豚はどんな生き物か

  • Day:2013.07.25 15:37
  • Cat:
ぶぅふぅうぅ農園

繁殖から、肥育まで、一貫して放牧養豚がおこなわれています。豚たちは建物と外を自由に行き来でき、暑いときは建物の中に、涼しくなると外に出ます。体を冷やしたいときや寄生虫を落としたいときは、泥につかります。豚を方向転換もできない檻の中に閉じ込めるような養豚が一般的になっている社会で、こういった生きとし生けるものを大事にするという姿勢を、その飼育に反映させている養豚業はわずかです。


・一日のうち7時間ほどを探索行動に費やす。さまざまな草や根や昆虫やミミズや種子を探して食べる
・泥に体をうずめて寄生虫を落とす。暑いときは体を冷やす。
・木に体をこすり付けて汚れをきれいにする
・糞を別の場所にする(自分の寝床にはしない)
・仲間と親和関係を結ぶ
・遊ぶ
一般的な養豚業では、豚はこれらのことができません。一般的な養豚場では、泥場がなく、水のみ場からわずかに地面にもれ出た水と土が混じった部分に顔を何度もこすりつけている豚がいます。自分のいる狭い囲いの中で糞をせざるをえず、囲いのすみの方で糞をしている豚もいます。妊娠豚用檻(ストール)の中にいるメス豚の中には犬座姿勢(犬のようなお座りの姿勢)でじっとしているものや、柵をひっきりなしにかじり続けているものもいます。ただ横たわり続けているものもいます。方向転換すらできません。
放牧養豚場にいくと、豚が産業動物である前に感受性のある生き物であることが良く分かります。仲間同士でじゃれあったり、私たちが近寄ると警戒してすごい勢いで走って逃げるが、しばらく待っているとゆっくりと耳をゆらしながら近寄ってきます。犬のように人懐こく、犬のように過剰に興奮することもなく、頭をなでると気持ちよさそうにし、おなかをなでるとゴロンと横になります。好奇心が強く、いろんなところを掘り返します。礼儀正しく、「誰ですか?」というようにこちらをじっと見ます

2_20130725153438.jpg
1_20130725153437.jpg
3_20130725153439.jpg
4_20130725153440.jpg
5.jpg
6.jpg

そのほかの写真アニマルライツセンターサイト 畜産動物の写真がたくさんあります)
スポンサーサイト

豚1頭の値段を知っていますか?

  • Day:2013.07.23 00:13
  • Cat:畜産
3万円だそうです。

先日、養豚場の見学をさせてもらいました。
ストール飼育(妊娠豚用檻)がかわいそう。実態を知りたいので、見学させてほしい」
というと、そういう理由であったにもかかわらず、承知してもらえました。
なぜストールを使わなければならないのか、放牧養豚を行うことがどうしてできないのか、などの質問に丁寧にこたえてくれました。
フリーストールで群飼育すると群れの中に強弱が出て、餌を食べられなくなってしまうものがいること、なによりも数千頭の豚を2、3人で飼育しており、ストールを使わず管理するのが難しいこと。放牧養豚する土地がないこと、放牧養豚すると近隣からの苦情(臭い、汚い)が来ること。現在の養豚場の糞の置き場所にも、とても気をつかっていること。

50年前は、一家に数頭、豚を放し飼いしていたそうです。その豚の飼育理由は肉用ではなく、主に農作物への肥料(糞)のためだったそうです。
しかし肉の消費量が増え、家畜の数が増えるにつれて、現在のような畜産様式になり、そのような放牧の光景は見られなくなったそうです。




メスの豚で繁殖用に選別されたものは人工授精か、オスとの交配が行われます。そして妊娠豚用檻(ストール)へ入れられます。そこで114日間の妊娠期間を過ごし、出産前に次は別の檻(分娩豚用ストール)へ移動されます。そこも狭く、子供を踏み潰さないように母豚と子豚は柵で分けられています(子豚は柵の間から入り込み母豚の乳を吸います)この授乳期間が21日間。その後母豚は次の種付けのために、ほかの繁殖用豚とともにフリーストールに入れられます。そして発情がくると(豚の発情周期は21日間)種付けが行われます。そしてまた妊娠豚用檻(ストール)へ入れられます。
1年で2、3回の出産。これを繰り返し、4、5年でと殺されます。
日本養豚協会に聞いたところ、子供を生み続けた母豚の肉は食肉格付で「等級外」となり、安い安い値段で取引され、スーパーの肉売り場にパッキングされて並べられるようなことはなく、主に加工食品や味付用の豚肉などに使われるそうです。

繁殖用でない豚は、産まれて21日間母豚の乳を吸い、その後フリーストールの中へ移され群飼され、豚舎の中で一生を過ごし、生後半年ほどで出荷、3万円で売買されます。





お互いが思う存分触れ合うことのできない、分娩用ストールの中にいる母豚のゴフゴフという声と、産まれたばかりの子豚のキーキー泣く声が聞こえたので、養豚場の方に「何と言っているのか?」と聞いたところ、子豚は、喧嘩したり不安なときはキーキーと泣くそうです。それに母豚がゴフゴフと何かいうと、子豚は安心しておとなしくなるそうです。

2011.3.15 MSN産経ニュース
大津波で多数の死者が打ち上げられた宮城県岩沼市の海岸近くの集落で、飼い主を失った多数の豚が餌を求めて走り回っており、同市は15日、その一部約20頭を捕獲し「衛生上問題がある」として殺処分した。
市によると、養豚場も津波に遭い、約700頭が濁流にのみ込まれたとみられるが、何頭が生き残ったかは不明。
市農政課の職員は「死んだ豚は埋め、生きている豚は殺処分にせざる得ない」としている。

同じように犬や牛がさまよっていても同じ目にあったでしょうか?
豚を汚いと思っている人もいるかもしれませんが、豚はきれい好きで、寝床から離れた場所で糞をします。この養豚場のフリーストールの中にいる豚たちも、「決まった場所で糞をする」と養豚場の方はいわれ、その場所を示してくれました。また、豚は泥あびが好きで、どろどろになりますが、豚は汗が出るところが鼻しかなく、体が熱を持ちすぎないようにするためには、泥の中に使って体を冷やす必要があるそうです。なぜ水ではいけないのかというと、水はすぐ蒸発して体を冷やす最適な方法といえないからです。
豚舎の中に泥はありません。次の種付けを待つフリーストールの中のメスの豚は、水のみ場の脇のほんの少し泥がたまっている場所へ顔をこすりつけていました。
暑い夏はどんなにか泥浴びがしたいことだろうと思います。

豚の目は人間の目にとても似ています。それを養豚場の方に言うと「豚は体は汚くても、目はすごくきれいだ」と言われていました。





メモ kurisum






関西スーパー 内代店

  • Day:2013.07.19 01:02
  • Cat:畜産

関西スーパーへメール

はじめまして。
わたしは、関西スーパーの内代店でよく買い物をしています。
先日、神戸で動物の権利を守る活動がおこなわれ、参加した帰りに、いつものように関西スーパーの内代店へ買物に寄りました。わたしはそのとき に、神戸の活動で使った「乳牛の一生」について書いたパネルを持っていたのですが、わりと大きなパネルであるため店内で買い物するのに、ほかのお 客様の邪魔になるだろうと考え、自転車置き場に立てかけて買い物をしました。
買い物が終わり、戻ってくるとパネルがなくなっていました。
関西スーパー内代店の警備の方に、その旨を伝えると、警備の人は店の奥に私を連れて行き、おそらく店長だとわれるかたに引き合わされました。店 長は「二度とこんなことをするな」といって私にパネルを返されました。

乳牛の一生のパネルの内容ですが、現代の酪農業が牛にとってどのようなものであるのかを、事実に基づいて書いたものです。乳牛の母と子が、牛乳を 早く生産ラインにのせるために、産まれてすぐに引き離されてしまうこと。引き離された母牛と子牛が、お互いを求めて鳴き続けること。子牛は自然界 では本来1時間に6000回、母牛の乳を吸いたがる生き物であるのに、それがかなえられなかったため、子牛が乳に似たあらゆるものに吸い付くとい う異常行動を発現させること。また日本の酪農で放牧主体の酪農をおこなっているのはほんの数%にすぎず、多くは牛舎内での繋ぎ飼いであり、糞をす るのも寝るもの同じ場所で一生の多くの時間をすごしている乳牛がほとんどであること、牛舎内での過密飼育からお互いを傷つけることを防ぐために角 が無麻酔で切断されていること。牛の
角は表面は硬いですが、中身は血管と神経が詰まっており、切断されるときも切断後も牛は痛みで苦しむこと、そ の他カウトレーナー(牛を低位置で糞尿させるための電気ショックマシーン)のこと、本来の寿命よりはるかに短い4.5年でと殺されてしまうことな どがパネルには記載してありました。

牛乳を販売されている御社からしたら営業妨害であるとかんじられたのであろうと、後で推察しましたが、そのときはなぜそんなに店長さんが怒ってい るのか、わかりませんでした。
私たちは、こういった繋がれたまま多くの時間を過ごし、福祉に配慮されることなく一生を過ごさなければならない牛の牛乳を買う、という選択ではな く、放し飼いされた牛の牛乳を買うという選択をすることができます。乳の出の少なくなる4.5年でと殺してしまうというようなことをおこなわず、 十数年牛を生かしている酪農家もおりそういう牛乳を買うという選択をすることもできるのです。わたしたち一人ひとりの選択で命あるものを苦しみ から逃れさせることができる場合に、そういった選択があるということを知らせることはとても大事なことではないでしょうか?私たちが口にする食べ 物がどういった風に作られているのか、私たちは知るべきではないでしょうか?海外では動物福祉は当たり前のものになっています。動物福祉に配慮さ れた食品「フリーダムフード」がスーパーの店頭で購入できるようになっています。
牛乳がどんな風につくられているのか、その事実を知らせることが営業妨害であると、内代店の店長さんが思われたのであるなら、店長さんは牛乳の作 られ方の事実が、客の購入意欲をそぐようなものであるという認識があるということではないでしょうか?それはつまり、牛乳が動物を虐げることでつ くられているとわかっているにもかかわらず虐待をすることで作られた商品を店頭で売っているということになるのではないでしょうか?

わたしたちは、日用品や食材をほぼすべて関西スーパーの内代店で購入しています。客に対して、店長さんがそのように怒られた理由について、以下から当てはまるものを教えてください。

1.店長さんが乳牛の飼育実態を知ったうえで、その事実を客に知らせず商品を売りたいと思っていたにもかかわらず、パネルを置き、実態を知らされ たことで怒った。
2.店長さんが、乳牛の飼育実態を知らず、でたらめな嘘を書いたパネルを置き、客に嘘の情報を与えたと、怒った。
3.自転車置き場に、私物(パネル)を置いたことに怒った。

1であるなら、国際的に畜産動物福祉への福祉の向上に取り組んでいる昨今、時代錯誤で自己中心的な考えであると思います。OIE(国際獣疫事務 局)は2012年に肉牛の飼育の福祉基準を、2013年にブロイラーの飼育の福祉基準を作成しています。乳牛、豚、採卵用鶏についても今後作成が おこなわれます。実態を隠すのではなく、明らかにし、畜産動物の福祉を向上させようというのが、今の世界的な流れです。
2であるなら、今一度嘘ではないという釈明のために、店長さんと話をさせていただきたいと思います。
3であるなら、申し訳ありません。しかし自転車はよいのに、自転車よりはるかにスペースを要しないパネルがいけないのはなぜでしょうか?

1.2.3のいずれに当てはまるのであるか、どうぞ教えていただけますよう、よろしくお願いします。

佐藤史子
住所
電話番号

動物実験に反対する会社は、人にも配慮する

THE BODY SHOPは化粧品の動物実験に反対しています。
THE BODY SHOPの商品の裏には、こう書かれています。
1373783970361_R.jpg

2013.7.14 JAVA(動物実験の廃止を求める会)とTHE BODY SHOPの合同企画でおこなわれた、動物実験反対キャンペーン
1373785425584_R.jpg

化粧品には多くの動物性のものが使われています。
プラセンタ(胎盤):豚や馬。
化粧筆:リス毛や、イタチ毛など
牛の血液由来の成分配合のクリーム
石鹸:牛脂
コラーゲン:魚・豚・牛など
こういったものが化粧品には使われていますが、THE BODY SHOPでは商品に使用していません。
※ただし、ハチミツ・ミツロウは使われている商品もあり、ヴィーガンには対応していないものもあるそうです。

また、化粧品の原料に使われるパーム油ですが、パーム油はプランテーション(工場式農業で、広大な地に単一の作物を、安価な労働力を使って大量に生産する大規模農園)で作られることが多く、大規模な森林伐採により、動物たちが住処を奪われていますが、THE BODY SHOPでは、そういった生態系を脅かすようなやり方で生産されたパーム油を使用していません。

動物に優しい企業は、環境にも人にも優しい企業でもあります。
THE BODY SHOPでは、社会的、経済的に恵まれない生産者から、直接原料などを公正な価格で購入する公正な取引(フェアトレード)にも取り組んでいます。またサプライヤー(取引業者)に対して、労働者への不当な扱いをしないよう求めています。120以上のサプライヤーを定期訪問し、自分の意思で働いていること、働く場所と時間を決める自由をもっているかを、確認しているそうです。
http://www.the-body-shop.co.jp/values/




動物園のゾウ

YOUTUBEで、「ゾウのダンス」と題された動画がアップされていました。
その動画では、動物園のアジアゾウが、ゆらゆら足をふみ変えふみ変え左右にゆれている様子が映されていました。
わたしも以前ならダンスだと思っていたでしょう。でもこれはダンスではなく、同じ行動を繰り返す異常行動です。孤独、退屈、欲求不満、寂しさのあらわれです。
ゾウ、特にメスのゾウは群れで行動する生き物です。一日に150kgもの餌を食べ、一日の大半を大地を踏みしめ、餌を探して食べることに費やし、自然界では800k㎡も移動する生き物です。アジアゾウは知能が高く、人間やイルカに似た発達した大脳の構造を持っています。

2013年7月、この動物園を訪れました。

水場はありますが、ごく浅いものです。このゾウはメスで、30年以上この動物園にいるそうです。以前はもう一頭いたそうですが、10年前に死に、10年前からはこのゾウ1頭だけだそうです。
わたしがこのゾウを見ていたのは2時間ほどです。はじめに草が入れられており、その草を鼻でつまんだり口へ持っていったりして遊んでいましたが、飼育係の人が来られて、草をきれいに掃除されたあとで、同じことを繰り返す常同行動がはじまりました。ゾウには一人ぼっちで何もすることがないのです。
一頭しかいなくても、ゾウのそばにいてあげるゾウ使いの人がいればよいのかもしれません。
ALIVEの会報には、ドイツの動物園の飼育係の人がこのように言ったと書かれていました。
「メスゾウは家族で生活するが、飼育係とも良い関係を作ることが重要で、強制的ではなくゾウの行動を理解したうえで調教することはとても良いエンリッチメントになる」また、東山動物園ではゾウ使いの方がいなくなってから、常同行動やうつ病のような行動が出てくるようになったそうです。
この動画のゾウは1978年産まれ、今35歳です。アジアゾウの寿命は70年ほどと言われています。この先ずっとこのような状況で生きなければならないのでしょうか。あるいは70年ほども生きないかもしれません。イギリスとカナダの科学者による6年間の研究では、野生のゾウは、動物園のゾウの2倍長生きだという報告もあります。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=84602911
いまさら野生へ返してもゾウは不幸になるでしょう。それならば、できるだけゾウが楽しく、幸せに暮らしていける環境を整えてあげなければなりません。(あらたなゾウを野生からつれて入れるのはダメです。かわいそうなゾウが増えるだけです。ゾウは自然の中でこそ生き生きといられます)
ゾウが割って遊べるような竹を与えてあげる、東山動物園では、ゾウが押すとミスト状のシャワーがでるように設計されている、ゾウが餌を自分で探し出せるような工夫など、そういったエンリッチメント(幸せな暮らしができるような環境作り)に取り組んでほしい、などのお願いを書き、帰るときに動物園の受付の方に渡しました。園長さんに渡してくれるとのことでした。
zou.jpg
zou (1)


アジアゾウについて
http://animals.main.jp/mammals/asian_elephant.html
ゾウの常同行動について
http://www.upali.ch/pdf/Stereotypic%20Behaviour,%20weaving%20and%20Behavioural%20Disorders%20in%20Elephants.pdf


メモ kurisum

カネボウの動物実験

2013.7.4
カネボウ「ロドデノール」 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール
の配合された商品回収へ

カネボウ化粧品は、美白化粧品54製品を自主回収すると発表した。独自に開発して配合した医薬部外品の成分「ロドデノール」が原因で、肌がまだらに白くなったケースが確認されたためで、皮膚科医の指摘で同社製品の成分によることが発覚した。同社は現在までに39例を確認した。
ロドデノールを配合した同社製品の累計出荷個数は約436万個。愛用者は約25万人に上るという。
 夏坂社長は東京都内で記者会見し、「お客さまに多大な迷惑を掛け申し訳ない」と謝罪した上で、「一刻も早く回収するのが責務だ」と当面の対応方針を示した。
詳細
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html

「お客さまに多大な迷惑を掛け申し訳ない」と言いますが、もっとも多大な迷惑をこうむったのは動物でしょう。
このロドデノール 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノールを使用するために、カネボウは、ラット・モルモット・ミニブタ・ウサギを使って、安全性を確かめる実験を行っています。そして2007年ロドデノール 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノールは承認されています。
ロドデノールは、動物実験で安全性が確かめられて市場に出され、その後ヒトには副作用があるとして、回収されたり添付文書が書き換えられたりした、数え切れないほどの薬のうちのひとつです。
以下、カネボウがロドデノール 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノールの使用のために行った動物実験内容。
承認申請資料添付

※医薬部外品の承認審査情報は、こちらから検索できます。
http://www.info.pmda.go.jp/approvalSrch/QuasiDrugSrchInit?

200542000_22000DZX00110000_R100_1_01.jpg
200542000_22000DZX00110000_R100_1_02.jpg
2_01.jpg
2_02.jpg
2_03.jpg
2_04.jpg
2_05.jpg
2_06.jpg
2_07.jpg
2_08.jpg
2_09.jpg
2_10.jpg
2_11.jpg
2_12.jpg
2_13.jpg
2_14.jpg
2_15.jpg
2_16.jpg
2_17.jpg
2_18.jpg
2_19.jpg
2_20.jpg
2_21.jpg
2_22.jpg
2_23.jpg
2_24.jpg
2_25.jpg
2_26.jpg
2_27.jpg
2_28.jpg
2_29.jpg
2_30.jpg
2_31.jpg
2_32.jpg
2_33.jpg
2_34.jpg
2_35.jpg
2_36.jpg
3_01.jpg
3_02.jpg
3_03.jpg
3_04.jpg
3_05.jpg
3_06.jpg
3_07.jpg
3_08.jpg
3_09.jpg
3_10.jpg
3_11.jpg
3_12.jpg
3_13.jpg
3_14.jpg
3_15.jpg
3_16.jpg
3_17.jpg
3_18.jpg
3_19.jpg
3_20.jpg
3_21.jpg
3_22.jpg
3_23.jpg
3_24.jpg
3_25.jpg
3_26.jpg
3_27.jpg
3_28.jpg
3_29.jpg
3_30.jpg
3_31.jpg
3_32.jpg
3_33.jpg
3_34.jpg
3_35.jpg
3_36.jpg
3_37.jpg
3_38.jpg
3_39.jpg
3_40.jpg
3_41.jpg
3_42.jpg
3_43.jpg
3_44.jpg
3_45.jpg
3_46.jpg
3_47.jpg
3_48.jpg
3_49.jpg
3_50.jpg
3_51.jpg
3_52.jpg
3_53.jpg
3_54.jpg
3_55.jpg
3_56.jpg
3_57.jpg
3_58.jpg



メモ souken


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。