サーバリックス開発で行われた動物実験

「戦後最大の薬害事件の可能性」といわれている子宮頸がんワクチン(ワクチン名:サーバリックス グラクソ・スミスクライン社開発)は、それまで健康だった若い女性たちに、激しい痛みやけいれん、歩行困難といった重い副作用をもたらし、2013年3月までに接種した推定328万人のうち、製薬会社や医療機関が厚労省に報告した副作用発生者は約2千人。このうち357人が「重篤」だということです。
http://dot.asahi.com/news/domestic/2013071900016.html

現時点で(2013.11.28)、このワクチンは販売中止になっていません。
現在、厚生労働省がこのサーバリックス(グラクソ・スミスクライン社開発)と副作用の因果関係について調べているところだそうです。




このワクチン:サーバリックスグラクソ・スミスクライン社開発)は、おびただしい数の動物を実験、と殺、解剖し「安全だ」と承認され、世に出されたものです。

サーバリックスグラクソ・スミスクライン社開発)の開発では、以下のような動物実験が行われています。

薬理試験
薬理試験(効力を裏付ける試験)として、マウス、アカゲザル、ラット、ビーグル犬が実験に使われています。
この薬理試験ではおびただしい数のマウスが実験に使われています。
実験内容は
『マウス(15匹/群)に Al(OH)3(18、26または 50µg)、MPL(5µg)およびHPV-16/18 L1 VLP(各 L1 VLP 2µg)を含有するワクチン 50µLを試験0および 21日に筋肉内接種した。2回目接種後の14日に採血し、血清中の抗HPV-16 L1 VLP抗体価および抗 HPV-18 L1 VLP抗体の抗体価を測定した。さらに、2回目接種後 14日にマウスの脾臓を採取し、サイトカイン(IFN-γおよび IL-5)の産生量を測定した』
というようなものです。投与する種々薬の量を変えながら、実験が繰り返されます。

申請資料の薬理試験にかかわるものだけで、(この書類上で把握できるものだけで)401匹のマウスが実験に使われています。
薬理試験の内容については7非臨床概要 (1)薬理に詳しく書かれています。


毒性試験
毒性試験では以下のような動物が実験に使われています。
無題


どういう毒性試験がおこなわれたかというと、たとえばウサギ 4回反復投与毒性試験では、以下のようにウサギが実験されています。
無題

1郡6匹ですから、54匹が実験に使われ、それぞれ、17日後、45日後、71日後にと殺されています。
と殺後に解剖され、『肝臓、肺、脾臓、胸腺、皮膚および皮下組織の病理組織学的検査』が行われています。
さらに、このウサギ4回反復投与毒性試験では『手技上の問題により信頼性のある血液学的検査値が得られなかったため』再試験が行われ、15匹のウサギが実験・と殺・解剖されています。
さらに、薬の量を変えるなどして、85匹のウサギが実験・と殺・解剖されています。
さらに種差を検討するため(ウサギは人間ではない。ウサギの実験結果がウサギ特有のものなのではないかということを確かめるため)ラットが4回反復投与毒性試験に使われています。
産まれた子供にどんな影響が出るかという生殖毒性試験では224匹のメスのラットが実験されています。
『交尾成立雌 44匹を得るため、各群に 56匹を割り付けた。妊娠雌 22匹は妊娠 20日に屠殺し(帝王切開群)、22匹は自然分娩させて離乳時まで哺育させた(自然分娩群)。余剰動物は妊娠 6日に屠殺した』
それぞれ投与方法の違う4群が実験に使われているので、全部で224匹のラットが実験に使われていることになります。
22匹は自然分娩させて離乳時まで哺育させたとありますが、申請書類には『出生児は生後●日に屠殺し、肉眼的観察を行った』とあるので、産まれたラットも、と殺されています。
(基本的に動物実験で使用された動物は、実験の結果死ななくとも、殺されます)

毒性試験の内容については、9非臨床概要 (3)毒性に詳しく書かれています

サーバリックスの申請書類

2013.11.28
サーバリックスを開発したグラクソ・スミスクライン社(日本法人)0120-289-373 へ問い合わせしました。
「このようにおびただしい数の動物を実験に使わなければならないのか?」
「かわいそうですが、臨床試験(人への実験)前に、どうしても動物を実験しなければならない」
「種差があるため、動物実験の結果を人に当てはめることができないと言われているが、御社では代替法の開発に取り組んでいるか?」
「代替法の開発に、取り組んでいない。」



※グラクソ・スミスクライン
イギリスに本社を置く世界第4位の売上と規模を誇る製薬企業。
サーバリックスの開発はベルギーで行われた。





メモ souken
スポンサーサイト

砂浴び

動物は砂浴びをして体をきれいにします。
砂の中を転げまわっている動物は、幸せそうに見えます。

鳥も砂あびをします。
砂の中で羽を地面にこすりつけ羽ばたかせ、砂を舞い上げて羽に砂を振りかけます。
砂浴びは、寄生虫を落とし、鳥の皮膚を清潔に保ちます。

鶏も砂浴びをします。
Chickens-dust-bathing.jpg

Chickens-dust-bathing-.jpg

Roxy-watching-the-chickens-bathing-.jpg
(上3つの写真は海外サイトより) 
しかし、採卵用の鶏の多くは、ケージの中で飼育されています。
ケージの中には、砂場はありません。

「鶏は、ケージ飼育の場合、かくべき砂場がなくても、横臥し、しばしば給餌箱に頭をつっこみながら、交互に体を左右に傾けつつ、脚を前後させ、両翼を動かし、あたかも砂あびをしているような、砂あび様行動をとる。」
(「家畜行動学」より)

image019_20130109161449_201311251502152ca.jpg
写真は日本 アニマルライツセンター撮影(2011年)
http://www.hopeforanimals.org/animals/tamago/00/id=235


下写真は、日本の放牧養鶏場。穴ぼこのなかで鶏たちは砂をかき上げて、何度も砂浴びを繰り返していました。
DSC_0007_R.jpg




バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーンがはじまっています。
http://save-niwatori.jimdo.com/




メモ souken

『近い将来、イルカ水族館の閉鎖続出』

DSC_0034.jpg
『近い将来、イルカ水族館の閉鎖続出』
十数年前に、毎日新聞に掲載されたそうです。

そのころから、日本のイルカ水族館の数は増えています。
しかし、近い将来、この予言は現実のものとなるでしょう。
水族館のような狭い場所でイルカを飼育することは非人道的だからです。


世界では13の国でイルカの展示は禁止。
世界の70以上の水族館がイルカなどの鯨類を展示しないと宣言。
2011年、トルコのイスタンブール市長は「動物を犠牲にした娯楽はあるべきではない」として、イルカ水族館の閉鎖を決定。
2012年、香港航空がイルカ輸送を禁止。
同年、スイスがイルカ輸入の禁止法案を可決。
2013年、インド政府はイルカ飼育の禁止を決定。


この流れは、日本でも広がっていくでしょう。

(2012.11.9撮影)

日本の施設で飼育されているイルカたち
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/NoAquarium/report_r3.pdf



メモ kitara

2013年撮影 肉牛飼育場(日本)

  • Day:2013.11.14 11:30
  • Cat:
この動画と写真は、日本の肉牛飼育場のものです。
肉にするために飼育されている牛たちです。



肉牛
牛の寿命は20年ほどと言われていますが、肉用に飼育される牛は2年から2年半ほどで出荷、と殺されます。
霜降り肉がもてはやされる日本では、肉牛の多くは牛舎内で一生のほとんどの時間を過ごしており、特に肥育後期にはより太るよう濃厚飼料が多給され、生後1年以上の肥育牛の約90%(*)は、放牧場や運動場に放されることなく、出荷されるまでの期間を牛舎内で過ごします。(*2009年畜産技術協会調査)

牛舎内の飼育では、牛は与えられた餌を食べます。しかし、牛が好きなのは、自分で草を刈り取り食べることです。
自分で餌を舌で刈り取って食べなければならない(放牧)のと、餌を用意してくれてそれを食べるだけでよいの(放飼)と、好きなほうを牛に選択させたところ、手間はかかるけれど自分の舌でかりとって食べるほうを牛は選択したそうです。
DSC01288_R.jpg
(2012年7月 東北大学 佐藤教授の講演資料より)
https://kaken.nii.ac.jp/d/p/20248028/2010/3/ja.ja.html

肥育牛 (22)_R
肥育牛 (7)_R
肥育牛 (19)_R
肥育牛 (17)_R

鎖の長さは60センチ足らずでしょうか。目の前の餌桶の餌を食べ、座るしかできません。かゆいところがあっても掻くことができず、、後ろを振り返りたくとも振り返ることが出来ません。


去勢
肉牛のオスは、性質をおとなしくさせ牛同士の闘争を防ぐため、やわらかい肉質にさせるためなどの理由で、生後3、4ヶ月で去勢されます。
去勢の方法(以下、元畜産農家に教えてもらいました)
去勢のしかたは2種類あってバルサックという長さ50㎝くらいの大きなペンチのような道具で精管の筋を挟んで遮断する方法(施術料1頭につき3,000円)と、麻酔(牛の場合は筋弛緩剤)で寝かせ、睾丸(こうがん)を摘出する手術(施術料1頭につき4,000円)とあります。麻酔で寝かせる方法は痛がりませんが、皮膚を切って睾丸を摘出する為出血し、時間も30分くらいかかります。
バルサックで挟むやり方は麻酔なしでする為痛がりますが、切らずにすむ為出血もなく3~4分で済みます。

「麻酔で寝かせる方法は痛がりませんが」についてですが、筋弛緩剤は筋肉は動かなくなりますが意識ははっきりしており、痛みを感じます。、動物の殺処分の方法として、筋弛緩剤のみを使用することは、動物に強い苦痛を与えるとされることから、勧められていません。筋弛緩剤と麻酔の併用で、去勢をするのでなければ牛は苦しむと思います。犬の去勢は筋弛緩剤と麻酔が併用されます。ほんとうに筋弛緩剤のみなのか、確認中。

追記(以下、獣医師に教えてもらいました)
現在牛の去勢にバルザックは用いることはほとんどないと思います。
牛にストレスがかかり、一時的に成長が止まるし作業が大変です。
睾丸は、2か月ほどしなければ腹腔から降りてきません。従って、それ以降の去勢になります。
皮膚を切開して、精索と血管を何度か捻りながら、引いてちぎります。
出血もほとんどなく手際よく出来ますし、ほとんどが肉牛農家が行っています。従って、麻酔は全くやることがありません。大きな農家では、一日に50頭くらいやっています。
ただし、いろんな理由で半年以上になれば麻酔をします。麻酔は筋弛緩薬です。筋弛緩薬はキシラジンです。キシラジンには、種によって感受性が異なります。10キロ程度の犬とほぼ同量を、700キロの牛に投与します。牛はほとんど意識がなくなり流涎をします。
疼痛は全く感じなくはありませんが、相当意識は弱くなります。私たちも作業が容易になります。

キシラジンは鎮静効果は高いといわれています。しかし鎮痛効果についてはどうなのか、確認中。

追記(キシラジンの含まれた注射液を販売するバイエルに確認)
キシラジンとして0.2㎎/kg(製剤として1mL/100kg)以上を牛へ投与すると、無痛覚状態となるというデータがある。

スイスでは、牛が何歳であっても痛みを抑える処置をしなければならないと決められています。

除角(ジョカク)・断角
角が切断されます。角を切断すると血が噴き出ることもあります。
角の切断は肉牛の約50%に実施されており、そのうち80%以上(*)は麻酔なしで行われています。またそのうち、88.4%は生後3か月齢以上での角の切断が行われています。(*2009年畜産技術協会調査)
除角・断角の方法(以下、元畜産農家に教えてもらいました)
除角は必ずしないといけないわけではありませんが、除角をしないと強い牛が弱い牛をいじめたり、出産後、子牛を守ろうと本能が働き、飼い主をおそい、人が死亡したり、大ケガをする事も多々あります。日本国内でみれば毎年死者が出ているのではないかと推測します。
除角をすると、牛の性格はおとなしくなる傾向にあります。
牛の角は鹿と異なり神経も血液もかよっていて角を切るさいはかなり痛がります。
除角したあと1~2ヶ月くらい出血や膿(うみ)みたいなじゅくじゅくした汁が出て、その部分にハエ等の害虫が群がる為、害虫が出ない1月か2月の寒い時期に行います。農家によっては暑い時期でも関係なく行う所もあると噂も聞いた事があります。
また子牛の場合は、角がはえ始めた生後1ヶ月くらいの時に直径2㎝程の細い鉄パイプを熱して、出てきた角のまわりを焼く事により、角への栄養がいかなくなるのか、その後全く角がはえてこなくなります。子牛の段階で除角をする方が、親になって大きくなった角を切るよりはるかに牛への負担も少ないのではないかと思いますが、子牛の段階で除角しても、その後 自家保留(母牛として飼う事)せず、子牛市場へ出す事になった場合、セリ値(牛の値段)が安くなるという心配もあります。
※「アニマルウェルフェアの考え方に対応した肉用牛の飼養管理指針」では除角について
『除角によるストレスが少ないと言われている焼きごてでの実施が可能な生後2ヶ月以内に実施することが推奨される。また、子牛市場からの導入後に除角を行う場合は、可能な限り苦痛を生じさせない方法により行うこととする。』とあります。

除角・断角について
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

追記(以下、獣医師に教えてもらいました)
徐角は、出来れば1か月以内に円形の電熱コテでやることを農家に薦めています。
短時間にできて子牛にも苦痛が少ないと思います。きれいにできます。
最近は、強アルカリの薬剤などを塗る方法があります。苦痛は少ないのですが、失敗することも少なくありません。
大きくなると、断角といいますが、麻酔も固定も術後の処置もしなければなりません。
いずれの場合も麻酔はほとんどすることがありません。農家がやるからです。
肉牛、といっても和牛ですが品評会などに出すことがあります。和牛は角がないと絵になりません。
角の形がいいとカッコ良く見えます。なければ話になりません。
品評会に出す場合は、2か月ほど前からひもやゴムで引っ張って形を整えるのです。前後ろ向いたり開いている角も、2か月あれば直すこともできます。
繁殖に用いたりする場合は、角がないと、買う人がいないないと思います。


鼻グリ(ハナグリ→鼻についている輪っか)・耳標(個体識別番号とバーコードが書いている耳に付ける黄色いフダ)
(以下、元畜産農家より)
鼻グリも生後3ヶ月くらいで専用の道具でつけますが、やはり痛がります。黒毛和牛は乳牛より気性が荒い為、鼻グリを付けて、鼻グリを持たないと、人は牛に力ではかなわないので、牛が暴れ、大変な事になります。
耳標は2003年の牛のトレサビリティ法(追跡調査ができるようにする為)の法律ができた為に必ず両耳につけなければなりません。生後2ヶ月くらいで子牛検査(登録)のさい、農協の方が来てつけますが、もちろんこの時も痛がります。


霜降り肉と失明する牛
筋肉繊維の中へ脂肪を交雑させるために、脂肪細胞の増殖を抑える働きのあるビタミンAの給与制限が行われます。ビタミンA欠乏が慢性的に続くと、光の情報を視神経に伝えるロドプシンという物質が機能しなくなり、重度になると、瞳孔が開いていき、失明に至ってしまいます。

信濃毎日新聞 2011 年6 月11 日(土)
ALIVEの野上さんの資料より抜粋)
その牛は、額の先で手を振っても反応がなかった。
黒目は焦点が定まっていない。ほかの牛と体をぶつけることも多い。
「盲目の牛です」。ステーキなどの高級食材になる和牛を飼う県中部の50 代の男性農家が打ち明けた。
「おいしい肉にしようとすれば、こうした牛が出てしまう」と男性。飼育中の約130 頭のうち、1 頭が完全に目が見えず、10 頭弱は視力低下が進んでいる。こうした牛も人体への影響はまったくないとされ、普通に出荷される。
盲目になるのは、肉に「サシ」と呼ばれる白い脂肪分を入れようとして、牛の栄養が偏ってしまうことが原因だ。
和牛の価格は、サシの入り具合で決まる。多くの農家の目標は、高値で取引される細かなサシが入った「霜降り」の牛を育てることだ。そのため、農家は生後約1年半から数カ月間、ビタミンを多く含む牧草(*)などの餌を抑え、穀物が中心の飼料で太らせる。これがサシを入れるために欠かせない技術とされる。「霜降り」という日本の食文化を支える生産者の知恵だ。
しかし、ビタミンは、視力維持に必要な成分。欠乏がひどくなると盲目になりやすい。足の関節が腫れて歩行に障害が出る場合もある。農家は症状が出ないぎりぎりのラインを模索しながら給餌する。しかし、一部がこうした牛になる危険性は残る。
微妙なバランスの上に和牛生産は成り立っている―。そう表現する農家は多い。
和牛を百数十頭飼育する県北部の40 代の男性農家は「消費者が生産現場の現状を知れば、肉を買ってくれるか分からない」と不安を打ち明ける。この30 年間、和牛を出荷する時、牛の背中に"お神酒"を掛けて送り出してきた。自分が生計を立てられることへの「感謝」。そして、高く売るために不健康な姿にさせる「申し訳なさ」。そうした複雑な感情を、牛を出荷するたびに確かめる。この男性は、食肉処理など多くの中間業者が流通に加わる畜産は「農業の中でも生産者と消費者の距離が遠いと感じてきた」という。
それは、同じ畜産業の酪農でも同じだ。上伊那郡南箕輪村の酪農家、小坂忠弘さん(55)は、畜舎見学に来た小学生が、乳牛から乳を搾る現場を見て以来、牛乳を飲めなくなった、という話を数年前に酪農仲間から聞いて、頭から離れなくなった。思い当たることがあった。国内では、広い牧草地を確保しづらく、多くの時間は乳牛を畜舎内で飼育するのが一般的だ。しかし、小坂さんは「多くの人が広い牧草地だけで乳牛を飼っていると思っているかもしれない」。畜舎も小学生の予想以上に汚れていたのかも・・・。さまざまな考えが頭を巡った。小坂さんは、畜舎の清掃を小まめにして、「恥ずかしくない飼い方」を心掛けている。
消費者が思い描く畜産のイメージと現実のギャップ。そこに農家はおびえている。
信大農学部の准教授竹田謙一さん(家畜管理学)が2年前に一般消費者300 人余を対象に行ったアンケートでは、「飼い方に配慮された畜産物は値段が高くても買いたい」と答えた人が9 割近くを占めた。竹田さんは「消費者のニーズは農産物そのものにあるだけでなく、その出来上がる過程にもある。消費者のイメージに畜産現場を近づける必要がある」と話す。
畜舎の環境などは生産者が少しずつ改善することは可能だ。しかし、和牛を飼育する農家の多くは「牛が盲目になってしまうのは、『消費者が求める最高級の霜降り』を目指すためには仕方がないこと」とも言う。消費者が望むのは、味なのか、価格なのか、生産過程なのか―。すべてを満たすことができない場合は、何を優先すればいいのか。生産者には、消費者の姿が、はっきり見えていない。

(*4つ胃のある反芻動物である牛の食べ物は「草」です。本来牧草(グラスフェッド)を与えられなければならない牛に、よく太るように濃厚飼料(グレインフェッド)があたえられています。)






わたしたちにできること
人として、優先して考えなければならないのは、私たちと牛はどういう関係にあるべきか、ということです。私たちはいったい命あるものを商品として売買してもよいのでしょうか?
どんなに飼い方に配慮しても、本来の寿命よりはるかに短い2年程度でと殺されます。トラックにぎゅうぎゅうに詰め込まれて、と殺場へ連れていかれ、自分が殺される番を待ちます。出荷時には過剰なストレスで、牛の筋肉中のグリコーゲンが減少することも知られています。

牛はとても繊細な生き物です。熊本震災の際も、ある肥育農家では、地震後もストレスで牛たちの餌の摂取量が減ってしまったそうです。(2016.5.31 農業共済新聞)

近畿農政局は、「牛と仲良くなる方法」を次のように書いています。

『牛は苦痛や恐怖に対してとても鋭敏で、見慣れないものや急な動きに対して警戒する非常に繊細な感情を持っています。家畜とは言え、捕食者から身を守るためにいち早く危険を察知して逃げるという野生の本能が根付いています。そういう牛特有の気持ちを理解して、努めて穏やかにゆっくりとした動作を心がけて接すると、性格が温順になり、扱いやすい牛になります
①放牧地に近づくときには名前を呼んだり、おーい、おーいと声をかけながら近づく。
②餌やりなど日常の管理作業の際に穏やかに話しかけながら行う。
③ときにはブラッシングをするなどスキンシップを行う。
④絶対に大きな声で怒鳴ったり叩いたりしない。
⑤牛の前ではゆっくりとした動作を心がけ、走ったり急な動作を避ける。

こんなに憶病で繊細な生き物を苦しめたり殺したりしなくても、私たちはもっと、牛とよりよい穏やかな関係を築けるはずです。


2013年 肉牛飼育場
つなぎ飼育
肥育牛 (26)_R
肥育牛 (14)_R
肥育牛 (11)_R
肥育牛 (8)_R
肥育牛 (23)_R
肥育牛 (21)_R

牛舎内での放し飼い
肥育牛2 (5)_R
肥育牛2 (9)_R
肥育牛2 (3)_R

そのほかの日本の畜産場の写真
http://www.flickr.com/photos/animalrightscenter/




メモ kitara

どうして日本で工場畜産がはじまったのか

  • Day:2013.11.12 13:58
  • Cat:畜産
工場畜産の歴史は浅い。

日本では、牛の飼育数は、1970年ころまで農家一戸当たりせいぜい3~5頭でしたが、今は一戸当たり40~70頭飼育が普通になっています。
豚も同様です。
養豚農家の方の話しによると、50年前は、一家に数頭、豚を放し飼いしていたそうです。その豚の飼育理由は肉用ではなく、主に農作物への肥料(糞)のためだったそうです。
しかし肉の消費量が増え、家畜の数が増えるにつれて、現在のような工場畜産様式になり、そのような放牧の光景は見られなくなったそうです。
1962年には100万戸あった養豚農家が、いまやたった5000戸。そして飼育されている豚の数は1962年のころより2倍以上増えています。



工場畜産が日本で拡大したわけ
211db4c3.gif

MSA協定(日米相互間で行われた相互防衛援助協定)
第二次世界大戦後、日本は深刻な食糧難のため、食糧増産計画が図られた。1953年、朝鮮戦争が休戦すると、アメリカは日本に再軍備の実施(反ロシア対策)と食糧増産の打ち切り(MSA協定:Mutual Security Act)を要求して来た。
MSA協定
『日本は食糧増産をやめて、アメリカの機械化・化学化された大規模農業による余剰農産物(小麦)を円貨で購入し、アメリカはその円貨の80%をアメリカの軍事計画実施にあて、残り20%は日本の防衛産業への投資に当てるという内容』
日本は、たまたまこの年は水害のため米は100万トン、麦は150万トンの輸入が必要だったこともあり、日本政府はMSA協定の受け入れを決定。
コメ・麦を中心とした増産対策(食糧自給)の放棄と小農保護政策の中止を決めた
MSA協定を原点として、日本の農政は180度の転換を開始することになる。
自給自足的な日本伝来の農業構造を破壊して、農業の企業化をはかるために、1961年に農業基本法が制定。(この中で畜産は、今後需要が拡大すると見込み、選択的拡大部門として位置付けられた)。その政策は、全国一律に農業の工業化を補助金で進めるものだった。日本の米作は、米と麦の輪作を基本として行われてきたが、これが崩れ、米の単作に転換していく結果となった。生産性を第一にした農業が推進され、大規模・専作化、機械化、畜産と耕種部門の分離、農薬・化学肥料、石油エネルギーなどに過度に依存した近代農業が広く行われるようになった。

このようなアメリカ主導による農政の転換の中、採卵鶏については、1950年頃から、これまでの平飼いからイギリスが開発した多段飼育方式であるバタリー(竹・木製)飼育方式が広がりました。 同じ面積でより多くの羽数を飼うことができること、衛生的で省力的になることから、ほとんどの養鶏農家がバタリー飼育方式をとるようになりました。   
さらに1955年には、より衛生的で省力的なケージ(金属製、今日のバタリーケージ)飼育方式がアメリカから導入され拡大していき、1966年には、1000羽以上の養鶏農家の9割以上がケージ飼育方式をとるようになりました。
規模拡大と共に公害問題も増し、生産地は都市部から郊外へと移転していきました。





生産性を第一に考え、大規模、機械化した日本の現在の畜産様式は、放牧を行わず、舎飼い・つなぎ飼いで、畜産部門と飼料部門は分離し、餌の多くを輸入にたよっています。
2012年度の日本の飼料(畜産動物の餌)自給率は26%。
多くの飼料は海外から輸入してます。なかでもアメリカの割合は高く、トウモロコシ飼料の輸入の90%はアメリカからのものです。
また、2011年時点での、日本の小麦輸入の60%は、アメリカからです。




参考 工場畜産の歴史(A.I著)ほか



メモ kitara

60才過ぎて断肉

  • Day:2013.11.08 10:38
  • Cat:断肉
以下すべて転載
http://puppy.nsf.jp/rakugaki/danniku/dan-niku.html


動物の肉を喰らうことを断ってから今日で1ヶ月以上が経過した。
断肉をしたのは、いわゆる健康のためなどでは無く、
自分の心情と懺悔を実行する意味からなので惜しがることなどミジンも無く
むしろ毎日が清々しい。

しかし、悩ミソや心はそれで納得したとしても、
胃や腸や肝臓、膵臓はどうなんでしょう?
いままでの60年間、しっかり染み付いた肉食という食習慣が
ある日、突然に打ち切られてしまって胃や腸に送られてこない。
これまで、その獣肉をなんとか消化してやろうと頑張ってきた
胃液や膵液たちの戸惑い・・・。
「あれぇ~っ、毎日毎日暇だな、俺たちの仕事はもう無いのけ?」って、
ボヤイていることが手に取るように分かるわ。

医食同源、60年もの間、馴染み付いたある特定の食材だけが突然供給されなくれば、当然のこと、その人のカラダには「その結果」というものが現れるのは道理というものだが、ボクが断肉を決断したときは、「その結果」にまではまったく想像が付いていかなかった。

ただただ、あまりに動物たちの命を軽んじていることに激しく憤っただけ!
もちろん、その結果にある劇的な変化を生ずるようなことが起きるのであれば、情報としていろいろなところで取り上げられているであろうから、
ボクにだって知る手立てはあろうはずだが、
そんな情報は知ることも無く実行してしまった次第である。
で、ひと月が経過し、確実にある変化が3つ4つ生じてきたので自分用のメモとしての意味も含めて、ここに書き留めておくことにした。

その1:
最初に気付いたのは睡眠時についてのこと。おおよそ55歳前後あたりだったろうか、その頃からほぼ今日までの9年間夜間頻尿ぎみになり、
朝の起床までに必ず2~3回トイレに通う状態だった。
それが断肉を初めて1週間目くらいの日から、朝の起床まで1度もトイレに目覚めること無く気持よく寝ていられるようになったのである。これは自分にとっては素晴らしいことで、朝の目覚めのなんと気持ちのよいことか!
そうだ、若い頃はこういう「ぐっすり寝たなぁ~」の快眠だったんだよね、
その快感がまた味わえるようになった。
ボクには医学的な知識などまるで無いので、
このことと肉食を止めたことの関連などはさっぱり分からないが、
きょうまで3週間くらい同じ調子が続いているので
膀胱とかに何かの変化が起きているのかもしれない。

その2:
ホントはこのことに一番最初に気付くことだったのかもしれないが、
いかんせん鈍感な男なのでつい1週間ほど前に気付いたことだ。
尾籠な話で申し訳ないが、にんげん、生きてゆくためには大切なことなので
書かせてもらうが、それは排泄についてのこと。
まずは、すぐに排便が順調でスムースになったことは分かったのだが、
これはきっと野菜を多食していることで食物繊維を多く摂るようになったためだと簡単に考えていた。
ボクが更なる異変に気付いたのはその臭いについてである。ちょっと極端な表現になるが現在のボクの排便はほとんど臭いがしなくなった。
もっと精密に言えば「いやな臭い」がしなくなったというべきか・・・
いわゆるウンコ臭がしないのである。
それでも排便の後に便器に鼻を寄せてしっかり嗅いでみると(実際にやってみた)微かには臭うが不快な臭いではない。
臭いを文字で表現する力が無いので悔しいのだが、いちばん近いのが馬糞を1/10くらいに薄めた感じの臭いと言うのが適当だろうか。
とにかく、トイレ室内が臭気で充満というようなことが無くなってしまった
それと、そのときにまじまじとおのが排出したモノを見つめたが、太さや形が理想的なのはもちろんのこと、色がいままでのものとは全然違っていた。
色が薄いのである、茶色系がうんと薄くなり、
緑がかかってほとんど黄土色になっている。
便色は食べたのもの影響を受けるので、この色が「常態」かどうかは分からないので、しばらく観察してみることにしよう。

その3:
これも排便関係だけど、
いままで少し気にやんでいたオシッコの出方に変化が! 
これまた、最近になって気付いたのだが明らかに尿道の通りが向上したのかオシッコの勢いがこれまでとはぜんぜん違う。
いわゆる、昔の出方に戻ってる。
いままでは、駅のトイレなどでも発射までに少しインターバルがあったりして、後ろに並んだ人のため息など気になっていたのだが、現在は、便器の前に立てばすぐに発射出来るし、勢いも「音が出る」くらいに向上している。
この変化はなんだか若さが帰ってきたようでチト嬉しい・・・

その4:
空腹感のメリハリが明瞭になっている。
これまでは、食事時が近づくと何となく「あぁ~、お腹へってんのかな・・・」というような曖昧なサインしか脳が送ってこなかったが、いまは、朝・昼・夜とハッキリ「腹減ったぁ~!」のサインを出してくる。
若い頃のあの腹減った感が戻ってきた感じね。
この感覚は、そうとうに長いこと忘れていた感覚だ。
夕食など、都合で8時とか9時頃になったときなど「腹の虫」が鳴いたりもする。
この虫の鳴声を何年ぶりに聞いたろうか、
もう思い出せないほど昔のことになっていた。

と、いまのところ自覚できている「症状」をいくつかメモしてみたが、
これらの症状が肉を一切絶ったことと相関しているのかは確定できないが
ただ肉食を止めると必然的に油脂分の摂取が劇的に減るので
ボクの感覚としてはどうも関連があるような気がしてならない。
この先もたぶんもっといろいろと変わったことが起きるんだろうね、
その際はまた書き足していきましょう。
しかし、断肉をするというのは、面倒なことも結構あって、
一番大変なのがいままで蓄積してきた料理のレシピが90%くらいが
パァ~になるのだ。
少しでも肉をつかっている料理はすべてオシャカ!
簡単な肉じゃがやカレーですらアウトなのだ。
さらに困るのが外での食事。
とくに昼食は外食になる機会が多く、その際がとっても大変。
いままでは気軽に吉牛や眼についたラーメン屋さんに飛び込んでいたが、
これら全部アウト!
牛丼なんてもってのほかだし、
中華も出汁が基本的に鶏とブタなので全部アウトなのだ。
なので、必死に日本そば屋さんを探すはめになる。
それでも見つからない時はコンビニに飛び込んでピーンツバター塗ったコッペパンと午後の紅茶を買って、公園のベンチでひとり寂しくレジ袋を開くのである。
それでも動物を食わないことによる心の安寧と充実した気持ちで、
見上げた空の青さはものすごくクリアーに見える。

さて、この先、半年たち、一年が過ぎてどんな変化が発するのか想像すら出来ないがもう死ぬまで肉を食わないことだけは確かなので、
更なる変化が生じるたびにメモだけはしておくことにしましょう。



おまけ

なぜ、すき焼きはあんなに美味いのか! https://www.youtube.com/watch?v=22gxjvY41Nw

いや、牛丼の方がぜったい上! https://www.youtube.com/watch?v=iU_gINvXtZA

1.jpeg

このハンバーガー、美味しそうに見えますか?

2.jpeg

この産まれてきたばかりのふたつの小さな命は、これから口から尻に鉄串を通されてみんなの前で焼かれます

3.jpeg

今夜の食卓にのった動物たちです、どうです美味しそうでしょ




kitara

「文明国であれば原理原則」のイタリア 「密告」の日本

2013.11.2 
ペット法塾主催でおこなわれた「動物法交流会」に参加しました。ペット法塾は動物を法的に守る活動をしている弁護士などからなる団体です。
http://thepetlaw.web.fc2.com/

当日は、公営住宅での動物飼育に対する圧力について、動物の遺棄・虐待を告訴していくことの重要性について、イタリアの動物保護法など、各地の活動家からの報告がありました。

以下、配布された資料「動物法交流会」より引用しています。
当日の資料のご入用な方は、ペット法塾へ尋ねてみて下さい。
uedalaw@skyblue.ocn.ne.jp(植田法律事務所)

イタリア
イタリアは「愛護動物および飼主のいない犬猫の繁殖防止に関する法」(1991年)で、愛護動物の致死処分を禁じ、野良犬・野良猫の殺処分を放棄した国である。
この繁殖防止法に基づく事業のために、1991年から1998年の間に、国や州が投じた金額は656億円リラ(約45億円)にのぼる。財政難のイタリアは悲鳴を上げながら収容施設建設に取り組んだ。
2001年、当時のイタリア保健大臣は
「犬猫収容施設の管理については、経費節減を第一とすべきではない。あくまでも収容された動物の福祉を最優先し」愛護動物の避妊去勢手術については「社会環境保全のために多大な効果をもたらすことであり、文明国であれば原理原則のはず
と、このように言い切った。

ローマ市の条例
・犬を庭やベランダに置きっぱなしは禁止。家のなかで家族の一員として飼育するべき。
・犬をチェーンにつなぐのは基本的に禁止。どうしてもつなぐ場合は、高さ2mにはった、長さ5m以上の空中ロープに、長さ6m以上のチェーンをつけてつなぐこと。ただし、繋留は1日に8時間を超えてはならない。
・治癒不可能な場合を除き、愛護動物の殺処分はおこなわれない。
捨て犬猫は公的シェルターで終生飼養される。
・子犬や子猫は生後60日以内に親から離すことを禁止する。
(※日本では2013年の法改正で56日と決まった。ただし付則に「2016年までは45日、それ以降は別の法律が制定されるまでの間は49日と読み替える」という、わけのわからない留保事項がついており、「56日」は実効性のないものとなっている)
・野良犬猫の避妊去勢手術代は、自治体が払う
氷の上にロブスターを置くのは虐待。(※オクスフォード大学ベーカー博士は「甲殻類の感覚器官は高度に発達しており、神経系は複雑である」「ロブスターは痛みを感じる」とし、「一般的なロブスターの殺し方『熱湯につける』は2分に及ぶ痛みを引き起こしうる」 としている。
・地域猫は自治体の保護下にある。
・「地域犬」が認められている。ワクチン、避妊去勢手術、マイクロチップ個体識別を済ませ、首輪に鑑札をつけた「自由犬」「地域犬」も存在する。

イタリアの動物実験
2013年7月 動物実験規制法改正
・実験用の犬ネコ猿の繁殖禁止
・麻酔、鎮静剤の使用を義務化する
・ドラッグ、アルコール、タバコ、武器、教育のための動物実験を禁止
・代替法の発展を義務化する
(※EUの動物実験福祉法ではこのような規制はありません。EUの実験動物福祉法は、前文は56条、法律本体は66条、それに具体的数値等を定めた付属書が1~8まであるという重厚なものですが、このEU指令では、麻酔をせずに動物の胸部切開をすることができます。
日本:実験動物のための、拘束力のある法規制ゼロ。)

集合住宅の動物飼育について
イタリアでは2013年6月、集合住宅の動物飼育に関して新たな法律が施行された。
集合住宅で動物を飼う自由は、一切制限できなくなったのである。
また最高裁で、集合住宅の敷地に住み着いた野良猫たちを(医療行為目的以外で)つかまえたり遠ざけたり、移動させることは違法であるという判決がくだされている。

いっぽう日本においては、市営住宅でのペット飼育の禁止を徹底させるための指針が策定されようとしている(2013年 大阪市)
静岡県伊東市では、市営住宅全戸に「飼養中のペットの処分がなされなかった場合は、住宅から強制退去させるとの通告、ペットを飼養している入居者を知っている住民は市担当課まで通報するよう指示する」という地獄のような文書が送付された(2006年)。動物を飼っている人は市の職員の影や電話におびえ、Mさんのように、ネコを飼養していたため生活保護を打ち切られて市営住宅より退去させられ急死した方もいる。
三重県では2010年にペット飼育者を密告させる文書を全戸に配布。通報された入居者宅へ管理業者が訪問し、3ヶ月以内にペットを処分するか退去する旨の誓約書を要求(翌々月、ペット法塾植田弁護士が三重県に申し入れ、住民集会が開かれた)。


文明国であれば原理原則であることが、日本では守られていません。
密告させるなど恥ずかしいことが、まかりとおり、動物の権利も、人の権利もないがしろにされています。


そのほか、ペット法塾のおこなった行政アンケート結果(地域ネコ活動支援型の自治体ほど、殺処分数が減少しているなどの結果が出されています)についての話もありました。
また、二年以上健康や安全を保持することが困難な場所に犬を拘束し、痩せさせ、全身に皮膚炎、膿皮症を発症せしめた虐待について、被疑者不明のまま告訴した事例(2013年)なども掲載されています。
この犬は「鳴かない」「ケージから出られない」「ほふく前進でしか歩けない」「うずくまった状態で用便をすませる」「抱くと硬直する」など繁殖犬と考えられる症状が見られるそうです。
こんなむごいことを許さず、正しく怒り、弾劾していかなければなりません。


上記、「動物法交流会」で配布された資料より引用しています。
当日の資料のご入用な方は、ペット法塾へ尋ねてみて下さい。
uedalaw@skyblue.ocn.ne.jp(植田法律事務所)




vegv

リバー・フェニックス

リバー・フェニックス
90787dce.jpg

『宇宙船地球号』谷野著 より以下抜粋

リヴァー・フェニックスは、映画「スタンド・バイ・ミー」で一躍有名になったハリウッドの人気映画俳優です。
その卓越した演技力については往年の名優ハリソン・フォードに、『天才!』と言わしめたほどで(映画「モスキート・コースト」では、ハリソン・フォードの息子役を演じ、「インディー・ジョーンズ・最後の聖戦」では、少年インディーに扮しています)、スピルバーグ監督もリヴァーの才能を高く評価し、主演場面を新たに脚本へ付け加えたとされています。
ハリウッドの映画業界から最も有望な若手俳優として、将来を期待されていたリヴァーですが、同じく映画界の大スターであるジョニー・ディップが当時共同経営していた“ヴァイパー・ルーム”というバーで、1993年の10月31日の夜に弱冠23歳にして、惜しくもこの世から去ってしまいました・・・。

リヴァー・フェニックスは1970年8月23日にアメリカのオレゴン州の山麓の丸小屋で、医師の付き添いすらなくフェニックス家の長男として生を受けました。
リヴァーという変わった名前の由来は、ドイツの文学者ヘルマン・ヘッセの「シッダールタ」という作品に出てくる“theRiverofLife〈命なる川〉”に因んで母親が名付けました。
リヴァーの両親は当時ヒッピーのような生活をしており、自分たちが拒絶し、また拒絶されて来た社会から、フェニックス〈不死鳥〉のように復活するという意味を込めて、フェニックスという性に改名したそうです。
リヴァーの一家は当時、キリスト教系のカルト教団「チルドレン・オブ・ゴッド」に入会しており、伝道師として活動していました。
まだ幼かったリヴァーは両親に連れられ、“セックス・カルト”と悪評のあった教団へ出入りしていましたが、4歳の頃に同メンバーから強制的な性体験をさせられ、この体験が生涯彼を苦しめることになって、どんなに過去を否定しようとしても、悪夢を消し去ることはできませんでした。
後にフェニックス家は、同教祖のスキャンダルが発覚したことにより、このカルト教団を脱会するわけですが、当初は教団への忠誠心の高さから責任のある階級へ引き上げられ、伝道のために一家で旅を続けていました。
そのためにリヴァーは幼い頃から初等教育すら受けさせてもらえず、ストリート・パフォーマンスでギターを弾き、兄弟たちと共に唄いながら生活費を稼いでいました。
フェニックス家は少なくとも40回以上の引っ越しを経験し、放浪者さながらの生活をしていたわけですが、リヴァーの母親は息子の才能を早くから感じ取って、ショービジネスのスターにするという、とてつもない構想を胸に描いていたのです。
そんなリヴァー自身に転機が起こったのは7歳の時でした。友達と一緒にボートに乗って、魚釣りをする光景を眺めながら、はじめて人間の残酷さに気付いたそうです。
『魚が釣れる度にクギの突き出た板に向かって魚を投げつけるのを見て、信じられない気持ちだったよ。悪い人たちではないのに、自分たちが痛みを与えていることに全く無感覚で、それ以来、僕たち兄弟(妹のレインは5歳、ホアキンは3歳、リバティー1歳、サマーは生まれたばかりでした。現在、兄弟の皆が映画や音楽業界で活躍しています)は、食べるためになぜ動物の命を奪わなければいけないのか、ハンバーガーやホットドッグの本当の中身は何なのかを両親に聞くようになったのだ。それから直ぐに家族全員が、他の生き物の自由に生きる権利を奪わないことを決め、ベジタリアンになったのだ。でも、僕たち子供が質問しなかったら、こうはならなかっただろう』。

ムービー・アイドルとして人気を博してからも、リヴァーは動物や自然を慈しみ、動物たちが人間と同様に扱われることを望んで、自然環境の保護活動にも精力的に参加しました。
リヴァーは4歳の頃から独学でギターを弾いていたのですが、U2やボブ・マーリィをアメリカへ売り出し、レゲエの火付け役と呼ばれたアイランドレコードの社長は、この若い俳優の音楽性に特別なものを感じて将来的な契約を申し出るほど、彼は音楽の才能までも兼ね備えていたのです。
リヴァーは“アレカズ・アティック”というバンドを結成し、ヴォーカルとギターを務めていました。
彼の持つ音楽への情熱は凄まじく、自分で作詞作曲した曲を、1日で90曲もレコーディングしたこともあったようです。
夜通しの作業にメンバー全員がダウンして目覚めた後も、リヴァーだけはケロリとして、『あれから25曲作ったんだ。見てよ!』という調子だったそうです。バンドのメンバーはリヴァーのことを、“創造力の爆発”と評していました。
リヴァーは自分の音楽が世界を変える一助になることを信じて疑わず、様々なチャリティー・コンサートへ出場しながら曲を披露していました。『僕たちにとって、世界にとっても一番大切なものは環境です。環境は文明を生きる僕たちすべてを守る生命維持システムです。動物は意見を述べることができませんから、このアルバムで彼等の気持ちが代弁できるような気がしています』。
動物保護を訴えたオムニバス・アルバム「TAME YOURSELF」の参加アーティストの中には、アレカズ・アティック、ハワード・ジョーンズ、B-52、ベリンダ・カーライルなどが名を連ね、リヴァーが作詞作曲した「ACROSSTHE WAY」という自然保護を題材にした曲が収録されています。

自然保護活動家であるリヴァー・フェニックスの菜食主義は徹底しており、卵や乳製品はもちろんのこと、ハチミツさえ口にしない“ヴィーガン”と呼ばれる食スタイルでした。
ガール・フレンドとレストランで食事をした際にも、彼女がカニを注文した途端、理解してもらえない悲痛な心情から、泣き出して店を出てしまうほどに、“地球の仲間たち”への想いは純粋でした。
そんな彼が好んだ食べ物は、豆腐や海苔、野菜の天ぷら〈精進揚げ〉、シャーベットなどで、朝食には牛乳なしのシリアルを主に食べていたそうです。また化学調味料や過度の加工食品も避けていました。
リヴァーは『同じアジアの料理でも油が多い中華料理とは違って、日本の伝統料理はヘルシーで美味しい!海苔も大好きだよ。』と絶賛し、映画のPRと島原被災者の救済チャリティーを兼ねて来日した時も、“茄子の生姜焼き”を堪能して、余りの美味しさに大感激していたそうです。
リヴァーのライフスタイルは動物性や化学物質を排除し、合成石鹸やシャンプー、革製品などの衣類も一切使用せず、ジーンズのCM出演依頼にも腰のタグに皮が使われている理由から断っていました。
映画のデビュー作にあたる「エクスプローラーズ」の撮影では、リヴァーの信条を知らないスタッフが用意した衣装の中に皮のベルトが含まれており、スタッフの説得も聞き入れなかったので、ロープを代用したというエピソードが残っています。
このベルト事件以来、共演者たちに菜食主義のことでさんざんイジメられることになり、一般社会での経験もない14歳だったリヴァーは当惑するばかりで、自分の考えを言い返すこともできず、悔し涙を見せることも何度かあったようです。
リヴァーは撮影の合間に唯一の友達だったギターを抱え、いつも弾いていました。
好みの女性のタイプを問われるとリヴァーは、“化粧をしない人”と答えていましたが、女性関係も一途で、それは幼年期に経験した不幸と無縁ではなかったのでしょう。
ファンの女の子からプレゼントを渡されると、決まって次のように答えていました。『ありがとう。気持ちは本当にうれしい。でも、今日は受け取りますが、次からは君のその気持ちとお金を、熱帯雨林の伐採反対や動物実験反対などの、そういった運動にチャリティーして下さい。お願いします-』。
リヴァーが動物保護を強く訴えた雑誌の記事を読んで、何百人の子供たちが動物を助ける運動に参加することを決意したそうです(リヴァーのライフ・ワークに強い影響を受けた俳優に、環境保護活動家としてのレオナルド。ディカプリオがいます)。リヴァーはファンに対してサインよりも、握手を好んでしていました。

リヴァー・フェニックスは映画俳優として有名になり、収入が増えてからも贅沢をせず、外見も銀幕のスターとは裏腹に、長髪でホームレスさながらの服装をしていたので、入店を断られたことが何度もあったことを、彼と親しかった友人たちは語っています。
リヴァーは10代の頃のインタビューで次のように述べました。『お金ができたらブラジルの熱帯雨林を何千エーカーも買って、自然公園を作りたいな。そうすれば、ブルドーザーで掘り返すことができなくなるからね。あそこは僕らの酸素源なのだよ』。そして20代になってから、その夢を少しだけ叶えました。パナマとコスタリカの国境に800エーカー〈約100万坪〉の森を購入したのです。

『俳優をやっているお陰で自分は知名度の高い存在であり、その立場を大いに活用して、多くの人に動物愛護の精神を理解してもらいたい、考えに賛同してくれる人を増やしたい・・・。』

リヴァーは、アメリカや日本を初めとするテクノロジー国家が自然を破壊し搾取してゆく状況を見るために、一人で旅をすることが多かったと伝えられています。

『今度の来日もね、映画のキャンペーンもあるけど、日本の若者と石油や熱帯雨林や鯨の問題を話し合いたいと思って来たんだ。目先の経済効果に走るんじゃなく、もっと長い目で将来を見て、子供たちや地球のために立ち止まって考えて欲しい。そういうことのために少しでも役に立ちたいからね。』

リヴァー・フェニックスの慈善活動は、動物愛護や自然保護だけに止まらず、被災地へのチャリティーや難病に苦しむ児童基金にも援助をしていました。そしてホームレスには自家製のベジタリアンメニューを作って配っていたそうです。
しかしリヴァーの死因はクリーンなイメージと正反対に、複数のドラッグによる“急性多重薬物中毒”と報道されました。
リヴァーは映画の役作りにも徹底しており、海兵隊のキャンプへ1カ月入隊したり、偏見を抱くことなくゲイやホームレスの人たちと生活を共にし、演技力に磨きをかけていたのですが、「マイ・プライベート・アイダホ」という映画の役作りのために薬物中毒の人と接触し、ヘロインを覚えたのではと言われています。
そして残念ながらこれが切つ掛けとなり、様々なドラッグに手を出していったようです。
リヴァーの死は究極な皮肉をもたらしました。たった一夜でリヴァーの博愛主義の活動や固い信念も忘れ去られ、マスコミは彼をハリウッドの麻薬犠牲者に仕立て上げました。
かつてナンシー・レーガンの“『NO!と言おう』反麻薬キャンペーン”を公的に支持していたリヴァーは、偽善者と麻薬中毒のレッテルを張られました。
リヴァーの父親は、自分の息子がハリウッドのような社会に抵抗できないタイプだと分かっていたので、ハリウッドでの活動を早くから反対していました。そして妻とは別居し、フロリダの田舎で「ジョンの自然食レストラン」を営んでいたのです。
彼の理想は子供たちが調理場を手伝ったり、音楽をやったり、有機栽培の果物を取ったりしながら、皆で楽しく一緒に暮らすことでしたが、息子が麻薬中毒になっていることを知り、ハリウッドから骨の髄まで吸い取られる前に、映画界を引退するように説得しました。
リヴァーは父親のアドバイスを承諾しましたが、契約を済ませた3本の映画だけには出ると主張しました。そして別れ際にリヴァーは最後の言葉を父親へ向けて言ったそうです。

『この映画が終わったらまた今度ね、父さん・・・』。

リヴァーの父親は『その通りでした。棺の中で眠っていましたがね。』と、自分の予感が的中し、最愛の息子を守ることができなかった失意の胸中を語ました-。

リヴァーは満月のハロウィーンの晩に、“ヴァイパー〈毒蛇〉・ルーム”の前で亡くなりました。
死の数日前からリヴァーは友人たち向かって、『精霊が自分を連れて去ろうとしている・・・・』と話していたようですが、誰もまともに相手をしませんでした。
遺作になった直筆の詞にも、“死ぬ”とか“あの世に行く”という言葉が書かれていたそうです。
運命の夜、ある有名なミュージシャンがトイレでリヴァーに高純度のヘロインを手渡し、それを嗅いだリヴァーはたちまち洗面台の前で体を震わせてよろめきだして、『なんだ、これは!何が入っているのだ!』と叫んで、一時的に意識を失いました-。
友人たちは麻薬をやっていたので救急車を呼ぶのもはばかれ、少し回復したリヴァーを店外へ連れ出した途端、再び発作に襲われた彼は歩道へ倒れ込んでしまいました。
誰かが倒れているのを目撃した芸能カメラマンたちは、手助けをしようとして近寄ると、それがリヴァー・フェニックスだったので驚きを隠せませんでした。
正気づいたリヴァーはカメラを目にし、この姿が全世界の人の目に触れられることを恐れるように、『失せろ、カメラマン!誰にも知られたくないんだ!』と最後の言葉を吐き出しました。
リヴァーは水から上がった魚が飛び跳ねるように、手と足がバラバラに動き、頭と拳を歩道に叩きつけていました。そして救護隊が到着した時には脈拍も血圧も測定できず、リヴァーの心臓は既に止まっていたのです・・・。
ハリウッドではドラッグが簡単に入手できるため、多くのスターが誘惑に負けて手を出してしまうという現実があります。
特にリヴァーのような厳格なベジタリアンは、ドラッグに対して敏感な体質であったがために、過剰接種状態を引き起こした可能性が高いのではと、考えられています。
子供の頃から一家を経済的に支え、映画スターとしての重圧に潰されそうになりながら、それらのストレスを悲しくもドラッグに求めていたのかもしれません-。

リヴァーが生前出演依頼を受けていた映画の次回作に、アン・ライス原作の人気作品「インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア」の撮影が予定されていました。
アン・ライスは主人公のヴァンパイア・レスタトの役を、是非ともリヴァーにと願っていたようですが、製作側がトム・クルーズに決定してしまい、気分を損ねたアン・ライスが承諾しなかったので、撮影が数カ月遅れたそうです(原作の“ヴァンパイア・クロニクルズ”シリーズを読まれた方は、レスタトがリヴァーのルックスのイメージに近いことをご存知でしょう)。
この作品は1994年にブラッド・ピット、トム・クルーズ、クリスチャン・スレーター、アントニオ・バンデランス、キルスティン・ダンストという豪華キャストで実現しました。
リヴァーの役は既に進行役のインタヴュアーへ変更されていたのですが、彼が演じるはずだった役柄を、「トゥルー・ロマンス」や「忘れられない人」で人気のクリスチャン・スレーターという俳優が、急遽代役として選ばれました。
そしてクリスチャン・スレーターは、リヴァー・フェニックスが生前支援していた環境保護団体へ、出演料25万ドルの全額を寄付したそうです。


メモ souken