動物の改造(ほうれん草豚、ヌードマウス、心筋梗塞ウサギ、すい臓のない豚)

ブタの精巣組織を皮膚の下に移植されたマウス
fig1.png
写真 皮膚の下にブタの精巣組織を移植されたマウス
(2010年 独立行政法人 農業生産資源研究所・麻布大学による研究)

皮膚の下に子ブタの精巣組織を移植し、皮下でブタの精子を成熟させます、次にこの精子を取り出して受精させ、受精卵をブタの体内に戻したところ、正常なブタが産まれたそうです。この「研究」の目的は『希少動物の保存・利用』だそうです。
『希少種を保存したい』というのは人間の勝手な欲望です。そもそも人間が絶滅の危機に追い込んでいる動物種の保存のために、ねずみの皮膚の下にブタの精巣を移植するようなことが、何の悪びれもなく行なわれています。


ほうれん草ブタ
2002年 近畿大学がほうれん草豚を開発
buta02.jpg
写真 豚の受精卵にほうれん草の遺伝子を組み込み、母豚の体内に戻し、出産された豚「オリーブ」

近畿大学 生物理工学部の研究グループ
「食べ過ぎると高脂血症などを招く動物性脂肪を、よりヘルシーに改善できた
「地球規模で人口増加や環境破壊が進み、将来、食糧危機が起こると考えられる。遺伝子組み換え技術等、分子生物学の力を借りた食物の改良は必要」
「将来の実用化も考えていきたい」
「この研究成果は、 全世界の著名な科学研究をカバーし、最先端のレポートを掲載する自然科学系学術雑誌『米国科学アカデミー』にも取り上げられました」

オリーブは既に死に、遺伝子組換肉が消費者に受け入れられるはずもなく、このプロジェクトは終了しています。「分子生物学の力を借りた食物の改良」などともっともらしい言い方をしても、ただ単に、動物に植物の遺伝子を組み込むという興味本位の、研究発表と名声のための実験にすぎません。『よりヘルシー』でありたいなら、動物性食品を控えればよいのであり、そうすることで環境破壊への歯止めともなります。畜産業は地球の表面積の30%を覆い、森林破壊、メタンガス大量排出の原因となっています。


産まれて2ヶ月で死ぬブタ
2012年 産まれて2ヶ月以内に死ぬブタの開発に成功
12.jpg
写真 産まれて2ヶ月で死ぬブタ

遺伝子組換えとクローン技術を使い、正常な免疫機能の失われた、産まれながらにして免疫不全のブタ
(独)農業生物資源研究所、プライムテック㈱、(独)理化学研究所により開発。
マウスでは、すでにさまざまな免疫不全マウスが作られて大量に利用されていますが、より人間に近いブタを使うことで、「人間の病気治療への研究に適している」とされています。
免疫機能を失ってしまうと、異物を排除することができません。がん細胞や他の動物の細胞を移植されても、拒否することができず、体内で定着します。すでに、大量の免疫不全マウス(※印)を使い、人間の細胞が移植され研究材料として使われています。ヒトにはとてもできないような生体実験も、このマウスになら行なうことができます。今後この免疫不全ブタもそういう利用がされようとしています。


免疫不全マウス
免疫不全マウスにはさまざまな種類がありますが、そのうちのひとつヌードマウス(一番上の、ブタの精巣を皮下に移植されているのもヌードマウス)
33_20130521144705.jpg
感染実験に使われたヌードマウス 衰弱、削痩、チアノーゼ、背弯姿勢を示しています。

ヌードマウスについてALIVEの野上さんは著書「新・動物実験を考える」の中でこのように言っています。
「ただ実験されるためだけに作り出された体毛のないネズミ、ヌードマウスは、1962年に普通の白ネズミの突然変異種として発見され、1970年代から実験動物として大量繁殖が行なわれるようになりました。先天的に胸腺を欠いているため、免疫機能がなく、すぐに病原菌に感染し、死亡してしまいます。他のネズミのように自然の中で食べ物を探し回ったり好物をかじって暮らすこともできず、繁殖力が弱く、子供を産んでも体毛がないため赤ん坊を暖めてやることもできません。彼らは自然界の中では生きることのできない、あまりにかよわい存在です。この小さな動物は、病原菌に対する抵抗力という本来すべての生物がそなえている免疫機能を欠いているために、人のガン細胞の移植や、発ガン実験など、さまざまな過酷な実験の材料として使われ放題です。このような実験室の中でしか生きることのできない無力な生き物を相手に、人為的に病気を植え付けたり、化学物質を投与して、その結果を見るという行為には、何かしらおぞましさが感じられます」

実験用に産み出されていますが、マウス自身は実験用でもなんでもなく、感受性のある一個の命です。実験動物は「そもそも、実験動物は再現性の高い正確な動物実験の成績を得る事を目的にしている動物」であり「愛玩動物とは全く別次元の動物です」という研究者もいますが、それは動物の感受性を無視した発言です。

ヌードマウスのような免疫不全の動物は、無菌室で一生を過ごすのでない限り、寿命はとても短いです。

近年では、遺伝子組換技術により、特定の遺伝子が破壊されたマウス(ノックアウトマウス)が何千種類と作られています。この技術を用いて多様な免疫不全マウスが作り出されています。



心筋梗塞を自然発症させるウサギ
444.jpg
写真 産まれたときから心筋梗塞を自然発症させるよう、作り出されたウサギ
神戸大学で開発

このウサギを生産、販売している北山ラベス株式会社によると
『出生時からすでに高コレステロール血症が発症し、幼齢期より大動脈、冠状動脈に粥状硬化が自然発生します。成熟齢には大動脈粥状硬化が必発し、冠状動脈には狭窄病変が多発し、心筋梗塞も発生します。関節や皮膚に黄色腫が多発します。 高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞等の研究に、あるいはそれらの予防薬、治療薬の開発にご利用ください。』
心筋梗塞になると強い胸の痛みで苦悶します


ブタでも心筋梗塞モデルを作成
独立行政法人 国立循環器病研究センター
http://www.nichidokyo.or.jp/labio/color14.pdf
心筋梗塞モデルブタの作成方法は、開胸手術をして血管を閉塞させることでつくられます。
手術の失敗で死んでしまうブタもいます。
ゲッチンッゲンミニブタ 写真提供:国立循環器病研究センター 実験動物管理室長
写真は同センターのもの。
このセンターでは年間50~100頭のミニブタを実験に使用。



膵臓のないブタ
iPS細胞の研究のために、文部科学省は2013年度から10年間で200億~300億円の助成をすることを決めました。
そのiPS細胞の人への実用化の研究のために、生まれつき膵臓のないブタが作られています。この膵臓のないブタの胎児へ、人のiPS細胞を入れて、人の膵臓を作ろうという計画です。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG17051_X11C10A2CR8000/
2011年
生まれつき膵臓のないブタの胎児に、正常なブタの細胞を入れて「ブタ」の膵臓を作ることに、東大と明大が成功しました。
膵臓のないブタは生まれてまもなく重度の病気になり死んでしまいます。成功までの過程で、どれだけのブタが犠牲になったかはわかりません。
11_20130522104532.jpg
膵臓ができないよう遺伝子操作された雄の白ブタ(下)に正常な雌の黒ブタ(上)の細胞を入れて誕生した膵臓のある雄ブタ(中央)。
膵臓のないブタは、生後まもなく重度の高血糖症状などによって死亡します。
2013年
生まれつきすい臓のないブタの胎児に「人」の膵臓を作ることは難しい事が判明。
『中内教授らはiPS細胞を膵臓の前段階の細胞に変え、膵臓ができないよう遺伝子操作した胎児に注入する方法を検討したが、注入するタイミングや部位が難しいと判明。iPS細胞そのものを遺伝子操作した胚に注入する方法が有力と考えた。』
生まれつきすい臓のないブタの胚へ人のiPS細胞を注入して、人の膵臓をつくるほうが有効だとされています。しかしそれは人と動物が入り混じったキメラ動物を作る事になっているため、現在、日本のガイドラインで禁止されています。
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20130219/index.html
胎内移植解禁で条件整理へ=動物・ヒトの集合胚-科技会議調査会
2013.6.18
総合科学技術会議の生命倫理専門調査会は18日、ブタなど動物の胚(受精卵)にヒトの細胞を注入した「動物性集合胚」について、動物の胎内に移植して赤ちゃんとして誕生させることを条件付きで解禁する方針をほぼ固めた。
7月下旬以降の次回会合で条件を整理した報告書をまとめ、文部科学省が法律に基づく指針の改定作業を行う予定。

このような非人道的なことが解禁されたとしても、おそらくブタの体に人間の膵臓を作ることに成功はしないでしょう。万が一成功したとしても、それを人間に移植することには成功しないでしょう。iPS細胞iPS細胞と浮かれていますが、この騒ぎはヒヒの心臓を人間に移植したときの騒ぎとまったく同じものです。病気を減らすためのものではなく、好奇心のための実験に過ぎません。病気を本当に減らしたいのなら、iPSなどの流行を追うのではなく、確実に有効な方法、予防・食習慣・生活スタイルの改善に重点を置いた施策をすることです。動物を苦しめ、命を奪いiPSに何百億もの税金を投与する必要はまったくありません。




メモ veg
スポンサーサイト

「毛皮用の動物たち」のビデオ

  • Day:2013.05.01 20:22
  • Cat:毛皮
「毛皮用の動物たち」のビデオを作って、カフェ放送てれれで上映してもらいました。
「てれれ」は、私たちひとりひとりが情報を発信し自分の思っていることを表現する力を磨き、市民レベルでのメディアを普及させたいと、活動をしてる団体です。主催の下之坊さんは、映画も作っています。
「てれれ」の主催者、下之坊さんに初めて会ったとき、パブリックアクセスについて教えてもらいました。
パブリックアクセスとは、私たちはメディアから情報を得る権利を持っており、それだけではなく、私たちがメディアを使って情報を発信する権利を持つということです。
アメリカやヨーロッパでは、市民がメディアにアクセスし情報を発信することのできる制度が整っているということも教えてもらいました。


自分が作ったビデオは、関西中心にカフェや、市民団体の自分所など十数か所で、2ヶ月にわたり放送されます。
それぞれの作った、一本10分程度のビデオを6本くらいつなげて約1時間上映されます。
「毛皮用の動物たち」は、3月・4月に放送してもらいました。
http://terere.jugem.jp/?eid=369

「毛皮用の動物たち」を観た人の感想
・フェイクファーの活動などは知っていましたが、実際、養殖の映像は、はじめて見ました。
・もっと多くの人たちに見てもらうべき作品だと思う。
・きびしい現実の映像に目を背けそうになった。うーん、考えてしまう。
・毛皮の事、残りの部分は食べるのでしょうか?牛もブタもトリも同じような気がします。
・「知らされていない現実を知る」ことは、とても大切だと思います。
・過去にも海外の映像で何本かありますが、やはり衝撃的です。ただ、中国は食用動物が多いので、国民性としては違和感はないかもしれません。
・動物を殺すシーンは強烈なインパクトがある。広く上映して欲しい作品だ。
・毛皮問題は頭では分かっていても映像でみるとショッキングでした。
・あえて、避けてきた映像なのに。
・毛皮の映像は衝撃的でした。動物の扱い方がひどすぎると思う一方で、食肉になる動物の扱いも50歩100歩だろうと思うともはや、ベジタリアンになるしかないのか…とそのときは(こういう映像を見たり聞いたりするときは)思ったりする。そういうことも普段は思い出さないようにして、肉を食べる自分がいる。
・あまりにもセンセーショナルに見せすぎると、却って拒否反応を引き出してしまうように思う。見ようという心構えがなく見せられるものとしては、ちょっとショッキングすぎると思った。
・‘よかった‘というか衝撃であったのが「毛皮用の動物たち」でした。
・ショックな映像でしたが見てよかったと思います。たくさんの人に見て欲しい作品だと思いました。
・衝撃的でした。デモだけでは素通りしてしまうような問題かもしれませんが映像でリアルに直球で伝わりました。
・現状を理解するにはとても良くできていたと思います。
・これにより毛皮を買う人が少しでも減れば良いですね。
・似たような映像はyoutubeにもあるかもしれませんが、自分から見ることはしないと思います。でも見なければ現実を知ることができなかったでしょう。この作品は、てれれであったからこそ、見る事ができた気がします。


誰でも、自分の作った映像を、無料で、放送してもらうことができます。
カフェ放送てれれの下之坊さんは「著作権の問題さえクリアしてもらえればいい。わたしは基本的にどんなものでも流す。情報は垂れ流されるべきだとおもっている」
といわれていました。

以前、カメラに向かって、延々と橋下批判をする男性のビデオも上映されたことがあったそうです。その男性は手製のパネルを示しながら、橋下氏の悪辣振りをせつせつと訴えたそうです。
好評だったそうです。



「毛皮用の動物たち」
※どうぞ無断でお使いください。


以下の動画を使いました。「動物のことを知ってもらうために映画をつくりたいので、動画を使わせてほしい」とメールでお願いすると、こころよく了承してもらえました。
どの団体も、英語で大丈夫です。わたしは英語ができませんが、グーグル翻訳でだいたいいけます。

ノルウェーの動物の権利団体の撮影した動画 
http://www.flickr.com/photos/dyrsfrihet/
フィンランドの動物の権利団体の撮影した動画 
http://tarhauskielto.fi/kuvat-ja-videot
PETAアジアの撮影した動画 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=i_t1ICxuIwM
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=yXdhfaAhIuI
台灣動物社會研究會の撮影した動画 
http://www.animal-protection.net/furtrade/index.html



メモ souken

足のない鳩

  • Day:2013.05.01 00:16
  • Cat:
2013年4月29日
家の近くの淀川付近を散歩しているとき、首から鈴が突き出ている鳩に出会いました。
取ろうと思い、パンをばらまいて、おびき寄せて、手で捕まえようとしたり、近所の人が貸してくれた網をつかって捕まえようとしたのですが、捕まえられませんでした。
その鳩は他の6匹くらいの鳩と行動を共にし、パンをつついて食べてはいたのですが、首の付近から糸が飛び出していて、その先に鈴がついていて、何か首に刺さっているように見えました。
DSC_0016.jpg

次の日の朝、昨日の鳩がいた、旭区生江2丁目8の交差点に行きました。ほかの鳩たちは電線の上にいましたが、鈴のつけられた鳩はいませんでした。鳩を見つけることができず、大阪府の野生動物グループ(Tel 06-6210-9619)へ問い合わせたところ
「その付近で、鳩の首に鈴をかけている人がいる。見つけ次第とっているが、犯人はまだ見つかっていない」とのことでした。首に突き刺さっているわけではないようなので少しほっとしました。

鳩の首に鈴をつけることは法律違反です。
動物愛護管理法には
「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない」というすばらしい一文があります。
人間と暮らしを共にしているペットとは違い、人間を怖がって生活している野生動物に鈴をつけることは、明らかにこれに反しています。
自分のペットのつもりかもしれませんが、鳥獣保護法では、野鳥を捕まえたり飼うことは原則禁止されています。


大阪府大阪市旭区付近で鳩の首に鈴をつけている人をみたら、捕まえるか、写真を撮るかして、警察へ通報してください。また首に鈴がつけられたハトをみかけたら、旭区役所保健福祉センター保健福祉担当保健衛生生活環境(06-6957-9973)へ電話してください。警察と連携して現場を見に来てくれると思います。


淀川付近では釣りをする人が、とても多いです。
釣り人が帰った後、釣り糸が残されていることもあります。
淀川河川敷で、足の指のない鳩をみました。
DSC_0017.jpg
この近くに住む人の話では、足に釣り糸がからまっている鳩をみたこともあるそうです。その人は鳩を捕まえて糸を切ってあげたそうです。でも、野生の鳩を捕まえることは、本来とても難しいです。おびえさせるだけで、かえって糸を絡ませてしまうこともあります。
一番良いのは、釣り糸やビニールの糸などを捨てないことです。強くからまると足は壊死し、腐って落ちます。化学素材だとなおさら、なかなか朽ちることなく何年も鳩の足にからまり続けます。
鳩よけに、家のベランダなどに張られるテグスにからまって、それでも飛んで逃げようとして、足がちぎれてしまう鳩もいます。私たちには手がありますが、鳩には2本の短くて細い足しかありません。
指がなくなってしまっては電線につかまることもできません。野生で生きていくことがとても困難になってしまいます。
釣りをされる人は、釣り針や、釣り糸の始末に気をつけてください。自分の持ち物は忘れずもって帰るよう注意してください。
釣りをしていると糸が切れてしまうこともあります。そうすると釣り針も、釣り糸も水の中に残されてしまいます。水の中の魚を狙う鳥や水の中に潜る鳥が、これに引っかかってしまうこともあります。釣り針にかかってしまった魚を食べる水鳥もいます。
川の中に残された釣り針も釣り糸も、きちんと回収してください。
もしそれが不可能で、娯楽のために釣りをされているのなら、釣りをやめることも検討してみてください。
近年、魚が痛みを感じることが、科学的に明らかになってきてます。
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

動物を苦しめない娯楽が、とてもたくさんあります。






メモ kitaraku
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。