徳川綱吉

徳川綱吉(1646~1709)-動物(人を含む)の権利活動家
Tsunyaoshi.jpg

生類憐みの令とは
単一の法令を意味するのではなく、1685年(この年に出された、犬猫を繋ぐことを禁止し、犬猫が将軍の御成道に出てきても構わないとしたお触れが最初)から1709年(徳川綱吉の死去)の24年間にわたって、徳川五代将軍綱吉によって強力に推し進められた、人間(捨子、病人、囚人、被差別民など)を含む動物全般(犬・猫・馬・牛などの哺乳類、ヘビなどの爬虫類、金魚などの魚類、コオロギなどの昆虫...)に対する憐み(生類をいつくしみ、楽を与える慈と、生類をあわれんで、苦を除く悲からなる心情)政策に関わる多数(総数135件)のお触れの総称。

生類憐みのお触れ(一部)
・犬と猫を紐で繋ぐことを禁じ、御成道(将軍や宮家が通る道)に犬や猫が出てきても構わないとした。(1685年7月)
・拵え馬(こしらえうま|馬の尾や腹などの筋を伸ばして見た目を良くするという当時の流行)を、馬の体の一部を傷つける不仁なこととして禁止した。(1685年9月)
・江戸で大八車や牛車による犬などとの事故を起こさないよう注意を喚起し、野犬に餌を与え、すべての生類に対して「生類あわれみの志」をもって対応するように命じた。(1686年7月、1687年7月)
・重病の生類を生きているうちに捨てること(捨子・捨て老人・捨て牛馬など)を禁じ、違反者の密告を奨励した。(1687年1月、1695年10月)
・江戸の町人には町内の犬、武士には江戸屋敷の犬を、それぞれ犬毛付帳(犬の特徴、病気・事故・所有者等の履歴などを記録する帳面)を使って登録管理し、犬が行方不明になった場合には徹底的に探すように命じた。(1687年2月)
・飼育している魚鳥・亀・貝類を食料としたり、これを売買することを禁止した。(1687年2月)
・捨子が見つかった場合にはそのところの者がまず捨子が死なないように養育し、養親が見つかった場合には引き取らせることを優先させるように命じた。(1687年4月)
・慰みとしてのコオロギ・キリギリス・松虫・鈴虫・玉虫などの昆虫類の飼育を禁止した。(1687年7月)
・捨て馬をする者には島流しの刑に処するとしたうえで、領内より馬の遺棄者が摘発された場合、その事情によっては代官や大名などの支配領主も処罰の対象にするとした。(1687年12月)
・田畑を荒らす猪や鹿、人や家畜を襲う狼に対するやむを得ない措置として、害獣の駆除を、殺生による穢れを最小限に止めるために定められた厳密な手続きに則ることを条件として(まず空砲で追い払い、それでも効果がない場合に、役人立会いの下、指定の期間のみ実弾の使用を許可し、殺生の理由を帳面に記し担当部署に届けさせた。また、殺した動物の食用や売買を禁止した)、害獣の殺生を許可した。(元禄2/1689年6月)
・全国に触れられた捨子禁令において、子供の養育が困難な場合には、あらかじめ定められた管理責任者(奉公人は主人、幕領では代官・手代、私領では名主・五人組)に届け出るように命じた。(1690年10月)
・江戸では捨子防止のため、町ごとに出生児と7歳までの子供を帳面に登録させ、名主がその管理責任者として、子供の移動等を把握するように義務付けた。(1690年10月、1704年9月)
・生類(蛇・犬・猫・鼠など)に芸を仕付けて見世物にすることを、生類を苦しめる行為として、禁じた。(1691年10月)
・江戸において、漁業を生業とする漁師を除いて、一般町人の慰みとしての魚釣りを禁じた。(1693年8月)
・将軍家の権威の象徴である鷹狩(鷹遣い)および鷹狩にかかわる儀礼(朝廷への「鷹の鶴(鷹狩による獲物の鶴)」の献上、大名との「鷹の鳥(鷹狩による獲物の鳥)」や「巣鷹(鷹のひな)」の授受(下賜/受領)など)を廃止した。(1693年9月)
・犬が咬み合っていたら、そこが皇族や将軍などの貴人の訪問先であっても、水を掛けて引き離し、犬が傷付かないよう対処することを命じた。(1694年2月)
・蹴鞠(けまり)の製作に犬の皮が使われることから、江戸では鞠商売を禁じ、職替えを命じた。(1694年7月)
・鷹匠や鳥見(鷹匠の下役で、鷹場を巡視し、鷹に捕獲させる鳥の群生状態を確かめる役人)などの鷹役人を全廃。鷹役人の一部は寄合番(1693年9月の鷹遣いの停止に伴って鷹役人の配転先の受け皿として設けられた職制)に役替えとし、犬小屋の担当や鳶(トンビ)や烏(カラス)の巣の取り払い(鳶と烏は、人や他の鳥類に危害を及ぼすため、生け捕りにし、数がまとまると伊豆諸島などに放鳥した)などの業務に当らせた。(1696年10月)

そのほか、幕府直轄の犬小屋(シェルター)の運営も行っています。
詳細はこちら
http://www8.plala.or.jp/spiritvoice/shourui.html




メモ souken
スポンサーサイト

秋田昌美(Merzbow)

Merzbow
http://merzbow.net/

日本が世界に誇るノイズ・ミュージシャン。
秋田昌美氏はストレートエッジでヴィーガンで積極的なアニマルライツ支持者だ。
ヴィーガンになったのは2003年。

2014のインタビューで、彼は次のように答えている。
『シュルレアリスムでもバタイユに一時心酔していましたけど、動物供犠(くぎ)だとか闘牛だとか、そういうものが出てくるせいで彼の思想は今は完全に受け入れられませんね。動物の権利を侵害しているものは全てダメだっていうことになるから。僕の中ではアニマルライツが思想を判断する際の優先順位の一番目ですね。』
彼の動物への思いは強い。
その強さはある意味繊細さを感じさせるほどだ。

秋田氏はMerzbowのオフィシャルサイトにこう書いている。
「動物たちは人間により、様々な目的で殺されています。動物実験で殺され、食肉用に殺され、毛皮を剥ぐために殺されています。
動物の最大の敵は人間であると言えます。しかし、動物たちは人間に抗議するでしょうか。復讐するでしょうか。
彼らはそのようなことをしようともしないし、またその能力もありません。」
彼の言葉からは動物への深い憐れみを感じる。
その同情が彼をただ黙っているのではなく、行動へと突き動かしている。

「私は音楽家として、自分の創作活動を通じ自分がアニマルライツやベジタリアニズムの提唱者であることを公言していきたいと望んでいます。」

--------------------------------
ノイズミュージックとは文字通りノイズだ。
はまってしまうと「脳みそがぶっ飛んでしまう」かんじと言えばいいだろうか。
「音楽」の要素である決まったメロディやリズムがない。型がなく先が予測できない音楽。それがノイズだ。
そのためノイズと言っても幅が広い。
秋田氏の作品には、余計なものが徹底してそぎ落とされた、滑らかで硬い質感がある。
美しさを感じさせるノイズだ。

Goldfinger

kk_20150605222010346.jpg

Goldfingerはアメリカのパンクバンド。
1994年結成。

ボーカルのJohn Feldmannはビーガンであり、動物の権利運動のサポーターでもある。
そのメッセージは歌にも表現されている。

"Open Your Eyes"


彼はPETAの支持者であり、
http://www.peta2.com/heroes/messages-from-goldfingers-john-feldmann/
KFCの鶏への残酷な扱いに対するキャンペーンにも賛同し、抗議の意思を表明。
http://www.kentuckyfriedcruelty.com/c-goldfinger.asp



GoldfingerのCDに、ボーナストラックとして収録された
Free Me


Free Me
(歌詞)
I didn't ask you to take me from here
I didn't ask to be broken
I didn't ask you to stroke my hair or treat me like a worthless token

but my skin is thick
and my mind is strong
I am built like my father was
I've done nothing wrong

so free me
I just wanna feel what life should be
I just want enough space
to turn around
and face the truth
so free me

when are you gonna realize
you're just wrong
you can't even think for yourself
you can't even make up your minds
so my mind's a jail
I hate the whole goddamn human race
what the hell do you want from me
kill me if you just don't know

or free me
I just wanna feel what life should be
I just want enough space to turn around
'cause you're all fucked
someday maybe you'll treat me like you


(日本語訳)
ここから連れ出してくれ
僕を壊してくれ
僕をなでてくれ
そんなことどれも頼んでなんかいない


でも、僕の皮膚はあついし
心も強い
どれもお父さんと同じ
なにも悪いことなんてしてないよ


だから僕を自由にして
ただ自然に生きたいだけ
体の向きを変えて
世界を見れるほどの
スペースが欲しいだけ
だから自由にして


いつこれが間違っているって、気付いてくれる?
君は自分で考えることも、決心することもできないから
心まで拘束されて
この腐った人間が嫌いになった
いったい僕から何が欲しい?
分からないなら
自由にしてくれないなら
もういっそ殺してくれよ


ただ自然に生きたいだけ
動けるほどのスペースが
欲しいだけだよ
人間は腐っているから
いつか君と同じ生き物として扱ってくれるかな



Goldfinger公式サイト
http://goldfingermusic.com/



日本語訳・情報提供
ベジワールド
http://www.vegworld.jp/blog/kiji/bokuwojiyunishite/



vegveg

Heaven shall Burn

heavenshallburn.jpg

ドイツのメタルコアバンドHeaven shall Burnはメンバー全員がヴィーガン。
歌詞に表現されるようにアニマルライツを強力に支持している。
Heaven shall Burnは1996年結成。2013年にドイツのアルバムチャート第二位。
メンバー5人全員がヴィーガン。うち4人はストレートエッジ。
その曲「Voice of the Voiceless」には次のような歌詞がある。

弱った者の中でもっともか弱き者のために。
最底辺の声なき者のための私の声。
私の拳は罪なき者のために。
(翻訳 AR HC氏)

アニマルライツ活動家のささえになる曲だ。


ライブ動画の全翻訳(翻訳 AR HC氏)

(MC)
ウィーンのみんな!次は「罪なき者の声」と名付けられた曲だ
私はこの曲をすべてのベジタリアン、ヴィーガン、そして
同じ道程にある人権とアニマルライツを同等に重視し憂うすべての人々に捧げよう。
人々は近い将来、道標を突き止める、その人々に私が告げたいのは
人々は何事も単独では受け入れがたく
人々はただ趨勢に流され、
人々は生活の糧に操られ、
なおかつその事(アニマルライツ)について考える努力をする(という事だ)
では私の信条「声無き者の声」を君たちに!

(「Voice of the Voiceless」)
彼らが死ぬのを見ろ!
彼らは死ぬのだ!
血の雨がわれわれの世界を覆うに違いない
そして腐敗と悪臭以外は感じられないはずだ
しかし暗闇に隠され、頭から消去される
あらゆるところに野蛮と虐殺がある
卑劣な「倫理」、遺物

弱った者の中でもっともか弱き者のために
最底辺の声なき者のための私の声
私の拳は罪なき者のために
The innocent(罪なき者)
Voice of the Voiceless(声なき者の声)
Voice of the Voiceless(声なき者の声)

新しい時代の切っ先は
われわれの揺るがぬ信条だ
弱ったものの中でもっともか弱き者のために
最底辺の声なき者のための私の声
私の拳は罪なき者のために
The innocent(罪なき者)

何百万もの拷問された動物たちに墓は無いが
われわれのモラルの共同墓地はある
この虐殺(の容認)は私が拒絶する「倫理」だ
彼らが死ぬのを見ろ
弱ったものの中でもっともか弱き者のために
最底辺の声なき者のための私の声
私の拳は罪なき者のために
The innocent(罪なき者)






日本語字幕つきは
https://www.facebook.com/video.php?v=1069814419711471
(翻訳・編集 AR HC氏)


Heaven shall Burn official facebook
https://www.facebook.com/officialheavenshallburn
Heaven shall Burn official ウェブサイト
http://www.heavenshallburn.com/

参考サイト
http://www.metalglory.de/interviews.php?nr=585




veg

動物の解放活動家 ヘンリー・スピラ

スピラは、彼の生涯の最後の20年の間に、主に家畜に焦点をあて、彼らを「世界の犠牲者の中でもっとも無防備なもの」と呼んだ。
彼は動物の解放運動が「自分が生涯をかけてきたものー弱者、犠牲者、支配されている者、抑圧されているものの側にたつことーの論理的な延長である」と言い、生涯の終わりまで「力が正義なりとというファシズムを信奉するのでない限り、われわれは他者を傷つける権利を持たない」と信じていた。

ヘンリースピラ
fotoSpira.jpg

ヘンリースピラ
商船隊員、自動車産業労働者、左翼ジャーナリスト、組合活動家、公民権活動家、ニューヨーク市の高校教師を経て45歳で動物問題活動家になった。アメリカ自然史博物館の地下で18年間行われていた2人の心理学者によるネコの実験(ネコの脳の一部を切除して性行動に及ぼす影響を調べるもの)を停止させ、研究室を閉鎖させた。また、レブロンとエイボンがウサギの目で化粧品の実験をするのを止めさせることに成功した。1998年没。

アメリカ自然史博物館で行われていた実験
「その実験はアメリカの50万ドルのアメリカの税金を資金として行われたが、目的は、つぎのことをネコに施した場合、ネコの性生活に影響があるかどうか調べることであった。
・視神経を破壊して盲目にすること
・内耳の一部を破壊して聾にすること
・脳の嗅覚中枢を破壊して、嗅覚をなくすこと
・オスの子猫の性器の神経を除去すること
・脳の一部に外科手術で傷害をあたえること
・生殖器に電気刺激を与えて殺す「電気生理学的試験」
この実験について館長のトマス・D・ニコルソン博士はこういっている。
「この博物館を著名なものにしているものが何かあるとしたら、それは実証できる実益とは無関係に、研究したいことを何でもできる自由です」


「永遠の絶滅収容所」チャールズ・パターソン著
「罪なきものの虐殺」ハンス・リューシュ著




kitara