レルベア 喘息の薬

2013年9月に承認されたグラクソ・スミスクライン社の喘息の薬(レルベア)では、効力を裏付ける試験、薬物動態(体の中で薬がどう作用するか)、毒性試験などの、さまざまな動物実験がおこなわれています。
http://www.info.pmda.go.jp/shinyaku/P201300134/340278000_22500AMX01811_A100_1.pdf



実験の一部

毒性テストで犬が実験され、と殺されています。
薬を投与された犬は「耳介、鼻、歯肉を含む体表の血管拡張、流涎、過剰運動性、攻撃行動、心拍数の増加・・」で6日目にと殺されています。

またラットを、実験の目的は関係ない『事故』で死にいたらしめています。
「ラットの試験において、保定チューブ内での体躯回転による窒息死と判断された死亡例を除き、・・」
ラットを固定させる「保定チューブ」はこういうものだと思います。
rats-inhalation-tubes-ads-610x279.jpg

WHOが必須医薬品モデルリストにあげている薬の数は400種類程度。
世界中にはすでに20万種類以上の薬があり、薬の数が多すぎることの害(途上国に安価な値段で薬がいきわたらない、医師が薬の効能を把握し切れない、そのために引き起こされる医療事故)が指摘されているにもかかわらず、製薬会社は新薬の開発を続けます。
新薬はハイリスク(金がかかる)であってもハイリターンのビッグビジネスだからです。


動物実験は、薬だけではなく、さまざまな分野でおこなわれています。
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-10.html





メモsouken



スポンサーサイト

須磨海浜水族園

2013.9.28(土)
須磨海浜水族園で撮影。
水族館で、魚やイルカたちが幸せに生きることはとても困難です。


須磨海浜水族園には太地町からたくさんのイルカが連れてこられています。
イルカショーに使われているイルカはメス5頭。このプールの中に、イルカたちはずっといます。
数年から10年近く、このプールの中ですごしています。
動画の後半にある、イルカタッチに使われるイルカはオス2頭。こちらも数年から10年近く、このプールにいるそうです。イルカタッチのプールの深さは4m。
イルカは自然界では600mの潜水が目撃されています。自然界では行動範囲が100キロ平方メートルといわれています。時には時速3、40kmのスピードで泳ぎます。

水族館や動物園で、動物たちは、とても不自然な環境におかれています。

須磨海浜水族園を一巡して、なかでも特別「これはむごい」とかんじられた動物たちがいました。
アマゾン館にいた鳥。
DSC_0032_R.jpg
写真ではわかりにくですが、網がはってあり、とても狭い空間で、鳥が隠れる場所もなく、高く飛べるような場所もなく、木々もなく、ただ一匹飼育されています。(右側のほうに木がありますが、そっちまで鳥は行くことができません)鳥がとまっている横置きの木が、鳥のいる場所にあるすべてです。
まさに「展示動物」です。しかし鳥は展示動物である前に感受性のある生き物です。
私の後ろを通りすぎた小さい男の子が「あの鳥かわいそう」といっていました。

ナマズ(下)とアリゲーターガー(上)
DSC_0044_R.jpg
水槽の幅が、魚の体長くらいしかない。とても狭く、アリゲーターガーは浮いていることしかできません。
アリゲーターガーは神戸市で捕獲されたそうです。『飼い切れなくなったからと言って、捨ててはいけない。飼育できるかどうか考えて買うように』という張り紙が、この水槽の横にありました。

DSC_0045_R.jpg
タコ。写真のとおり、この四角の面積だけで飼育されています。とても狭いです。私の後ろを通り過ぎた年配の夫婦らしき方々も「狭いね~」と気の毒に思っている様子でした。

DSC_0039_R.jpg
カミツキガメ。とても狭いです。水槽の長さが、カメの2倍ほどしかありません。

DSC_0038_R.jpg
左の隅のほうに体の長い魚がいます。仕切りが透明でわかりにくいですが、これだけの長さの魚が、ちゃんと泳げるスペースはこの水槽にはありません。この魚は、この水槽の中にいるだけです。


DSC_0037_R.jpg
オオトカゲ。とても狭いです。写真ではシッポしか写っていませんが、このオオトカゲは大きく、水槽の幅が、オオトカゲの頭からシッポまでの長さくらいしかありません。窮屈そうに上のほうをのそのそと歩いていました。

こういった飼育方法は、「展示動物の飼養基準に違反するのではないか、動物取り扱い業の登録要件を満たしていないのではないかと思われるので、責任者の方と話がしたい」とインフォメーションの方に言い、須磨海浜水族園の副園長の方と話をさせてもらいました。

撮影した写真をみてもらい、「こういった飼育方法では、動物の習性は発揮できない」「狭すぎる」「かわいそうと言う声がほかにも聞かれた」ということを伝えました。
副園長さんは「限られたスペースの中で、人が見やすいように展示するのには限界がある」ということでした。カミツキガメについては、誰かがおそらくペットとして飼われていたものが捨てられており、それを保護して飼育しているということでした。(カミツキガメは特定外来種に指定されており、駆除がおこなわれています)アリゲーターガーについても同様に保護されたとのこと。
「広いところで飼ってあげたいという気持ちはあるが、お金がない」とも言われていました。

イルカについても、国際的にイルカ水族館は廃止の方向にあることを伝え(副園長さんはそういった動向を知っていました)、須磨海浜水族園としてどう考えているのかを聞くと、「イルカの飼育は、イルカのことを知るため(教育のために)に必要」といわれていました。イルカのことを知るなら、自分たちが海に会いに行くべきで、動物の生態を知りたいなら、今はネットワークが発達しておりテレビやネットで知ることができる、というと「テレビや本などからでは本当のことは知ることができない。普通の人はイルカを見に行きたいといっても、簡単に見に行くことはできない。」と言われていました



※水族館を営む第一種動物取扱業は、動物愛護管理法を守らなければなりません。動物愛護管理法には以下のように記載されています。
第二条  
・動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。
・何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない。
とあります。この原則には魚も適用されます。
動物愛護管理法に違反したら、動物取扱業の登録は取り消されます。



メモ vegvegve

水槽から飛び出したイルカ

2010年に沖縄美ら海水族館のイルカショーで、大勢の観客の前で水槽の外に飛び出したオキゴンドウのクルは、その後どうなったのか。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1293379/Shocking-moment-dolphin-leaps-tank-marine-show.html#ixzz0tHf1aoiM
article-1293379-0A6160E3000005DC-265_634x428.jpg

翌年死んだそうです。
沖縄美ら海海水族館の人は「死因は水槽から飛び出したことではなく、別の病気だ」といわれていました。
死んだのは、水族館へきて7年目だったということです。
水槽から飛び出したのも、病気で死んだのも、同じ原因のように思えます。
はげしいストレスは肉体を侵食し、死に至らしめます。
イルカは海を自由に泳ぎ回るのであって、ぐるぐると水槽の中を泳ぐ生き物ではありません。
100キロ平方メートルもの行動範囲を持ち、時速4、50kmものスピードで泳ぐイルカにとって、水族館はいったいどれくらい狭かったでしょう。
ある水族館は、イルカ類の飼育には「深さより、表面積が必要」と言っています。しかし100平方キロメートルもの表面積を用意できる水族館はありません。
自然界でのイルカの寿命は30年以上。しかし水族館でのイルカの寿命は7年とも5.5年とも言われています。
全国で、一番たくさんイルカを飼育している、太地町立くじらの博物館(36頭飼育 2013年度データ)でのイルカの寿命は4 年3 カ月と算出されました。(太地町立くじらの博物館のイルカの平均寿命は、2000年~2006年の詳細な記録を基にエルザの会が算出したもの)
また2009年の太地町議会での一般質問で、2008年度のくじらの博物館のイルカ死亡率は27.3%であることが明らかになっています。4頭に1頭が死亡していることになります。

飼育されているときだけではありません。野生から捕獲されるときも、イルカは激しいストレスにさらされます。
多くのイルカは海から連れてこられます。水族館で生まれたイルカは少ないです。全国の水族館で産まれたバンドウイルカは、約10日以内に死亡するケースがとても多く、1年以上の生存率は約3割とまで言われています(須磨海浜水族園サイトより
死んだクルも海で捕らえられた野生のイルカです。捕獲された野生のクジラ目の動物は、その捕獲方法にかかわらず、きわめて高いストレスを引き起こしやすいそうです。
『捕らえようとして追いかけ、また、追跡することは、その結果として、クジラ目の動物にストレスに関係した死をもたらす可能性がある。度をすぎた激しい運動が筋肉組織や心臓の組織の損傷を招き、ショック、麻痺、死、あるいは長期の病的状態を引き起こす可能性があるのだ。』(2003年のIWCの報告)
article-1293379-0A616078000005DC-494_634x419.jpg
article-1293379-0A6160E3000005DC-265_634x428.jpg
article-1293379-0A613569000005DC-479_634x471.jpg

他のイルカが、水槽の外に飛び出してしまったクルのそばに集まっています。心配しているように見えます。

同情心は人間だけに限定されるものではありません。
ゴンドウイルカは仲間意識が強く、飼育員が仲間に餌をあげているのを見て勘違いして、飼育員に噛み付くこともあるそうです。
ハワイの海洋公園ではバンドウイルカのキコとホクが飼育されていたそうです。ホクが死んでしまったあと、キコは目を閉じて何も食べなくなったそうです。
メスイルカは、他の母イルカの子供の乳母の役をすることも知られています。母イルカが狩に出ている間、乳母役のイルカが子イルカの世話をするのです。
イルカは、海藻で仲間とキャッチボールをします。
海底の若いオスのイルカの死体の周りに、20個体ほどのイルカが行ったりきたりしている様子も観察されています。

日本では600頭のイルカが水族館で飼育されています(「日本の施設で飼育されているイルカたち」より)
私たちは、私たちと同じように感受性があり社会生活を営む動物を、野生から引き離し閉じ込め、商売の道具にすることをやめていかなければなりません。


kitara

妊娠豚檻について 報道(佐賀新聞追加)



2013.9.12
高知新聞に妊娠ブタ檻(ストール)の記事が掲載されました。
「閉じ込め飼育のブタ」
「1平方メートルで過ごす一生」
「養豚場のストールできゅうくつそうに横たわるブタ」
2013年9月12日高知新聞妊娠ブタ記事 画像


2013.8.20
佐賀新聞に、妊娠豚檻(ストール)について掲載されました。
一面の2/3ほどを使い大きく取り上げられています。
kk.jpg



2013.8.10
毎日新聞に、妊娠豚用檻(ストール)について掲載されました。
「生産性重視し動物虐待?」
「体の向きさえ変えられない、わずか1平方メートルの狭い鉄柵のおりの中で妊娠と出産を繰り返し、一生を終える豚がいる」
「1平方メートルに閉じ込められ”使い捨て”」
「ストール飼育法は言うまでもなく、安価で良質な豚肉を求める消費者のニーズに支えられている」
DSC_0028.jpg




2013.8.7
信濃毎日新聞に、妊娠豚用檻(ストール)について掲載されました。
「妊娠と出産繰り返し、数年で処分」
「わずか1平方メートルの一生」
「だれもがこうした実態を知っておくべき」
無題



2013.7
クレヨンハウスさんの雑誌、クーヨンに妊娠豚用檻(ストール)について掲載されました。
994509_479786268776252_1930415212_n.jpg


そのほか、いくつかのメディア、雑誌で妊娠豚檻の非人道性や、廃止に向けた署名について掲載しています。
掲載したのはこういう飼育方法をみんなに知らせたいと考えたからです。これを掲載した人は妊娠ブタ檻など知らなかったと思います。知って「これは、ひどい」と驚いたと思います。多くの人の反応はそうだと思います。
2009年に東京食育フェアで行われたアンケートの結果によると、90%以上の人がブタに対して無麻酔での去勢や歯の切断が行われていることを知らなかったです。多くの人は畜産動物がどんな風に育てられているか知りません。
畜産動物の問題はこの妊娠ブタ檻だけではありません。鶏のクチバシの切断、無麻酔での去勢、耳や歯の切断、1平方メートル当たり16羽というブロイラーの過密飼育、つながれっぱなしで自力で子供を産む筋力がなく、人の介助がなければ出産できない牛、霜降り肉を作るためのビタミン給与制限による失明、強制換羽、あげたらきりがありません。
畜産動物の置かれている状況は、ほんとうにむごいです。こういった肉体的精神的苦痛を与える行為が日常的に行われ容認されていることを、わたしたちは許すべきではありません。
理想は動物の解放です。しかしそこに至るのには長い長い時間がかかります。福祉を訴えるのに忸怩たる思いをいだくこともあります。「奴隷の待遇をよくすることで、奴隷はなくならない」という言葉も頭をよぎります。
しかし今の状況はひどすぎます。私が鶏や牛やブタだったら「体の一部を切断しないでくれ」「方向転換させてくれ」「狭いケージに入れないでくれ」と思います。バタリーケージは工場式畜産を代表する生産様式です。
バタリーケージ。感受性のある生き物はあんなところにいたら狂ってしまいます。バタリーケージは鶏にとって精神病棟です。「監禁性ストレスで死ぬ鶏もいる」という養鶏業者もいます。
早急にやめなければならないことです。止めることができることだと思います。新聞が妊娠ブタ檻の問題を掲載したように、「畜産動物の残酷な飼育方法は許されない」というのは社会的同意を得られることだからです。
一気に動物の権利を回復するのは難しいです。でも少しずつ、なら変えていけます。最終的に動物の解放にいたることができます。その過程に、動物福祉があると思います。


妊娠豚用檻(ストール)の廃止活動中
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

ベイブ

  • Day:2013.09.14 16:14
  • Cat:畜産
映画「ベイブ」1995年制作
無口な農場主役をやったジェームズ・クロムウェルと、ベイブ。
AdJamesCromwell.jpg
PETAのポスター
might doesn't make right.
Animals deserve respect and consideration and justice
-not terror and violent and death.
I believe in standing up for animals every time I sit down to eat.
「暴力から正義はうまれない。
動物は尊敬され配慮されるべきであって、暴力や恐怖や殺しの対象となるべきではない。
ぼくたちは、食卓につくたびに、動物を守ることができるんだ。」

子ブタのベイブは、無口な農場主アーサー(ジェームズ・クロムウェル)に引き取られた。アーサーは牧羊犬コンテストにベイブを出場させようする。ベイブは家の中に入れられてかわいがられるが、嫉妬した猫はベイブに、「ブタは人間に食べられるために飼われているんだ」と告げる。ショックを受けたベイブは失踪、翌朝発見されるも、衰弱していた。

「ベイブ」で無口な農場主アーサー役をやった、ジェームズ・クロムウェルのナレーションによる
「FARM TO FRIDGE」-肉の作られ方

ジェームズ・クロムウェルは菜食主義者。
2008年 米国カリフォルニア州において可決された動物虐待防止法(妊娠中の豚、食用の子牛が自由に動いたり立ち上がったり出来ない状態で育てたり、産卵する雌鶏が脚や羽を延ばすことが出来ない状態で育てることを禁止する条例)の成立をサポートした。施行は2015年。


2013年2月7日
ジェームズ・クロムウェルが逮捕される。動物虐待に対する抗議運動をウィスコンシン大学構内で展開している最中。ジェームズは動物愛護団体PETAのスポークスマンと共に、大学内で行われていた会議に乱入。その場でプラカードを掲げながら、同大学では研究のために1年に30匹のネコが苦痛を与えられていることを指摘すると、「これは科学ではない!虐待だ!」と主張したという。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1067.html





日本の妊娠用の豚の80%以上は、方向転換もできない狭い檻の中で飼育されています。
豚たちは産まれてまもなく、無麻酔で去勢、歯の切断、尾の切断がおこなわれています。
豚の一生

また、日本の採卵用鶏の90%以上は、1羽あたりB5サイズにも満たないような狭いケージで飼育されています。
地面の上を歩いていれば自然にすり切れる爪は伸びきり、金網にからまります。
卵用鶏の一生





メモ kitarak

鶏を飼育して殺して食べる授業

  • Day:2013.09.10 20:41
  • Cat:畜産
2013年2月24日放送
生徒に鶏を飼育させ、殺し、食べる授業が、「情熱大陸」で放送されました。
命を育て、殺し、食べる過程で命の尊さを生徒にかんじてもらうために、この授業は10年以上前から行われているそうです。これほど、最初から最後までセンチメンタル(感傷的)で現実を見ていない授業、番組があるだろうかと、めまいがしました。この授業を受け、卒業した生徒が、この授業を行った担任と同窓会(?)のようなものを行い、生徒がカメラに向かって「子供ができて反対されたが、この授業のおかげで、おろそうなんて思わなかった」というシーン、生徒が鶏を殺す際に涙を流しこの教師が「多くは語らず」「生徒の強さを信じている」というナレーション。小道具に鶏の命を使用した、このメロドラマ調の授業に、頭がクラクラする思いでした。

命の大切さを教えるということは、命をはぐくみ守ることであり、殺すことではありません。強さとは守ることです。


以下、アニマルライツセンターより転載

2/24放送 情熱大陸(TBS)で命の大切さを教えるために、生徒に鶏を飼育・と殺解体させている福岡県立久留米筑水高等学校の授業が紹介されました。
番組では、1年生を対象に、教師が40人の生徒に一つずつ受精卵を手渡す「授業の始まり」から、3ヶ月飼育し、と殺・解体させ、食べるまでを追っています。
一人に一羽ずつ与えられた生徒たちは、鶏の懸命に生きる姿をみせられ、その 温もりと命の感触を感じ、鶏の成長とともに愛情を深めていきます。その生徒たちは最終的に「工場へ出荷する」「と殺する」のどちらかを選択させられます。と殺の際には涙を流す生徒、ナイフを握らされ「ちょっと待ってください」とためらう生徒などもいました。
この取組みは16年前から続けられており、学校の名物授業として、TV番組の情熱大陸等、各種メディアで取り上げられています。

命について真剣に考える機会の少ない社会で、このように命に向き合おうと試みる学校は少ないのではないかと思います。しかし、この授業には見過ごすことのできない根本的な問題が3点あります。

1.実際の畜産の現場は、この授 業のように畜産動物が一匹一匹丁寧に扱われ、人と動物が触れ合うというような素朴なものではない。この授業の飼育方法と、現実に商品として工場式に大量生産され市場に出回る畜産動物の飼育方法が大きく違うため、生徒は畜産業について誤った認識をしてしまう可能性がある。

この授業では、生徒たちは3ヶ月かけて、1羽1羽を丁寧に育てましたが、現実には何万という鶏が建物の中に一時に投入され、2ヶ月足らずで生きたままカゴに詰められ出荷されており、一羽一羽がかけがえのない命として扱われてはいません。歩けなくなったり病気になった鶏は淘汰(処分)され、鶏がその一生を過ごさなければならない鶏舎内の収容密度は16羽/㎡です。生徒の口に入る鶏肉の多くがそういった工場方式で育て られた鶏の肉であることを考えると、命の真実を伝えることから大きく隔たった授業になってしまっています。


2.最終的に、生徒は「工場に出荷する」か「自らと殺する」のどちらかを選択せねばならない。鶏は必ずと殺され食べられるもの、という内容の授業のため「肉を食べなくてはならない」という誤った栄養学上の知識を生徒たちに与えるおそれがある。

現実には牛や豚や鶏の肉を食べずとも、必要な栄養素を摂取することは十分可能であり、健康面からベジタリアンになったスポーツ選手や著名人は少なくありません。命あるものを殺すことが、かわいそうだと実感したなら、「肉を食べない」という栄養学上なんら問題なく、動物にも優しい選択肢もあることを、教師は生徒に示す必要があ ります。


3.殺すことで命の大切さを教えることはできない。


私たちは上記問題をふまえ、福岡県立久留米筑水高校へ、16年続いている「命の授業」について再考していただけるよう要望しています。


私たちは上記問題をふまえ、福岡県立久留米筑水高校へ、16年続いている「命の授業」について再考していただけるよう要望しています。




要望書の内容

『はじめまして。私たちは、人間と動物が穏やかに共存できる社会を目指し、1987年に設立されたNPO法人です。
娯楽や畜産、医科学など、さまざまな分野で利用される動物の権利の向上のために、消費者に対する全国的な啓蒙活動を行っています。
御校の、鶏を飼育し、と殺・解体し食べるという授業が、テレビで報道されて以降、当法人へ消費者の方から多くの意見が寄せられました。それらの意見を代表して、お手紙させていただいています

この番組を拝見しましたが、肉が動物の命を奪ったものであることに、多くの人が気付いていない社会において、御校のように、生徒たちに動物の命に正面から向き合わせようとする姿勢は、すばらしいことだと感じました。

しかしこの授業の内容については、今一度御校にご検討していただきたいと思うことが2点ございます。

1.この授業での畜産動物の飼育方法と、現実に商品として工場式に大量生産され市場に出回る畜産動物の飼育方法が大きく違うため、生徒たちは畜産業について誤った認識をしてしまう可能性があると考えられます。
この授業では、生徒たちは3ヶ月かけて、1羽1羽を丁寧に育てられましたが、現実には何万という鶏が建物の中に一時に投入され、2ヶ月足らずで生きたままカゴに詰められ出荷されており、一羽一羽がかけがえのない命として扱われてはいません。歩けなくなったり、病気になったりした鶏は淘汰(処分)され、鶏がその一生を過ごさなければならない鶏舎内の収容密度は16羽/㎡です。現実には生徒の口に入る鶏肉の多くがそういった工場方式で育てられた鶏の肉であることを考えると、命の真実を伝えることから大きく隔たった授業になってしまっているように思います。また、殺すことで命の大切さを教えることはやはり不可能であると思われます。
以上のことから、現在の授業に替わり、現実に畜産動物がどのように育てられ、と殺されているのか、写真や動画、飼育密度などのデータを元に授業することを検討していただけないでしょうか。牛・豚の多くは病気を持っており、一部分のみが廃棄され残りの肉が流通経路にのせられています。福岡県内においてと殺され市場に出される牛・豚の肉の6割以上が、そのような病気の畜産動物の肉です。こういった事実を生徒たちに知らせ、一人一人が現代畜産業の問題点について考えることのできる授業にしていただきたいと思います。

2.最終的に、生徒は「工場に出荷する」か「自らと殺する」のどちらかを選択せねばなりません。鶏は必ずと殺され食べられるもの、という内容の授業のため「肉を食べなくてはならない」という誤った栄養学上の知識を与えるおそれがあると思われます。
現実には牛や豚や鶏の肉を食べずとも、必要な栄養素を摂取することは十分可能であり、健康面からベジタリアンになったスポーツ選手や著名人は少なくありません。海外では都市ぐるみで「ミートフリーデー(肉なし日)」に取り組んでいるところもあります。また、地表面積の30%を占める畜産業は環境破壊の大きな原因となっており、国連環境計画などの国際機関は環境の維持のためには肉食を減らす必要があるとも言っています。
肉食を減らそうという取り組みが世界的に進められている中、「肉を食べない」という選択が、栄養上なんら問題がないだけではなく、環境にも優しい選択であることを、生徒たちへ示して頂けないでしょうか。

以上2点です。

命に真摯に向き合おうとされている御校におかれまして、この2点を考慮した授業をしていただけますことを、こころよりお願い申し上げます。
お忙しい中まことに恐縮ですが、上記2点につき、同封の返信用封筒で、ご回答をいただけますよう、どうぞよろしくおねがいします。


わたしたちは、動物の置かれている状況の真実を若い世代に知っていただきたいと思っています。また「動物を殺すことがかわいそう」と感じたのなら、「食べない」ということも選択肢の
ひとつだということも、知っていただきたいと思っております。現在の畜産業がどのようなものか、畜産業の問題点の改善のために国際的にどのような取り組みがなされているか、肉食と健康と環境との関係についてなど、御校の生徒たちにお話をする機会を与えていただければ、喜んでお伺いします。』




2013年5月10日 この要望について、回答をいただけなかったので、問い合わせをしました。
教頭先生と話をしたところ「今後もこの授業を続けます」とのことでした。


私どもが要望していた1点目の「現実の畜産業を、写真やデータをもとに教える授業に替えてほしい」という点については、こういった現代の畜産業とその問題点(鳥インフルエンザや抗生物質の投与など)については、生徒に教えている、ということでした。
2点目の『肉を食べずとも必要な栄養素を摂取することは十分可能である』ということについては「認知していなかった」とのことです。動物性食品を摂取することの健康への害もあわせて、「担当教諭に伝えます」とのことでした。



動物は農産物ではなく、ひとつひとつがかけがえのない命であるという私どもの考えと、畜産動物はあくまで経済動物、殺すことで『命に感謝していただくことを教える』という考えの間には大きな溝があると感じました。
しかし動物は、痛みを感じ苦しむことができる感受性のある生き物です。その生き物の命を奪うことで命の尊さを教えることはできません。

みなさんからも、メールやハガキなどで、意見を届けてください。
社会を変えるのは私たちの力です。


福岡県立久留米筑水高等学校
〒839-0817 福岡県久留米市山川町1493
info@kurumechikusui.fku.ed.jp


DSC_0030_20130910115806331.jpg

2013.9.2
『肉を食べずとも必要な栄養素を摂取することは十分可能であること』『動物性食品を摂取することの健康への害』を担当の先生に伝えていただけたか確認したところ、『伝えました』とのことでした。
ただ実際に担当の先生が、ベジタリアンの栄養学や肉食の害について調べているのか、今後この授業(9月末から行われる予定だそうです)に反映させるのかは、先生に任せており分からないそうです。
『栄養学的に肉を食べないことがどうなのか、健康への害などを分かりやすくまとめた資料をおくるので、担当の先生に渡してもらえないか』というと、『送ってください。担当に渡します」とのことでした。

2013.9.10
「ベジタリアンの医学」蒲原聖可著
ベジタリアンは菜食主義ではありません」Natsumi著
ごはんでエコ」などのパンフレット
ベジタリアンの栄養学についてまとめた資料
以上4点を久留米筑水高校へ発送しました。

2013.9.17
久留米筑水高校 教頭先生に、書類が届いたことを確認。担当学科に渡し、「必要があれば生徒に教育するよう伝えました」とのこと。







この授業は福岡教育委員会の「文部科学大臣奨励賞」を受賞しているそうです。
福岡県教育委員会へ、『なぜこのような授業が賞を受賞したのか、教えてほしい』とメールで問い合わせたところ、2013年4月10日に電話で回答をもらいました。
受賞については「この授業が賞を受賞したわけではなく、この授業を含む農業基礎の科目が賞を受賞した」のだということ。「この授業についていただいた多数の意見は、久留米筑水高校へ伝えます」とのことです。




メモ kitarak

肉を食べないとたんぱく質不足になる、という都市伝説

  • Day:2013.09.10 13:00
  • Cat:畜産
都市伝説
「口承される噂話のうち現代発祥のもので、根拠が曖昧・不明であるもの」


以下「ベジタリアンの医学(蒲原聖可 著)」より抜粋

ベジタリアン食で栄養不足にならないのか?
①2003年、アメリカとカナダの栄養士会がベジタリアンについてのガイドラインを作成
「適切に準備されたベジタリアン食は、健康に有益であり、必要な栄養素を満たしており、いくつかの疾患の予防や治療にも利点がある」(37ページ)
②「野菜だけだとたんぱく質不足になりますよね?」というまったくの知識不足に基づく疑問を聞くこともあります。
現在専門家の間では「多種類の植物性食品をバランスよく摂取すれば、植物性たんぱく質は、たんぱく質の所要量および必要なエネルギー量を満たす」というコンセンサスが得られています。しかしいまだに一般書の中には「菜食主義者の食事では必須アミノ酸が足らない」「ベジタリアンはたんぱく質不足になる」という誤った記載が認められます。(106ページ)
③近年、医科学研究者の間において、ベジタリアニズムへの関心が高まってきました。25年以上前に論文の主要なテーマは「ベジタリアンは栄養学的に適切かどうか」と疑問でしたが、現在は「疾病の予防や治療におけるベジタリアン食の利用」というテーマになっています。(185ページ)
④アメリカ政府機関による「アメリカ人のための食生活指針」がベジタリアン食を是認し、専門家グループである「アメリカ栄養士会」がベジタリアンのためのフードガイドピラミッドを発表しています。このようにかつては、ベジタリアン食の安全性に疑問を呈していた専門家団体が、現在はベジタリアン食の疾病予防作用や改善効果を是認するようになったのです。(187ページ)
⑤Q アスリートはベジタリアン食で大丈夫ですか?
A ベジタリアン食はトップクラスの数ポー津選手にも適切に応用できます。適切に準備されたベジタリアン食であれば、タンパク質などの栄養素やエネルギー量が不足することはありません。実際、オリンピック金メダリストのカール・ルイス、テニスプレーヤーのマルチナ・ナブラチロアなどがベジタリアンのスポーツ選手としてよく知られています。(206ページ)

ベジタリアンと病気予防
肥満
オックスフォート・ベジタリアン・スタディという研究では6000人のベジタリアンと5000人の非ベジタリアンを対象に生活習慣病の調査が行われ、その結果、すべての年齢層において、男女ともに、非ベジタリアンのほうがベジタリアンよりも大きなBMI値(肥満度)を示すことが報告されました。(53ページ)

コレステロール
非ベジタリアンは、ベジタリアンよりも優位に高い血中コレステロール値を示しました。(イギリス 3277人を対象に行われた調査)(58ページ)
アメリカの臨床医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に報告された研究では、非ベジタリアンよりも体重の多いベジタリアンを対象に調べたところ、体重の少ない非ベジタリアンよりも低いコレステロール値を示したということです。(59ページ)
高血圧
非ベジタリアンに対して、ベジタリアン食を摂取させたところ、血圧が低下したというデータが、複数の研究によって報告されています。(73ページ)

心臓病
1994年、ロンドン大学より、肉食が虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)のリスクファクターであることを示すデータが発表されました。非ベジタリアンでは、ベジタリアンに比べ、虚血性心疾患の罹患率が2倍にも達することが示された。(64ページ)
心臓病を専門とする医師の学術団体である「アメリカ心臓協会」は、野菜や果物、穀物の比重を高くした食事を勧めています。(187ページ)

糖尿病
ベジタリアン食は、糖尿病の治療食としても利用できます。植物性食品を中心とした食事は2型糖尿病のリスクを減らすことが示されています。ベジタリアンの割合が多いセブンスデー・アドベンチスト教団では一般人口に比べて糖尿病患者が半分以下となっています。(76ページ)

ガン
2004年に発表された厚生労働省の研究班による意識調査によると、日本人はガンになる最大の原因を「ウイルス」次に「タバコ」「ストレス」と考えていることが分かりました。一方これまでの研究では「野菜や果物の摂取不足」「塩分の過剰摂取」といった「偏った食生活」が「タバコ」と並んで主な発ガンの原因であることがわかっています。日本では、ガンの主な原因が不適切な食事であり、食生活を見直してガンを予防しようと言う認識度は高くないようです。(78ページ)
肉類の摂取は、牛肉などの赤身の肉、鶏肉など白身の肉のいずれも大腸がんのリスクになります。疫学研究によって、野菜や果物といった植物性食品を多く摂取すると、ガンなどの生活習慣病になるリスクの低いことが分かってきました。そのメカニズムとして、植物性食品に含まれているファイトケミカル(植物に含まれる抗酸化成分)が大きな役割を果たしていることが示唆されるようになりました。(146ページ)
ガン専門医の学術団体である「アメリカガン協会」は植物に由来する食材を食品として選ぶように推奨しています。(186ページ)

痛風(血液中の尿酸が過剰になり、結晶を結成することで生じる生活習慣病)
動物性たんぱく質の過剰摂取は、高尿酸血症及び痛風の発症の弊害をもたらします。2004年、臨床医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に発表された研究では、12年間に痛風を発症した4万7150人の男性が対象となり、食生活と痛風のリスクが解析されました。その結果、獣肉類や魚介類を多く摂取する人ほど通風になりやすいことが分かりました。

胆石
40~69歳の女性800人を対象にした研究では、非ベジタリアンは、ベジタリアンに比べて胆石症に罹患する率が2倍であることが報告されています。(94ページ)



ベジタリアンの医学」の著者、蒲原氏は医学博士であり、栄養学上ベジタリアン食がどうなのか、専門家の立場から書いています。この本には他にも、痴呆とベジタリアン・非ベジタリアンの関係、子供がベジタリアンで大丈夫なのか(大丈夫です)、食事療法として数々のベジタリアン食を考案したケロッグ(朝食コーンフレークのケロッグ)のこと、完全菜食者(ヴィーガン)になる場合にひとつだけ気をつけなければならないこと、などさまざまな角度からベジタリアン食について書かれてあります。

「ベジタリアンの医学」には書かれていませんが、以下のような研究結果も報告されています。

肉食べると若死にするリスク高まる
2012年報告。米ハーバード大学で男性3万7698人、女性8万3644人を、それぞれ22年と28年間にわたって追跡調査したデータを分析。トランプ1箱ほどの量の赤肉(牛や豚肉など)をほぼ毎日食べていた人は、あまり肉を食べていなかった人よりも平均で13%死亡リスクが高かった。さらにソーセージやベーコンなど、加工された肉を食べていた人の死亡リスクは20%に跳ね上がった。


肉食多いと結腸がんリスク高まることが明らかに
肉食と大腸ガン発症率とに相関があるというのは、すでに世界で認められている事実ですが、結腸がんについても2011年、日本で同様の研究結果が出ています。
国立がん研究センター(日本)による45~74歳の約8万人を追跡した調査の結果、牛肉・豚肉、鶏肉などを毎日100グラム以上食べる男性は、それ未満の男性に比べて大腸がんの一つの結腸がんの発症リスクが44%増える。女性では牛肉・豚肉を同80グラム以上食べる人で結腸がんリスクが48%高まった。


「プラントベース(植物性食品中心)でホールフード(未精製・未加工)の食事をすべきである」
(コリン・キャンベル教授)
40年以上第一線で活躍した栄養学の世界的権威、コリン・キャンベル氏(コーネル大学の栄養生化学部名誉教授)は、6500人に対して20年以上行った疫学調査(チャイナ・プロジェクト)の結果、「摂取する動物性食品の割合が少なければ少ないほど、健康効果が高い」と発表しています。
彼は「プラントベース(植物性食品中心)でホールフード(未精製・未加工)の食事をすべきであり精製食品をとったり、塩や脂肪を加えるときは最低限の量にすべき」だといい「すべての動物性食品を避けるよう努めること」とアドバイスしています。
彼自身は研究結果を受け、妻と子どもも含めて完全菜食者になっています。


ベジタリアンは長生きで、病気のリスクが低い
ベジタリアンの食事は、米国保健省と農務省が95年に発表した栄養ガイドラインに沿っていると是認されました。
さらに、数百の論文によると、ベジタリアンの寿命は肉食者に比べ3~7年長く、各死因すべてで死亡率が低いのです。
4万7000人のベジタリアンを追跡した米国の研究でも、ベジタリアンはそうでない人より男性で7.3年、女性で4.4年長生きしました。(図)
11_201408131413400af.jpg
イギリスのベジタリアン4000人を7年追跡した調査の結果でも、総死亡率は肉食者の半分でした。
日本のベジタリアングループでも、倉恒元九州大学医学部教授が長年追跡した調査があります。結果は平均的な日本人に比べて総死亡率は25%減、がんリスクは半分、脳卒中のリスクも4割でしした。
(2014.7月「食べもの通信」より)


世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は26日、ハムやソーセージなどの加工肉を食べると、がん発症リスクが高まるという「十分な証拠」があると発表した。
 加工肉を毎日50グラム食べた場合、直腸や結腸のがんになる可能性が18%増すという。個人にとってのリスクは「小さい」ものの、摂取量が増えれば高まると指摘した。また、牛や豚など赤身の肉にもがんを誘発する恐れがあると言及した。
 国際がん研究機関は、赤身の肉は栄養価が高いとした上で、リスクとのバランスを踏まえながら当局が「食事に関する最良の勧告を行う」必要性を訴えた。同機関は800以上の研究結果を分析し、見解をまとめた。
(時事通信 2015.10月26日(月)23時19分配信)


肉・パン中心の欧米型食事、乳がんリスクが1.32倍に 国立がんセンターなどが注意喚起
 肉類やパン、コーヒーなど食生活が欧米型に偏り過ぎている女性は、そうでない女性と比べて乳がんのリスクが1.32倍になることが、国立がん研究センターや東京大などの調査で分かった。乳がんは欧米の女性に多く、日本での患者の増加は食の欧米化と関係するのではないかとみられていた。研究グループは「健康的な食生活を心がけてほしい」としている。
 研究グループは、1995~98年の間に食生活のアンケート調査に回答した45~74歳だった女性4万9552人を2012年末まで追跡。期間中に718人が乳がんと診断された。(2016/6/20 0:32日本経済新聞 電子版)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03802420Z10C16A6CR8000/



メモ kitarak

イルカと水銀と水族館

水銀
水銀は毒性が強いことが昔から知られています。
中でもメチル水銀は、水俣病という深刻な被害を引き起こしています。水銀は岩石など自然界にも存在しますが、近年は人間活動によるもの(石炭火力発電、工場利用など)が2/3を占めるといわれています。
日本人が摂取するメチル水銀の8割はからとられています。
中でもイルカ肉は、水産品のなかでもダントツにメチル水銀含有量が高いです。
バンドウイルカを1回食べると(80g食べたとして)5週間分のメチル水銀を摂取したことに相当します。イルカを一食分食べると、1ヶ月以上ほかの魚は食べられないというレベルです。ほかの魚にも多かれ少なかれメチル水銀が含まれているからです。

メチル水銀は特に胎児の中枢神経の発達に影響を及ぼすとされています。
イルカ猟がさかんな和歌山県太地町で15歳~49才の女性に対し、水銀量を調べるため毛髪検査をおこなったところ、73.5%の人が耐容摂取量を超えていたそうです。(2010年 国立水俣病総合研究センター調査)
全国で耐容基準を超えていたのは、14.7%ということですから、いかにイルカ肉にメチル水銀が多いかという事がわかります。

海に放出された水銀は、海水→プランクトン→小魚など→中型の魚→大型の魚類、鯨類の順番で水銀は濃縮されます。そのため、食物連鎖の頂点にいるイルカやクジラ、マグロがメチル水銀の含有量が高いのです。

このように汚染されたイルは、食用禁止にすべきです。
厚生労働省も、もともとは「摂食回避」の考えだったそうです。
(以下『なぜ今「魚の汚染」か』より抜粋)
もともと厚生労働省は「摂食回避」の考えでした。2003年、「摂食注意勧告」を作成する際の審議会で「バンドウイルカについては6ppmと非常に高いので、これについては摂食を避けることが望ましいという形にさせていただきました」と原案を示しています。
これに対しは水産庁は「バンドウイルカについて言及させていただきますと、水産庁が許可を与えて捕獲枠を設定しておりますが、これがいずれの方も摂食を避けることが望ましいとなりますと、われわれは業界に対してこれから捕獲をゼロとするための苦渋の交渉をしなければならないということになります」(当日の議事録から抜粋)との意見を述べ「2ヶ月に一回」になった経緯があります。
(抜粋終わり)

安全より、業界の意向が優先されたわけです。


水族館
イルカは食べるためだけではなく、水族館へ売買するためにも捕獲されています。
水族館で飼育されているイルカの大多数は、追い込み猟で生け捕りにされたイルカです。
現在日本で追い込み猟を行っているのは、和歌山県太地町だけです。
太地町は、野生のイルカを捕獲して、国内外の水族館に売買する、国際的なイルカの供給地になっています。

イルカ追い込み猟の方法
数隻の船団で出航しイルカの群れに接近すると、漁師たちは金属性の棒を海中で鳴らし、イルカの音波探知機能を利用してパニック状態にさせ、イルカを湾内に追い込みます。
イルカが湾内に入ると逃げられないように魚網を素早く閉じます。
捕獲・と殺作業は湾内でイルカが落ち着くのを待って、翌日以降に行われます。

2015.4月
世界動物園水族館協会(WAZA)は4月22日、日本動物園水族館協会(JAZA)を会員資格停止にしたと発表した。国際的に非難が高まっている「追い込み猟」によって捕獲したイルカを日本の水族館が購入し続けていることについて、是正措置を取らなかったため。
http://www.alterna.co.jp/15003

和歌山県太地町では2010年度には1276頭のイルカを捕獲しています(食用に殺したのが1063頭。水族館に販売など生体のまま捕獲されたのが213頭)
http://kokushi.job.affrc.go.jp/H23/H23_45.pdf


イルカの水族館への輸送
陸にあげらられたイルカは、はじめて重力を感じます。
水の浮力がなくなり、自分の全体重がのしかかってきます。イルカにとってこの負担はとても大きいものです。また陸地に上がるとすぐに体温が上がってしまうため水をかけ続けなければなりません。イルカは陽に当たって皮膚の表面が乾くとやけどした状態になってしまいます。
そして何十時間も、同じ格好で、コンテナに収められ、娯楽施設へ輸送されていきます。
20130313_327451.jpg
2013年3月に娯楽施設に輸送されるイルカ

イルカの死亡率
「日本動物園水族館協会「種保存委員会報告書」というのですが、それによりますと、日本全国でのハンドウイルカの飼育数は2009年末の時点で273頭いました。それに対して2009年中の年間死亡数は29頭です。飼育下個体群の1割以上が1年で死亡するのは、大型動物ではかなり多いです。」
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20100810/108165/

1980年ごろの話ですが、鳥羽山元鴨川シーワールド館長はイルカの「歩留まり」は60~70%%ほどだと、言っていたそうです。つまり、10頭のイルカがほしいと言われたら14、15頭のイルカを飼育します。30%で4頭が死んでも大丈夫なように。





イルカと水銀の関係についてはこちらに詳しく書かれています。
http://www.all-creatures.org/ha/dolphinMeat/ThinkAgain.html
水族館とイルカについてはこちらに最新の情報(2013年)が発表されています。
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/NoAquarium/report_r3.pdf







メモ souken