ヒメヤマセミの部分は「動物に心はあるだろうか?」より




メモveg

犬権

無題


他人が縄張りに侵入したり、飼い主やその家族であろうとも、食物をとろうとしたり移そうとすることは、基本的犬権の侵害として咬むのが当然であり、犬権を犯した人のほうが悪いといえる。
しばしば犯しやすい失敗は菓子などを与え、犬が落としたりしたのを拾ってやろうとして咬まれることで、これは与えた以上は既に犬の所有物になっていることを理解していなかったためである。
これらの場合に犬を叱る事は犬柄を悪くする因となる。
(「家畜行動学」 三村耕 編著)


無題2



メモ kitara

アースクライシス

動物の権利活動家
AR HC氏曰く、『威圧も虚栄も独善性もなく、清廉でひたむきな姿勢で動物の窮状を懸命に訴える』アースクライシス。

1994年『ニューエシック』


【訳詞】
これは新しい倫理だ
動物達は各々の生活をし、また尊厳を与えられるべきだ
人類の過ち ー 全ての動物を抑圧する支配体制の維持を解除しよう
解放の時だ
彼らの命は生ける道具におとしめられていた
乳製品、卵、そして肉、毛皮、羊毛、そして皮革は
工場畜産や実験室における絶叫・監禁・殺戮の果ての産物だ
全ての命に敬意を払わずに彼らを利用することを私は放棄する
自然な環境で平和に暮らす野生の権利への文明の干渉はもはや否定できない
ー もはや決して否定できない
残酷さを終わらせねばならない という文明化された言葉にふさわしい
文明社会を創るために
始めよう、我々の生活から人類の過ち ー
全ての動物を抑圧する支配体制の維持を解除しよう
解放の時だ
ヴィーガニズムは共感と平和主義の基本だ
動物達は我々に支配や搾取をされるべきではない
全ての無垢な命に敬意を払わずに彼らを利用することを私は放棄する


訳詞はAR HC


原文
【Lyric】"New Ethic" ('94 EARTH CRISIS)
This is the new ethic.
Animals' lives are their own and must be given respect.
Reject the anthropocentric
falsehood that maintains the oppressive hierarchy of mankind
over the animals. It's time to set them free. Their lives
reduced to biomachines in the factory farm and laboratory.
Dairy, eggs and meat, fur, suede, wool, leather are the end
products of torture, confinement and murder.
I abjure their use out of reverence for all innocent life.
Wildlifes' right to
live in peace in their natural environment
without this civilization's interference can no longer be denied.
Must no longer be denied.
To make a civilization worthy of the word civilized the cruelty must end,
starting within our own lives. Reject the
anthropocentric falsehood that maintains the oppressive hierarchy
of mankind over the animals. It's time to set them free.
Veganism is the essence of compassion and peaceful living.
The animals are not ours to abuse or dominate. I abjure their use
out of reverence ... I abjure their use out of reverence ...
I abjure their use out of reverence for all innocent life.


以下は、同じニューエシックで、音はスタジオ版。字幕はスペイン語。





メモ veg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。