野生動物の殺し方


グラフィックス1
ワナにかけられ、「腱と皮だけでつながった状態」で、捕獲者に発見されたイノシシ。
2012年に撮影されたもの。

野生動物は、さまざまな方法で殺されています。
こういうやり方で殺さねばならない、という決まりはありません。
鳥獣保護を図るための事業を実施するための基本的な指針には
「捕獲個体を致死させる場合は、できる限り苦痛を与えない方法によるよう指導するものとする」
とされていますが、具体的な殺し方は示されていません。

殺す際に、長時間にわたり恐怖と痛みを与えるやり方は珍しいものではありません。
止めを刺す「止め刺し」の時だけではなく、ワナにつかまり捕獲者がやってくるまでの間も、動物はもがき苦しみます。
逃れようともがき、ワナにかかった足が擦りむけ、「関節がちょん切れて、腱と皮だけで繋がっていました。」ということもあります。


残酷ではないワナはありませんが、その中でもくくりわなやトラバサミは特に残酷です。

2013年6月
鹿 くくりワナ 
長時間かけて足をワイヤーで固定後、ナイフで殺す。

くくりわなに捕らえられた動物が「足が折れ皮一枚で繋がっている状態」で、ワナを見回りに来た捕獲者が発見することもあります。

ワナの見回りが3日にいっぺんなら、最長で3日間、捕獲者がやってくるまでもがきます。
人の仕掛けたワナにかけられたイノシシや鹿の中には、もともと3本しか足がないものもいます。
以前ワナにかけられたときに、足を引きちぎって逃げたのでしょう。

箱ワナならいいというわけではありません。
親子で捕らえられることもあります。

2012年12月
鹿 親子


2012年10月
イノシシ 親子
「親は外傷性ショックで虫の息」


2010年3月
鹿 親子
一撃必殺でない場合は、もがき苦しみます。子がさきに殺され、親は自分の番を待ちます。


2014年4月
イノシシ
箱ワナにかかった動物は「保定」されるまでの間、恐怖で苦しみます。


箱ワナの中で放置され、熱中症で死んでしまうハクビシンもいます。
現実に箱ワナにかかった小動物を、そのまま川に投げ込んで溺れ死にさせるということも行われています。
このようなやり方は日本の法令や基準に反します。






しかし、できるだけ苦しまない方法を考案されている方もいます。

電殺による方法

2013年5月
イノシシ
『実際の止め刺しはヤリで何度も刺したり棒で殴ったりと壮絶です。猪の最後を苦しませずに止め刺しすることを願っての方法です。狩猟をされている方のみご覧ください。』


電気止め刺し器
2016年10月31日 日本農業新聞より
https://www.agrinews.co.jp/p39326.html
[資材ナビ] 電気止め刺し器 末松電子製作所 「短時間で安全に」 負担減り捕獲数増
長崎県農林技術開発センターなどの研究チームは、害獣用の電気止め刺し器を開発した。捕獲した鹿やイノシシを電気で止め刺し(殺処分)する。作業が素早く、安全にできるため、捕獲従事者の負担が軽減できる。9月から限定販売を始めた。狩猟者に利用のポイントを聞いた。

 長崎県東彼杵町の鳥獣被害対策実施隊の粒崎松二さん(68)は「止め刺しが早くできるので、次のわな設置も早く、捕獲数が増えた」と効果を実感する。町から貸与され、試作段階から止め刺し器を利用する。

 止め刺し器は、充電式バッテリー内蔵の電源ユニットと、害獣に電気を流す通電支柱などで構成する。支柱先端の通電針(先端電極)を、害獣の背骨付近に刺し、失神させた後、心臓や脳に近い首筋などに通電させて殺処分する。「取り出しやすいように、取り出し口にイノシシを追いやって止め刺しする。最初は失神に20秒、2回目も20秒ほど電気を通す。1分で作業が終わる」と粒崎さん。出血もなく、殺処分までが早い。

 害獣が箱わなと先端電極に同時に触れることで電気が流れる仕組み。粒崎さんは、箱わなの取り出し口に水2リットルを掛け、電気を通しやすくして、効果を確実にする。

 「とにかく作業が安全」と粒崎さん。成獣のイノシシは100キロを超えることもあり、暴れると、箱わなを壊すほど危険。以前は、ロープやワイヤをイノシシの体に絡めて固定して殺処分していたが「大き過ぎると5、6時間かかることも。手が出せず、弱るまで2、3日待つこともあった」と話す。

 粒崎さんは、地元集落内の10箇所ほどで箱わなを管理する。以前は年間20頭ほどの捕獲が、いまは100頭を超える年もあるほど。今年は8、9月だけで74頭を捕獲。殺処分から箱わなを再び仕掛けるまで短時間にできることで、捕獲頭数増につながったとみる。

 利用の際には安全対策を怠らない。使用時は電気を通さないゴム製手袋、長靴を着用。作業は決められた手順を必ず守る。止め刺し器の使用前は、研修会に参加。毎年開かれる鳥獣害の講習会にも参加して、常に安全の意識を持つ。「大変なのは捕獲後の殺処分。止め刺しの負担軽減は、鳥獣害対策に必要」と強調する。

 東彼杵町では他の鳥獣被害対策実施隊メンバーも止め刺し器を使う。イノシシの捕獲は2015年度で約900頭。止め刺し器導入で「捕獲量が増えた」(同町)とみる。年1回開く、わなや電気柵の講習会に止め刺し器の利用と安全講習も設け、必ず参加してもらうという。
電気止め刺し器「エレキブレード」
 農水省の事業で長崎県農林技術開発センターと、電気柵メーカーの末松電子製作所(熊本県八代市)、捕獲わなメーカーの三生(佐賀県鳥栖市)などが共同開発し、特許を出願した。殺処分作業の軽減と、出血がなく、殺処分後の個体もきれいなため、精神的負荷が大きく減らせる。

 末松電子製作所が「エレキブレード」の名で9月から販売。支柱は組み立て式。支柱先端部分の長さは、注文に応じて変えられる。電源は、フル充電で20~30回使える。通電ケーブルの接続部などは防水仕様。ショート防止機能付きで先端電極が、箱わなに接触した時は、自動停止する。誤作動を防ぐため、二つのスイッチ操作で通電するなど安全性を高めている。

 「鳥獣害対策をしていない地域に販売しない」と同社。販売は、社員が購入先を訪れ、適正な使用方法を説明する体制をとる。当面は、地方自治体が組織する鳥獣害対策協議会向けに販売し、実施隊を中心に安全利用を進める。長崎県などの研究チームは「止め刺し技術の継承も必要。止め刺し器も対策の選択肢の一つと考えてほしい」と提案する。


価格は84,240円
問い合わせは末松電子製作所0965(53)6161


↓こちらの電気止め刺し器の値段も88,000円ほどだそうです。
http://newfuel1.com/kariken/densatu.html



電殺器であればほとんど一秒で即死です。
銃であれば、動物がワナにかかっているのを確認してから出ないと、銃を持ち出すことができません。銃刀法に反するからです。しかし電殺器は、銃と違い持ち運ぶことができます。法的な問題はありません。
電気的スタニング (Electrical stunning) による野生動物の殺処分について


一撃で急所を狙うためにレーザー付の銃を使う方法

2014年10月
イノシシ


箱ワナの動物を穏やかに保定する方法

2010年11月
イノシシ
角材を檻の網目から一本ずつ突っ込み、動きを封じる方法



箱ワナにかかった動物を、何度もヤリで突き刺して殺す、という方法がおこなわれている自治体に下記文書をFAXしました。
何度もヤリで突き刺して殺す、というのはこの自治体だけではありません。
多くの自治体で行われていることです。
みなさんが住んでいる地域の農業振興課や野生動物グループなどに問い合わせて見てください。(「野生動物の駆除について聞きたいのですが」と問い合わせると、担当部署につないでくれます)
もし何度もヤリで突き刺して殺しているのなら、改善を求めてみてください。
くくりワナやトラバサミの使用をやめるよう求めてみてください。
殺すのではなく、侵入の防止に重点をおいてほしいと、お願いしてみてください。
税金の使い道を決めるのは、わたしたちです。


農業振興課 ○○様

先ほどは電話でお話を聞いていただきありがとうございました。
野生動物の殺し方ですが、より人道的な方法として、電殺を検討していただけますようよろしくお願いします。
こちらのサイトに詳細・問い合わせ先が掲載されています。
「止め刺し 電殺器」で検索できるかと思います。
http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

通常箱ワナにかかった野生動物を殺す際には、何度もヤリで刺して、という方法が行われますが、動物が死ぬまでに時間がかかり苦しむだけではなく、止め刺しをする人にも危険な作業だといわれます。
何度も突くとアドレナリンが出て、動物はより暴れることもあります。
しかしこの電殺ですと、背中の辺りのどこか1点に、電殺ヤリを刺せば、1秒で動物は殺されます。
(箱ワナ以外ですと、電気を通す役割をする金網部分がないため、2点刺す必要があります)
銃と違い持ち歩きができ、法的な問題はありません。
電殺による止め刺しがどのようなものか、動画で見ることもできます。
「猪 電気による止め刺し 動画」で検索できるかと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=nnWq7hp9bzM
電殺器の金額は8万円程度だということです。

また、箱ワナにかけられた動物を、従来どおりヤリで刺す場合も、狙いがそれて何度も刺して苦しめてしまうようなことのない方法を見つけました。
角材を箱ワナのメッシュの間から差し込んでいく方法です。
「箱ワナのイノシシの止めさし1.AVI」で検索できるかと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=H9Bq2SI5nvQ

このやり方ですと、銃を使う場合でも、銃の狙いが外れて即死させることができないということも減ると思います。また、時間のかかる保定作業は、動物を恐怖で苦しめ、人も疲れる作業ですが、角材を使うこのやり方でしたらそのような問題も軽減されると思います。

また、今年の夏に、農研機構の「野生動物による畜産被害の状況」の講演を聞きましたが、「駆除を続けてきたが効果がないことがわかっている。的確な侵入防止対策に今は重点を置いている」というおはなしでした。殺すのではなく「確実に防ぐ」ことを推進していただけますよう、あわせてお願い申し上げます。




sou
スポンサーサイト

象牙

アフリカゾウ象牙製品の商取引、米国でほぼ全面禁止に
2016年06月03日 09:42 発信地:ワシントンD.C./米国


【6月3日 AFP】
米当局は2日、アフリカゾウの象牙製品の商取引をほぼ全面的に禁止すると発表した。アフリカゾウ保護を推進する長年の活動が実を結んだ形だ。

 各自然保護団体は、この米当局の動きを歓迎している。アフリカに生息するゾウ45万頭のうち、毎年3万5000頭あまりが主に象牙目的で殺されていると推定されている。

 サリー・ジュエル(Sally Jewell)米内務長官は、取引の禁止について、「ゾウ密猟の惨劇と、それが野生個体群に及ぼしている悲惨な影響に終止符を打つことに対して、米国が率先して全力で取り組むことを明確に示している」と述べた。

 ただ、米国でのアフリカゾウ象牙市場を制限する今回の動きではあるが、正式書類がある骨董品などは免除の対象となる。米国は、違法な象牙製品の消費国としては中国に次いで世界第2位だ。それでも、米魚類野生生物局(FWS)は、7月6日の発効以降は、米国全州でのアフリカゾウ象牙製品の輸入、輸出、販売などが「大幅に制限される」としている。

 FWSの声明によると、大半の商取引が禁止される一方で、楽器、調度品、銃器などを含む一部の「既存の加工された」品物については、含まれる象牙が200グラム未満で、また他の特定基準を満たすものに関しては例外とされるという。

 また、米連邦法「絶滅の危機に瀕(ひん)する種の保存に関する法律(Endangered Species Act)」の下で「骨董品」と定義される品物も例外とされる。作られてから100年以上が経過しているなど、いくつかの必要条件を満たすものは骨董品とみなされる。

 ジュエル内務長官は、「他の国々が、同様の規制を実施することで、血塗られた象牙の流れを食い止めるための迅速な、断固とした行動を取ることを望んでいる。われわれの孫やその子どもたちが、この象徴的な動物種を知らないなどということがないようにするためには、それが不可欠となる」と話した。(c)AFP/Jean-Louis SANTINI



日本で違法な象牙取引が横行、覆面調査でも確認
業者からはウソを書くよう持ちかけられ、規制制度は穴だらけ
2015.12.15


契約などに使われる印鑑の材料。1989年に象牙取引が世界的に禁止された時点で、象牙印鑑の需要により日本は世界最大の象牙輸入国だった。
 中国の象牙需要が闇市場を拡大させ、毎年数万頭のゾウが違法に殺されるようになる以前、活発な象牙取引を後押ししていたのは日本の印鑑市場だった。契約書などに押す、本人だと示す判である。(参考記事:「象牙と信仰 密輸象牙はこうして使われる」)
 日本では少なくとも千年にわたり、さまざまな素材で印鑑が作られてきた。20世紀初めには水牛の角、木、水晶といった印材が大半だったが、1950年代以降の日本の経済成長に伴い、象牙の印鑑の人気が高まった。ケニアに拠点を置く調査保護団体「セーブ・ジ・エレファント(STE)」の報告によれば、1980年には、日本で使用された象牙の総重量のうち55%が印鑑の製造に使われていたという。

 1970年から1989年までに、日本が輸入した象牙は5000トンに上る。米ワシントンD.C.に本部を置く非営利団体「エンバイロンメンタル・インベスティゲーション・エージェンシー(EIA)」は、これは約25万頭のゾウに相当するとしている。1989年の時点で、日本は世界最大の象牙輸入国となっていた。(参考記事:「ゾウの60%が消えたタンザニア、その原因は」)

 野生生物の国際取引を規制する「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約で象牙の国際取引は1989年に禁止され、1990年に発効した。

 だが1999年、ワシントン条約締約国会議は、日本に対し象牙約50トンの試験的輸入を許可した。違法に入手された象牙を国内市場から締め出す対策を確実に取っていると日本がアピールし、締約国会議もそれを認めたためだ。2008年には再び一時輸入が認められ、翌2009年に日本は39トンを輸入した。

 現在、日本は非合法な象牙の流通を取り締まれていないことが明らかになってきた。EIAは12月9日に公表した新しい報告書で、次のような厳しい結論を下している。「日本の制度は抜け穴だらけであり、法規制が弱いために効力が乏しく、最も基本的なレベルにおいてさえ有効な歯止めが存在しない」

 報告書が挙げる大きな問題点5つを紹介する。

1. 日本の象牙取引規制制度には大きな抜け穴がある。

 象牙を所有するには、合法的に入手したという証明のための登録が義務付けられている。1999年か2009年に一時輸入された物か、ワシントン条約による取引禁止以前の物であれば違法ではない。しかしその証明は、禁止以前の輸入だと示す税関の申告書のような正規の法的な書類以外にも、日本の輸入業者が「合法的に入手した」と自分で明言した書面でも差し支えない。「つまり、象牙の登録で利益を得る立場の者が、合法性を証明する主要な証人でもあることを意味する」と報告書は指摘する。当然のことながら、この制度は至る所で悪用されている。報告書は、出所の「疑わしい」つまり「合法的な入手または出所だという確実な証明が少しもない」象牙が、2011年以降1000本以上登録され、合法のお墨付きを得ていると指摘している。

2. 日本の象牙取引業者は、象牙を登録するためにしばしば違法な手段を取ろうとする。

 EIAの調査員が37の象牙取引業者に接触したところ、30の業者が未登録の象牙を買い取るか切り分けよう、あるいは嘘の記載をして登録しようと持ち掛けてきた。覆面調査員に対し、複数の業者が「書類には嘘を書かないといけない。登録証明書が欲しいなら、本当のことを書いてはいけません」と説くという具合だった。(参考記事:「密猟象牙の闇ルートを追う 特別調査レポート」)

3. 日本では象牙の取引が増えている。

 登録される象牙の数は年々増えている。2010年に約500本だった登録数は、2014年までに1900本近くにもなった。同時に売り上げも伸びている。Yahoo! Japanでの象牙の売り上げは2010年には約200万ドル相当だったのが、2014年には700万ドル近くにまで跳ね上がっている。

4. ネット販売が違法取引の中心だが、政府の監視が行き届いていない。

 日本の2大インターネット小売サイト、Yahoo! Japanと楽天市場では、象牙の売り上げは毎年右肩上がりだ(もちろんどちらも違法な商品の出品は禁止している)。EIAの研究者が数えたところ、8月のある1日だけで、この2つのサイトで販売されている象牙製品だけで6000個、計510万ドル分もあった。その大部分は印鑑だ。報告書は「ネット通販業者の多くは、法が定めた最低限の基準も満たしていない」とし、このことは日本政府の「監視の脆弱さ、および象牙の違法取引に対し実効性のある強制措置に踏み切る能力または意志がない」ことの証だとして批判している。

5. 日本で売られた象牙の一部が、中国など海外に流出している。

 象牙の国際取引は違法であるにもかかわらず、数多くの入札・購入代行業者が、国外のバイヤーに対し、日本の小売サイトやオークションサイトから象牙を買う手助けを行っている。香港に拠点を置くある会社は、日本の業者が販売する8000以上の象牙製品リストを自社のサイトに掲載しており、日本国外からの購入も仲介可能とうたっていた。これまでのところ、公的機関は日本から中国へ送られた象牙1トン近くを押収している。(参考記事:「史上最大の象牙焼却処分、香港で実施へ」)

カニさんトンネルと、はいだし側溝

動物への配慮の話し。

「カニさんトンネル」
沖縄に住んでるオカガニやイワガニは、5月下旬から10月の満月の夜、ふ化直前の卵をたくさん抱え、マングローブの林から出て海に向かうそうです。こども達を海に放すためです。
しかし、カニは海岸へ行くのにどうしても道路を渡らなければなりません。そこで交通事故が発生します。
それを防ぐために作られたのが”カニさんトンネル”

hogo07.gif

20-04.jpg

これが作られたことで、カニが轢かれることが減ったそうです。
カニさんトンネルだけではなく、カニが道路に出てこないようエコパネルも道路脇に設置されています。
しかしそれでも、カニさんトンネルを通らずに、車の走る道路を通るカニたちもやはりいます。
そのため、カニが凹凸のない防波堤に爪を引っ掛けてのぼることができずウロウロして車に轢かれてしまうのを防ぐために、防波堤に登りやすいよう「カニ渡りネット」が設置されたり、道路の縁石に、これも登りやすいように切り込みが入れられたものが使用されていたりもします。

カニ渡りネット
hogo05.gif

カニ注意の標識
hogo06 (1)


詳細は、内閣府 沖縄総合事務局 北部国道事務所のサイトへ。
http://www.dc.ogb.go.jp/hokkoku/ecoroad/kani_tonneru.html

「はいだし側溝」
側溝って分かりますか?道路の脇にある排水溝です。カメやカエル、飛ぶことのできない昆虫など、かなりの数の動物が側溝で捕殺されてしまいます。
ujikou.jpg

側溝にはまった小動物たちは、そこから抜け出そうと絶望的な試みを繰り返します。私たちには一またぎの高さでも、小さな生き物にとってはそうではありません。連結して続く側溝を延々と歩いて、出口を探し続けます。
それを避けるために作られたのが、”はいだし側溝”
CG-990009B.jpg

はいだし側溝では、小動物等が水路から脱出するために必要なスロープが設置されています。
自力でははい出すことができない小動物たちの手助けをするもの。
それが”はいだし側溝”です。

私たちは生活の中でたくさんの動物を苦しめて命を奪ってしまっています。
動物の苦しみに加担してしまっていることに気がつかないことさえあります。

その一方で、
「犠牲を減らしたい」
「苦しみを減らしたい」
という思いは誰もが持っている共通のものです。

牛乳や卵、洋服、靴、洗剤。
私たちのごく身近に、動物の苦しみや犠牲が存在しています。
声なき動物の声にもっと耳を傾けたなら、きっと今よりももっと動物へ思いやりのある社会になるはずです。



veg

ねずみ取り - 粘着シート

この粘着タイプのネズミ捕り

オーストラリアのビクトリア州で使用を禁止。
2015年1月1日の時点で、ニュージーランドで禁止。
Albertsons, CVS, Dollar Tree, Rite Aid, Walgreens, Safewayも販売を中止。

このトラップにかかったネズミは逃れようと、ストレスで血を吐いて、長いときは数日にわたって苦しみます。下を向いた状態で貼り付けられた場合は徐々に窒息死します。
捨てるときは生きていても、そのままパタンと閉じて燃えるごみの日に出されます。

この粘着シートの販売会社に「シートにかかって生きているネズミはどう処理するのか?」ときいたら
「死んでることが多いですが、生きている場合は逃げてしまうこともあるので、折りたたんで上から踏んで窒息死させて下さい」
ということでした。

kousuke1952-img600x600-1431647927hevbfm23004.jpg





http://www.peta.org/living/humane-home/five-things-didnt-know-glue-traps/
http://www.peta.org/living/humane-home/five-things-didnt-know-glue-traps/



kita

ダニだらけのイノシシ

イノシシや鹿などの野生動物をしかけるワナは、とても残酷です。

イノシシはヌタ場(泥場)で泥浴びをします。木に体をこすり付けて体をきれいにします。
そうすることで、体についた寄生虫やダニを落とします。
イノシシは、鹿のように全身ダニまみれになることはないそうです。

しかし例外もあるそうです。
以下「日本人はどんな肉を喰ってきたのか」より抜粋。

『ある猟師に聞いた話では、捕獲したイノシシが恐ろしいほどダニにたかられていたそうだ。そのイノシシは前足が片方なかった。おそらくワナから逃れようとして必死で足を引きちぎって逃げたのではないかということだった。体が弱り、泥浴びもできずにダニの住処になったのだろう。』

駆除には一般的にワナが使われています。
「日本人はどんな肉を喰ってきたのか」によると、行政が有害駆除を農家に勧める場合は、ほとんどがワナ猟免許の取得であるそうです。

農林水産省の「野生鳥獣被害防止マニュアル」には
「ワナにかかった個体の長時間の放置は動物福祉上の問題もあり、ワナ設置後は毎日見回る必要がある。」
とありますが、実際には1週間に2度程度しか見回りをしていないところもあります。

ワナにかかった動物は、捕殺者が来るまで苦しみます。
くくり罠やトラバサミにかけられてしまったら、逃げようとして足がちぎれることもあります。


野生動物の駆除には、自治体から補助金が出されています。

(例)
宍粟市
鹿及び猪は1頭につき5千円、アライグマ及びヌートリアは1頭につき3千円、サルは1頭につき2万円

豊後大野市
猿を捕獲したもの 1頭につき30,000円
猪を捕獲したもの 1頭につき6,000円
鹿を捕獲したもの 1頭につき8,000円
アナグマ、タヌキ又はアライグマを捕獲したもの 1頭につき1,000円

瀬戸内市
イノシシ 1頭につき15,000円以内
シカ 1頭につき15,000円以内
ヌートリア 1頭につき2,000円以内
カラス 1羽につき1,000円以内
ヒヨドリ 1羽につき500円以内

美作市
ニホンジカ 1頭 12,000円
イノシシ 1頭 5,000円
ヌートリア 1匹 1,000円
野猿 1頭 14,000円
※県の助成金がある場合は、イノシシ・シカに限り1頭5,000円以内で上乗せ。
※国の鳥獣被害防止緊急捕獲等対策による助成金がある場合は、次の金額を上乗せ。
イノシシ・シカ
成獣 1頭 8,000円以内
幼獣 1頭 1,000円以内
ヌートリア 1匹 1,000円以内

対馬市
イノシシ 10,000円/1頭
ツシマジカ 10,000円/1頭



以下「日本人はどんな肉を喰ってきたのか」より抜粋

『補助金だけが目当ての場合は、完全に個人の儲けが大事である。他人、ましてや地域はまったく関係がない。捕れば捕るほど自分の金になる。当然多くのワナを手当たりしだい仕掛ける。多ければ多いほど取れる確率は高くなるからだ。おまけに最初から食べる目的ではないので、頻繁に見回る必要はない。死んでいてかまわない ― これではただ数を減らすためだけの殺戮行為といわれても仕方ない。こうして鹿の数が著しく減った地区が実際にある。昔ながらの猟をする猟師たちは怒り心頭なのだ「あいつらはただ金ほしさに殺してるだけだよ」耳や尾だけを切り取られて山の中に捨てられた多くの鹿。それを横目に少なくなった鹿を追う猟師たちは、犬がワナにかからないことを祈りながら走り回るのだ。』



kita