みんなの意見「サーカスに動物を使わないで」

2014.8月

わたしは、動物を使ったサーカスをなくしたいと、有志とともに運動をおこなっています。

以前、動物を利用するボリショイサーカスの主催・後援・協力をやめていただきたいと、お願いさせていただいておりました。

このたび、子ども・大人を含め、多くの方から動物をサーカスに使わないで欲しいという意見が、私どものところに寄せられましたので、それらの意見を添えて、改めて動物サーカスの主催・後援・協力を止めてほしいとお願いさせてください。

海外では多くの国がサーカスでの動物利用を禁止しています。
日本国内においては動物サーカスは禁止されていませんが、動物サーカスへの批判は広がりつつあります。
2012年から、ボリショイサーカス公演会場に「サーカスに動物を使わないでほしい」という人々が集まり、来場者・サーカス側に向けた啓発活動が続けられており、年を追うごとに、その規模はおおきくなっています。
ボリショイサーカスに限らず、同じく動物を使う木下サーカスに対しても、動物を利用しないで欲しいというキャンペーンがおこなわれています。

「動物愛護の基本的な考え方」を環境省は次のように公示しています。
「人を動物に対する圧倒的な優位者としてとらえて、動物の命を軽視したり、動物をみだりに利用したりすることは誤りである。命あるものである動物に対してやさしい眼差しを向けることができるような態度なくして、社会における生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養を図ることは困難である。」
しかし動物サーカスには動物への優しい眼差しはなく、そこにあるのは動物の商用利用と、あからさまな搾取です。
ボリショイサーカスの熊たちは口輪、首には縄をつけられて訓練させられています。トレーナーは手に鞭を持っています。

動物は私たちの奴隷ではありま せん。

2012年のボリショイサーカスの福井公演では、クマが客席に突っ込んでいます。
観客にけがはなかったようですが、その日は2回もクマが暴走したそうです。
海外では昨年、公演中にライオンがトレーナーを襲うということも起こっています。
動物サーカスは常にこういった危険をはらんでいます。
サーカスの動物たちは普段狭い檻の中に収容されており、人間でも負担な長距離輸送に耐えなければなりません。舞台の上では明るい照明、見知らぬ大勢の人々、大きな音。こういったストレスに日々さらされています。
安全な動物サーカスはありません。


以下に、「動物をサーカスに使わないで欲しい」と寄せられた意見のうちいくつかをまとめて、掲載しております。
今後動物を利用したイベントを主催・後援・協力を検討される際は、こういった方々の声を考慮していただきたいとお願い申し上げます。


「火の輪くぐりを無理矢理させられてかわいそう。やらないと叩かれるの?」
小学4年生
 
「こんな所に連れて来られて、檻に入れられてかわいそう。サーカスに動物の芸はいらない。」
小学5年生
 
「ママと離れて可哀想よね。あそこ(サーカス)は悪い鬼さんがいっぱいで動物さんを食べちゃうんだよね。」
 4歳
 
「動物は、サーカスを楽しんでいるかな。かわいそうだから、やめてほしい。
家族でいったシルクドソレイユは、楽しかったよ。みんなにも、行ってほしいです。」
小学3年生
 
「人間の娯楽は、他にも沢山あるで。なんで、サーカスを見なあかんの?
だって動物は喜んでない。悲しい、苦しい、痛い。
人間と動物、どちらも楽しくなきゃあかん。人間だけが楽しむ為に動物を傷つけたらあかん。」
中学2年生
 
「あかんよ!動物使ったら、あかんよ!」
小学6年生
 
「動物達を、暴力や虐待で服従させ、見せものにする。野蛮な最低の行為だと思います。」
3人の子の母親
 
「ムチを使っておどかされ、食べ物をおあずけされたりして芸を覚えなきゃいけないなんてひどい」
小学6年生と3年生のきょうだい
 
「動物たちかわいそう。優しくしたらどうかなぁ。」
小学3年生
 
子供の頃「こんな狭い檻に入れられてかわいそう。草原や森の木々で自由に遊びたいだろうなあ」と感じていました。
大人

サーカスのビデオを見て
「ライオンさんもゾウさんもみんな悲しい顔してるから、行きたくない」
4歳
 
「パチパチされてかわいそう」 4歳
 
テレビでサーカスのCMを見て
「かわいそう。人間だけでやればいい。一生見なくてもいい物です。」
小学3年生
 
「1回もサーカスなんて連れて行ったことないし、息子も行きたいなんて言ったこともない。」
大人
 
「子どもの時、両親に連れられてサーカスを見に行ったことがありますが、どうしても動物が楽しんでやっているようには見えませんでした。」
大人
 
「子供達の意見は正しい。動物サーカスは止めて下さい。見て悲しいから。」
大人
 
「子供の頃サーカスを見に行った。とにかく騒々しく、ホコリっぽい空気の中に動物達が引き出されただけで、あの子達は死んでしまうのではないかと、そればかりが気になっていた。」
大人
 
「動物がかわいそうで、ぜんぜん楽しくなかった。」
小学1年生 
 
「どうして周りの大人が楽しそうに笑ってるのか、わたしには分からなかった。」
小学6年生 

ボリショイサーカスを見て
「見ていてかわいそうだった。動物を使わないでいいと、わたしも思う」
大人


ボリショイサーカス後援・主催者への意見先一覧
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-75.html




souken
スポンサーサイト

「動物サーカスを後援しないで」への回答

三重県松阪市の山中市長は、集団的自衛権の行使を認めた閣議決定は違憲として、国を訴える意向だそうです。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20140718/CK2014071802000022.html

松阪市長は、動物サーカスを後援しないでという要望に以下のような回答をしてくれています。ほかの自治体の「子供が喜ぶからいい」「集客効果が高いからいい」などという回答とは一線を画します。



平素から松阪市政に対しご助言を賜り、厚くお礼申し上げます。
また、今回は「市長への手紙」にて貴重なご意見をいただきありがとうございます。
人間という存在が生きていくうえでは、「動物を殺さざるを得ない」という現実があることも事実です。一方で、サーカスへの動物の利用に関わらず、いのちを扱う覚悟がないままに犬や猫を飼った人間の無責任な判断で動物のいのちが失われ、又は動物を傷ける結果を生み出す現実があります。
私も市長として就任させていただいてから、動物愛護団体の皆様とは密に連携をとらせていただくとともに、教育委員会と環境生活部、又は広報担当部局の職員が密接な連携をする中で「責任ある動物行政」を推進していく体制を構築しているところです。これは「動物のいのち」を真剣に考えることもできない行政組織では、「市民のいのち」ですら単なる数字としかみることができない「他者の痛み」を感じられない行政運営になってしまわないよう自分の目で見て体験し現状を把握する必要があると感じたためでございます。
まだまだ松阪市は、動物愛護行政のスタートラインに立ったばかりですので、今後他の地域の先進事例も参考にさせていただきながら、「市民の思いとともに動物のいのちが守れる」そんな全国に誇れる「いのち」を大切にできる街を目指すことが出来ればと考えています。
動物サーカスに対する後援につきましても、今後申請が届いた際には改めて動物愛護の観点から判断させていただきたいと考えています。
最後になりますが、暑い日が続きますので、くれぐれもご自愛ください。
平成26年7月23日
                  松阪市長  山 中  光 茂


ボリショイサーカス後援・主催者への意見先一覧
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-75.html




kita

2012年~2014年 動物サーカス廃止活動 

動物サーカスについて
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-20.html



2012年~2014年 動物サーカス廃止活動 

2014年
ボリショイサーカスは、2014年も動物を使ったサーカスを全国で行います。
使用される動物は、馬、熊、犬、猫、フェレット、ヒョウ。(会場によって使用される動物は違います。大阪・東京他6ケ所会場では馬、熊、犬、猫)

2014年、各地でおこなわれた活動と活動予定

2014.7.21(月・祝) 
ボリショイサーカス東京公演前で、「サーカスに動物を使わないで!」活動がおこなわれました
http://ameblo.jp/yayamin/entry-11897957377.html

2014.8.2(土) 
ボリショイサーカス横浜公演会場前で、「サーカスに動物はいらない!」活動がおこなわれました
http://ameblo.jp/yayamin/entry-11904581978.html

2014.8.9(土) 
ボリショイサーカス所沢(埼玉)公演会場前で、「サーカスに動物はいらない!」活動がおこなわれました
http://ameblo.jp/no-fur-no-fur/entry-11906577090.html

2014.8.7(木)~8.10(日) ボリショイサーカス大阪公演会場前で、「サーカスに動物はいらない!」活動がおこなわれました

2014.8.15(金)~17(日) 
ボリショイサーカス福岡公演会場前で、「サーカスに動物はいらない!」活動がおこなわれます
https://www.facebook.com/events/872616779433749/

2014.8.23(土)~24(日)
ボリショイサーカス山口(周南)公演会場前で、「サーカスに動物はいらない!」活動がおこなわれます
https://www.facebook.com/events/697870286917417/


2014.6月 ボリショイ大阪公演の関係機関に問い合わせ

日本公演の窓口㈱ボリショイサーカス(03-3234-7207)の回答
・今年も動物を出します
・ここは代理店なので直接ロシアに言ってほしい
・サーカスを虐待というなら競馬はどうなのか。ビジネスだから仕方ないのでは。
・法律が変わって禁止になったら、やめないといけないが。

主催の朝日新聞社(大阪本社06-6231-0131)の回答
・主催と言ってもほとんどかかわっていないと思う
・意見は担当に伝えます

協力の朝日放送(視聴者センター 06-6453-1111)の回答
・意見は担当に使えます

後援の大阪府(文化振興グループ 06-6210-9323)の回答
・名義後援の承認基準に反していない
・子供が喜ぶ
・「動物利用禁止」の通達などが国から出されれば後援はしない
・動物利用についての抗議がたくさんくれば承認について考えざるを得ないが、抗議はあまりきていない。

大阪府の後援承認基準
後援名義の使用承認等を受ける事業の内容は、次に掲げる事項のいずれにも該当する
ものであること。
(1) 目的が明らかに芸術文化の普及向上に寄与するもので、公共性があること。
(2) 目的が一義的に本府の文化行政の施策に合致するものであること。
(3) その対象が府内全域に及ぶもの若しくは、不特定多数の府民が参加できるもので
あること。
(4) 入場料、参加料、出品料など、主催者が経費を徴収するものにあっては、一般基準とかけ離れたものでないこと。(作品の販売を主な目的としたものは除く)
(5) 開催、開設の場所は、公衆衛生、災害防止について、十分な設備及び措置が講じられていること。
(6) 政治的又は宗教的な普及・宣伝に利すると受け取られるものでないこと。
(7) 暴力団の利益になり、又はそのおそれがあると認められるものでないこと。
(8) 知事賞の交付については、 審査基準(審査の視点・選考方法など)及び審査委員が明らかであること。
(9) その他、後援名義の使用を承認することが不適当と認められないこと。

後援の要件として『開催、開設の場所は、公衆衛生、災害防止について、十分な設備及び措置が講じられていること』があげられていますが、2012年夏に、ボリショイサーカスの福井公演でクマが客席に突っ込んでいます。観客にけがはなかったようですが、その日は2回もクマが暴走したそうです。
http://animals-peace.net/category/wildlife/bear
海外では公演中にライオンがトレーナーを襲うということも起こっています。
http://rocketnews24.com/2013/02/12/292666/


動物サーカスの主催・後援・協力をする企業・自治体に「動物サーカスを応援しないで」と要望しています。
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
皆様からも、どうぞ意見を届けてください


主催・後援・協力先一覧
http://www.bolshoicircus.com/schedule/index2.html
※講演会場ごとに主催・後援・協力をする企業・自治体は違います。
各公演会場をクリックすると、その講演会場の主催・後援・協力がわかります。

主催・後援・協力団体への意見先メールアドレス
主催
東京新聞(中日新聞)
https://cgi.chunichi.co.jp/tko/entry/toiawase/toiawase.php
TOKYO MX
http://s.mxtv.jp/jyushin/public.html
北海道文化放送
https://uhb.jp/inquiry/
北海道新聞社
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/inquiry/
(株)サウンドクリエーター
info@sound-c.co.jp
朝日新聞社
https://digital.asahi.com/info/inquiry/asadigi/shimbun.php
西日本新聞社
info-event@nishinippon-np.jp
テレビ西日本
https://www.tnc.co.jp/home/contact/
東映
http://www.toei.co.jp/annai/inquiry/other.html
山口放送
https://kry.co.jp/outline/inquire/form.html
テレビ静岡
https://www.sut-tv.com/cgi-bin/feedback/form.cgi
テレビ信州
shichosha@tsb.jp
tvk
https://www.cbase.co.jp/asp/tvkFormML/form.php?lhI2g=8D3pQh2s
テレビ埼玉
https://www.teletama.jp/teletama/mailform.html
東京新聞ショッパー社
https://krs.bz/shopper/m?f=16
東海ラジオ
http://www.tokairadio.co.jp/message/index.html
東海テレビ
http://tokai-tv.com/goiken/

協賛
日本教育公務員弘済会 長野支部
nagano@nikkyoko.or.jp
神奈川福祉事業協会
kanagawa@k-fukushi.jp

協力
朝日放送㈱
https://cipher.asahi.co.jp/publicity/form/form.html

後援
東京都教育委員会
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/mail.html
大阪府
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fusei_iken/uketuke.html
東京FM
http://www.tfm.co.jp/on_the_web/service/
札幌市、札幌市教育委員会
http://www.city.sapporo.jp/somu/shiminnokoe/iken/teian.html
福岡県教育委員会
ksomu3@pref.fukuoka.lg.jp
福岡市教育委員会
somu.BES@city.fukuoka.lg.jp
福岡市文化芸術振興財団
https://www.ffac.or.jp/contact/
福岡商工会議所
https://www.fukunet.or.jp/mail/qkik.cgi
福岡市私立幼稚園連盟
http://www.fyr.or.jp/contact.php
福岡県私立幼稚園振興協会
info@fysk.or.jp
日本自動車連盟福岡支部
fukuoka-jigyou@jaf.or.jp
周南市
info@city.shunan.lg.jp  
山口県教育委員会
a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県社会福祉協議会
ygshakyo@orange.ocn.ne.jp
山口県子ども会連合会
kodomo35@eagle.ocn.ne.jp
山口県私立幼稚園協会
youchien@kindergarten.or.jp
周南市社会福祉協議会
http://www.shunan-shakyo.or.jp/modules/ccenter/?form=1
周南市教育委員会
ed-seisaku@city.shunan.lg.jp
周南市観光コンベンション協会
infoshunan@ccsnet.ne.jp
徳山商工会議所
http://www.tokuyama-cci.or.jp/sonota/otoiawase.html
新南陽商工会議所
http://www.s-cci.or.jp/apps/contact/form.cgi
周南市体育協会
taikyo@shunan-taikyo.or.jp
読売新聞社
http://info.yomiuri.co.jp/contact/?from=yfooter
静岡県
https://www2.pref.shizuoka.jp/all/conference.nsf/st
浜松市
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/koho2/square/room/iken.html
浜松商工会議所
https://www.hamamatsu-cci.or.jp/inquiry/
浜北商工会
http://www.hamakita.com/contact.html
浜松市社会福祉協議会
http://www.hamamatsu-syakyou.jp/?action_inquiry=1
静岡県私立幼稚園振興協会
https://www.shizushiyou.or.jp/contact/
静岡県保育所連合会
kenhoren@po2.across.or.jp
静岡県子ども会連合会
shizu-kenkoren@youthnet.or.jp
中日ショッパー
http://www.c-shopper.co.jp/mail/mail.html
K-mix
https://www.k-mix.co.jp/inquiry/index.php?pageid=52&guid=on
長野県
hotline@pref.nagano.lg.jp
長野市
http://www.city.nagano.nagano.jp/form/detail.php?sec_sec1=12
長野エフエム放送
mail@fmnagano.co.jp
神奈川県教育委員会
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f3492/
横浜市教育委員会
ky-web@city.yokohama.jp
川崎市
https://www.contact.city.kawasaki.jp/jp/mail/index.php
相模原市
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/cgi-bin/contact.cgi?mail=70030000
横須賀市教育委員会
ga-bes@city.yokosuka.kanagawa.jp
所沢市
a9024@city.tokorozawa.saitama.jp
全埼玉私立幼稚園連合会
info@youchien.ed.jp
所沢商工会議所
http://www.tokorozawa-cci.or.jp/form/index.html
千葉県
http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/goiken/goiken.html
千葉市教育委員会
somu.EDG@city.chiba.lg.jp
愛知県
koho@pref.aichi.lg.jp
名古屋市
a3139@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp
愛知県教育委員会
https://www.shinsei.e-aichi.jp/SinseiSimpl/AppliInput.jsp?FormID=7KLQinIrLoMpnG8gxyuSmDLfwGpWQ%2FIT
名古屋市教育委員会
a3272@kyoiku.city.nagoya.lg.jp
三重県
https://www1.pref.mie.lg.jp/s_form/o_teian.htm
津市
http://www.info.city.tsu.mie.jp/modules/inquiry/
津市教育委員会
229-3292@city.tsu.lg.jp
亀山市教育委員会
kyousou@city.kameyama.mie.jp
鈴鹿市教育委員会
kyoikusomu@city.suzuka.lg.jp
松阪市
ltm@city.matsusaka.mie.jp
松阪市長からの回答
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
レディオキューブFM三重
http://www.fmmie.jp/company/form.php
三重県私立幼稚園協会
youchien@mie-shigaku.or.jp






2013年

2012年ボリショイサーカスは、ゾウ・ウマ・犬・ネコ・クマ・ヒョウをサーカスに利用していましたが、2013年はゾウとヒョウが出されなくなりました。クマも馬もネコも犬も、サーカスで利用する必要はありません。

2013年7月20日 
ボリショイサーカス東京公演会場前で活動がおこなわれました
https://www.facebook.com/events/658726124155327/
2013年8月3日 
ボリショイサーカス横浜公演会場前で活動がおこなわれました
http://ameblo.jp/yayamin/entry-11586298582.html
2013年8月9日~12日
ボリショイサーカス大阪公演会場前で活動がおこなわれました。
4日間で参加者17名。チラシ3500枚配布
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/932e1016ede144a206d989e840ce73e4
2013年8月31日
ボリショイサーカス京都公演会場前で活動がおこなわれました
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1251.html





2012年

2012年のボリショイサーカスは日本全国10公演行われ、ゾウ・ヒョウ・猫・犬・熊・馬などの動物が使われました。

2012年7月
2週にわたり ボリショイサーカス東京公演会場前で、ひょっくんたちが「サーカスに動物はいらない!」活動がおこないました

2012年8月 大阪公演期間中、3日間、会場前で動物のための活動。
3日間で1750枚のチラシ配りました。参加者は7名。
558533_197924433672189_1012569134_n.jpg

大阪公演前にボリショイサーカスに「サーカスで動物を使うことは酷いことではないか?」と問い合わせしました。
対応された女性の方は丁寧に話を聞いてくれました。
「サーカスの団員と動物とは家族のように過ごしている、と聞いている」「サーカスの人員は代々家族で引き継いでいる」などと言われましたが、同時に「実際にどのように調教されているのかは分からない」ともいわれていました。世界的にサーカスでの動物利用が規制・禁止の方向にあること、動物はあのような不自然な動きをするものではない、ということを伝え、餌を与えない、体罰を加える以外にどうやって言うことを聞かせるのか私には分からない。虐待しているという証拠はないが、動物が喜んで逆立ちして綱をわたったりするとは思えない、ということを伝えました。
「全公演が終了する9月ごろには責任者が会社にいることが多くなるだろう」とのこと。

2012年9月
株式会社ボリショイサーカスへ電話。(㈱ボリショイサーカスは、ロシアサーカス団の日本公演窓口)

佐藤(わたし)「サーカス団へ、サーカスでの動物利用を止めてもらうよう言ってもらえないか」
責任者のT氏応対
「そういうことは、考えていない。今後も動物を使っていきたい」「アンケートでは、動物サーカスを子供たちはとても喜んでいる」「生まれたときから、動物と一緒に暮らし家族のように接し、芸を覚えさせると聞いている」
(ただし、T氏は調教の過程をすべて見てはいない、とのこと)
シルクドソレイユは設立当初から動物を利用せず、すばらしい芸で成功している。ボリショイの芸もすばらしい、人間の芸だけで十分では?との問いには、
「対象が違う。シルクドソレイユは若い人向け。ボリショイはファミリー向け」とのこと。
国際的に、サーカスでの動物利用が禁止・規制されている動きは知っているが、ボリショイではそのような虐待で調教はしていない、とT氏は思われているとのこと。
佐藤「動物を使って面白そうに、楽しそうに見せて子供を喜ばせることは、いくらでもできる。子供は動物が好きだからよろこぶ。でも、どのように調教されているのかは、知ることはできない。家族のように育てていて、芸を覚えさせるために、クマに口輪をつけて、紐で引っ張って、手に棒を持って教えるのか?」
T氏「自然界でも動物はさまざまな芸を見せる」

「商売のために、動物に芸を強要することは、間違っていると、私たちは考える」ということを伝え、ロシアのサーカス団に、「サーカスで動物を使用しないで」という意見があったことを伝えてもらえないか、という要望には
「そういうことはしません」とのこと。






サーカスも含め動物問題全般のチラシはアニマルライツセンターから注文できます。
(チラシ代は無料。送料は別途必要な場合があります)
http://www.arcj.org/download/leaflet/

サーカスに特化したチラシもあります(ひょっくん作成)
※活動のために、このチラシのデータがご入用の方は、連絡ください
subetenoikimono@yahoo.co.jp

表紙新


サーカス中身新



サーカスに動物はいらないです。人間だけで十分です。
シルクドソレイユは動物を使わず、人の体の可能性だけで見せるパフォーマンスで、ラスベガスに常設ショーを複数持つほど有名になったそうです。
ボリショイのサーカスを実際に見たことはありませんが、YOUTUBEなどの動画では、人の芸だけですばらしかったです。動物を使わないでいいのです。

サーカスを見にきた人の中には、「楽しみにきたのに」と不快な気持ちになる人もいるかもしれません。
しかし、私たちにできるのは、動物のかわりに、動物の気持ちを伝えることです。


動物サーカスは動物を苦しめていないのか?




souken

動物サーカスは動物を苦しめていないのか?


ロシアのサーカス団、ボリショイサーカスでは、動物を使用したサーカスが行われています。



夏休みの思い出?
こんな変な格好で足で筒をまわしたり、逆立ちで歩いたり、玉の上に乗ったり、難しそうに自転車に乗ったり。こんなことを熊がしたいわけがない、調教師は手に鞭を持っています、口輪をはめさせれて、縄をつけられて、こんな滑稽な動きを動物が好むわけはありません。



動物を苦しめて芸を覚えさせることはできない、といわれる方もいますが、ロシアで2013年に、動物保護団体が告発したサーカスのサルの調教の様子はこのようなものでした。


大勢の人がいるざわざわした環境、まぶしいライトの中で、動物に決められた時間に決められた動作をきちんと行わせるために、体罰・餌をやらない以外の調教方法があるのでしょうか?
調教のときだけではありません。長い長い距離の移動、ロシアから日本まで、また日本国内の移動、これらも動物にとって苦痛ではないでしょうか?檻の広さはどれくらいなのでしょうか?ボリショイサーカスの会場の裏手で狭い檻の中で待機している犬や熊の写真を見ると、サーカスの動物たちが幸せだとは感じられません。移動中もそういった狭い檻にいれられているのではないでしょうか?長い移動中にたまには檻から出して散歩をさせてもらっているのでしょうか。サーカスに出ている時間以外はどこでどういった風に過ごしているのでしょうか?

ボリショイサーカスや木下サーカスの動物たちが、舞台の裏側でどのような檻に入れられているのか、こちらのサイトから写真が見られます。
http://circuscruelty.animals-peace.net/

元サーカスの調教師のウラジーミル・デリャブキン
「リングには残酷さはありません、それは舞台裏にあるのです。私には、どんな客席でも拍手喝采させる芸がありました。熊が私のパートナーのリューダの前で、張り子でできた玉を手で握りしめながら、膝をつくというものです。どこから見ても、効果的で可愛らしい芸です。でもリハーサル中、動物とは別な「会話」が交わされているのです。私は熊たちがこの芸をするのを拒否しただけで、殴られたのを見ています。調教師はがまんできなくなり、爆発し、なぐるのです。決して忘れることが出来ないのは、熊の血にまみれた調教師の靴です。動物たちはこんな風に容赦なく扱われているのです。リハーサルだけでなく、たまに観客の目の前でおこることもあります。ある有名な調教師が、豹をリングの柵のところに落とし、豹が痙攣するほどなぐったのを見たことがあります。この私も熊を不具にしたことがあります、このウラジーミル・デリャブキンが! 胸を強く殴ったら、この可哀相な熊は、目に混濁ができてしまったのです。いまでもこの情景は忘れられません。」
2002年48号「論拠と事実」より



動物は、火に近寄ったり、逆立ちで綱渡りをしたくないでしょう。
自然界で動物が椅子に座ることはしないでしょう。こんな変な格好で、綱を渡りたいネコはいないでしょう。
動物に、このような不自然なことを覚えさせるのに、体罰、餌をやらない、以外にいったいどんな方法があるのか、私にはわかりません。
長い長い距離を、ロシアから日本まで、そして日本国内の移動中、船や飛行機やダンプで運ばれるとき、檻の中で、動物は何を思っているのだろうか。息苦しくはないだろうか、しんどくはないだろうか。調教されている時、何を思うのだろうか。辛くないだろうか、痛くないだろうか。
普段、どのように過ごしているのだろうか。


サーカスでの動物使用を禁止する国々
ヨーロッパ
オーストリア:野生動物の使用禁止。
ベルギー:野生動物の使用禁止
オランダ:2015から「全土においてサーカスで野生(動物)哺乳類の使用を全面に禁ずる」法律が施行される
ボスニア·ヘルツェゴビナ:すべての動物の使用禁止
クロアチア:野生動物の使用禁止
チェコ共和国:特定の種の使用禁止
キプロス:すべての動物の禁止
デンマーク:特定の種の使用禁止
エストニア:野生動物の使用禁止
フィンランド:特定の種の使用禁止
ギリシャ:すべての動物の使用禁止
ハンガリー:野生で捕まえてきた動物の使用禁止、サーカスのためのゾウと霊長類とワシントン条約付属書Ⅰの動物の購入・トレーニングの禁止。
アイルランド:3つの自治体ではサーカスでの動物使用禁止、また7つの自治体では野生動物とエキゾチックアニマルの使用禁止
ポーランド:野生生まれの動物の使用禁止
スロベニア:野生動物の使用禁止
スペイン:バルセロナを含むいくつかの町で、野生動物の使用禁止
スウェーデン:特定の種の使用の禁止
英国: 200以上の地方自治体は、動物の利用禁止(これらのうち3分の2以上はすべての動物の利用禁止、残りの自治体は野生動物のみを禁止)

北アメリカ
米国:46の自治体で、一部あるいはすべての動物の使用禁止
カナダ: 28市町村で動物の使用禁止。

中南米
アルゼンチン:20以上の都市で、野生動物の使用禁止
ボリビア:すべての動物の使用禁止
ブラジル:リオ・デ・ジャネイロを含む多くの都市で、すべての動物の使用禁止
チリ:サンティアゴ市で、すべての動物の使用禁止
コロンビア:野生動物の使用禁止
コスタリカ:野生動物の使用禁止
エクアドル:野生動物の使用禁止。エキゾチックアニマルの使用の制限
エルサルバドル:すべてのエンターテイメントで野生動物の使用禁止
パナマ:すべてのショーで野生動物の使用禁止
パラグアイ:野生動物の使用禁止
ペルー:野生動物の使用禁止。マグダレナでは、すべての動物の使用禁止

オセアニア
オーストラリア:いくつかの町で動物の使用禁止

アジア
インド:特定の種の使用禁止
イスラエル:野生動物の使用禁止
シンガポール:野生動物の使用禁止
台湾:保護された野生動物をサーカスために輸出入することを禁止

各国でサーカスの動物利用が規制されつつあり、動物を利用しないサーカスは拡大しつつあります。



動物サーカス廃止活動(2012~2014年)


souke